• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年01月13日

カメラメーカーの歴史で思う

NIKONの新マウント

NIKONの新ミラーレス機のレンズマウントの情報が流れてきた。
(仮称)Zマウント マウント内径49mm フランジバック16mm(フルサイズ対応)
興味的なのがフランジバックだ。
SONYのEマウントのフランジバックよりさらに短い。
ようやくNIKONの足かせだったFマウントの呪縛から解き放たれ、新しいマウントを得て、新デジタル時代のNIKONのカメラがこれからお目見えする事になるのだろう。


ちなみに主なマウントの内径とフランジバックは次の通りだ。


NIKON Z  内径49mm、フランジバック16mm
NIKON F  内径44mm、フランジバック46.5mm
NIKON 1  内径36mm、フランジバック17mm

CANON FD   内径47.9mm、フランジバック42mm
CANON EF   内径54mm、フランジバック44mm
CANON EF-M 内径46mm(おおよその推定)、フランジバック18mm

SONY A 内径50mm、フランジバック44.5mm
SONY E 内径46.1mm、フランジバック18mm

PENTAX K 内径45mm、フランジバック45.5mm

FUJI   G 内径65mm、フランジバック26.7mm
FUJI   X 内径43.5mm、フランジバック17.7mm

マイクロフォーサーズ 内径40mm、フランジバック20mm


そこで、CANONはどうするのだろうか。SONYEマウントと同じ手法で、Mマウントにフルサイズ仕様のレンズを作るのか。
しかし、以前にどこかの記事で、EF-Mは、マウント径でフルサイズは無理と云っていたので、CANONがフルサイズミラーレス機を出すとすればやはり新しいマウントで出てくるのだろう。

CANONは、ミラーレス機ではないが、実質ミラーレス機に移行できる技術をKissや6D2などに投入していて、完全なミラーレスカメラをどのようなパッケージでリファインするかなのだろう。


あくまで個人的な思いだが、たぶん2019年には、NIKON、CANON共にフルサイズミラーレス機がお目見えして、フルサイズミラーレス機戦国時代になるのではないだろうか。



「α7R III・D850・5D Mark IV・E-M1 Mark II の防滴性能の比較テスト」という記事があったが、この内容が事実だとすると、やはりSONYはNIKON、CANONの二社に細部のスペック上に出にくい部分の性能で差がかなりあるということになろう。

やはり細かな部分を含めた総合的な、道具としてのカメラとなるとNIKONそしてCANONが優れているとなる。

SONYには、これからどれだけNIKONやCANONに近づけるのか、そして同等になるのか頑張ってもらいところだ。




ブログ一覧 | camera | パソコン/インターネット
Posted at 2018/01/13 08:33:37

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

気になるカメラNIKON・・・
nikoponさん

新装備!ニコンJ4にFT-1追加
ゆた.さん

コンデジを使うわけ
セリカTA45さん

カメラのマウントアダプター
ほろごん16さん

8年ぶりに新品のカメラ購入
しんちゃん@旅の途中さん

D5と1DXⅡ
ひろ@V60さん

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

 (^ ^)/~~
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

2 人のお友達がいます
オカピー156オカピー156 bigsnakebigsnake

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
今日も登山口までレッツゴー!!
その他 その他 その他 その他
写真の頁 CANON AE-1(右)  CANON EOS5(左)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.