• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

STAGのブログ一覧

2010年08月04日 イイね!

- パナソニック SDカードに地図収録の「ストラーダS CN-MW250D・150D」 - ・・・普通逆だよね。

パナソニックのナビってイマイチお目にかかった事ないんですが、純正のカーナビなんか結構多そうな気がします。あとパナソニックのナビってリモコンって印象を受けるんですが・・私だけでしょうか?w

まぁそんな私だけシンドロームは別として・・新しいストラーダが出ますね。最近は安いナビモデルでも地デジチューナー内蔵が当たり前の時代になってきましたが、まだまだ私のワンセグナビは当面現役でしょうねぇ・・

「パナソニックは、地図データの記録にSDHCメモリーカードを使ったカーナビ「ストラーダ Sクラス」に、新モデル2機種を追加する。発売日は9月10日。どちらもオープンプライスで、店頭予想価格はフルセグチューナを内蔵した「CN-MW250D」が14万円前後、ワンセグの「CN-MW150D」が12万円前後。

 地図データを収録した8GBのSDHCと、音楽などを保存するための8GB SDHCカードが付属するカーナビ。2つのカードを装着でき、HDDタイプのナビでも採用されているCDダイレクト録音機能も搭載。音楽用の8GBカードに、AAC 128kbpsで直接CDから録音ができる。録音したSDカードはD-Dockやビエラ・ワンセグなどのSD-Audio対応機器で再生が可能。

 さらに、iPodやUSBメモリなどを接続するためのUSB端子も搭載している。液晶ディスプレイはタッチパネル型で、サイズは7型(480×234ドット)で共通。

 音楽ファイルはMP3/WMAに対応。iPodやiPhoneは、付属の中継ケーブルを使用して接続し、カーナビ側からiPodを操作したり、充電する事もできる。光学ドライブはDVDビデオ、DVD-R/RW、CD、CD-R/RWの再生が可能で、MP3やWMAを保存したCDや、VRフォーマットで記録したDVD-R/RW、CPRMにも対応してデジタル放送を録画したディスクも再生できる。

2機種の違いはテレビチューナで、CN-MW250Dは4チューナ×4アンテナのフルセグチューナを搭載。4つのチューナと4つのアンテナによるキャリアダイバーシティ方式で、アンテナ間の電波強度差を順位付けし、独自のアルゴリズムで重み付け合成。広範囲でのフルセグ受信を可能にしている。

 CN-MW150Dはワンセグチューナを搭載。高感度なフィルムアンテナも付属している。さらに、デジタルパネルを搭載することで、従来モデルより高品質なワンセグを表示できるという。また、両機種とも移動してエリアが変わっても自動的にチューニングを行なう、「新・放送局サーチ」機能が利用できる。

 付属の地図用カードには、25m、50m縮尺の全国1,006都市の市街地図や検索データベースを収録。電話番号(タウンページ)情報は約880万件、住所情報は約3,740万件分、個人宅電話番号は2,070万件収録。駐車場やコンビニ等を地図上に素早く表示する「ランドマークセレクト」機能や、ETC専用のインターチェンジ「スマートIC」を自動的に考慮したルート探索なども利用できる。」

・・・地デジ対応版が初回14マソ、ワンセグが12マソと・・その2万円の差が結構悩む要素ではありますが・・ぶっちゃけ14マソで2DINのナビってのは結構安いと思います。最近はナビ自体が安くなってきてますから、これは消費者としては迎合すべきかと・・

その他はUSB端子なんかもあるのでi-podなんかも装着可能、音楽ファイル、DVDメディアとも、極普通の対応の仕方ですね。

まぁこのナビの特徴は・・地図用SDカードと・・音楽・動画用SDカードのダブルスロットを搭載している事。ちなみに、音楽CDを音楽用SDにAAC128kbpsで録音する事も出来るようです。i-podは勿論ナビでの操作は可能です。

価格は前述した通りで、どちらも9月10日発売。
Posted at 2010/08/04 17:58:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新製品ブログ 2010年5月~ | 日記
2010年07月31日 イイね!

- レッツ 29800円の3Dデジカメ「3D Sunday Pocket HD Camera」 - ・・・アナグリフ(赤青方式)にも対応

3Dテレビってのを・・こないだY田電機で体感してみました・・感想はと言うと・・「映像の中の立体感がすげぇ!」って感じでした。これからは3Dの時代とばかりに、各社3D対応液晶TVも出してきています・・そう、3Dに対応するには、単純に眼鏡だけでなくTVも必要になってくるんです。

さて・・そうなったら今度は・・「3D撮影が出来るカメラが必要になる」訳ですが・・これもどんどん各社が開発中で・・年末商戦から来年にかけてえらい事になるような気がします。まぁそのさきがけとして・・今日ご紹介するポケットカムの3Dタイプのものも出るであろうと思いますので、紹介しておきます。

「レッツは、ポケットサイズの3Dデジタルカメラ「3D Sunday Pocket HD Camera」を8月下旬に発売する。価格は2万9,800円。直販サイト「レッツダイレクト」で取扱う。

 720p(1,280×720ピクセル、30fps)の3D動画を撮影可能な3Dデジタルカメラ。HDMI端子を備え、3Dテレビや3D対応ディスプレイを接続したPCで、3D静止画および動画を観賞できる。

 静止画の最大記録解像度は2,592×1,944ピクセル。動画・静止画ともにサイド・バイ・サイド形式で記録する。静止画の記録形式はJPEG。動画の記録形式はH.264(MPEG-4)。付属ソフト「Arcsoft TotalMedia HDCam」を導入することで、映像のアナグリフ(赤青メガネで見る方式)変換、カット編集、Youtubeへのアップロードが行なえる。

センサーは有効500万画素の1/2.5型CMOS。レンズは35mm判換算で45mm、F2.5固定。ホワイトバランスや露出操作は自動。10秒のセルフタイマー機能を備える。背面には裸眼で立体視可能なパララックスバリア方式の2.4型モニターを搭載。静止画記録ボタン、動画記録ボタン、2D/3D切り替えボタン、削除ボタン、十字キーを備える。

■ ユーザーによる3Dコンテンツの供給を提案
 レッツは、情報通信機器を中心に取り扱うメーカー。15年前より、業務用3Dシステムの開発と販売に着手している。3D映像機器の取引先は大学、医大、科学館、博物館など。コンシューマ向け3Dカメラの発売は今回が初となる。

坂口氏は3D Sunday Pocket HD Cameraを「シャツの胸ポケットに入るくらい小さな3Dデジタルカメラ」と紹介。価格帯的にもエントリーモデルと位置付け、すでに3Dテレビを購入したユーザーや、3Dテレビに興味のあるユーザーに向けて訴求したいと表明した。

 3Dコンテンツに関する状況について「これまでユーザーは、新しい3Dコンテンツを待っているという受け身の状況だった」としたうえで、現行の3Dテレビがすべてサイド・バイ・サイド方式に対応している点に言及。「今後、ユーザーが能動的に3D映像を撮り、自分で活用する、という文化ができれば」と語った。」

・・・昔なじみの赤青眼鏡で見るものにも変換が出来るようです。但し、コチラの場合はソフトで変換って事になるみたいですが・・

それにしても価格が29800円で3D対応・・しかも動画も静止画もと言うのは欲張りすぎでしょ?って感じです。まぁどちらにしても液晶TVの低価格化が進めば、最終的には3D再生機能の搭載・非搭載にはなってくるでしょうから・・今からでもカメラをどんどん開発しても遅くはないですけどね・・

このポケットカメラ、勿論Youtubeのアップロードにも対応してます。・・・と言うか、Youtubeも3D対応し始めているんですね・・ちょっと驚きました。

その他はまぁごく普通の動画が撮れるポケットカメラですが、3D対応液晶をお持ちの方で、とりあえず新しいもの好きにはいいカメラではないでしょうか?

価格は先述した通り29800円で8月下旬発売。発売はレッツダイレクトで行うそうです。コチラもご覧下さい。
Posted at 2010/07/31 18:02:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新製品ブログ 2010年5月~ | 日記
2010年07月30日 イイね!

- PANASONIC AVCHD録画対応のネオ一眼「LUMIX DMC-FZ100」 - ・・・パナマ釣り・・いやパナ祭り!

LUMIXって結構スリムタイプって印象があるんですが、ちゃんとハイエンドのネオ一眼クラスのものも作っているんですね・・と言われると無知を露呈してしまっているようですが・・しかもこのネオ一眼クラスのスペックは侮れないなぁ・・って感じもします。勿論、その上に巨人キャノンが鎮座しているのは言うまでも無く・・

さて・・今日ご紹介するのはAVCHD動画の撮影が可能になったLUMIX FZ100と言うモデルなんですが、パナソニックはミラーレス機でも動画ありきなので、このネオ一眼もそれが色濃く出ているようですね。

「パナソニックは、「LUMIX DMC-FZ100」を8月20日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は6万5,000円前後の見込み。カラーはブラックのみ。

 FZシリーズのリニューアルモデルとして、同社のレンズ一体型デジタルカメラ初となるフルHD動画(AVCHD)記録に対応したモデル。撮像素子にνMaicovicon技術を用いた新開発のMOSセンサーを搭載する。

 レンズは35mm判換算25-600mm相当、開放F2.8-5.2の24倍ズーム「ライカDCバリオエルマリート」に一新。超解像技術により32倍のiAズーム(最大800mm相当)も利用できる。レンズ構成は10群14枚。2枚3面の非球面レンズと3枚のEDレンズを使用し、歪曲収差と色収差を抑えたという。従来機種の「LUMIX DMC-FZ38」は27-486mm相当の18倍ズームだった。

 発売済みのレンズアダプター「DMW-LA5」とテレコンバージョンレンズ「DMW-LT55」を使用することで、1,020mm相当の撮影が可能になる。また、フォーカスモードの切り替えスイッチをレンズ鏡胴の側面に備え、ワンプッシュAFを利用可能。マルチポイントAFは11点から23点に増えた。

 撮像素子は1/2.33型有効1,410万画素のMOS。映像処理エンジンは「ヴィーナスエンジンFHD」を搭載する。インテリジェントオートの「おまかせiA」では、画素混合やガンマ補正で被写体ブレを防止する「ブレピタモード」も利用可能。

 最大11コマ/秒(フル画素)の連続撮影が可能。5コマ/秒、2コマ/秒の設定ではAFも追従する。電子シャッターを利用した場合は60コマ/秒、40コマ/秒の記録も行なえる。

 動画記録は最大1,920×1,080ピクセル/60iのAVCHDに対応。クリエイティブ動画モードと動画記録中のズーム操作に引き続き対応する。本体上面には録画ボタンとステレオズームマイクを搭載。ホットシューも備えた。

 ハイスピード動画記録にも対応し、320×240ピクセル/220fpsのMotion JPEG動画を記録できる。

 液晶モニターは3型46万ドットのフリーアングル式。FZシリーズで初めて上下270度、左右180度のフリーアングル液晶モニターを採用した。EVFは0.2型20.2万ドット。

 記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード。内蔵メモリーは40MB。撮影可能コマ数は約410枚。」

・・・キャノンでフリーアングルは「バリアングル」って言いますが、FZ100にもこの機能は付きました。フルHDでAVCHD記録に対応したコンデジモデルは、パナソニック初であり、まぁこれでビデオカメラに匹敵したスペックを持っていることになりますね。(もっとも、撮影しやすいかどうかと言うのは別。)

その他も、毎秒11連写を誇り、35mm換算25-600mmの超望遠ズームも持っているという事で、スペック的にはデジ一を越えた部分が多いです。(逆に言うとデジ一は構造上、レンズ一体型モデルにスペックは勝てないけど・・素子の大きさでは圧倒的なので・・)

その他、マルチポイントAFは23点、動画のためのステレオズームマイクと、悪い要素が見当たりませんwいいネオ一眼だと思います。

価格は初回6.5マソ前後で8月20日発売。携帯性以外でレンズ一体型モデルではほぼ最強と言うべきでしょうね。
Posted at 2010/07/30 17:42:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新製品ブログ 2010年5月~ | 日記
2010年07月29日 イイね!

- TOSHIBA VARDIAブランドがREGZAに統一したBDレコーダー 「「RD-X10」「RD-BZ800」「RD-BZ700」他」 - ・・BD 3Dに対応

ヴァルディアと言うと、東芝のレコーダーの名称だったんですが、今回から消滅してREGZAレコーダーになったようです。やっぱり統一化を図る事で連携強化したいのでしょうね。まぁ結局はレグザ買ったら東芝のレコーダーに付けたいと言うのは世の理(ことわり)でしょうし・・

さて・・今回からのレグザのBDレコーダーなんですが・・3Dをはじめ、色々進化しているようですね。楽しみです。

「東芝は、ブルーレイレコーダーのブランド名を従来の「VARDIA」から「REGZA」に統一すると発表。型番に「RD」を含めた新モデルとして、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基搭載したダブルチューナーモデル「RD-X10」「RD-BZ800」「RD-BZ700」と、シングルチューナーモデル「RD-BR600」の計4機種を9月下旬より順次発売する。

いずれの機種も、Blu-ray 3Dディスクの再生に対応するのが大きな特徴(「RD-BZ800」「RD-BZ700」「RD-BR600」の3機種は有償バージョンアップで対応予定)。3D対応の液晶TVと接続することでフルハイビジョン3D映像を楽しむことが可能だ。

また、ネットワークを活用した機能を豊富に備えているのもポイントで、液晶TV「REGZA」の内蔵HDD/外付けHDDに録画した番組データをダビングできる「レグザリンク・ダビング」に対応。ブルーレイディスクへのダビング/ムーブも可能となっている。さらに、ダブルチューナーモデル「RD-X10」「RD-BZ800」「RD-BZ700」は、i.LINK端子を備えており、i.LINK経由での無劣化ダビングにも対応する。

録画機能では、新開発のMPEG4 AVCトランスコーダーを搭載しており、最長12倍のフルハイビジョン長時間録画を実現。高速トランスコードを採用しているため、DRモードで録画した番組データをHDD内でAVC変換する際には、2倍の速度での処理が可能となっている。さらに、DVDにフルハイビジョン映像を記録できる「AVCREC」にも対応。録画データをDRモードのままDVDに記録することも可能だ。なお、従来の「RDシリーズ」で採用していたHD Rec方式のメディアの再生については、バージョンアップで対応するという。

画質面では、独自の高画質技術「XDE」が「レゾリューションプラスXDE」に進化。再構成型超解像技術による先鋭化処理が加わったことで、アップスケーリング時のエッジの粗さや映像ボケを改善する。DVDだけでなく、ハイビジョンやブルーレイ、長時間モードで録画した番組も高精細に再現することが可能だ。なお、液晶TV「REGZA」に接続して利用する場合は、レコーダー側の「レゾリューションプラスXDE」のパラメーターが液晶TV「REGZA」にあわせて自動で最適化される。

フラッグシップモデル「RD-X10」は、エンジェル・デメル社製のアルミニウム素材を使ったフロントパネルを採用。ボディは、ステンレス製リアパネル、非熱処理ステンレスビスの採用に加え、スチール製天板には大型のステンレス板を組み合わせ、異種金属結合による制振処理を施している。また、HDMI端子は、映像出力用のメイン出力に加えて、オーディオ専用のサブ出力も装備。サブ出力の伝送クロックを1080i相当に制限することで、AVアンプ側でのノイズの増加を抑え、音質の劣化を防ぐ。さらに、オーディオ面では、ESS社の「ES9016 SABRE32TM Ultra DAC」を採用した高性能7.1chアナログ出力を装備。32bit演算回路とジッター低減回路を内蔵した最新型DACにより、2ch、7.1chの双方ですぐれた音質を再現する。」

・・・今回のモデルで特に注目したいのがBlu-ray 3Dディスクの再生に対応って事でしょう。まぁこれには3D対応液晶TVが必要となるわけですが・・来年以降、殆どのメーカーで対応を謳う事になるでしょうね。

あとはネットワークにて録画したデータをダビング出来たり、MPEG4 AVCトランスコーダ採用で、最長12倍のフルハイビジョン録画に対応したりと素晴らしいです。東芝独自のXDEと言う高画質エンジンを使っている点にも注目ですね。

フラッグシップモデルのRD-X10には、ボディなんかにもチューニングを施しており、オーディオ面の音質向上が期待できるモデルもあります。

価格は、リンク先を参照して下さい。9月下旬より発売予定。
Posted at 2010/07/29 17:43:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | 新製品ブログ 2010年5月~ | 日記
2010年07月28日 イイね!

- サンコー 2.5インチHDDを搭載できるマルチメディアプレーヤー 「HDD MEDIA Player5」 - ・・安い!

最近HDDの外付けケースで、それがそのままHDMI接続できて、大型TVで再生できるマルチメディアプレーヤーと言うものが増えてきましたね。これは・・HDDの肥大化も原因の一つだと思いますが、普通にDVDにするよりも、こっちの方が安上がりで便利な時もあります。勿論、ストレージにもなりますし・・

さて・・今日ご紹介する商品は、サンコーレアモノショップのメディアプレーヤーです。通常は3.5インチが主流なんですが、なんとこの商品は2.5インチのタイプ・・しかも安そうですから・・気軽に使えそうです!

「【HDD MEDIA Player5】パソコン無しで動画・静止画・音楽をカンタンに大型TVで見れる!最強のメディアプレイヤー!?

パソコン無しで液晶テレビにカンタンに出力可能!

USBでパソコンと接続→データ転送、、、これで準備OK!
後はPCは必要なし!パソコン無しでお使いのテレビやディスプレイで再生が可能です。

HDMIでのフルHD出力に対応!

今までのVGA出力からHDMI出力にパワーアップ!
音声・映像ともにケーブル一本で楽チン接続。当然HD(720p)・フルHD(1080p)にも対応し、かつお馴染みのコンポジット出力とコンポーネント出力にも対応しております。

ISOは今まで通り、かつWMAなど対応フォーマット増加!

旧機種で好評だったISOファイル再生機能を残しつつ、対応フォーマットを大幅増加!
音声ではMP3, WAV, AAC, WMAに対応し、静止画はJPGに加えてBMP, PNG, GIFも再生可能になりました。フォトフレームっぽい使い方もできますね!

USBホストとして追加HDDも読み込める!

更に今回は、USBホスト機能も追加されました!
HDD MEDIA PLAYER5に接続したUSBメモリや外付けHDDからの再生も可能です!もちろん今までと同じSD/MicroSDカード専用スロットもあります!

使用可能HDD  2.5インチ SATA HDD

HDDファイルシステム  FAT32, NTFS

TV出力タイプ  HDMI、コンポジット、
コンポーネント(サポート外)

対応メモリ  SD/MS ~16GB

映像出力  1080i(フルHD)、720p(HD)、
コンポジット、コンポーネント

対応ビデオフォーマット  AVI, DVD(VOB,ISO),
MPEG-1, MPEG-2, MPEG-4,DivX( ~ 6.0)
※一部再生できないファイルがございます。

オーディオフォーマット MP3, WAV, AAC, WMA
Photo フォーマット BMP, PNG, GIF,JPEG」

・・・男の野望を・・・全て受け止めてくれるスペックですね・・と言うのは半分冗談として・・良いです。2.5インチの500GBのHDDはもはや6000円以下で平気で購入できるので、普通に再生できる状況にするには12000円程度あれば十分です。USBホスト機能も付いていますから、このプレーヤーに3.5インチHDDを外付けで繋げる事も可能。勿論、USBフラッシュメモリやSDカードなんかも使用可能と・・無敵状態ですw

再生もコンポジットとHDMI接続が可能なので、はっきり言ってこれ以上望むものはないでしょう。対応フォーマットも豊富で、ISOは勿論、AACやらDiVX6まで対応。まぁXvidが対応していればなぁ・・とも思ったりしますが、贅沢な悩みでしょう。

価格は5980円で発売中。これさえあれば・・相当悪さができますぜw
Posted at 2010/07/28 19:52:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新製品ブログ 2010年5月~ | 日記

プロフィール

「実は色々弄っていた(真の力、解放へ!) http://cvw.jp/b/350874/41751228/
何シテル?   07/22 17:23
閲覧いただきましてありがとうございます! STAGと申します。早いもので、こちらに引っ越してきて4.5年が過ぎました。 当方、ほぼ仲間内ROM(Re...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

FLY TEAM @fanky617 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:02:06
 
フォト蔵2《STRATOSPHERE名義で航空機関連画像》 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:00:20
 
焔のSuper Photo Gallary 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/06/03 15:40:07
 

お友達

好評に付きあと5人募集します。35人になった時点で終了とさせていただきます。

*あしあとは非公開にしております。(諸般の事情の為。)
32 人のお友達がいます
kansuke冠介風 @versionRkansuke冠介風 @versionR * hide-010hide-010
MORI_GUMIMORI_GUMI take789take789
ケイエイチケイエイチ はったり番長@日本物産(ニチブツ)はったり番長@日本物産(ニチブツ)

ファン

29 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット(RS) ホンダ フィット(RS)
VEZEL HYBRIDに乗っていましたが、1回目の車検後、意外と高値で取引されている情 ...
三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
進化係槍騎兵壱式以来の三菱海苔になりました。槍騎兵壱式と比べると、絶対的な加速性能・トル ...
キムコ レーシングキング 180Fi レーシングキング (キムコ レーシングキング 180Fi)
現在1000キロ走行して2回目のオイル交換を行いました。その段階でのレビューをば。 加速 ...
ホンダ ヴェゼルハイブリッド ホンダ ヴェゼルハイブリッド
3月27日納車完了!リコールの憂いにあり2週間伸びてしまいましたが、増税前に辛うじて納車 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.