• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

wildspeedのブログ一覧

2010年01月09日 イイね!

RomRaiderのロギング項目の調査

RomRaiderのロギング項目の調査大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


昨年から分かっていたことだが、仕事初めから非常に忙しかった。年明け早々、インテルから新世代のCPUがリリースされたり、INTERNATIONAL CESもあってIT系の会社はどこも慌しかったと思う。個人的には、インテルの新世代CPUを楽しみにしていたので、久々にワクワクしてしまった。昨年末にPCを買った人には申し訳ないのだが、Windows7搭載のPCを買うならこの新世代CPUからだと思う。


さて、今日はロギング項目を1つずつ調査したのだが、いざチェックを始めようとしたら、USBケーブルに足を引っ掛けて壊してしまった。幸い本体側に損傷がなくて良かったが、またUSBケーブルを買うことになってしまった。もちろん付属してきたUSBケーブルもあるのだが、今回のような場合に備えて極細タイプのUSBケーブルを使っているからだ。

ところで、ロギング項目の拡張パラメーターのうち、エンジニアパラメーターというものがある。それはロギング項目の末尾にダブルアスタリスク(**)で示されているものだ。
このエンジニアパラメーターの利点は、バイト長が小さいため、サンプリング間隔を短くしてたくさんのデータを取得できることだ。ほとんどのパラメーターのデータ長は4バイトだが、このエンジニアパラメーターは1バイト、もしくは2バイト長となる。しかし、データ長が短いということは、データが丸めたものにされるため、正確さは失われるとRomRaiderでは解説されている。そのため、エンジニアパラメーターは、あくまでログを取るためにあるようなもので、ECUでは使用されていない特殊なパラメーターということを認識しておきたい。

今回、RomRaiderオリジナルのものと改造した定義ファイルを使ってみたのだが、次の4項目がロギングできなかったのは痛い。


CL/OL Fueling* (status)
Feedback Knock Correction (4-byte)* (degrees)
Gear (Calculated)* (position)
Tip-in Enrichment (Last Calculated)* (raw ecu value)



拡張パラメーターがすぐにロギングできないことは分かっていたが、やはり上記の項目はECUチューニングする時に必要だと思う。これらは地道にアドレスを探すしかなさそうだ。


Posted at 2010/01/09 18:34:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | ECU関連 | クルマ

プロフィール

インプレッサ WRX STI spec Cに乗っています。 ECUチューンや解析をメインにやっています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

RomRaider 
カテゴリ:ECU関連
2008/03/23 18:33:56
 
OpenECU 
カテゴリ:ECU関連
2007/12/29 23:44:52
 

ファン

76 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
ECUチューニングをメインにやっています。
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
OpenECUでECUチューンニングをやっていました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.