• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Ryouji.のブログ一覧

2017年07月25日 イイね!

86のミッションマウントを交換

86のミッションマウントを交換しました。
なんでいきなり新車のマウントをと思うかもしれませんが、正直、86のミッションマウントは柔らかすぎるのか、シフトチェンジ時のミッションの

ガチャガチャ感というかグニャグニャ感がひどい

という感じで、S2000に乗っていた感覚からするとなんとかしたくなるレベルであります。


画像中央部の銀色のプレートの位置がゴムに対して左右で違うのが見て取れると思いますが、俺が手でつかんだレベルで変形するレベルです。
フローティング構造とかっこよく言えば言えなくもありませんが、グニャグニャであります。

こいつをTRD製、といっても届いた商品はスバルの部品でしたがwのミッションマウントに交換しました。



作業はいつものやまちゃんです。

ちなみにハチロクの底面はノーマルでもかなりのフラット状態であります。

ミッションオイルも新車充てんのものから変更しておきました。

モティーズのオイルです。こいつは高価でありますが、それだけの価値はありますね。
岡山国際を走るとわかるのですが、ダメなオイルはすぐフィーリングが変化して使い物になりません。
S2000の時はモティーズをミッション、デフと入れていましたが、何せタフなオイルでフィーリングが全く変化せず、かなりの耐久力を持っており、結果的にへなちょこオイルを入れるよりも安くついてしまうというすごい奴でありました。
ということで、厳密にいうとS2000とは違うオイルになりますが、86におすすめのやつを選択です。


さらに気になるところを一つということで


レボリューションさんのクラッチマスターフローティングキットです。
NCの時には走ると、ワインディングレベルでもミッションがどんどん入らなくなっていき、原因をたどっていくとクラッチマスターの本体や配管の熱害による加熱であったということがありました。
86もその傾向が感じられたので、クラッチマスターをミッションから樹脂製のカラーを介して装着する同キットにより装着しておきました。


・・・
ということでTRDのミッションマウントのインプレですが、振動に関してはないといえるレベルで全くかわりません。
音に関しては少し室内がうるさくなり、水平対向のエンジン音が強調されます。
音質としては少し「モ~」と濁る感じですかね。
サウンドチェンジャーの音を大きくしたいとかいう感じの方にはおすすめできますw

メリットは、そらもう抜群にシフトチェンジがしっかりします。
ガチャガチャ感、グニャグニャ感が相当レベル抑えられ、カチッとしたフィーリングになります。

街乗りしかしないレベルでも気持ちよくシフトが決まるので、サーキット云々は関係なしでもMTにのるのなら、おすすめできるアイテムかと思います。




Posted at 2017/07/25 17:37:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月18日 イイね!

空気圧って中々確認しないよね。

本日は86の一か月点検でありました。
問題は特になしと言えばなしだったのですが、点検前から自分の中で一つ違和感がありました。それは・・・

ハンドルのセンターが少しずれている

ということで、ただまぁ普通の感覚でいうならば馴染んだ範囲くらいとも言えなくなく、自分がちょっと神経質かな?と思うくらいでしたので、ディーラーの方の

「何か気になることはありませんか?」

という問いかけにも特になしという回答をしておきました。
ここまでは布石の話。



さて、その後ALTEXに移動したところ、戦闘民族さんから
「もう少ししたらトラウトマン大佐がくるよ~」
ということでしたので、少しまっているとトラウトマン大佐が来られました。

すぐさまトラウトマン大佐が、
「表のハチロクはRyoujiくんの?」と言われたので、「ええそうですよ、テストドライブいきますか?」

という話をしたところ、
大佐が「それでは行かせてもらいましょうか」

ということでしたので、近くの山坂路へドライブに出かけました。


トラウトマン大佐・・・は身内周りのスーパードライバーであり、ディレッツァチャレンジ全国大会のクラス2Nで戦闘民族S2000を駆り優勝してしまうくらいのスーパードライバーでもありますが、さすがトラウトマン大佐、鮮やかなドリフトで山坂路を走り抜けていきます。

車内では自分とトラウトマン大佐で
「やっぱりノーマルのタイヤだとよれるね~、スタッドレスみたいですねー」なんて話をしながら激走しておりました。

そんなドリフト試乗を行いALTEXまで帰ってくると・・・
ハチロクの左リヤがぺったんこではありませんかw

タイヤを調べてみると釘が刺さっており、おとなしい走りではタイヤの空気も抜けきることはなかったのですが、ドリフトをしたことによって抜けきってしまい、やっとこさ目に見える形の異変として現れたのでありました。

トラウトマン大佐とも
「スタッドレスみたいによれた感じになったのもこれが原因だったか」と妙な納得をするとともにw
よくよく考えると、左コーナリングでやたら左リヤタイヤが空転したりしていた記憶などもありで、

空転の理由については
「デフの効き方がどうだとか」「リヤの伸びストロークがどうだとか」
ハンドルのセンターがずれている件についても
「馴染んだからかな」

などと、よもや基本中の基本のタイヤの空気圧異常が認識ができていないなどと思いもよらずで、こざかしい理論に逃げていたということがわかった次第でありましたw

タイヤについてはタイヤのスペシャリストにサクッと修理してもらいまして、速攻で復活、ハンドルのセンターもばっちりもどりましたw

ハチロクの試乗結果については、トラウトマン大佐も非常に好フィーリングだったようで、かなり良いコメントをいただくことができました。
購入を検討されるトラウトマン大佐w


また本日はトラウトマン大佐もニューマシン、BMW320dでお越しで、自分もこの車の前走車の自動追尾クルージングなどを体験させてもらうなどして楽しませてもらいました。


二人して最新の車のテクノロジーについて熱く語り合っておきました。



追記・・・ということで早速エアモニを装着しておきましたw



Posted at 2017/07/18 23:46:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月15日 イイね!

86のナビにiPhoneをつないでみた

という訳で、うちの86のナビにiPhoneがつなげるようにしてみました。
まぁ装備が一気に近代化?したので、まぁ色々やってみようかとw
当然S2000でもできることなんですけど、新しい車にならないと乗り気にならないこともありますw



とはいえ、iPhoneをつないでみても使うアプリはデジスパイスでガチンコ系のアイテムですw
メインモニターで写せるようになったらかっこいいかなと思って。


ちなみにうちのテレビのHDDレコーダーの内容をiPhoneに写して見るアプリは
「外部モニターには出力できません」といういかにも前時代的な残念なメッセージのために役立たずでした。

アマゾンプライムビデオは見えましたwできる奴は太っ腹、違います。



全然タイトルとは関係ありませんが、S2000とのホイールベースの違い。
個人的には短ければよいというものではないと思ってます。適切な長さであることが大切なんでしょうね。

Posted at 2017/07/15 21:44:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月07日 イイね!

S2000、RRR(1分45秒934)vsRyouji(1分46秒702)

本人からの希望がありましたので、異なるS2000の岡山国際でのデジスパイス上での比較となります。

自分の都合のいいデータを出させてもらいますが、自分のは2月のレブスピード岡山国際、RRR君のは先日の6月24日だかのレブスピード岡山国際。
当然同じ日に走れば自分は46秒台では走れていないでしょうがハンデと、それ以降の走行データがないので、一番近しい路面コンディション等を優先して、そして少しでもパワー差を減らすw方向のデータを。

青線がRRR君、赤線がRyouji
黒線が上に上がっている区間はRyouji号が速い
黒線が下に下がっている区間はRRR号が速い


特質すべきキャラクターの差は
RRR号が17インチ255サイズのA052
Ryouji号は18インチ295サイズのZ2スタースペック

エンジンの仕様は
RRR号が2.2リッターのハイコンプ仕様 ダイナパック274馬力
Ryouji号が2.2リッターのAP1カム仕様 ダイナパック234馬力

ブレーキシステムは全く同じ
フロントは324ミリローターでDC5ブレンボ
リヤは315ミリローターでRX7キャリパー

パッドはRRR号はIDIの0Xシリーズ
Ryouji号はIDIのGT2シリーズ


各セクションを語る前に一言で二人の差を言い表すならば

ブレーキングが違う!

ということになります。


255幅の052と295幅のZ2☆がどちらが制動力的に優位なのか?ということになると、自分としては戦闘民族さんと一緒に走った時に感じたことでもありますが、幅広だとブレーキ的に優位に働いているような気がします、が、052のGSコンパウンドなみのタイヤ能力を考えると幅の差を逆転するのかしないのか?ドライバーがその差をどのように受け取るか、何でその差が生じるのかと理解するか?に今後の発展、タイムアップの要因が隠されていると思います。



1コーナーからアトウッド進入
2コーナー前の左Gが残りながらの減速、このあたりが052のタイヤパワーの強みが感じられます。




アトウッド立ち上がりからブレーキまで
まぁ気温差がかなりあります。こちらがいい時のをひっぱりだしてますw
トップスピードは186キロ(Ryouji)と189キロ(RRR)


インフィールド
便所裏当たりがRRR号抜群に速く速度が8キロ差とかになっています汗


マイクナイト付近
マイクナイト付近はこちらが得意なのでグイグイ踏んでいますが、いかんせん立ち上がりの鋭さに欠けるのがつらいところトホホ


Posted at 2017/07/07 13:40:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月07日 イイね!

TOYOTA86にナビとETCをつけた。

ということで、やっとうちの86にも近代装備が整いました。
ナビとETCであります。

お友達のしるえぃ君につけていただきました。


ETCの取り付けについては、86、BRZ乗りの間ではひそかなブームとなりつつある、ルーフにマツダ純正のETCボックスを流用して装着する方法をとりました。
サンバイザーの裏側のルーフ部分にマツダの純正ETCボックスを使って取り付けます。



屋根のないS2000では全く関係のない世界ですw

ナビについては嫁のポルテと同じパナソニックのものを選んでつけておきました。
これでやっとオプションで付けておいたバックモニターも作動します。


ちなみに慣らしは700キロ突破!
後300キロ頑張るべ
Posted at 2017/07/07 13:27:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「岡山国際サーキットは凍っていた http://cvw.jp/b/357328/42394714/
何シテル?   01/10 18:20
こちらが居城 http://s2457.jugem.jp/ S2000 AP2 岡山国際サーキット 1分46秒909 中山サーキット 1分3秒700...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

スバル(純正) ドアミラーカバー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/11 19:27:11

愛車一覧

トヨタ 86 トヨタ 86
平成29年6月19日納車されました。 エンジン系ノーマル 渡海自動車トレースダンパー1 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
2代目AP2 ワンオフフェンダー 前後50ミリワイド TE37SL 18インチ 10.5 ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.