• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

金田一耕助のブログ一覧

2015年04月30日 イイね!

イイね

イイね先日ご紹介したグラージオのホムペで発見しました。なかなか画期的な商品ですね^^

もともとはトヨタの現行86を開発する過程で出来たブツ「エアロ スタビライジング フィン」をモチーフにしています。

このエアロスタビライジングフィンは、車体周りの空気の流れをコントロールして車体周辺にわざと風を集めることで、高速時のフラツキを軽減するのが主目的なんだとか。ちょうど空気の壁が左右から車体を押さえつける感覚ですかね?リアウイングがダウンフォースを生み出し、コイツで車体を安定させる・・・なんとも速く走れそうです♪

そういえば、最近では86以外にも様々な車種でこの小さなデッパリを見かけますよね(アクアとかオーリスのテールレンズやカムリのミラーベースに標準で付いてます)

さて、冒頭の画像はソレを再現するパーツです・・・といっても(付け方によって効果があるかもしれませんが)基本的にはスタイルアップパーツです(汗)

むろん、他社からも同様の商品が沢山出てますが、コイツの新しいトコロは半透明な樹脂であるところですね☆

これなら、テールレンズに貼り付けても後付け感がありません。色も同系なので完全に溶け込んで、なんとも純正チックじゃないですか^^

あえて言わないと判らない、たぶん同型車種のオーナーでもすぐには気が付かない。。。イイね(笑)
Posted at 2015/04/30 06:28:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2015年04月29日 イイね!

行楽のお供に

行楽のお供にさて、世間ではゴールデンウィークに突入したので、今日からお出かけされる方も多いかと思います。

ウチは「ブラック企業」なので、カレンダーの「黒いところ」は全部仕事です\(^o^)/(このネタ、あちこちで披露して来ましたが、どこでもバカウケしたので気を良くしてますw)

さて、今日はそんなGWのお出かけに役立つ情報です。

画像からも判りますとおり、いつの間にか新しいルール(?)が増えておりました。

何々?この赤い三角が出てる時は、渋滞の解消よりも増加が起きているとな?

つまり、覚悟してor楽観して渋滞の列に突っ込んでも、イイ事無さそうって意味なのね(汗)

ふむ。電光掲示板はチラッとしか見ないというか見てられないけれど、こんな意味も有るのね…知りませんでしたし、勉強になりました。

まだ、関東近県の一部だけのようですが、皆さんも該当地区にお出かけの際は、電光掲示板の情報にも注意して下さいね☆
Posted at 2015/04/29 06:25:25 | コメント(2) | トラックバック(0)
2015年04月28日 イイね!

純正然

純正然さて。我がISは通勤にも使っているので乗る機会も多いのですが、通勤の時間帯によっては走行している時間と渋滞している時間が逆転しているなんて事もあります(汗

そんな時は暇つぶしに車内のあちこちを触ってみたりしているのですが、いつも目に入っているステアリングエンブレムが他社のソレに比べて少しさみしい感じなのに気が付きました。

黒い樹脂のエアバックユニットに、シルバーメッキのエンブレムが嵌っているだけです。。。メルセデスも基本はコレですが、AMGなどのチューナーエンブレムに交換したりもできましたし、BMWは(MINIも含めて)すべて樹脂コートされたカラーエンブレムでしたので、そのイメージが強いのかも。

ともあれ、なんとなく地味な感じでしたが、ことココの所のカスタムとなると、エンブレム自体が分離できない構造なので、もう「何かを貼る」くらいしかやりようがありません(エアバックの機能を殺せば何でもできるけどw)

さて、何を貼ろう?

調べてみるとマジ〇ル何とかとかいう会社のカーボン調のステッカーを貼るのが一番簡単そうです。しかし、私的にカーボン調は・・・なんか違う気がして見送りました。

例えば、そのパーツ全部がまるっとカーボン調でラッピングしてあるならば、ひょっとしてカーボン製かな?なんて思えますが、パーツの一部だけカーボン調なのは、あきらかにフェイクだって判りますので、なんとなくクォリティが低い気がします(※個人の感想です、感じ方には個人差がありますw)

ではカーボン調は捨てるとして、次はヒートブルータイプか・・・

ヒートブルーはエンブレムの内側が青くグラデーション風に塗装されており、プリウスやアクア、ノアやカローラなど、今やハイブリッドカーの代名詞的なブツなのですが、うちのISはリッター10を切る大飯喰らいです(汗)

どの面下げてヒートブルーやねん(※個人の感想です、感じ方には個人差がありますw)ということで、こちらもパス。

さて、そうするとマジ〇ル何とかでは対応できません(汗)

そこで、こちらの製品に注目してみました☆

Grazio&Coの「ソリッドベース」という商品。ポリカーポネート製の黒い板をレーザーカットで切り出してあります。

裏が両面テープになっているので、脱脂して貼り付けるだけのお手軽さで、なんとも純正チックにエアバックエンブレムをグレードアップできる優れもの。

私的に、この「純正チック」ってのが気に入りました☆見た目勝負の派手なのもイイですが、あえて言わないと判らないレベルでのカスタムってがクールですね。

ただ張り付けただけですが、ノーマル状態と比べると、エンブレムそのものが浮き出して見えるようになりました。

お値段も手ごろでしたし、さりげなくカスタムするのが好きな向きには良いかと思います。オヌヌメ☆
Posted at 2015/04/28 06:28:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | LEXUS IS250 F-Sports | 日記
2015年04月27日 イイね!

タイヤ2

タイヤ2さて、タイヤが減ってきたという話は以前したのですが、タイヤを新調するとすると、悩ましいのはそのサイズです。

我がIS 250 Fスポーツの標準タイヤサイズは、フロントが225/40R18でリアは255/40R18です。

なんと、ホンダ「BEAT」以来の前後異径なんですよ(^^)

外径はそれぞれ637mmと661mmですから、24mmも違います(°_°)

リアは駆動輪ですから、このくらいデカく無いとダメなんでしょうか??

一方、同じエンジンの標準車は前後ともに205/55R16と外径は631mmなんですよ。

あれ?駆動輪は関係無いのかな??

で、今度はタイヤ屋さんのサイトを覗いていると、大抵のところがISオススメとして225/40R18の4本セットで売ってます。

これって、フロントタイヤはウチのISと同サイズだけど、リアは小径になってしまいます…

むむむ。フロントはスピードメーターの事も有るので、径を変えるのはマズイんですが、リアは案外アバウトなのかも??

とすれば、リアはあえて255じゃなくてもイイのかな?

というのも、この255/40R18って、とにかくサイズ設定がタイトで、タイヤの選択肢が限られてきます(^^;;

汎用性の高い225/40で探したほうが良さそうですよね。

それに、あんまり太いと燃費が悪いしね\(^o^)/
2015年04月26日 イイね!

停まったなう

停まったなううーん。フューエル系の何かだろうか…

エンジンがストールしてから、二度とかからんくなってしもた…

エンジンの落ち方が、ちょうどガス欠の時と同じなんよね。。。ふいにアクセルがスカスカになる感じで、パワー出ないままストンと落ちた。

タンクを開けてみると、ガソリンは満タン(給油後110キロ走行して、1目盛だけ減ってる)入ってるのが見える。

そして、ここは飯田市\(^o^)/

どーなるんだろう?俺

とりあえず、ブログの更新してます(爆)
Posted at 2015/04/26 13:08:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | R1200GS Adventure

プロフィール

「ヒンジの処理が気になるッス」
何シテル?   06/12 07:55
心の一句 「上がらない うだつ小遣い 肩あたま」(爆)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

カラーシートベルト販売開始!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/12 17:20:04
パーキングブレーキランプが点かないので修理した 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/19 21:54:01
ワゴンR純正アンテナ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/07 12:25:05

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス NX レクサス NX
待つこと2か月。大安吉日の本日、ついに納車されました☆ でも、週末の雪予報にビビったワ ...
BMW R1200GS BMW R1200GS
乾燥重量259キロと思えない身軽な取り回し。さらに走ればヒラリ☆ 2008年式(ビック ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
20年オチの車を買ってしまった(´・ω・`) 直したところ ドア内側プラパーツ類(艶消 ...
ダイハツ エッセ ダイハツ エッセ
エッセのアバルト仕様=エッセバルトです。 2010年5月19日をもって次のオーナーさんの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる