• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年08月28日

ジオフェンスにDCM、OTA?これからの義務化技術

ジオフェンスにDCM、OTA?これからの義務化技術 こんばんわ、どぅりんりです(/・ω・)/

 各メーカーが3D地図にの構築などに積極的に取り組み、自動運転技術の競争に切磋琢磨していていますが、開発レベルとなると、さらに数年先の技術開発が始まっています。
 レクサスの新型NXなどにはそういった技術の搭載がすでに始まっていると、25日に行われた、トヨタのオンライン説明会では技術紹介がされました。
 新型NXに採用される新技術のなかで、もっとも注目されるのが「ジオフェンス技術」です。

 ジオフェンスとは、ジオグラフィ(地図情報)とフェンス(境界線)をデジタル技術を使って構築するもの。

 欧州の一部都市などでは、近い将来に都市部はBEV(バッテリー電気自動車)のみが走行可能とするといった法規制が敷かれる可能性が高くなっています。

 トヨタが示した図表では、ハイブリッド車の走行ルートを地図上に示し、その途中に赤い線で囲ったエリアではBEVとしてEVモード走行に自動で切り替わるとしています。これが、ゼロエミッション規制都市での走行対応ということです。

 山本氏は「カーナビゲーションとクラウド技術を足し合わせたもので、ハイブリッド車のエンジン駆動時間とモーターの駆動時間をコントロールする」と説明します。

 こうした規制は、たとえばシンガポールで実施されている都市部で曜日、時間、各種イベント対応などで通行料金が変化するETC(自動料金徴収システム)を活用した公道でのロードプライシングに似ています。

 規制区域や規制内容がその都度変化するため、クルマ側が規制情報をリアルタイムで把握する必要がありますが、ETCならば道路インフラ側からの数十メートル程度での狭域通信によって、通行するその場でクルマ側に搭載したETC車載器が情報を読み取ることができます。

 一方ジオフェンス技術では、クルマに搭載するDCM(データ・コミュニケーション・モジュール)を通じて、車両の走行状況をクラウド上のトヨタスマートセンターで収集・解析。

 そこに行政機関や道路インフラ事業者などから得た規制情報をかけ合わせることで、ハイブリッド車のコントロールユニットを自動で制御するというものです。

 山本氏は「ジオフェンス技術は新型NXに織り込まれている」と説明し、日本を含めて今後、世界各地でBEV走行が義務化される規制区域が設定されてもすぐに対応できる状態にあることを明らかにしました。

 また、ジオフェンス技術を実施する前提として「(トヨタとして)カーボンニュートラルについては総力戦で臨む。カーボンニュートラルにはBEVが唯一の救世主といわれることもあるが、カーボンニュートラルはいろいろな技術を、やれることをやり続ける姿勢が大事だ」ともいいます。

 つまり、ジオフェンス技術はレクサスに特化した技術ではなく、近い将来にはトヨタ各モデルへと展開される可能性が高いということです。

もうひとつ、山本氏が新型NXで新規導入と説明したのが「OTA」です。

 OTAとは「オン・ザ・エアー」のことで、通信によって車載ECU(制御ユニット)のソフトウエアを書き換える技で、テスラを始め、世界各国の自動車メーカーが本格的な導入を急いでいます。

山本氏によると、トヨタがOTAを最初に量産したのは2007年の「マップオンデマンド」で、カーナビゲーションの地図情報の最新化や経路案内について実施したのが始まりだといいます。

 また、2017年からはカーナビゲーションに加えて、オーディオなどマルチメディアの一部でOTAによるソフトウエアのアップグレードが可能となっています。

 さらに、トヨタ新型「MIRAI」とレクサス「LS」に搭載する高度運転支援システム「チームメイトコンセプト」では運転制御についてのOTAを量産しています。

 新型NXを皮切りに、4年ぶりにフルモデルチェンジする「マルチメディア・コネクテッドサービス」では、高度な運転支援システム「トヨタセーフティセンス」やコックピットのグラフィックス表示についてもOTAで対応が可能になるといいます。

 では、今後は車載ソフトウエアの最新化はすべてOTAに移行するのでしょうか。

 この点について山本氏は、「(なんらかのトラブルによって)車両が機能不全に陥ってはいけないため、ソフトウエアのアップデートは慎重におこなうべき。OTAの内容について、販売店がしっかりとお客様さまに寄り添い説明して頂くことが大事だ」とコメント。

 販売店の整備工場で専用機器を使った従来型のソフトウエアのアップデートとOTAを両立化させる意向を示しました。

 こうしたジオフェンス技術やOTAのほかにも、新型NXは未来のレクサス、そして未来のトヨタを実感できるさまざまな新技術が搭載されます。

 新型NXの発売がいまから待ち遠しく感じます。
ブログ一覧 | 車だいすき | 日記
Posted at 2021/08/28 19:32:24

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

トヨタの電池はトヨタが作る。
散らない枯葉さん

東京23区がゼロエミッション規制都 ...
散らない枯葉さん

停止の達人の不調。
かわせみ!さん

2021年新型車からアップデート可能
meitanteiさん

本日よりリコールステッカーは貼付さ ...
SQUAREさん

名を捨てて実を取る
散らない枯葉さん

この記事へのコメント

コメントはありません。

おすすめアイテム

プロフィール

「給油して洗車して近所にお届け物をしに少し走った時の瞬間燃費なのですが、かなり伸びるようになってきた模様( ^ω^ )

成果が出てくると嬉しさ倍増。メンテが捗ります。」
何シテル?   10/14 15:53
どぅりんりです。マイペースに自己満足を極めます! 過去外資系航空機用エンジンメーカーや某自動車メーカーで開発エンジニアを経験、現在主夫として子育て奮闘中です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/10 >>

     12
3 45 6 7 8 9
1011 12 13 14 1516
1718 1920 212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

8年ぶりに国内復活‼車名はエリシオン⁉ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/09/04 16:03:59

愛車一覧

トヨタ アルファードハイブリッド トヨタ アルファードハイブリッド
新しく我が家に来た送迎車です。子供も気に入っていて、これから思い出を作っていくのが楽しみ ...
ホンダ クロスロード ホンダ クロスロード
ホンダ クロスロードに乗っています。 2児のパパをしてます。 基本はドライブと幼稚園の往 ...
ホンダ ステップワゴンスパーダ ホンダ ステップワゴンスパーダ
嫁さんの車です。 勝手にいじっております。あひゃ

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.