• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CZ500Cのブログ一覧

2019年09月13日 イイね!

たいしたこと書いてないんだが・・・

コメント消失したらしい?
でもなー確かに見えないけどここには出るんだわ。


具体的に書いたコメントは

やることやってりゃいいとしても、その確認はいるからねぇ
連絡つかないのは論外だよねぇ

としかかいてねーんだわ。
Posted at 2019/09/13 23:30:57 | コメント(1) | その他 | 日記
2019年09月13日 イイね!

なんか

使えるもんねーかなー
とおもって別車種の部品見ていたところ・・・
DC2当たりでウインドーSW直駆動式じゃないんだねぇ
ユニットの裏にOMRON・・と、んで部品番号がレーザーマーキング。
中見る限りSW部分は信号用の様子。
ハイブリットIC入ってるからなんかやってんなー。
・・・ま、壊れると面倒きわまりない。
しかし、ま、RY以外ではないのかとおもってたらホンダ車でOMRON部品あったのね・・・


んで、BEATは・・・・
そもそも直動なんで、SWを中点付きの中点リターンSWを使い、RY組み込めば
操作・駆動は直せる。
見た目は加工技術次第でどうにでも。
>もうこれが一番手っ取り早い気がする。
Posted at 2019/09/13 22:40:57 | コメント(1) | その他 | 日記
2019年09月13日 イイね!

試験器のTEST時

タコが偏差あるのは気がついていた。
で、直す。
原因は・・

こいつらが日米通商で買ったジャンク品だからだわな(笑
怪しい出所の部品なんで劣化しとる訳よ。

で交換


して調整後の状態


途中入力ミスって0rpmにしたりするが気にするな(お
修理前240Hzいれると9800~9900rpm位を示していたが9600rpmを示すようになっている。

ついでにスピードメーター単体

これも試験用故の手抜きしてたんで直してある。


ちなみに現在部品の供給問題で半固定はこの高級品使う可能性もある。

正規ルート品で\220-くらいする。
TOPにでてくる奴で\100~150-だ。

Posted at 2019/09/13 17:52:42 | コメント(0) | 自家修理 | 日記
2019年09月13日 イイね!

井上ボーリングの

ICBM発展型エバースリーブ
すでに商標とってるな。

んで、要は完成品の4st用アルミメッキスリーブ。
2stはポートあわせて削りがいるんで井上ボーリングでの個別処理が必須なんで、さすがに出来合は無理。

で、この構想に至る前はアルミスリーブをシリンダに圧入し、内径修正後メッキし
ホーニングしていた。
が、端から見ても鋳鉄スリーブ入れ替えとやってることかわらない。
ここでポンコツと名高いkawasaki車のエンジンスリーブ抜け検証からヒントと、
俺がICBMにしても一品もの量産に向かないからねぇ
からでたのがエバースリーブだ。

要は鋳鉄と鋳造アルミでは熱膨張率が鋳造アルミの方が遙かに大きい。
そのため、鋳込みスリーブならアルミとの結合のため表面に極端な凹凸をつけたスリーブを
鋳込み、圧入なら焼きも併用しての圧入している。
アルミの熱膨張分見越した寸法でスリーブ入れてるわけだ。
しかし、これはスリーブが熱膨張率の低い鋳鉄だからのこと。
スリーブもアルミで作ればそこまで圧入する必要はない。
同径の下穴掘って、シリンダーを加熱してやるくらいでいい。
シリンダー収縮後スリーブがゆがまない程度の下穴径で。
簡単なことよ、熱源はシリンダー内、アルミスリーブ自体が最も膨張する。
シリンダーはスリーブからの熱がなければ膨張しないし、スリーブよりも体積が大きい分
膨張も小さい。
スリーブが抜けるわけがない。
また、スリーブが膨張するのでシリンダーとの密着が上がるのでより放熱ができる。

発想の転換ってこれだよね。
そして、この方式はスリーブ交換も圧入したものよりも簡単にできる。
=再修理が容易に可能ってことだよ
アルミを強制圧入しているとかじるため抜くことができない、削り落とす以外手がない。
これならシリンダー側を加熱すれば抜ける。注:100%とはいえんが
工数の低減が実現できる。

さすが本業、再生できるように修理する。
それもモダナイズ込みで。
これこそが本当の修理だ。


*ちなみにメッキシリンダーなんで再メッキすりゃいいはなしで、基本割れたりしなければ
 スリーブの抜き差しは必要ない。
 メッキを一度削り落とし、再メッキしてホーニングすればいい。
Posted at 2019/09/13 13:45:10 | コメント(0) | 技術放談 | 日記
2019年09月13日 イイね!

ものに携わり

修理をしている人たちと、全くの我流のでは全く違う。
ものの基本がなってない奴がやると原状復帰という基本を理解できないから、破壊をする。
修理は元に戻す・元に戻せるが基本だ。
要は再修理が可能な状態とすることだ。

機器自体の設計欠陥の対処にしても同様。
元に戻せるようにやっておく。

余計なことして破損品を増やすバカが残存数の少ない車両の部品触るんじゃねぇよ
産廃にするだけだ。
Posted at 2019/09/13 12:11:14 | コメント(1) | 技術放談 | 日記

プロフィール

「@織瀬宗衛 すばらしいセンスでありまするっ」
何シテル?   07/12 20:34
メカだろうが電子機器だろうが大概直す 部品が無ければ設計・製造 終わり無き稼働 効率をど外視 それがアンティークを維持すると言うこと ついでに技術の無...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
自家修理で何処まで行けるか~ H30/4現在29.8万キロ ODが嘘扱いてるので表向き2 ...
輸入車その他 メリダ 輸入車その他 メリダ
原形をとどめていない・・・というよりフレーム以外購入時の物が一切無い。 merida ' ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
ポジみっけたので載せてみた。 M-JW2 末期型120 初めて買った車。 出所が板金屋と ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.