• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しんげん神奈川のブログ一覧

2017年06月30日 イイね!

遅きに失した感は否めませんが・・・2

遅きに失した感は否めませんが・・・2  ようやくと言うか、遂にポルシェの

 パーマネントプライスリストに載る

 911の中で、≪600ps≫超えの車が

 誕生したのだが・・・。

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  しかーし、とうの昔に、ライバルたるフェラーリや・・・


              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  ランボルギーニや・・・


              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  新興勢力である、マクラーレンや・・・


              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  はてまた、GT-Rにすら、≪600ps≫超えの車が存在していたし、


              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

   更にはセダンやサルーンのカテゴリーに生息するクルマですら、≪600ps≫超えの

  モンスターが世に出ているのだ!

  故に、≪今更感≫を隠しようも無いのが、正直な気持ちである・・・。


  と、嘆いている間にも、更にまたフェラーリは “F12” という≪700ps≫超えの車を世に出し、

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  ランボルギーニも “アヴェンタドール” で≪700ps≫超えを果たしたのだから、


              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

   全くポルシェは蚊帳の外状態であった。 生粋のポルシェ党員としては、イカンともし難い

  焦燥感に苛まれる日々を重ねている訳だ・・・。


   辛うじて耐久レースでは往年の輝きを取り戻しつつあるが、事、市販車に於いては、何か

  出来ないヤツの言い訳しか聞いていない感じが続いているのは否めない。 私が某半島人

  の某老害なら、間違いなくポルシェ社に対して、“喝!”を入れるであろう!!

   ポルシェが良いクルマなのは≪当たり前≫なのであり、大事なコトは其処から先のゾーン

  なのだから・・・。


   と憤慨ヤルカタナイ気持ちが燻っていたら、やっと・・・と言う感じで、

             ≪700ps≫超えの “タイプ991GT2-RS” がアナウンスされた。

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓



   勿論遅きに失した感は拭えないが、まあ出ないよりは出た方が良いので、ココはもう少し

  我慢して温かく見守って行こうと思う・・・。


                        取り急ぎ御連絡まで!

                                                   でわでわ!
Posted at 2017/07/02 19:06:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | ポルシェ | ニュース
2017年06月29日 イイね!

美しいクルマを愛でるのも文化の一つ・・・・ “続”第五回 日産スカイラインGT-R

美しいクルマを愛でるのも文化の一つ・・・・ “続”第五回 日産スカイラインGT-R
  美しいクルマ、それは人生を豊かにする

    或る一つの至高のコンテンツ・・・。

      クルマが居る風景だけでも、幸せなのに

         それが美しいクルマであったならば、当然

           その度合いも二次曲線的に増すのだ・・・



  オープニングショットを決めたところで、さて今回も国産車の雄、“スカイラインGT-R” です!

  因みに現在、海外での評価が一番高いGT-Rは、このBNR34なのです!

  実はワタクシ、この車には或る思い出がありまして・・・ ε-(´∀`; )


  それは今から15年程前。

  BNR34が生産中止との情報を得た時、コレはチャンスだと最終モデルのMスペック ニュルを

 10台チョット買い占めて、それを英国に倍の価格で輸出しようと某銀行に飛び込んで、一億円

 ばかし融資を依頼したのだが、あっけなく断られたという過去が有ったのだ!

  しかし担当の銀行員は、全くクルマには疎く、ほぼ門前払いの扱いを受けましたが、後にこの

 最終モデルが英国で1,200万円以上の値段でバンバン売れた事実を目の辺りにして彼が物凄く

 ビビッていた事を思い出しました~ ε-(´∀`; )

  当然彼の姿は融資課から消えましたが、ワタクシも小金持ちになるチャンスを逃した悔しさから、

 更に彼を追い込んだ苦い経験となりましたな・・・(-_- )シミジミ

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                            ⇓
                              ⇓
                                ⇓
                              ⇓
                            ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓





          と言う訳で今回は、“R34GT-R” です♪

 では一緒に  ⇒   “ココ” をクリック o r タップ して愛で捲ろうではないか♡♡

                                                  でわでわ!
Posted at 2017/06/29 01:45:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年06月28日 イイね!

美しいクルマを愛でるのも文化の一つ・・・・ 第五回 日産スカイラインGT-R

美しいクルマを愛でるのも文化の一つ・・・・ 第五回 日産スカイラインGT-R
  美しいクルマ、それは人生を豊かにする

 或る一つの至高のコンテンツ・・・。

  クルマが居る風景だけでも、幸せなのに

 それが美しいクルマであったならば、当然

 その度合いも二次曲線的に増すのだ・・・


  オープニングショットを決めたところで、さて今回は国産車の雄、“スカイラインGT-R” を

 アップをしていきたいと思います!


  言わずもがなの最強日本車であるGT-Rですが、クラウンと並び国産車では数少ない歴史を

 誇る名車でありますが、皆さん御存知の通り、元々このクルマは日産では無くプリンスが世に

 生み出したクルマであります。 そしてそのプリンスは、ゼロ戦を創った男達によって立ち上げ

 られた会社です。 故に、“スカイライン=大和魂” でもありました。 残念ながらその血統は、

 V35によって断たれる事になりましたが、そのスカイラインのエッセンスを何とか保持発展させ

 首の皮一枚繋ぎ辛うじてスカイラインの魂を継承しているのが、“GT-R” なのです!!


  間違いなく、古今東西を通じて、ワタクシが一番好きな国産車は、“スカイライン(PGC10)”



 であり、その後期型(KPGC10)のレーシングバージョンである、所謂“ハコスカ” の美しさたるや

 未だこの車を超える美車は、国産車では生まれていないと断言します!



              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                            ⇓
                              ⇓
                                ⇓
                              ⇓
                            ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  そして月日は流れ、オイルショック等も加味され、GT-Rは一旦この世から消えてしまいました。

  が、長い年月を経て、正に不死鳥の様に復活し、尚且つ世界一の座まで勝ち取ったという、

 空前絶後の国産車、それが “BNR32GT-R” なのである!


  と言う訳で今回は、オールドファンには申し訳ないが、R32以降のGT-R達を愛でようと思う。


  更に言えば、流石世界のGT-Rと言う事で、3回に分けてお届け致しマ~ス♪

                   一発目は、R32とR33です!!


 では一緒に  ⇒   “ココ” をクリック o r タップ して愛で捲ろうではないか♡♡

                                                  でわでわ!
Posted at 2017/06/28 19:23:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年06月27日 イイね!

問題点は二つだけ!

問題点は二つだけ!  実は、コンパクトカーやSUVを除いて

    国産車では欲しいクルマが無かったの

      だが、ここへ着て強烈に購買意欲が

         湧いて来るクルマが世に出そうだ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  ホンダが1999年から2009年までの10年間にわたり販売したFRオープンスポーツ、『S2000』後継

 モデルが、コンセプトモデルとして東京モーターショーで復活する可能性があることが分かった。

  これは予想CGだが、左右にコの字型テールライトを配置し、流行のLEDストリップライトで繋ぐ

 ことで、「ベイビーNSX」をコンセプトとしたデザインに仕上げている。

  フロントフェンダーやサイド、リアにもエアスクープを配置し、センター出しクワッドエキゾースト

 パイプ、ダウンフォースを生むデュフューザーなどを装備。新型『シビック タイプR』を彷彿とさせ

 る攻めたデザインとした。

  情報によると駆動方式は、これまで噂されていたミッドシップレイアウトではなく、S2000の原点

 である「FR」の可能性が高いことも判明。ボディサイズは全長4450mm程度とレポートされている。

  注目のパワートレインは、シビック タイプRに搭載される2リットル直列4気筒i-VTECターボエン

 ジンをアップデートし、最高出力は330psが想定される。

  コンセプトモデルの車名は、商標登録されたと見られる「ZSX」とも噂されているが、市販型の

 車名は現段階で不明だ。

  いずれにせよ、その存在は今年10月の東京モーターショーで明らかになるだろう。ホンダの

 新たな2ドアオープンスポーツのアンヴェールを期待したい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  との事だが、この予想図を見る限り、ソフトトップのオープンでは無い様に見える。 というか

 そもそも今回もオープンカーなのかと言う疑問がある。まあこれに関してはS660という成功例が

 あるので、問題なくオープンでも行けるとは思うのだが、問題は価格である!

  兄貴分のNSXがスーパーカー価格に昇華してしまった為、それに釣られて高額になってしまって

 は、これまたそもそも論になってしまうが、高額なライトウェイトスポーツの分野は、英国車以外は

 結構苦しいカテゴリーだと思うし、悪い例で言えば、日本初の自主規制突破クルマとなった、300ps

 のレジェンドや現行NSXの様に、其のハイスペックなカタログ値が全く味わえないという、本末転倒

 のセッティングがなされてしまう可能性もあり、不安と言うかハラハラ感は否めない・・・。


  と言う訳でココは、新型S2000を出す前に、S660のボアアップ版の “S1000” 位のモノを出して

 欲しいと思う! リッター120psもあれば、十分スーパースポーツとして楽しいだけでは無く、速さも

 兼ね備えた素晴らしいクルマが出来ると思うのだが・・・。 あ、勿論値段はソコソコで~(苦笑)


                        取り急ぎ御連絡まで!

                                                      でわでわ!
Posted at 2017/06/27 03:43:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | ニュース
2017年06月26日 イイね!

犬と猫の居る風景・・・ 草むしりが終わって・・・

犬と猫の居る風景・・・ 草むしりが終わって・・・
  今年は≪空梅雨≫の様である。 しかし適度に

 雨や湿気に見舞われている。

  と言う事は、即ち、植物の生育が促進される

 という事であり、それはまさしく≪庭の草むしり≫

 と言う重労働が待ち構えている事と同義語なのである・・・。


 しかーし、別にサボる訳では無いのだが、今のワタクシに一人で庭の草むしりをする時間も

 体力も無い。 故に留守の間に、業者にやって貰う事にしたのだが・・・。


   二日ぶりに自宅に戻ると、あんなに茂っていた雑草が綺麗サッパリ消えていた!

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

   「なんか、いつもと違うわね・・・ココがわらわの家だという事を示さねばならないぞよ!」


  と、“陣地取り”に勤しむ“お嬢(仮名)”を見ていると、ナンカ違和感が・・・

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  あまりにも立派に成長していた為か、業者がこれらの幹を残していた・・・


              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  って、これらも≪雑草≫なんだけど・・・

          どんだけウチの庭の土には栄養価が有るんじゃ!!(核自爆)

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

  “一仕事”を終えてマッタリとしている“お嬢(仮名)”・・・


   「ナーニ見てんのよ!!」

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

   「クンクン・・・ナンカ変わってるワン~」

   「コラコラ “坊(仮名)”! そこはもう、わらわの領土であるぞよ!!」


              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

     一方その頃、ミーコはと言えば・・・

              ⇓
                ⇓
                  ⇓
                    ⇓
                      ⇓
                        ⇓
                          ⇓
                        ⇓
                      ⇓
                    ⇓
                  ⇓
                ⇓
              ⇓

    玄関の或る一点を見つめていた・・・




    その視線の先には恐らく2匹分の、チューの≪残骸≫が散らばっていたのだった・・・


               以上、しんげん家の1週間でした~~ ε-(ーдー)ハァ

                                                   でわでわ!
Posted at 2017/06/27 03:16:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | ワンコとニャンコ | ペット

プロフィール

「[整備] #フィット 洗車&ワックス&コーティング! https://minkara.carview.co.jp/userid/336753/car/884194/5362549/note.aspx
何シテル?   06/16 21:28
犬、クルマ、バイク、食べ歩き等で常に忙しい休日を送っている、渋谷生まれの代々木育ち。でも今は川崎(笑) 遊びの資格を、結構持っているので(スキューバ、ボート、ス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

凄い偉業ですよコレは!!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/07 07:59:57
≪“ダンディズム”・・・男の幸せとは・・・≫ Epilogue  そして・・・重大発表・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/29 22:01:45

愛車一覧

ポルシェ 911 カブリオレ ポルシェ 911 カブリオレ
アップするの時間掛かったなぁ~(苦笑) 今まで様々なクルマに乗ってきましたが、私なりに ...
ホンダ CB1100 ホンダ CB1100
バイク最高! バイクも仕事柄たくさん乗ってきましたが、やっぱり国産がいいですね~(笑) ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
実質的にはメインクルマです。個人的に私のクルマ選びの必須条件は、“コンパクト”で“4WD ...
フェラーリ 512TR フェラーリ 512TR
これは2台目のフェラーリです。当時“Out Run”というアーケードゲームにハマっており ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.