• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

wildspeedのブログ一覧

2009年12月30日 イイね!

今年もあと1日

今年もあと1日今年も明日1日だと言うのにどうも年の瀬という感じがしない。今年に限ったことではないのだが、最近は元旦から営業しているお店が多いからそう感じるのかもしれない。

今年の大きなトピックと言ったら、やはりGRBに乗り換えたことだろう。乗り換えてまもなく3ヶ月になるが、まだまだ自分の描いている理想には程遠い。来年はECU弄りを始め、吸排気パーツなども交換して早く理想に近づけたい。


とりあえず洗車も済ませたし、あとは走り納めをして新年を迎えよう。
Posted at 2009/12/30 21:55:55 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2009年12月27日 イイね!

RomRaiderのロガー定義ファイルを改良する

早くECUを弄りたいの山々だが、自分のECUに適合したロガー定義ファイルはまだない。また、定義ファイルもいつ更新されるか分からないので、最新のロギング定義ファイル( Logger definitions (0.3.5b 10-02-09))元に手を加えてみた。

ロガーの定義ファイルは、ECUの定義ファイルよりぜんぜん小さいファイルだが、それでも物理行で47,387行にもなる。今回、全行にすべて目を通し、どの行に何が記載されているかを調べて整理することから始めた。

ロガーの定義ファイルは、次のような構成になっている。なお、カッコ内の行数は宣言文やコメント文を除いた行番だ。

1. Standard parameters(7-570行)

  ストアアドレスが決まっており、どのECUでも共通な基本項目。項目数は合計で91項目ある。

2. Calculated parameters(572-622行)
  基本項目を元に計算された項目で以下の4項目になる。

  2-1 Engine Load (Calculated)
  MAFとエンジン回転数から計算したもの。

  2-2 Fuel Consumption
  MAF、速度、そしてAF値(フロントO2センサー値)から計算したもの

  2-3 Injector Duty Cycle
  インジェクターパルスとエンジン回転数から計算したもの

  2-4 Manifold Relative Pressure (Corrected)
  SSM(Subaru Select Monitor)では、相対圧力の上限値が約1.28kgf/cm2になっている。そのため、この項目では「Manifold Absolute Pressure」から「Atmospheric Pressure」を引くことで、約1.57kgf/cm2まで拡張したたものになる。ただし、実際の上限値は地域によって異なるが、最大で約2.6kgf/cm2になる。

2. Switches(623-692行)
  クラッチのON/OFFやブレーキのON/OFFなどの項目。合計で69項目。

3. Extended parameters(693-47,387行)
  ECUによって読み出しアドレスが違うもので全部で124項目もあった。合計数はECU IDから数えたが、よく見るとダブった項目もあるので、それらをまとめればもっと少なくなると思う。

以上のような構成になっているのだが、もちろん手を加えたのは「Extended parameters」だ。手始めにGRBのB型を参考に同じアドレスで追加してみた。ただ、ディスアセンブルしたデータと比較して見ると、違うアドレスもありそうである。この辺はメイク&トライで試してみるしかなさそうだ。

それにしても全行を見ながらExcelに項目やアドレスを書き出したら疲れた…


Posted at 2009/12/27 21:14:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | ECU関連 | クルマ
2009年12月19日 イイね!

フロアマット固定用金具

フロアマット固定用金具
純正フロアマットを購入しないと付属してこないと言われていた固定用金具だが、やっと単品で購入することができた。


購入するまでの経緯をちょっと報告しておきたい。




11月上旬の1ヶ月点検の時に、部品としての取り扱いがないかディーラーで細かく調べてもらったのだが、案の定というか単品での取り扱いはないという結果だった。しかし、どうも釈然としなかったので、ディーラーに承諾を得て、次の日にお客様相談センターへメールで問い合わせをしてみた。

問い合わせた内容はつぎのとおりだ。

1. なぜ単品の部品として取り扱いがないのか。
2. なぜカタログやWebに固定用金具が付属していることを記載していないのか。

これらに対するスバルの回答は以下のようなものだった。

=====================================================================
お問い合わせをお寄せいただきまして有難うございました。
この度は、スバル インプレッサをご購入いただき誠に有難うございます。
心より御礼申し上げます。

さて、wildspeed様からの運転席フロアカーペットの固定金具に関するお問合せ
につきまして、以下にご回答申し上げます。

運転席のフロアカーペットにつきましては、ご存知のようにカーペットの
ズレや、形状が不適切な物の使用で、アクセル、ブレーキのペダルと干渉
して、事故や故障の原因になる恐れがあります。
その為、車両に対し最適な仕様となるよう、カーペットと金具をセットと
して開発し、純正用品の設定をしております。

尚、補修品として金具の単品設定がない理由につきましては、通常使用で
損耗する部品でないこと、又 金具が2本ピンのタイプで純正カーペット
以外に適合しないことなどから、ほとんどニーズがないというのが実状で
ございます。
=====================================================================

上記のように部品に対する回答はもらえたが、もう一方のカタログ等の記載に対する回答は、残念ながらもらえなかった。


それから仕事も忙しくてすっかり固定用金具のことは忘れていたのだが、二週間前くらいに何気にWebのアクセサリーページを見た時のことだ。フロアマットの項目をクリックすると、「取付にあたっては、別途、別売取付品・取付工賃がかかります。」と記載されていた。はっきり覚えているが、以前はこのような文章ではなかった。

そこでもしやと思いすぐディーラーに連絡して調べてもらったら、部品リストに新規記載があるという連絡をもらった。ただ、この時点では金額も品番もなかったようだ。とりあえず注文は出来るということだったのでお願いしたわけだ。

こんな経緯で固定用金具を購入したわけだが、他の人からも同様にメーカーに意見が寄せられた結果ではないか思う。あとは、一連の事故の報道が影響あったんじゃないかと思うのである。


伝票に記載されていた内容はつぎのとおりだ。固定用金具が欲しい人は参考にしてもらえればと思う。


部品名:ブラケット フロアマット FGヨウ
品番:A60P382101
価格:\2.100(税込み)
※金具を固定するための六角ネジも付属


Posted at 2009/12/19 12:02:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | インプレッサ | クルマ
2009年12月18日 イイね!

ステアリング交換

ステアリング交換今日は代休が取れたのでステアリングをDAMDのSS358Sに交換した。

納車される前からステアリングは交換したいと思っていたのだが、一方で慣れれば気にならなくなるんじゃないかと思っていた。しかし、2ヶ月経っても、どうも手にしっくりこなかった。

自分の場合、ステアリングの径よりも質感の方を重視するタイプなのだが、純正ステアリングの柔らかい革の感触や凹凸がない握りが好みに合わなかったのである。
コストダウンによって、ある程度質感が下がるのは仕方がないと思っているが、せめてステアリングだけはもう少し考えて欲しかったと思う。

いつもながらネット通販で購入したのだが、商品が届くまで結構不安だった。こういうパーツに限らず、衣料品のように肌が直接触れるものは、実物を見たり触ってみてからじゃないと買えない性分なので、一種の賭けで買ったようなものだった。

しかし、商品が届いてみたら、そんな不安は吹き飛んでしまうほどステアリングの質感は素晴らしいものだった。程好い固さと太さ、それに握り部分に施された滑り止めのディンプル加工など、自分の感覚に非常にマッチしているものだった。これで運転がさらに楽しくなるに違いない。

今日は他にも取り付けたいパーツがあったのだが、外で作業するのはあまりにも寒かったので断念してしまった。暑いのはまったく平気なのだが、寒いのだけはどうも耐えられない。来週半ばくらいから平年の気温に戻るそうなので、来週末には取り付けにトライするつもりだ。
Posted at 2009/12/18 23:44:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | インプレッサ | クルマ
2009年12月10日 イイね!

SCV

先日のブログ「GRBでRomRaiderによる初ロギング」で不明だったSCVについて、今日mistbahnさんから情報を頂いた。

SCVとは、Swirl Control Valve(スワール・コントロールバルブ)の略だそうだ。ブログ「TGV」において、TGV(タンブル・ジェネレーテッド・バルブ)は、縦の渦巻き流を発生させる機構であることを説明したが、このSCVは横の渦巻き流を発生させる機構のことだ。

確かに縦があるのなら、横もあるよなぁ。。。すっかり基本を忘れていた。ちなみにTGVの歴史は意外と古くて、富士重工業の「1999年度の開発実績レポート(PDF)」にTGVに関する報告されている。

水平対向エンジンは、ショートストロークであり、一般のエンジンと比較してピストンスピードが遅い。この弊害の1つとして燃焼効率が低いと言われている。つまり、燃焼させるためのスワール流(横渦)やタンブル流(縦渦)の旋回流が弱いということだ。この欠点を補うためにTGVやSCVという吸気機構が採用されるようになったわけだ。


SCVをネットで調べてみたら、スバルのプレスリリース「スバル レガシィ シリーズを改良(PDF)」の中に下記のような説明があった。これも前に読んだのだが、頭からすっかり消えているよ(^_^;)

~2.5リッターエンジン~

・ 可変バルブリフト機構「i-AVLS(i-Active Valve Lift System)」を採用。エンジンの低中回転域では片側の吸気バルブをローリフトとし、もう片側の吸気バルブとの位相によるスワール流が吸入空気の流速を高め充填効率、燃焼効率を向上させることで、排出ガス性能を向上。中高回転域では2本の吸気バルブを同時にハイリフトとし、吸気バルブ周辺の通気抵抗を低減させるとともに、吸排気慣性の効果により、シリンダー内への充填効率を向上させ、出力を向上。

つまり、低回転域では左右のバルブリフト(バルブの高さ)を互い違いにしてスワール流(横渦)を発生させるということだ。これは「スバル レガシィ オフィシャル ブログ」にある「i-AVLSの可変バルブリフトの効果図」を見ると理解し易いと思う。

このことからRomRaiderのロギング項目にあるSCVは、i-AVLS付きのアウトバックやレガシィの2.5Lなどでデータを取得できるのではないだろうか。

Posted at 2009/12/10 17:42:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | ECU関連 | クルマ

プロフィール

インプレッサ WRX STI spec Cに乗っています。 ECUチューンや解析をメインにやっています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/12 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

RomRaider 
カテゴリ:ECU関連
2008/03/23 18:33:56
 
OpenECU 
カテゴリ:ECU関連
2007/12/29 23:44:52
 

ファン

76 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
ECUチューニングをメインにやっています。
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
OpenECUでECUチューンニングをやっていました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.