• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

JR120XEのブログ一覧

2018年09月09日 イイね!

平成30年北海道胆振東部地震に係る防衛省・自衛隊の対応について (09時00分現在)

平成30年北海道胆振東部地震に係る防衛省・自衛隊の対応について (09時00分現在) 平成30年9月9日  防衛省

1.地震の概要

平成30年9月6日(木)03時08分頃、
北海道胆振地方中東部を震源とする地震
(マ グニチュード6.7:暫定値)が発生し、
胆振地方中東部で最大震度7を観測した。

2.防衛省・自衛隊の対応

(1)活動部隊

陸上自衛隊

北部方面航空隊(丘珠)、北部方面後方支援隊(島松)、北部方 面情報隊(札幌) 、
第7飛行隊(丘珠)、第11飛行隊(丘珠) 、第7特科連隊(東千歳)、第73戦車連隊(南恵庭)、
第71 戦車連隊(北千歳)、第72戦車連隊(北恵庭)、第1地対艦ミ サイル連隊(北千歳)、
第2地対艦ミサイル連隊(美唄)、第 3地対艦ミサイル連隊(上富良野)、
第11普通科連隊(東千 歳)、第3施設団(南恵庭)、第11高射特科中隊(真駒内) 、
第1特科団(北千歳)、第7師団司令部(東千歳)、第7施 設大隊(東千歳)、
第7高射特科連隊(静内)、第7後方支援 連隊(東千歳)、第2戦車連隊(上富良野)、
第4特科群(上 富良野)、第4普通科連隊(帯広)、第10普通科連隊(滝川 )、
第18普通科連隊(真駒内)、第27普通科連隊(釧路) 、第12施設群(岩見沢)、
第13施設群(幌別)、第11後 方支援隊(真駒内)、第11戦車大隊(北恵庭)、
第5後方支 援隊(帯広)、第5特科隊(帯広)、第5飛行隊(帯広)、第 5施設隊(帯広)、
第7偵察隊(東千歳)、第52普通科連隊 (真駒内)、第302沿岸監視隊(標津)

海上自衛隊

第25航空隊(むつ)、第2航空群(八戸)、函館基地隊(函館 )、余市防備隊(余市)、
大湊地方総監部(大湊)、いずしま、 しらせ、すおう、おおすみ、しもきた、くまたか

航空自衛隊

第2航空団(千歳)、第3航空団(三沢)、千歳救難隊(千歳) 、警戒航空隊(三沢)、
偵察航空隊(百里)

(2)活動規模

人 員 約25,100名

艦 船 8隻(民間船舶「ナッチャンWorld」1隻を含む。)

航空機 46機



(3)主な対応状況

【6日(木)】

03時09分 防衛省災害対策室設置
03時11分 防衛大臣の指示

1 関係府省庁及び自治体と緊密に連携し、情報収集に努めること。
2 被害が発生した場合に備え、万全な準備態勢を確立すること。
3 今後の状況の推移に的確に対応し、災害対応に万全を期すこと。

03時25分 第3航空団のF-2×2機が情報収集のため基地を離陸。
03時39分 北部方面総監部のLO(人員2名、車両1両)が北海道庁に向け駐屯地 を出発。
03時40分 第7飛行隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
        第73戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約35名、車両約5 両)が
        苫小牧市に向け駐屯地を出発。(05時10分到着)
03時42分 北部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため駐屯 地を離陸。
03時47分 第7飛行隊のOH-6×1機、UH-1×1機が情報収集のため駐屯地 を離陸。 03時49分 第25航空隊のSH-60×1機が情報収集のため基地を離陸。
03時56分 第2航空群のP-3C×1機が情報収集のため基地を離陸。
04時06分 第7特科連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約25名、車両4両) が
        厚真町に向け駐屯地を出発。(06時18分到着)
04時16分 千歳救難隊のUH-60×1機が情報収集のため基地を離陸。
04時33分 北部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため駐屯 地を離陸。
04時40分 第73戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約35名、車両約5 両)が
        苫小牧市に向け駐屯地を出発。(05時51分到着)
04時42分 第11飛行隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
04時45分 警戒航空隊のE-2C×1機が情報収集のため基地を離陸。
05時30分 第71戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約25名、車両約5 両)が
       白老町に向け駐屯地を出発。(06時26分到着)
06時00分 北海道知事から第7師団長に対して、
        人命救助及び給水支援に係る災 害派遣要請。
07時00分以降 第72戦車連隊、第7特科連隊、第7施設大隊等の部隊
        (人員約 780名、車両確認中)が人命救助及び給水支援のため厚真町に向け
        駐 屯地を順次出発。(09時以降逐次到着)
07時52分 千歳救難隊救難員が安平町から5名を厚真中学校へ搬送、警察等に引き 継ぎ。
08時02分 千歳救難隊救難員が安平町から1名を厚真中学校へ搬送、警察等に引き 継ぎ。
08時34分 掃海艇「いずしま」が給食支援・入浴支援のため苫小牧に向け出港。
08時55分 砕氷艦「しらせ」がヘリポート支援のため苫小牧沖へ前進。
09時00分 北海道知事から第11旅団長に対して、給水支援に係る災害派遣要請。
09時01分 偵察航空隊のRF-4×1機が情報収集のため基地を離陸。
09時03分 千歳救難隊救難員が高岡から1名を厚真中学校へ搬送。
09時13分以降 第2地対艦ミサイル連隊等の部隊
        (人員約850名、車両約145 両(うち水トレーラー約20両)が
        人命救助及び給水支援のため江別市 、月形町、日高町、平取町等に向け順次出発。
        (10時30分以降逐次 到着。)
10時40分 第7高射特科連隊の部隊(人員約15名、車両約5両(うち水トレーラ ー4両)が
        給水支援のため日高町に向け駐屯地を出発。(12時30分 到着)
14時00分頃 第72戦車連隊の隊員が厚真町から3名を安平駐屯地等へ搬送、
        警察等に引き継ぎ。
22時08分 第72戦車連隊の隊員が2名を救助。
22時49分 第73戦車連隊の隊員が1名を救助。
22時59分 第72戦車連隊の隊員が1名を救助。(ほか6日中に要救助者計15名 を救助。)

【7日(金) 】

引き続き、北部方面総監部等のLOが北海道庁等で情報収集。
引き続き、第72戦車連隊等の部隊が人命救助を実施。
      (02時22分 から23時41分の間に計12名を救助。)
03時45分以降 第7後方支援連隊等の部隊が物資輸送
          (カップ麺、水、おにぎり、 パン等)のため安平町等に向け集積拠点の
          千歳基地を順次出発。
04時00分以降 第7特科連隊等の部隊が給水支援のため
           安平町等に向け駐屯地を順 次出発。
04時02分以降 第71戦車連隊等の部隊が給油支援のため
           室蘭市等に向け駐屯地を 順次出発
06時00分以降 第7後方支援連隊等の部隊が給食支援のため
          厚真町等に向け駐屯地を順次出発
11時55分 チャーター船「ナッチャンWorld」が物資輸送
        (電源車、機材車、 タンクローリー等)の積載のため仙台港に入港。
15時17分 チャーター船「ナッチャンWorid」が苫小牧港に向け、仙台港を出港。
15時40分 即応予備自衛官の災害等招集命令に係る内閣総理大臣の承認(閣議決定 )を
       受けて、防衛大臣から北部方面総監に対し、「平成30年北海道胆振 東部地震に
       対する即応予備自衛官の災害等招集命令の実施及び出頭した 即応予備自衛官の
       受入れに関する自衛隊行動命令」を発出。

【8日(土)】

引き続き、北部方面総監部等のLOが北海道庁等で情報収集。
引き続き、第72戦車連隊等の部隊が人命救助を実施
引き続き、第7後方支援連隊等の部隊が物資輸送を実施
04時00分以降 第11高射特科中隊等の部隊が給水支援のため
江別市等に向け駐屯 地を順次出発。
06時05分 チャーター船「ナッチャンWorld」が苫小牧港に入港

【9日(日)】

引き続き、北部方面総監部等のLOが北海道庁等で情報収集。
引き続き、第72戦車連隊等の部隊が人命救助を実施。
引き続き、第7後方支援連隊等の部隊が物資輸送を実施

○ LO派遣先(23カ所)

北海道庁、上川振興局、宗谷振興局、留萌振興局、十勝振興局、釧路振興局、胆振振興 局、
日高振興局、後志振興局、札幌市、厚真町、安平町、むかわ町、日高町、苫小牧市 、函館市、
上富良野町、江別市、えりも町、釧路市、美瑛町、平取町、古平町



(4)活動実績

・人命救助等 /6日(15名 ) 7日(12名 ) 8日(12名 )/合計(43名)

・道路啓開 /6日(180m) 7日(564m) 8日(550m)/合計(1,294m )

・給水支援 /6日(42.6t ) 7日(56.8t ) 8日(50.6t )/合計(150.0t )

・入浴支援 /7日( 486名 ) 7日(1,007名 )/合計(1,493名 )

・給食支援/6日(1,300食 ) 7日(9,385食 ) 8日(8,900食 )/合計(19,585食 )



主な輸送支援

6日 

厚木~千歳/C-130/乗用ワンボックス車
入間~千歳/C-2/救助工作車
入間~千歳~各所/C-1/糧食(コンビニ調達)

7日

厚木~千歳/C-130/車両(消防庁)
入間~千歳/U-4/人員(厚労省、東電)
入間~千歳 /C-1/水ペットボトル約395ケース
入間~千歳/C-130 /人員(エネルギー庁等) 水ペットボトル約865ケース
入間~千歳/C-2/水ペットボトル約670ケース
入間~千歳~苫小牧/C-2/人員(経産省、警察)、 パン約325箱、カップ麺約900箱
入間~千歳/ C-130/人員(警察)、衛星携帯機材
入間~千歳~苫小牧/ C-130/スポーツドリンク

7日~8日

仙台~苫小牧/ナッチャン World/基地局・電源車10両、タンクローリー 4両、発電機車6両

8日

入間~千歳/C-2 /発電所修理機材、簡易充電器約2,33 5個、電池10,000本、
               野菜ジュー ス約10,370本、パン360ケース 、缶詰約10,030個、
               パックごはん 10,080個
美保~新潟~千歳/C-130/発電所修理機材、人員(ボイラー・電気 技術者)
入間~松島~千歳/C-1/医療用酸素ボンベ300本、レトルトカ レー
2018年09月08日 イイね!

平成30年北海道胆振東部地震に係る防衛省・自衛隊の対応について (10時00分現在)

平成30年北海道胆振東部地震に係る防衛省・自衛隊の対応について (10時00分現在) 平成30年9月8日 防衛省


1.地震の概要

平成30年9月6日(木)03時08分頃、
北海道胆振地方中東部を震源とする地震
(マ グニチュード6.7:暫定値)が発生し、
胆振地方中東部で最大震度7を観測した。

2.防衛省・自衛隊の対応

(1)活動部隊

陸上自衛隊

北部方面航空隊(丘珠)、北部方面後方支援隊(島松)、第7飛 行隊(丘珠)、第11飛行隊(丘珠)
第7特科連隊(東千歳) 、第73戦車連隊(南恵庭)、第71戦車連隊(北千歳)、
第7 2戦車連隊(北恵庭)、第1地対艦ミサイル連隊(北千歳)、 第2地対艦ミサイル連隊(美唄)、
第3地対艦ミサイル連隊( 上富良野)、第11普通科連隊(東千歳)、第3施設団(南恵 庭)、
第11高射特科中隊(真駒内)、第1特科団(北千歳) 、第7師団司令部(東千歳)、
第7施設大隊(東千歳)、第7 高射特科連隊(静内)、第7後方支援連隊(東千歳)、
第2戦 車連隊(上富良野)、第4特科群(上富良野)、第4普通科連 隊(帯広)、
第10普通科連隊(滝川)、第18普通科連隊( 真駒内)、第27普通科連隊(釧路)、
第12施設群(岩見沢 )、第13施設群(幌別)、第11後方支援隊(真駒内)、
第 5後方支援隊(帯広)、第5特科隊(帯広)、第5飛行隊(帯 広)、第5施設隊(帯広)、
第7偵察隊(東千歳)、第302 沿岸監視隊(標津)

海上自衛隊

第25航空隊(むつ)、第2航空群(八戸)、函館基地隊(函館 )、余市防備隊(余市)、
大湊地方総監部(大湊) 、いずしま、 しらせ、すおう、おおすみ、しもきた、くまたか

航空自衛隊

第2航空団(千歳)、第3航空団(三沢)、千歳救難隊(千歳)、 警戒航空隊(三沢)、
偵察航空隊(百里)

(2)活動規模

人 員 約24,000名(今後約25,000名規模まで増派予定)
艦 船 8隻(民間船舶「ナッチャンWorld」1隻を含む。)
航空機 46機



(3)主な対応状況

【6日(木)】

03時09分 防衛省災害対策室設置
03時11分 防衛大臣の指示

1 関係府省庁及び自治体と緊密に連携し、情報収集に努めること。
2 被害が発生した場合に備え、万全な準備態勢を確立すること。
3 今後の状況の推移に的確に対応し、災害対応に万全を期すこと。

03時25分 第3航空団のF-2×2機が情報収集のため基地を離陸。
03時39分 北部方面総監部のLO(人員2名、車両1両)が北海道庁に向け駐屯地 を出発。
03時40分 第7飛行隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
       第73戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約35名、車両約5 両)が
       苫小牧市に向け駐屯地を出発。(05時10分到着)
03時42分 北部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため駐屯 地を離陸。
03時47分 第7飛行隊のOH-6×1機、UH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
03時49分 第25航空隊のSH-60×1機が情報収集のため基地を離陸。
03時56分 第2航空群のP-3C×1機が情報収集のため基地を離陸。
04時06分 第7特科連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約25名、車両4両) が
        厚真町に向け駐屯地を出発。(06時18分到着)
04時16分 千歳救難隊のUH-60×1機が情報収集のため基地を離陸。
04時33分 北部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため駐屯地を離陸。
04時40分 第73戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約35名、車両約5 両)が
        苫小牧市に向け駐屯地を出発。(05時51分到着)
04時42分 第11飛行隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
04時45分 警戒航空隊のE-2C×1機が情報収集のため基地を離陸。
05時30分 第71戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約25名、車両約5 両)が
        白老町に向け駐屯地を出発。(06時26分到着)
06時00分 北海道知事から第7師団長に対して、人命救助及び給水支援に係る
        災害 派遣要請。
07時00分以降 第72戦車連隊、第7特科連隊、第7施設大隊等の部隊
          (人員約 780名、車両確認中)が人命救助及び給水支援のため厚真町に向け
          駐 屯地を順次出発。(09時以降逐次到着)
07時52分 千歳救難隊救難員が安平町から5名を厚真中学校へ搬送、警察等に引き 継ぎ。
08時02分 千歳救難隊救難員が安平町から1名を厚真中学校へ搬送、警察等に引き 継ぎ。
08時34分 掃海艇「いずしま」が給食支援・入浴支援のため苫小牧に向け出港。
08時55分 砕氷艦「しらせ」がヘリポート支援のため苫小牧沖へ前進。
09時00分 北海道知事から第11旅団長に対して、給水支援に係る災害派遣要請。
09時01分 偵察航空隊のRF-4×1機が情報収集のため基地を離陸。
09時03分 千歳救難隊救難員が高岡から1名を厚真中学校へ搬送。
09時13分以降 第2地対艦ミサイル連隊等の部隊(人員約850名、車両約145 両
          (うち水トレーラー約20両)が人命救助及び給水支援のため江別市 、月形町、
          日高町、平取町等に向け順次出発。(10時30分以降逐次 到着。)
10時40分 第7高射特科連隊の部隊(人員約15名、車両約5両(うち水トレーラ ー4両)が
        給水支援のため日高町に向け駐屯地を出発。(12時30分 到着)
14時00分頃 第72戦車連隊の隊員が厚真町から3名を安平駐屯地等へ搬送、
         警察 等に引き継ぎ。
22時08分 第72戦車連隊の隊員が2名を救助。
22時49分 第73戦車連隊の隊員が1名を救助。
22時59分 第72戦車連隊の隊員が1名を救助。

【7日(金) 】

引き続き、北部方面総監部等のLOが北海道庁等で情報収集。
引き続き、第72戦車連隊等の部隊が人命救助を実施。

03時45分以降 第7後方支援連隊等の部隊が物資輸送(カップ麺、水、おにぎり、 パン等)のため            安平町等に向け集積拠点の千歳基地を順次出発。
04時00分以降 第7特科連隊等の部隊が給水支援のため安平町等に向け駐屯地を順 次出発。 04時02分以降 第71戦車連隊等の部隊が給油支援のため室蘭市等に向け駐屯地を 順次出発 06時00分以降 第7後方支援連隊等の部隊が給食支援のため厚真町等に向け
           駐屯地を順次出発

【8日(土)】

引き続き、北部方面総監部等のLOが北海道庁等で情報収集。
引き続き、第72戦車連隊等の部隊が人命救助を実施。
引き続き、第7後方支援連隊等の部隊が物資輸送を実施

04時00分以降 第11高射特科中隊等の部隊が給水支援のため
           江別市等に向け駐屯 地を順次出発。

○ LO派遣先(29カ所)

北海道、札幌市、旭川市、厚真町、白老町、安平町、むかわ町、日高町、苫小牧市、函 館市、
夕張市、上富良野町、中富良野町、富良野市、占冠村、南富良野町、江別市、池 田町、えりも町、大空町、帯広市、上士幌町、釧路市、士幌町、名寄市、美瑛町、平取 町、古平町、稚内市


(4)活動実績

・人命救助等 /6日( 15名 ) 7日(8名 )

・給水支援 /6日(42.6t) 7日(56.8t )

・入浴支援 /7日(486名 )

・給食支援 /6日(1,300食 ) 7日(9,385食 )



主な輸送支援

6日

厚木~千歳 /C-130/ 乗用ワンボックス車
入間~千歳/ C-2/ 救助工作車
入間~千歳~各所 /C-1 /糧食(コンビニ調達)

7日

厚木~千歳 /C-130 /車両(消防庁)
入間~千歳/ U-4 /人員(厚労省、東電)
入間~千歳 /C-1 /水ペットボトル約395ケース
入間~千歳 /C-130 /人員(エネルギー庁等) 水ペットボトル約865ケース
入間~千歳 /C-2 /水ペットボトル約670ケース
入間~千歳~苫小牧/ C-2 人員(経産省、警察)、パン約325箱、カップ麺約900箱
入間~千歳/ C-130 /人員(警察)、衛星携帯機材
入間~千歳~苫小牧/ C-130/ スポーツドリンク



3.民間船舶を活用した支援等について

【7日(金) 】

11時55分 チャーター船「ナッチャンWorld」が
        物資輸送(電源車、機材車、 タンクローリー等)の積載のため仙台港に入港。
15時17分 チャーター船「ナッチャンWorid」が苫小牧港に向け、仙台港を出 港。

【8日(土)】

06時05分 チャーター船「ナッチャンWorld」が苫小牧港に入港

4.即応予備自衛官招集

【7日(木)】

15時40分 即応予備自衛官の災害等招集命令に係る内閣総理大臣の承認(閣議決定 )を
        受けて、防衛大臣から北部方面総監に対し、
        「平成30年北海道胆振東 部地震に対する即応予備自衛官の災害等招集命令の
        実施及び出頭した即応 予備自衛官の受入れに関する自衛隊行動命令」を発出。
2018年09月07日 イイね!

平成30年北海道胆振東部地震に係る防衛省・自衛隊の対応について (11時00分現在)

平成30年北海道胆振東部地震に係る防衛省・自衛隊の対応について (11時00分現在) 平成30年9月7日 防衛省


1.地震の概要

平成30年9月6日(木)03時08分頃、北海道胆振地方中東部を震源とする地震
(マ グニチュード6.7:暫定値)が発生し、胆振地方中東部で最大震度7を観測した。

2.防衛省・自衛隊の対応

(1)活動部隊

陸上自衛隊

北部方面航空隊(丘珠)、第7飛行隊(丘珠) 、第11飛行隊( 丘珠)、第7特科連隊(東千歳)、
第73戦車連隊(南恵庭) 、 第71戦車連隊(北千歳) 、第72戦車連隊(北恵庭)、
第1地 対艦ミサイル連隊(北千歳)、第2地対艦ミサイル連隊(美唄 )、
第3地対艦ミサイル連隊(上富良野)、第11普通科連隊 (東千歳)、第3施設団(南恵庭)、
第11高射特科大隊(真 駒内)、第1特科団(北千歳)、第7師団司令部(東千歳)、
第7施設大隊(東千歳)、第7高射特科連隊(静内)、第7後 方支援連隊(東千歳)、
第2戦車連隊(上富良野)、第4特科 群(上富良野)

海上自衛隊

第25航空隊(むつ)、第2航空群(八戸)、函館基地隊(函館 )、余市防備隊(余市)、
大湊地方総監部(大湊)

航空自衛隊

第3航空団(三沢)、千歳救難隊(千歳)、警戒航空隊(三沢) 、
偵察航空隊(百里)

(2)活動規模

人 員 約6,500名(今後約25,000名規模まで増派予定)
艦 船 6隻
航空機 46機

(3)主な対応状況

【6日(木)】

03時09分 防衛省災害対策室設置
03時11分 防衛大臣の指示

1 関係府省庁及び自治体と緊密に連携し、情報収集に努めること。
2 被害が発生した場合に備え、万全な準備態勢を確立すること。
3 今後の状況の推移に的確に対応し、災害対応に万全を期すこと。

03時25分 第3航空団のF-2×2機が基地を離陸。
03時39分 北部方面総監部のLO(人員2名、車両1両)が北海道庁に向け駐屯地 を出発。
03時40分 第7飛行隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
        第73戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約35名、車両約5 両)が
        苫小牧市に向け駐屯地を出発。(05時10分到着)
03時42分 北部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため駐屯 地を離陸。
03時47分 第7飛行隊のOH-6×1機、UH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
03時49分 第25航空隊のSH-60×1機が情報収集のため基地を離陸。
03時56分 第2航空群のP-3C×1機が情報収集のため基地を離陸。
04時06分 第7特科連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約25名、車両4両) が
       厚真町に向け駐屯地を出発。(06時18分到着)
04時16分 千歳救難隊のUH-60×1機が情報収集のため基地を離陸。
04時33分 北部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため駐屯 地を離陸。
04時40分 第73戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約35名、車両約5 両)が
        苫小牧市に向け駐屯地を出発。(05時51分到着)
04時42分 第11飛行隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
04時45分 警戒航空隊のE-2C×1機が情報収集のため基地を離陸。
05時30分 第71戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約25名、車両約5 両)が
        白老町に向け駐屯地を出発。(06時26分到着)
06時00分 北海道知事から第7師団長に対して、人命救助及び給水支援に係る
        災害 派遣要請。
07時00分以降 第72戦車連隊、第7特科連隊、第7施設大隊等の部隊
        (人員約 780名、車両確認中)が人命救助及び給水支援のため厚真町に向け
        駐 屯地を順次出発。(09時以降逐次到着)
07時27分 輸送艦「おおすみ」が仙台沖へ前進。
07時52分 千歳救難隊救難員が安平町から5名を厚真町へ搬送。
08時02分 千歳救難隊救難員が安平町から1名を厚真町へ搬送。
08時34分 掃海艇「いずしま」が現地へ出港。
08時55分 砕氷艦「しらせ」がヘリポート支援のため苫小牧沖へ前進。
09時00分 北海道知事から第11旅団長に対して、給水支援に係る災害派遣要請。
09時01分 偵察航空隊のRF-4×1機が情報収集のため基地を離陸。
09時03分 千歳救難隊救難員が高岡から1名を厚真町へ搬送。
09時13分以降 第2地対艦ミサイル連隊等の部隊
        (人員約850名、車両約145 両(うち水トレーラー約20両)が
        人命救助及び給水支援のため江別市 、月形町、日高町、平取町等に向け順次出発。
        (10時30分以降逐次 到着。)
10時40分 第7高射特科連隊の部隊(人員約15名、車両約5両(うち水トレーラ ー4両)が
        日高町に向け駐屯地を出発。(12時30分到着)
14時00分頃 第72戦車連隊の隊員が厚真町から3名を安平駐屯地等へ搬送。
22時08分 第72戦車連隊の隊員が2名を救助。
22時49分 第73戦車連隊の隊員が1名を救助。
22時59分 第72戦車連隊の隊員が1名を救助。

【7日(金)】

引き続き、北部方面総監部等のLOが北海道庁等で情報収集。

引き続き、第72戦車連隊等の部隊が人命救助を実施。

04時00分以降 第7特科連隊等の部隊が給水支援のため安平町に向け駐屯地を順次 出発。

○ LO派遣先(29カ所)

北海道庁、千歳市役所、白老町役場、安平町役場、むかわ町役場、日高町役場、胆振振 興局、
日高振興局、長沼町役場、八雲町役場、苫小牧市役所、函館市役所、当別町役場 、厚真町役場、渡島振興局、恵庭市、北広島市、南幌市、長沼町、由仁町、栗山町、夕 張市、十勝振興局、
上富良野町、中富良野町、富良野町、占冠村、南富良野町、根室市役所

(4)活動実績

人命救助等 /厚真町 14名

給水支援/厚真町、むかわ町、平取町、日高町、様似町、 浦川町、月形町、江別町、安平町、
        伊達町、 室蘭市  24.6t

給食支援/ 安平町、むかわ町 おにぎり 1,300個
2018年09月06日 イイね!

北海道胆振地方中東部を震源とする地震に係る防衛省・自衛隊の対応について (23時00分現在)

北海道胆振地方中東部を震源とする地震に係る防衛省・自衛隊の対応について (23時00分現在) 平成30年9月6日 防衛省









1.地震の概要

平成30年9月6日(木)03時08分頃、北海道胆振地方中東部を震源とする地震
(マ グニチュード6.7:暫定値)が発生し、胆振地方中東部で最大震度6強を観測した。

2.防衛省・自衛隊の対応

(1)活動部隊

陸上自衛隊

北部方面航空隊(丘珠)、第7飛行隊(丘珠) 、第11飛行隊( 丘珠)、第7特科連隊(東千歳)、
第73戦車連隊(南恵庭) 、第71戦車連隊(北千歳) 、第72戦車大隊(北恵庭)、
第1地 対艦ミサイル連隊(北千歳)、第2地対艦ミサイル連隊(美唄 )、
第3地対艦ミサイル連隊(上富良野)、第11普通科連隊 (東千歳)、第3施設団(南恵庭)、
第11高射特科大隊(真 駒内)、第1特科団(北千歳)、第7師団司令部(東千歳)、
第7施設大隊(東千歳)、第7高射特科連隊(静内)、第7後 方支援連隊(東千歳)、
第2戦車連隊(上富良野)、第4特科 群(上富良野)

海上自衛隊

第25航空隊(むつ)、第2航空群(八戸) 、函館基地隊(函館 )、余市防護隊(余市)、
大湊地方総監部(大湊)

航空自衛隊

第3航空団(三沢)、千歳救難隊(千歳)、警戒航空隊(三沢) 、
偵察航空隊(百里)

(2)活動規模

人 員 約4,900名(今後約25,000名規模まで増派予定)
車 両 確認中
艦 船 4隻
航空機 20機

(3)主な対応状況

【6日(木)】

03時09分 防衛省災害対策室設置
03時11分 防衛大臣の指示

1 関係府省庁及び自治体と緊密に連携し、情報収集に努めること。
2 被害が発生した場合に備え、万全な準備態勢を確立すること。
3 今後の状況の推移に的確に対応し、災害対応に万全を期すこと。

03時25分 第3航空団のF-2×2機が基地を離陸。
03時39分 北部方面総監部のLO(人員2名、車両1両)が北海道庁に向け駐屯地 を出発。
03時40分 第7飛行隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
        第73戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約35名、車両約5 両)が
         苫小牧市に向け駐屯地を出発。(05時10分到着)
03時42分 北部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため
        駐屯地を離陸。
03時47分 第7飛行隊のOH-6×1機、UH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
03時49分 第25航空隊のSH-60×1機が情報収集のため基地を離陸。
03時56分 第2航空群のP-3C×1機が情報収集のため基地を離陸。
04時06分 第7特科連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約25名、車両4両) が
       厚真町に向け駐屯地を出発。(06時18分到着)
04時16分 千歳救難隊のUH-60×1機が情報収集のため基地を離陸。
04時33分 北部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため駐屯 地を離陸。
04時40分 第73戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約35名、車両約5 両)が
       苫小牧市に向け駐屯地を出発。(05時51分到着)
04時42分 第11飛行隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
04時45分 警戒航空隊のE-2C×1機が情報収集のため基地を離陸。
05時30分 第71戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約25名、車両約5 両)が
        白老町に向け駐屯地を出発。(06時26分到着)
06時00分 北海道知事から第7師団長に対して、人命救助及び給水支援に係る
        災 害派遣要請。
07時00分以降 第72戦車連隊、第7特科連隊、第7施設大隊等の部隊
         (人員約 780名、車両確認中)が人命救助及び給水支援のため
         厚真町に向け駐屯地を順次出発。(09時以降逐次到着)
07時27分 輸送艦「おおすみ」が仙台沖へ前進。
07時52分 千歳救難隊救難員が安平町から5名を厚真町へ搬送。
08時02分 千歳救難隊救難員が安平町から1名を厚真町へ搬送。
08時34分 掃海艇「いずしま」が現地へ出港。
08時55分 砕氷艦「しらせ」がヘリポート支援のため苫小牧沖へ前進。
09時00分 北海道知事から第11旅団長に対して、給水支援に係る災害派遣要請。
09時01分 偵察航空隊のRF-4×1機が情報収集のため基地を離陸。
09時03分 千歳救難隊救難員が高岡から1名を厚真町へ搬送。
09時13分以降 第2地対艦ミサイル連隊等の部隊
        (人員約850名、車両約145 両(うち水トレーラー約20両)が人命救助及び
        給水支援のため江別市 、月形町、日高町、平取町等に向け順次出発。
        (10時30分以降逐次 到着。)
10時40分 第7高射特科連隊の部隊(人員約15名、車両約5両(うち水トレーラ ー4両)が
        日高町に向け駐屯地を出発。(12時30分到着) 14時00分頃
        第7飛行隊等の隊員が厚真町から3名を安平駐屯地等へ搬送。

○ LO派遣先

北海道庁、千歳市役所、白老町役場、安平町役場、むかわ町役場、日高町役場、胆振振 興局、
日高振興局、長沼町役場、八雲町役場、苫小牧市役所、函館市役所、当別町役場 、厚真町役場、渡島振興局、恵庭市、北広島市、南幌市、長沼町、由仁町、栗山町、夕 張市、十勝振興局、
上富良野町、中富良野町、富良野町、占冠村、南富良野町、根室市 役所


(4)活動実績

人命救助 厚真町 10名
給水支援 確認中
物資輸送 確認中
2018年09月06日 イイね!

北海道胆振地方中東部を震源とする地震に係る防衛省・自衛隊の対応について (13時30分現在)

北海道胆振地方中東部を震源とする地震に係る防衛省・自衛隊の対応について (13時30分現在) 平成30年9月6日 防衛省











1.地震の概要

平成30年9月6日(木)03時08分頃、北海道胆振地方中東部を震源とする地震
(マ グニチュード6.7:暫定値)が発生し、胆振地方中東部で最大震度6強を観測した。

2.防衛省・自衛隊の対応

(1)活動部隊

陸上自衛隊

北部方面航空隊(丘珠)、第7飛行隊(丘珠) 、第11飛行隊( 丘珠)、第7特科連隊(東千歳)、
第73戦車連隊(南恵庭) 、第71戦車連隊(北千歳) 、第72戦車大隊(北恵庭)、
第7施 設大隊(東千歳)、第1地対艦ミサイル連隊(北千歳)、第2 地対艦ミサイル連隊(美唄)、
第11普通科連隊(東千歳)、 第3施設団(南恵庭)、第11高射特科大隊(真駒内)、
第1 特科団(北千歳)

海上自衛隊

第25航空隊(むつ)、第2航空群(八戸) 空 自 第3航空団(三沢)、千歳救難隊(千歳) 、
警戒航空隊(三沢)

(2)活動規模

人 員 約4,900名(今後約25,000名規模まで増派予定)
車 両 確認中
艦 船 4隻
航空機 20機

(3)主な対応状況

【6日(木)】

03時09分 防衛省災害対策室設置

03時11分 防衛大臣の指示

1 関係府省庁及び自治体と緊密に連携し、情報収集に努めること。
2 被害が発生した場合に備え、万全な準備態勢を確立すること。
3 今後の状況の推移に的確に対応し、災害対応に万全を期すこと。

03時25分 第3航空団のF-2×2機が基地を離陸。
03時39分 北部方面総監部のLO(人員2名、車両1両)が北海道庁に向け駐屯地 を出発。
03時40分 第7飛行隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
        第73戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約35名、車両約5 両)が
        苫小牧市に向け駐屯地を出発。(05時10分到着)
03時42分 北部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため駐屯 地を離陸。
03時47分 第7飛行隊のOH-6×1機、UH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
03時49分 第25航空隊のSH-60×1機が情報収集のため基地を離陸。
03時56分 第2航空群のP-3C×1機が情報収集のため基地を離陸。
04時06分 第7特科連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約25名、車両4両) が
        厚真町に向け駐屯地を出発。(06時18分)
04時16分 千歳救難隊のUH-60×1機が情報収集のため基地を離陸。
04時33分 北部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため駐屯 地を離陸。
04時40分 第73戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約35名、車両約5 両)が
        苫小牧市に向け駐屯地を出発。(05時51分到着)
04時42分 第11飛行隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
04時45分 警戒航空隊のE-2C×1機が情報収集のため基地を離陸。
05時30分 第71戦車連隊の初動対処部隊:FAST-Force(人員約25名、車両約5 両)が
        白老町に向け駐屯地を出発。(06時26分到着)
06時00分 北海道知事から第7師団長に対して、人命救助及び給水支援に係る
        災害派遣要請。
07時00分以降 第72戦車連隊、第7特科連隊、第7施設大隊等の部隊
       (人員約 780名、車両確認中)が人命救助及び給水支援のため厚真町に向け
       駐 屯地を順次出発。(09時以降逐次到着)
07時27分 輸送艦「おおすみ」が仙台沖へ前進。
07時52分 千歳救難隊救難員が安平町から5名を厚真町へ搬送。
08時34分 掃海艇「いずしま」が現地へ出港。
08時55分 砕氷艦「しらせ」がヘリポート支援のため苫小牧沖へ前進。
09時00分 北海道知事から第11旅団長に対して、給水支援に係る災害派遣要請。
09時01分 偵察航空隊(百里)のRF-4×1機が情報収集のため基地を離陸。
09時13分以降 第2地対艦ミサイル連隊等の活動部隊
       (人員約850名、車両約1 45両(うち水トレーラー約20両)が、人命救助及び
       給水支援のため江 別市、月形町、日高町、平取町等に向け順次出発。
10時40分 第7高射特科連隊の活動部隊(人員約15名、約車5両(うち水トレー ラー4両)が
        日高町に向け駐屯地を出発。

○ LO派遣先

北海道庁、千歳市役所、白老町役場、安平町役場、むかわ町役場、日高町役場、胆振振 興局、
日高振興局、長沼町役場、八雲町役場、苫小牧市役所、函館市役所、当別町役場 、厚真町役場

プロフィール

「竹内まりやさんへの河合奈保子さんの祝福メッセージ http://cvw.jp/b/360315/42231256/
何シテル?   11/25 22:44
現在 117クーペ(PA95N)とOPEL CALIBRA16V  Piazza /NERO 2代目( JT221型)と生活しております。 残念ながら現...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

TEAROOM☆ NAOKO 
カテゴリ:河合奈保子さん
2017/02/18 00:48:58
 
NAOKO FAN MEETING 
カテゴリ:河合奈保子さん
2016/07/25 23:54:38
 
河合奈保子オフィシャルサイト 
カテゴリ:河合奈保子さん
2016/04/29 05:23:41
 

愛車一覧

いすゞ 117クーペ いすゞ 117クーペ
昭和41年のジュネーブショー・・・・ カロッツェリア・ギア社のブースに展示された 一台の ...
オペル カリブラ オペル カリブラ
OPEL CALIBRA(オペル・カリブラ )は、ベクトラをベースに開発されボディはCd ...
その他 その他 その他 その他
参加したミーティング等を中心の画像報告です。
いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
1979年、永らく続いたいすゞのフラッグシップ117クーペの時代も終わる頃、その位置を埋 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.