• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

wildspeedのブログ一覧

2008年01月26日 イイね!

スバルディーラー

スバルディーラー今年は車検なので、とりあえず価格を聞きにスバルへ行ってきた。店舗は歩いても10分程度のところにあるのだが、寒かったし、後で野暮用があったので、久しぶりに車で行ってきた。駐車場に到着して思い出したのだが、今日は「お客様感謝デー」だった。混んでいるから別な日に行けば良かったと思ったが、面倒だったので10ポイントチェックをしている間に車検の話を聞いてきた。しかし、ディーラーの車検は高いね。。。

車検だが、過去に1度しか通したことがない。今まで車は、2年か車検時に買い替えをしてきており、早い時は半年で車を買い替えてきた。買い替える理由は、飽きてしまったというのが一番の理由だが、若い時は多くの車種に乗りたいという欲求から乗り替えてきた。
まだレガシィを最終的に車検に通すか決めてはいないが、今のところ買い替えたい車種がないので、多分車検を通すと思う。

ところで自分の家は、徒歩圏内にホンダとレクサスを除いたカーディーラーが揃っている。すべてのディーラーと付き合ったことがあるのだが、その中でスバルの対応が一番良い。たとえば、駐車場に着けば、セールスが車まで迎えに来るし、店内に入れば全員が挨拶をする。また点検等をすれば、2週間後くらいに調子を伺いに電話をしてくる。とにかく丁寧だし、小まめなサービスをしてくれるので、結構お気に入りである。
Posted at 2008/01/26 17:53:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車全般 | クルマ
2008年01月20日 イイね!

オイル選び

車好きにとって、オイル選びは楽しいこでもあり、また悩ましいことじゃないかと思っている。悩ましいこととは、オイルによるエンジン・フィーリングの違いだと思っている。いわゆる「オイルが固い」とか「オイルが柔らかい」ということである。

オイル交換をする時に、どんな情報を元にオイルを購入しているのだろうか。たぶん多くの人がブランド名や人のインプレッション、また店員の話などで判断しているのではないかと思う。自分も昔はそれらの情報を頼りにしてオイルを入れていた。でも、そういった情報を頼りにして入れてみると、エンジン・フィーリングがイマイチだったことがよくあった。エンジンが重く感じたり、高速巡航していると、すぐにエンジンがたれてくるような感じになったりなどだ。もちろん、エンジン形式や住んでいる場所、それに走るフィールド等によって感じ方も変わってくるが。

5年くらい前に、石油会社の研究所に勤めている友人にオイル選びの話をしてみた。そうしたら彼曰く、選定方法の1つとして「動粘度」と「粘度指数」を参考にしてみたらどうかと言われた。
それは、入れているオイル、もしくは入れようとするオイルの「動粘度」と「粘度指数」を調べて、それを1つの参考値(基準値)とするというものだ。その値を元にフィーリングを予測するのである。ご存知のようにオイル缶には、通常10W-50とか、0W-40等のSAE粘度分類が表示してある。しかし、SAE粘度分類が同じなのにエンジン・フィーリングが違うという体験をした人もいると思う。それはこの動粘度や粘度指数が異なるからである。最近は、動粘度と粘度指数をWebに公開しているメーカーも多くあるし、掲載していなくてもメーカーに尋ねれば教えてくれるはずである。

今回、自分のレガシィに入れたオイルの「動粘度」と「粘度指数」を掲載しておく。数値の見方だが、簡単に説明すると次のようになる。
動粘度は、オイルの粘り具合のことである。つまり数値が高いということは、単純に粘りがあるということになる。ちなみに水の粘度は1cStである。一方、粘度指数は、数値が大きいほど温度による粘度変化が小さくなる。つまり粘度特性の優劣を判断する値となる。
フィーリングは、数値だけで決められないアナログな世界だが、このような目安があっても良いんじゃないかと思っている。

elf Les Pleiades
10W-50
動粘度(cSt)
40℃ 119.4
100℃ 17.5
粘度指数 162

elf Excellium F1
10W-50
動粘度(cSt)
40℃ 132.8
100℃ 18.5
粘度指数 157


Gulf FLAT 4&6
5W-50
動粘度(cSt)
40℃ 98.23
100℃ 18.67
粘度指数 212


ゼロスポーツ
ZERO SP チタニウムR
10W-50
動粘度(cSt)
40℃ 108.2
100℃ 17.25
粘度指数 175

ZERO SP チタニウムTB
10W-40
動粘度(cSt)
40℃ 98.66
100℃ 15.21
粘度指数 163

BPカストロール
BPレーシングガンマ
5W-50
動粘度(cSt)
40℃ 106.5
100℃ 17.3
粘度指数 183
Posted at 2008/01/26 18:28:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車全般 | クルマ
2008年01月20日 イイね!

排気バルブタイミングの変更

AVCS(アクティブ・バルブ・コントロール・システム)は、吸気バルブと排気バルブの開閉タイミングをリアルタイムに制御して、低回転域のトルクや高回転域の出力を高める機構である。
スバルのAVCSは、基本的にトヨタのVVT-iなどの機構と変わりなく、ネットで調べればたくさんの情報がある。自分は、スバルUSのDriveに掲載されていたAVCSの説明が一番分かりやすかった。

しかし、吸気バルブタイミングのチューニング情報はたくさんあるのに、排気バルブタイミングの情報はほとんどない。海外のフォーラムにあった内容を参考にしながら、最終的に排気側のバルブタイミングを弄った。
簡単に言ってしまえば、ATは低回転で低負荷時の値と高回転で高負荷の値は変更せずに、吸気側に近いマップが一番良いとあった。
バルブタイミングは「乗り味」に影響する部分なので、一旦これで方向性を決め、その後燃調や点火時期等の見直しを行っていった。
Posted at 2008/01/20 17:45:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | ECU関連 | クルマ
2008年01月16日 イイね!

パーツ取り付けの思い出

本当はECUのことを書きたいのだが、データが自宅のPCにあるので、また週末にアップしたいと思う。
今日は、お友達がFパイプを交換する話があったので、自分のレガシィのDIYをちょっと書いてみたい。
基本的にパーツの交換は自分でやるようにしている。大物パーツの取り付けには友人の整備工場の片隅を借りて行い、小物は実家で作業している。
レガシィのパーツ取り付けで、2度とやりたくない作業の1つが、Fパイプの交換だ。自分の場合は、ネジが熱で固着していたので、Fパイプを取り外すのにえらく難儀したのを覚えている。作業は5時間くらいかかった。いつもながら1人でコソコソ作業するのだが、この時ばかりは無理を言って手伝ってもらったくらいである。
2番目に大変だったのが、ブーストコントローラーだった。アクチュエーターとタービンの間の配管にかなり手間取った。
プラグとクランクプーリー交換は、恥ずかしながらディーラーに任せてしまった。最初は自分で交換しようと思っていたのだが、どうプラグを外すのかとか、外すコツなんかをディーラーへ聞きに言ったら、7000円弱(確か6750円だったはず)で作業してくれると言われたので任せてしまった。ちなみにクランクプーリーの交換は7350円だった。
Posted at 2008/01/16 12:48:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | レガシィ | クルマ
2008年01月12日 イイね!

吸気バルブタイミングの変更

B4を購入してから2ヶ月くらい経った後に、ディーラーへ整備関係の情報を聞きに行った。その時に初めて知ったのが、タービンがATとMTでは違うということであった。たしかにATとMTで馬力が違うというは分かっていたが、まさかタービンが違うということまではこの時まで知らなかった。メカに詳しい整備士に聞くと、ATはMTと比べて小型で、ブーストは最大1.1くらいまでですと言われた。当たり前だが、小型ということはいろいろハンデを背負うことになる。まず低中域ではピックアップが良いが、高回転では厳しくなる。つまり、A/Rが小さいので給排気に限界があるということだ。
これを踏まえて、Intake Cam Advance Angle(吸気バルブタイミング)を弄っていった。
吸気バルブタイミングは、マップをある程度広げるを変えることによって、トルク感の変化がかなり感じられると思う。この吸気バルブタイミングのマップには、エコモード(A)とノーマルモード(B)があり、両方のマップを見比べれば、違いが一目瞭然である。
自分は、ずいぶんいろいろなマップを作成して試してみたが、ATとブーストコントローラーのゲインとの兼ね合いから、ノーマルマップを拡大したようなマップに落ち着いた。
私見だが、ノーマルな車両でも、角度値の上限変更や極度な開度タイミングの変更をしない限り、燃調や点火時期が狂うことはないのではないかと思う。
いづれにしても、アクセル開度やこの吸気バルブタイミングは、自分の目指すフィーリングに合うように設定すれば良いと思う。
自分の場合、アクセル開度関連とこの吸気バルブタイミング関連を固めた後に、エキゾースト側のバルブタイミングを変更した。フロントパイプを交換しているので、排気側も変更する必要があると思ったからである。
Posted at 2008/01/12 14:35:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | ECU関連 | クルマ

プロフィール

インプレッサ WRX STI spec Cに乗っています。 ECUチューンや解析をメインにやっています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

RomRaider 
カテゴリ:ECU関連
2008/03/23 18:33:56
 
OpenECU 
カテゴリ:ECU関連
2007/12/29 23:44:52
 

お友達

ファン

76 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
ECUチューニングをメインにやっています。
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
OpenECUでECUチューンニングをやっていました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.