• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しんげん神奈川のブログ一覧

2013年11月30日 イイね!

いざ!東京ビッグサイト!&銀座!! 前篇

いざ!東京ビッグサイト!&銀座!! 前篇
 朝焼けの中、車を掻き分け疾走する黄色いポル…

…グレーのフィット。

劈く風の音、只々生き急ぐようなその危うい走りに、

私の心の内が表れていた。期待と更に大きい期待。

希望と甘い希望。そして幸福と深い下心…。そんな私の心を見透かしてか、オーディオからは、

体の内から絞り出すようなシャウトが湧き出て来た。思わず私も唄い出す!!


       風も~ 震える 東名高速ぅ~♪

       コワーいものかと フィッート・フィッート・フィットォ~♪

       グレーのボディ しんげん号~♪

       まけじだましい おやゆずりぃ~♪

       走りだーしたら あーとにーは ひけぬー♪

       ゆくぞー しょーうりーの ゴールまーで~♪


歌い終わった後の私は、何故か景色が滲んで見えた。

 「イカンイカン!ここで事故ったら、何にもならない!」

と、自分の頬を引っ叩く!

 「今からこんなんでどうする!!」

もう一度気合を入れ直した時、渋滞の車列が見えてきた。一気にトーンダウンとなった…。


 数十分後、何とか環状線を抜け、レインボーブリッジを渡り、ようやく目的地であるお台場に辿

り着いた。

 今回から、会場周辺の駐車場は全て閉鎖されており、否が応にも現地に行くには公共交通機

関を利用しなければなくなっていたので、せめて会場からアクセスの良い駐車場に車を停めよう

と、お台場に降り立ったのだ…。


 まだ一台も居ない広大な駐車場を後にして、久しぶりの“ゆりかもめ”に乗車した。車内は案の

定満員と化していたが、何故か周りの乗客は私の姿を見るなり、かなりのスペースを空けてくれ

た(爆) 遠慮なく、その空いたスペースの真ん中に佇むと、訝しげに私を見つめる視線に気が付

いた。アングロサクソン系の外人カップルだった。二人はコソコソと話していたが、恐らく知り合い

であろう隣のカップルに窘められていた。その会話が微かに風の流れに運ばれてくる…。

 「しっ! 駄目! ジロジロ見ちゃ! あれは、ジャ〇ニーズマ〇ィア…」

 「オウ! ヤ〇ーザ!」

と言って、アングロサクソンカップルとその知人カップルは、一斉に下を向いた(追爆)

 「う~む…。そりゃ久しぶりに靴下と靴を履いてるけど…。ヤ〇ザは無いだろう…」

テンションが落ちた私は、車窓に映る自分の姿を今一度確認した。

 「う~む……」

結論は出さない事にした(自爆)

しかしこの時、もう一つの視線を感じていた。それはどうやら下から感じた。チラリと其方の方を

見て見ると、案の定と言うか、ガキンチョだった。本人はコソコソ話のつもりでも、其の保護者に

話しかける声量は、車内の隅々まで到達していた。

 「ねえ!」

 「なに?」

 「あのおじちゃん、テレビに出てる人?」

 「しーッ! 出てない出てない!」

 「だって、さんまの番組に居たよ!」

 「しーっ! だから、テレ〇ス・〇ーじゃないって!!」

一気に凍りつく車内。子供とは或る意味、外人よりも恐れを知らない生物なので、彼の一挙手

一投足が周りの大人達を恐怖のどん底に叩き落とす…。

私は急激に湧き上がる怒りを、必死に押さえつけながら、また視線を車窓に映る自分の姿に

向けた。

 「う~む……」

やはり結論は出さない事にしよう!(追自爆)

 そうして車内が凍りついたまま、目的地の最寄駅である、“国際展示場正門”に着いた。ドアが

開いた瞬間に、一斉に人の波が流れ出す! 気のせいか、私が居た車両の人の足が一番速く

感じられた…。


 東京モーターサイクルショー以来の“ビッグサイト”。かなり広く感じられるが、これでも世界の

国際展示場と比べると、その規模は五分の一から十分の一程度なのだそうだ。が、余り広過ぎ

ても逆に観辛い訳で、私はこの程度の規模が正解だと思います。

 と言う訳で、大勢の人の流れの一部となって場内へと向かいます…。


 「昨今のクルマ離れなんぞ何処吹く風!」

と言わんばかりに場内は人混みでごった返していた。更に今回の特徴として、子供の姿がやた

ら目立った。それも修学旅行中と思わしき集団がアチラコチラで散見された。

 「子供が車に興味を持つのは良いのだが…」

本来なら喜ばしい事だとは思うが、私の表情は曇り気味となった。理由は三つ。

 1.ギャーギャーうるさい

   流石に高校生クラスになれば静かに観て回ってるように見えたが、小学生となると、ただ

   騒いでいるだけである。

 2.タダで何か貰えるブースには、一斉にタカリ始める

   綺麗なオネーサンが何かを配り始めたら、怒涛の如く人だかりとなって、ピラニアの様に

   しゃぶりつくす! 途上国のバス停の様な下品な光景である。

 そして三つ目は……


 中・高生とは、背伸びしたくなる年頃である。これは万国共通だと思われるが、ココ日本ではそ

れが顕著でもある。都会では、滅多に観られなくなってしまった“絶滅危惧種”が、地方では未だ

健在の様であった。

 学ランの袖をめいいっぱい上げて、ボタンを上二つ外し、髪はリーゼントか短髪。しかし制服は

ノーマルといった、“背伸び小僧”が大勢居たのだ…。


 メインのエントランスから会場へ向かう通路には、“動く歩道”が設置されているが、二列になっ

て使用するそのベルトの上にあって、数人の学ラングループの中に、一人で二列分を占拠する

輩がいた。確かに基本、ベルトコンベア上では歩行禁止となってはいるが、それはあくまで建前

で、実際は右側は、“追い越し歩通路” となっていた。一気に詰まる右側の列は、非難や不満の

空気が出始めていた。しかし情けない事に、直接文句を言う大人もおらず、気をよくしたその輩

の態度は、更に傲慢さを増大させていた。


 私の体内にエネルギーが充満し始めた…。


  つづく



 ※ 尚、この日の模様は、愛車紹介フィットのフォトギャラリー内にアップしておりますので

            どうぞ御覧下さい! 因みにPCであれば 、“ココ” からでも御覧になれます!
Posted at 2013/11/30 14:09:51 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2013年11月29日 イイね!

撮れ高不足の為、しばしお待ちを!

撮れ高不足の為、しばしお待ちを!
 まだ東モを3分の一しか観れておらず、

 引き続き本日も出動してまいります!

  でわでわ!
Posted at 2013/11/29 05:12:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2013年11月28日 イイね!

いざ!東京ビッグサイト!&銀座!!―Prologue―

いざ!東京ビッグサイト!&銀座!!―Prologue―
 「俺は、バイクとクルマが大好きだー!!」 

アツく想いのたけを叫んだ私は、少しすっきりとした気分に

落ち着いた。現在AM4:00。


 今日は待ちに待った東京モーターショーに行く日だ! しかもメーカーからの招待と来ている。

謂わばVIP待遇だ! それも何とランチ付!(笑) しかし少し不安が残る。それは・・・

 「おかわり!」 って、出来るのだろうか・・・(自爆)

 ま、それはともかく、準備を進めねばならない。何せ、今年に入って靴下を履くのは親父の法事

の時以来であり、つまり今年まだ2回目の事なのである(自爆) 石田純一氏も靴下を履かないの

で有名だが、私とは年季が違う! なんせ、大雪の中でも裸足にサンダルなのだから!(核爆)

しかし今回はそうもいかない。私とてTPO位は、わきまえる常識は身に付けている。しかも今回は

エスコートするオナ・・・女性も付いているのだから、ココは気合を入れねば!

 今回は、自動車好きのOLと仲良くなり、そのオナゴにこのチケットをちらつかせて釣り上げたと

いう、下種の行動が見事に実ったケースであった(核自爆) 久しぶりの若い肢体・・・い、いや、

ヤングジェネレーションに塗れる事が出来る日となりそうだ・・・。

 という訳で、

 「ヨシ!」

と、一つ気合を入れた私は、布団から飛び起き、まだ真っ暗なバスルームへと向かった・・・。


 全てを脱ぎ捨て、少し熱めのシャワーを浴びる。そして、頭の中でこれからの行動予定を反復

する。まず彼女を迎えに行く。勿論ポルシェでだ。

     ・・・・・・い、イカン、車検中だった。 という訳でフィットでだ!

 そして会場内で思いっきり薀蓄をかましながら、招待された某高級自動車メーカーのブースへ

向かうのだ! 私はさりげなく彼女の腰に手を回し、そっと耳に息をかけ軽くじゃれ合うのだ!

彼女の潤んだ眼が私を見つめる・・・。しかし、私はソコでは一気に行かず、人差し指で彼女の

おでこをチョンと突き、

 「この続きは、あとでね!」

と、ウインクしてセレブの集うランチへと向かうのだ!・・・


  「ふーっ」

と、バスタオルで濡れた頭を拭きながら、考えを整理する。目の前にある鏡に映る

自分に言い聞かせる。

 「大丈夫だ!全て上手くいく!」

自分への視線を外す事無く、軽めのオーディコロンを、その強靭な肉体に擦り込んでいく。勿論

今日という日は全身勝負服だ・・・。

 まずCalvin Kleinのインナーを身に着け、DOLCE&GABBANAの開襟ワイシャツに袖を通し、ネク

タイは無しで、ジャケットはBURBERRYのモダンフィット2ボタンだ。靴は悩んだ末に、SANTONIの

ダブルモンクにした。おっと、忘れちゃならない、勿論勝負パンツは、カタクラの絹の赤褌Ⅲだ!

 そのすべてを身に着けると、だんだん心が引き締まっていくのが分かる。最後にROLEX Daytona

のエバーローズゴールドを左手首に付け、身も心も大人の男になる儀式を完了させた。

洗面台のヘリに両手をつき、もう一度鏡に映る自分の顔を睨みつける。その顔は明らかに下心

見え見えの、痛風のオッサンの面構えになっていた。しかし、その両腕は喜びで打ち震えていた…。

 「よーっしゃー!」

意を決してフィットのキーを掴み、颯爽と乗り込むと、大きなブリッピングをかまし、フィットのオイル

と バッテリーに喝を入れ、ATセレクターをDレンジに叩き込み、猛然と走り出した。

 そう、それは燃え盛る興奮を掻き立てるかのように…。


  つづく!
Posted at 2013/11/28 06:00:06 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2013年11月27日 イイね!

そろそろ行ってきやす!(^^)/

そろそろ行ってきやす!(^^)/
 こんなモノが届きました!


   うひょひょひょヒョー~~!!


     という訳で、行ってきやす!


       さあ、バイクにクルマにオネーチャンに!

         いーーーっパイ写真撮って来ますね!!(爆々)


    でわでわ!
Posted at 2013/11/27 17:23:18 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2013年11月26日 イイね!

一機発見! でも、なんか幸せな気分(笑)

一機発見! でも、なんか幸せな気分(笑)
 何気なく走っていたら、目の前に珍獣を発見!

 なんと、一時は時期愛車候補として君臨していた、

 “シャア専用オーリス” の姿ではないか!

 「本当に販売してたんだ・・・」

 という率直な感想が口から漏れたが、急いで携帯

を取り出し、カメラのシャッターを切った!



 しかし、余りの興奮状態により、まるで水曜スペシャルの探検隊カメラの如き “ブレ” まくり

 により、その姿を完全にカメラに収める事に失敗した・・・。


 未だ興奮冷め止まぬまま帰宅した私は、何故か幸せな気分に包まれ、一人祝杯を挙げる

 事にした!(爆)



  ま、カンパーイ!(追爆)


  でわでわ!
Posted at 2013/11/26 12:52:36 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「[整備] #フィット 洗車&ワックス&コーティング! https://minkara.carview.co.jp/userid/336753/car/884194/5362549/note.aspx
何シテル?   06/16 21:28
犬、クルマ、バイク、食べ歩き等で常に忙しい休日を送っている、渋谷生まれの代々木育ち。でも今は川崎(笑) 遊びの資格を、結構持っているので(スキューバ、ボート、ス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

凄い偉業ですよコレは!!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/07 07:59:57
≪“ダンディズム”・・・男の幸せとは・・・≫ Epilogue  そして・・・重大発表・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/29 22:01:45

愛車一覧

ポルシェ 911 カブリオレ ポルシェ 911 カブリオレ
アップするの時間掛かったなぁ~(苦笑) 今まで様々なクルマに乗ってきましたが、私なりに ...
ホンダ CB1100 ホンダ CB1100
バイク最高! バイクも仕事柄たくさん乗ってきましたが、やっぱり国産がいいですね~(笑) ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
実質的にはメインクルマです。個人的に私のクルマ選びの必須条件は、“コンパクト”で“4WD ...
フェラーリ 512TR フェラーリ 512TR
これは2台目のフェラーリです。当時“Out Run”というアーケードゲームにハマっており ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.