• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あぶない特命係の青島/いいこまのブログ一覧

2016年05月15日 イイね!

久々にGTねたについて語ろうかと。

久々にGTねたについて語ろうかと。考えたら他の映画ファンの方でもある方はサッカーネタをツイートされてたりまたある方は旅行記を書かれてたりする中で自分はみんカラの方では最近殆ど映画関連なのでたまには映画ネタ以外を書いてみようかと(まあはてなダイアリーの方では映画関連以外も書いてますが)。

5月3・4日に富士スピードウェイにてSUPERGT第2戦が行われましたがまさか最後の最後になあ…。
別の今大会だけでなく過去の大会でも何度も「嘘━っ!?」な展開になることは多々あったので今更驚くことではないでしょうが

72周目で100号車RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(画像は2014年鈴鹿テスト時)が突然の左リアタイヤのバーストでリアカウルが吹っ飛びパーツがコース上に飛び散るわ(おかげで当該車両はリタイヤし、78周目までセーフティカーが先導して走行する羽目に)

107周目では先頭を走っていてこの調子だと優勝目前だった12号車カルソニックIMPUL GT-R(画像は2015年鈴鹿テスト時)も突如左リアタイヤが(以下略。まあパーツは飛び散ってませんが…応援してるチームなので残念)な状態になった結果

最終的には開幕戦でも優勝した1号車MOTUL AUTECH GT-R(画像は日産グローバル本社ギャラリーでの2016年度レース活動発表時)が今大会でもGT500クラス優勝を遂げたっていうのですから。
ある意味ついてるだろ1号車…。2014年・2015年の2年連続でシリーズチャンピオン獲ってますし(だからこそゼッケン「1」をつけてるわけですが)。

なお、GT300クラスは開幕戦での優勝車両である65号車LEON CVSTOS AMG-GTが2号車シンティアム・アップル・ロータス(画像は2015年鈴鹿1000km時)と接触しリタイヤしました。どちらも結構好きなマシンなのである意味残念です。

そして優勝したのは3号車B-MAX NDDP GT-R(画像は日産グローバル本社ギャラリーでの2016年度レース活動発表時)でした。やってるな日産。
そういえばGTネタはこの記事以来なので大体3年ぶりか…。
3年の間にGT500クラスはドイツツーリングカー選手権(DTM)と車両規格統一するわGT300クラスはグループGT3規格車両(FIA-GT3車両とも。以下GT3車両)が増加しJAF-GT規格車両が減少したのに伴い日本のモノづくり技術発展促進のためにマザーシャシーを企画したりしただけでなくグループGT3規格も今年度から新車投入ラッシュとなっておりまだまだ目が離せないです。
GT500クラスに関していえば

マシンのベース車両について先の記事で予想してましたが、日産はGT-Rであろうことは予想通りでトヨタないしはレクサスはLFAではなくRC F、ホンダはNSXでした。最初は不安だったものの実物を見ると09年~13年の規格の頃よりこっちの方が好きです(外観があっちより市販車寄りなので。ただあちらの方が好きな方もそりゃいるでしょうしそれに中身に関していえばさらに市販車から遠ざかってるのも事実ですが)。
ある意味予想できたところはありましたが100%そうだったわけでもないです。まあある意味順当だったでしょうが。DTM参戦車両のバリエーション的に特にRC Fは他2車種と比べてもうってつけでしょうし。
といっても個人的にはGT-R・NSXもアリですが。ただNSXの場合いろいろな意味で無理がありますが(元々FR用のシャシーをMR用にしてますし。とはいえNSXといえばMRなのでそうしてくれたのはよかったです)。
とりあえずDTM・SUPERGT両者の交流戦は観てみたいものですがまだまだだろうなあ…。あとレクサスは現時点ではRC Fで参戦しているものの今年限りといううわさもあるので(それが本当なら来年からはLCで参戦するのかもしれません。それはそれでどんな感じか観てみたいものです)。
あと500馬力制限もいつしか消えてたようで。

ドライバーに関しては動向が近年徐々に変化を遂げている感がしますが脇坂寿一選手が昨年限りでGTを引退し今年はチーム・ルマンの監督となるのが何より驚きでした。結局日産系チームに来ることはなかったですし何より活躍を未だ未だ観たかったところはありますが今後の動向が楽しみです。

あと童夢が昨年以降GT500から撤退してしまったのも惜しい話ですが実質後継として道上龍選手が率いるドラゴ・モデューロ・ホンダ レーシングが参戦を開始したのも大きなトピックスかと。



スポンサーに関しては2001年から2004年までセルモをスポンサードしていたau(1999年・2000年はcdmaOneブランド)が今年になってトムスをスポンサードすることとなったので古くからのGTファンの方々を唸らせることとなりました。



因みにセルモは2005年からZENT(パチンコチェーン)がスポンサードしておりそのカラーリングが今やおなじみとなっていますがZENTは2001年から2003年までトムスをスポンサードしていたので見事にスポンサーが逆転しちゃってます。なんか面白い。
GT300クラスに関していえば

2008年から初音ミクの痛車が参戦して以降イカ娘やエヴァンゲリオン、ラブライブ等の痛車が出ては消えて行ったりしていきました。痛車嫌いの方にとっては朗報でしょうが個人的にはなんか寂しいです(痛車が特別好きなわけでも嫌いなわけでもないですが一過性だったのかなと思うとなんだかなあ、と思うのです)。

ただミクの方はマシン変遷こそ遂げてるものの今でも参戦を続けているのでそれが幸いです。なお、2011年からBMW・Z4 GT3で参戦を続け2014年にシリーズ優勝したと思ったら2015年にはメルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3にマシンチェンジしています。理由は不明ですが優勝したにもかかわらずBMWは木で鼻を括っていたのに対しベンツの方はそういった対応ではなかったのでそこのところも関係してるのかも、と個人的には思います。
その後2016年からはその後継車両であるメルセデスAMG・GT3にマシンチェンジしています。

あとエヴァに関しても2014年限りと思いきや2016年に復活しているので痛車の活躍を見限るのも早計なのかもしれません。
GT3車両に関しては先述の通り増加の一途でその関係もあって元々あった300馬力制限がいつしか完全になくなった(これに関しては300馬力に出力を落とすのをメーカーが嫌いチームに売らなくなったら話にならないため)ほどなのですが、とりあえず前の記事の時点でも勢力としては大きめだったのが今でも続いてます。
GT3車両について説明するなら、GT500クラスの車両や近年のGT300クラスにおけるJAF-GT規格(外観こそ市販車を模してるものの中身は別物で生産・運用コストが嵩んでしまう欠点があります)と違い市販車をベースとしていることに加え今は亡き上位クラスであるGT1・GT2車両が価格的に嵩んだ反省から抑えめにしているのが特徴です(しかも端的に言えば金さえあれば我々でも購入可能ですし、だからこそ主力となり得ており他の競技でも重宝されていたりもします。ただし掛け持ち問題もあります)。
そして2016年になりGT3車両においては一種の転換点が訪れておりGT300クラスもその荒波に巻き込まれています。

アウディはR8が2代目にフルモデルチェンジしたことでマシンのベース車両もそっちに変更

ランボルギーニもガヤルドがフルモデルチェンジでウラカンになるとベース車両をそっちに変更

BMWは他社と比べサイズが小さかったZ4から大きめのM6に変更

ポルシェも911が997型から991型にフルモデルチェンジしてそっちに変更

フェラーリも458イタリアが488GTBにフルモデルチェンジしてそちらに変更、ダイムラーもメルセデス・ベンツ・SLS AMGから後継のメルセデスAMG・GT(画像は上で載せてるので割愛)に変更という具合に変革が進んでいます。個人的にこの動きは結構関心どころですし開幕戦で上位に来ていたので目が離せないです。

日本のメーカーでも日産は2012年よりGT-RニスモGT3(画像は2014年仕様)を導入してましたが2015年仕様からはベース車両はGT-Rの通常仕様からGT-Rニスモに変更され(画像は上で載せたので割愛)元からGT-RニスモGT3で参戦していたチームは一部例外を除いて同年度からこっちにチェンジするようになりました。
その後2016年からは2014年までの仕様での参戦が不可能となったので通常仕様ベースの車両は淘汰されることとなります。

トヨタにおいてもレクサスブランドにおいてRC F GT3(画像は2015年鈴鹿1000㎞時)が参戦しているのですが現時点では1台だけなのが惜しまれます。もっと増えてほしいですが半ば未知数なので致しかねないのかもしれません。
上の2台に関してはGT500でも同車種が参戦してますがあちらは外観を似せたレース専用車ゆえにそれ相応のなりですがこちらは元が市販車ということもあり印象が見事に異なります。
まあGT-Rの場合同じグループGT3規格の他車種と比べても図体はデカいですが(但しM6は更にデカい)。
因みにGT3車両の台頭に関しては個人的にはナシではないです。市販車を「模してるけど別物である」JAF-GT規格と比べると「市販車ベースの競技車両」であるGT3車両の方が前身の全日本GT選手権(JGTC)が当初打ち立てていた方針に近いと思うので。
ただ「チームそれぞれがどうマシンに手を加えるか」という楽しみはそがれているのでその意味ではダメですが。

一方でJAF-GTと比べて抑えめの価格で高い性能を誇るグループGT3規格車両で参戦するチームが増えたことで先述したように車両製造の技術ノウハウの継承や国産パーツの活用が抑制されてしまう(GT3車両はもともとが完成品で弄る必要もなく、そのうえレギュレーションでも改造範囲がJAF-GTより限定されているのでそういったことは困難なのです)ことから運営元であるGTアソシエーションはマザーシャシーを導入し2014年シーズン第7戦のスポット参戦を皮切りに翌年度開幕戦から4台のマシンが参戦、一部は上位に来ることもあります。
ある意味こちらの方がGT3車両より面白味があるかもしれません。何故なら「どう手を加えるかチームによって異なる」のが楽しいので。
ただ飽くまで外観が市販車風で中身は別物というのは変わりないですし従来のJAF-GT規格と違いシャシーやエンジンが単一化されてしまってるのでその意味では…と思うところはあります。それでもコストを抑えた上で若者への技術教育の場を与えるという意味で発展してほしいです。

その従来のJAF-GT規格の方は2016年度になってトヨタ・プリウスがフルモデルチェンジしたことにより競技車両の方もそちらをベースとしたものとなりました。
といっても先代同様外観を似せただけで中身は別物ですが、面白いことにこの車両に関してはこちらの方が受けが良かったりします(たいていの場合はその逆のパターンになるのですが)。かくいう自分も市販車よりこちらの方が好きです。

またCR-Zは前年限りで参戦を終了しました。NSXのGT3車両が出るので今後はそちらへのスイッチになるのでしょう。



あとセーフティカーも2014年までGT-RだったのがRC Fに変わっててGT-Rが好きな身としては惜しい反面RC Fもありな口なので「何年続くかなー」なんて思ってたりします。

今のところ思いつくのはそんなところですがまた思いついたら書きます。
今年の鈴鹿1000㎞も行きたいものですが無理かもしれないので覚悟は決めときます。
関連情報URL : https://supergt.net/
Posted at 2016/05/15 15:16:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース | 趣味
2013年03月04日 イイね!

今年のSUPERGTはどうなるやら。

そういえば『脳男』にインプレッサ、ミニクーパーSコンバーチブル、アウディTTが、『とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟』に三菱iとかシボレーインパラとか出てたなあ。
といってもあの世代のアメ車には疎いのであってるのか解らないのですが…。とりあえず小萌先生は新車購入したってことでいいのでしょうか。確かR2みたいなの乗ってましたし。

それはさておき本題。今年のSUPERGTですがとりあえず頭にある分では
*GT500
**MOLAに本山選手参入、元々の2人は23号車へ
**TOM'Sが久々に2台体制
**KRAFTがGT500出場せず、GT300に移行して「Bonds Racing」の名でGT-R NISMO GT3で参戦。
**HSVが今年でラスト、来年からは次期NSXで出場
てかこれに関しては他の2社のベース車両が気になります。日産はGT-RでしょうけどトヨタはLFAでしょうか? それともFRスポーツコンセプト?
*GT300
**昨年のチャンピオンのエンドレスがクレイジーケンバンドの横山剣さんの名を冠するチーム名に。またマシンは2013年仕様に。
**カーズ東海はMP4-12C GT3にマシンが変わるもそれ以外は不変の体制
**ARTAはCR-Zにマシンチェンジし、カーナンバーも往年の「55」に。
**一昨年のチャンピオンのグッドスマイルレーシングはZ4 GT3の台数を1台に減らされたものの13年型にアップグレードされ、しかも第5戦では
**LMP MOTORSPORTが参戦しないのでPACIFIC RACINGはDIJON RACINGと手を組み、また「攻殻機動隊ARISE」とコラボ
これきいたとき、「そっちで来たか」って思いました。というのも同じIG作品でも「PSYCHO-PASS」と組まないものかと思ってたもので。まあもう終わってますし無理ですが…。
てかカーナンバーが「9」だからコラボしたのかまさか? Surfaceともコラボするみたいだからいいけど。
**ゲイナーはSLS AMG GT3を2台の形で参戦。
これに関しては大阪で生で観ました。
**52号車のコラボ先が「沖縄でGTを」と目論んでる団体だと…。
正直沖縄でレースが行われてるのを観てみたいものですが勿論安全性重視なのでそれが見越せないなら当面勘弁してほしいです。まあ当たり前のことですが。
**その52号車と組んでたLEONはレーシングチームを組み、62号車として黒いSLS AMG GT3で参戦。
**61号車はミシュランに。
**22号車はRD350からSLS AMG GT3に。仕方ないね。
また監督はアルテッツァやゴルフでレース参戦経験のある稲垣潤一さんに。
**48号車はコルベットZ06GT3からGT-R NISMO GT3に。また、痛車の題材が「インフィニット・ストラトス」に。
略称的に14号車が参戦してたらそっちと…なんて思いましたが我ながら安直です。
因みにもう1台のコルベット勢である東名スポーツもGT-Rにチェンジしたようで。意外と期待値高かったのね。

とりあえずこの辺で。
Posted at 2013/03/04 21:32:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース | 日記
2010年08月23日 イイね!

鈴鹿旅行記

鈴鹿旅行記第39回ポッカGT観戦のために8月21~23日にかけて旅行を行なったのでその概要でも書こうかと。まあ興味ある人は少ないとは思いますが…。しかも文面がぐだついてますし。

まず初日は7時35分頃に家を出発し、10時40分頃にサーキットに到着。その後は当然のごとくかどうかわかりませんが観戦に集中していたわけですが、いやあ、場所によってあんなに見え方が違うとは思わなかったです。まさか目の前で25号車がスピンする瞬間を見るとは…。取り敢えず大概どこで見ても面白かった気がするので見に来た甲斐がありました。ただ、本戦は途中から最後までずっと最終コーナーで見てた為にナイトセッションではマシンが見えず、実況も聞こえず最終結果発表があるまで概要がわからなかったのですが…。指定席やピットウォーク券の購入をするべくしっかり計画を立てとくべきだったか…。 しかも観戦してない時も車両などの展示がありましたし。特に2日目はGT-R展示してましたし。ただ、土産の額が…。

で、第6戦の感想についてですが、直に観たのに調子がいつもと変わらない事を先に留意しておきます。取り敢えず帰宅後判明したものも含めて書いてますが、如何に自分が節穴かわかってしまいます。

*9号車のレーシングミクの意匠が変化してたのでついつい見てしまいました。マテ!てかパレオ形状になってるんですね。
*22号車からは和田久選手のチームが出てましたが、やはり新規参入となるとああなるのか…。('・ω・`) でも開けてた間のメールやブログの確認によればどうやら13位完走だったとかみたいなので取り敢えず良かった…。
*31号車リタイアしてたのか…。観てたのに知らんかった…。
*初日で第3ドライバーがポール決めるわ、決勝で優勝するわ、ARTAすげえ。通りで拍手したくなったわけだ。ただ、弱視のせいで記者会見が見えづらかったのがショック…。('・ω・`)葡萄食べまくらないと。
*前戦の件があったので23号車応援してましたが、どうやら応援の甲斐あったようで。実は最後の結果発表の際に何故か2位だけ聞こえてなかったので知ったのはカービュー見てからのことでした。
*12号車…。(';ω;`)
*62号車優勝聞いたときは「遂にやったか!」と思いました。てか今回4ドア結構勝ってるなあ。

にしてもやっぱり速いw マシンの動きは肉眼だととらえられるのですがカメラだとカーブでない限りとらえられないw まあ決勝ではカーブ以外でも結構カメラにとらえられたので単に腕の問題ですが。ただ仮に腕が向上してたとしてもブレてるのがわりと…。あと、途中から暑さでうだってきて順位が掴めなくなってました。それは体力の問題なので鍛えろ!
なお、先述の通り土産の額の件で挫折したので戦利品は公式パンフのみ…。これ見せたら自分以外の家族にも「SUPER GTとは何か」って伝わるかなあ…。あと、後日写真UP予定です。

ここからはそれ以外の話ですが、実に不甲斐ないです。
というのも初日サーキットから出てそこから地図を見つつ鈴鹿サーキット稲生駅に徒歩で向かう手はずだったのですが、あろうことか始点がわからず焦るはめに…。まあ最終的にはちゃんと駅に着きしかも地図のルートをしっかり歩けてたみたいで、そこからちゃんと宿に着いたのですが。

今度からは失敗せずに迎えたら、と思いますが次ぎ行く機会ってあるのだろうか。
Posted at 2010/08/23 23:29:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | レース | 日記
2010年08月13日 イイね!

GT第6戦観に行くことになりました。

まあ単にそれだけなんですが、チケット獲得する機会があったので。機会っていってもローソンチケットで購入するだけの貯金があっただけだということなのですが、いつも金欠なもんで。
やっぱ生は違うのかなあ。何にせよ楽しみですが、観戦終了後どうするか決めてないのが悩みの種です。さすがに何もせず過ごすのもなあ…。

ところで今朝知ったのですが、和田久選手チーム発足してGT300出るのか…。
Posted at 2010/08/13 09:17:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | レース | 日記
2010年08月02日 イイね!

印象・オブ・GT第5戦

流石魔物が住んでるとだけあって色々驚かされました。
*23号車勝ってGT-R敗北のジンクス破ると思ったらタイヤカスでキルスイッチが切れて結局6位…。不運ですが、ただそのうちジンクス破壊できたらなあ、と思います。
*最後は最後で17号車が18号車に1000分の25秒差で勝利って…。
*35号車も残念だったなあ…。一方27号車とクラッシュした38号車はなんとか走り切れたようでよかったです。まあ27号車がだめになってしまったわけですが。
*中嶋企画やっと最下位以外の成績が出たなあ。優勝してゼッケンナンバーの謎を訊くことは無理そうですが取り敢えず応援してます。
*GT300は9号車と62号車がそれぞれアップグレードしましたが、どちらもあまり芳しくなかったようで…。特にレガシィは当てられなければ勝てそうだったのになあ。
*でも2号車と31号車が表彰台だったので良かったです。
Posted at 2010/08/02 00:01:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | レース | 日記

プロフィール

「「人間がなぜなくかが分かった」のくだりはやっぱ好きだな…。感情を持たない機械が感情を理解したのだから。#ターミネーター2 #fujitv
何シテル?   11/16 23:06
生粋の奈良県民です。 車が好きになったきっかけはバック・トゥ・ザ・フューチャーを見てデロリアンに興味を持った事です。ガルウイングドアを持つ車両はそれまで見た事...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

カゲヒナタのレビュー 
カテゴリ:映画
2016/02/29 00:24:15
 
【話題part8❕】さらばあぶない刑事 ドレミファ〰編❗警告⁉ネタバレ閲覧注意(ぇ 
カテゴリ:映画
2016/02/29 00:21:18
早いもので3月になりました。。。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/09 15:43:01

愛車一覧

スズキ スイフトハイブリッド スズキ スイフトハイブリッド
初めてのハイブリッドカーです。車自体は選んだのは父親ですが色とナンバー下4桁は自分が決め ...
トヨタ カローラスパシオ トヨタ カローラスパシオ
マークIIの後釜で購入しました。普通に足車として使ってましたが流石に旧さが否めなくて次の ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
うちの父親が2001年に購入したもので(この頃僕は「仮面ライダーアギト」に嵌ってた)、運 ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
この辺りから明確に覚えてますが、いつの間にか100系に代わってました。 写真はYahoo ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.