• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

JR120XEのブログ一覧

2017年06月30日 イイね!

相模国へ・・・里帰り その弐

相模国へ・・・里帰り その弐あ~たまを雲の上に出し~

四方の山を~見おろして、~

かみなりさまを~下に聞く~

富士は日本一の山~♪

芦ノ湖と富士山、綺麗ですね~

本日で・・・6月も終了です

早いものですね~

2017年も折り返しです。

さて・・・先日、相模国へ里帰りした

ジェミニ君の画像が、秘密諜報部員のK・T氏より、届きましたので、ご報告です。

BGMには・・・

電気グルーヴの「富士山」 を流しながら書いております。





ピエール瀧さん・・・いいですね~♪

もう一曲入れちゃいましょう~

「Shangri-La 」



ようやく・・・本題です。



相模国へ入国したジェミニ君

まずは・・・芦ノ湖へ・・・



こちらでは・・・どうやら・・・

フィッシングを楽しんだ模様
(釣果は・・・どうだったのだろう?)



暫くして・・・117クーペと合流して



箱根駅伝ミュージアムを見学
(K・T氏は、意外な趣味があるものだ・・・)



その後・・・峠道は、休息を取りつつ・・・



ターンパイクを走り抜け・・・て



海岸線へ・・・



建設中の、大磯プリンスを横目に見ながら・・・



最終目的地「いすゞプラザ」へ・・・無事に到着したようです。



お疲れ様でした。<(_ _)>

いすゞプラザ内の画像は、また後日届く予定なので・・・

報告を・・・待つ( ^ω^)・・・事にしませう。



尚このコースは、7月16日(日)~17日(祝)に開催される

いすゞ117クーペオーナーズクラブ

関東支部ミーティングのコースの一部との事ですので

当日は、皆様・・・無理せずに楽しんで下さいねっ♪



という事で・・・今宵は・・・

河合奈保子さんが・・・



テレサ・テンさんと歌う「ある愛の詩」



五輪 真弓さんと「恋人よ」



山本譲二さんと「銀座の恋の物語」



柏原芳恵さんと「雨音はショパンの調べ」を・・・・お楽しみください♪

blogramで人気ブログを分析
Posted at 2017/06/30 22:10:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | JT150 ジェミニ | クルマ
2017年06月29日 イイね!

The Beatlesの日

The Beatlesの日NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」でも

触れておりますが・・・( ^ω^)・・・

(6月26日からの第13週「ビートルズがやって来る」が放送中)

The Beatlesが、羽田空港31番スポットに

1966年6月29日午前3:39に到着


日航(JAL)より送られた半被を着た

The Beatlesの4人が、にこやかに手を振りながら

タラップを降りる写真は、皆様もご覧になった事が、あると思います。



当初は、28日の午後5:15に到着を予定していましたが

台風の影響で11時間以上遅れての羽田到着でした。

この最初で最後の来日を果たしたことを記念して

6月29日は「ビートルズの日」

EMIミュージック・ジャパンが制定います。



今年も、「サージェント・ペパー」発売50周年を記念して

新たなLP/CDが、発売されるなど、未だ世界的な人気を誇る

The Beatlesを当方が、興味を持った切っ掛けが

こちらの、音楽教育の本とLP

『おんがくぐーん!/音楽の学校・音楽の劇場』

ほるぷ教育体系・音楽・小学生編

林光・編集 / ほるぷ出版(1974年)



音楽や楽器に関する、様々な歴史や背景を説明した

このセットの制作人は・・・

湯村輝彦 田川律 福田繁雄 矢吹申彦 和田誠
佐々木マキ 田島征三 池田龍雄 筒井康隆 平岡正明
赤瀬川源平 山下菊二 つげ忠男 横尾忠則 ・・・他

11枚で構成されたLPレコードには・・・

音楽の学校①『ちょうちょうとチンドン屋 たたく楽器の音』
ドラムス=富樫雅彦 パーカッション=ジョー水木 フルート=宮沢昭
ピアノ=渋谷毅 ベース=原田政長
チンドン屋=伊藤四郎

音楽の学校⑩『アフリカからアフリカへ ジャズの歴史』
サックス=宮沢昭 ピアノ=前田憲男 ベース=原田政長
ドラムス=ジミー竹内
薗田憲一とデキシー・キングス ジョージ大塚クインテット がらん堂 他

その豪華なメンバーの驚かされます。\(◎o◎)/!



この中で紹介されていたのが、The Beatlesでした

メンバーの生い立ちやデビュー迄の苦労を小学生にも解るよう解説されてており

毎日のように読み聴きしてこのセットは、当時は・・・

扱いが乱暴だったこともありボロボロになり

現在は、所有しておりませんが、改めて聴きたくなる今日この頃です。。。

でも・・・オークションなどで、

たまに見かけますが・・・結構なお値段なんですよね・・・



さて・・・河合奈保子さんは、様々なジャンルの楽曲

歌謡曲・洋楽・童謡・AOR・JAZZ等々を幅広く唄われていますが







実は・・・当初はあまり洋楽は、お好きでは無かったようで

自身の手記の中で、こんな一説が・・・



「入院中には、あの偉大なるビートルズとの出会いもありました。

それまでは、外国の曲って、あまり好きにはなれなかったんです。

聴いていても、詞が分からないでしょ?

だから、つい意味のわかる日本語の歌になっちゃって・・・・・。

たまたま、入院中にビートルズのカセット〝全曲集″をいただいたんです。

勉強のために一応聴いてみよう、と思ったのがキッカケでした。

全部の曲を聴いてみたら、そのほとんどが聴いたことがありました。

これがビートルズだったのか・・・・、これが一世を魅了したミュージシャン・・・・、

これなら、ピアノで弾いても素敵・・・。

あらためて感激していました。耳に慣れない音楽はとても新鮮で、私の体の中に

スウッととけ込んで行くようです。

くわずギライはよくない・・・・そう思って、外国の曲を聴くようになったのもこの頃からです。」




奈保子さんを洋楽の世界へ導いたのは

The Beatlesだったんですね~(^^♪



その後は、流石!奈保子さん、持ち前の歌唱力で

様々な洋楽を唄いこなして行くのでありました。

という事で・・・本日は



レッゴーヤングの「ビートルズ・メドレー」



Olivia Newton-Johnの

「Have You Never Been Mellow(そよ風の誘惑)」と



「Xanadu(ザナドゥ)」

そして・・・先日もご紹介しましたが、

The Beatles 『Abbey Road(アビイ・ロード)』の収録曲



「"Something"」を・・・

blogramで人気ブログを分析
Posted at 2017/06/29 23:56:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 河合奈保子さん | 音楽/映画/テレビ
2017年06月27日 イイね!

Pioneer PD-2000LTD

Pioneer PD-2000LTD最近、使用しているCDデッキ

と・・・言っても1999年製

TEAC CD-P6000が・・・この処、時々すねるので・・・

TEAC CD-P6000の仕様 ティアック - オーディオの足跡

入れ替えを行いました。


交換した機種は・・・Pioneer PD-2000LTD

Pioneerの旧ロゴマークが懐かしい



1990年に発売されたCDプレイヤーです。



Pioneer PD-2000LTDは・・・

ベースとなった1988年に発売されたPD-2000の

D/Aコンバーター部が大きく改良・強化され

名前の通りPD-2000のリミテッド・バージョンとして、

3000台限定で生産・販売されたモデル

PD-2000のボディカラーはブラックでしたが

LTD(リミテッド)という事で、当時の流行りであった

シャンパンゴールドに仕上げられました。

発売当時、評論家から・・・

「ライバル機を凌ぐ物凄く手の込んだ造りの機体でとても\95,000で売れるものでは無い。」

と言われたほどで、しっかりと組み上げられた

本体の重量は9.5kgもあります。



という事で・・・・ステレオにセッティングしてみましょう

まずは・・・

お気に入りの河合奈保子さんの「Pure Gold」



このCDは、24KゴールドCDでして、

今までの「TEAC CD-P6000」で聴いても

音の違いが解るのですが・・・

\(◎o◎)/!中低音重視の明るいサウンドは

音の広がりや奥行きが深く感じられ

さらにボーカルは、シットリ感がグッと前に出てきます。

今まで以上に艶っぽく聴こえます♪



もう一枚は・・・sonny rollins (ソニー・ロリンズ)の

名盤 『saxophone colossus』(サキソフォン・コロッサス)



音質が太くて重心が低い事が特徴ともいわれる

Pioneer PD-2000LTD 良い音を拾ってくれます♪

ロック、ジャズ、クラシックのジャンルを

あまり気にせず、オールラウンダーで楽しませてくれそうです。

後は・・・アンプかな・・・



当時のスペック(PD-2000)に関しましては

こちらを、ご参照ください。

Pioneer PD-2000の仕様 パイオニア - オーディオの足跡

話は、飛びますが・・・

Pioneerの旧ロゴマークを見ると思い出すのは



やはり、こちらの・・・

『Pioneer Ferrari 308 GTB Gr.4』ですね~







車もそうですが・・・技術やデザインにお金を掛けることのできた

時代の製品は、やはり良いものです(^^♪



という事で・・・本日は

河合奈保子さんのナンバーより

1988年発売の・・・



「悲しい人」



1990年発売の「眠る、眠る、眠る」 そして・・・



Pioneer Ferrari 308 GTB Gr.4が、活躍した

1982年発売の「けんかをやめて」を・・・奈保子さんのピアノ弾き語りで・・・



blogramで人気ブログを分析
Posted at 2017/06/27 21:38:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | 趣味
2017年06月26日 イイね!

音楽専科社の・・・河合奈保子さん

音楽専科社の・・・河合奈保子さん後の'80年代アイドルシーンの雛形として

1980年デビュー組と呼ばれるアイドルは

アイドル黄金期の幕開けを飾る

新しい存在感を提示して行くモデルとして

世の中の動向も輝きを増す1980年代へ突入して行くのですが



河合奈保子さんが、デビュー当時から

アイドル的可愛らしさと圧倒的な歌唱力

併せ持つ存在であったことは

誰もが認める事で、あると思っております。



様々なメディアが発達した現在は

○○アイドルの様な分業化されており

気軽に「会いに行けるアイドル」も存在します。

しかし・・・1980年代は当然ながら・・・

スマホもなければ、インターネット環境も整ってはおらず、

雲の上の憧れの存在でした。

その中で、音楽メディアやラジオ・TVの歌番組と共に

ファンとの距離を縮める役割を果たしたのが



毎月発売される、月刊誌や

写真集に代表される紙媒体の存在でした。

河合奈保子さんも数多くの写真集を出されていますが



本日は、「そよ風のメッセージ」(1981年6月26日)の出版された日

という事もあり、今は無き「音楽専科社」が出版した

写真集とパンフレットの表紙をご紹介させていただきます。



〇 そよ風のメッセージ(1981年6月26日)



〇 ほほえみステップ(1982年3月27日発行)



〇 チェリーピンクのプチハート(1983年2月23日発行)



〇 らすと・ぷれりゅうど(1984年1月20日発行)



〇 LOVELY SUMMER(1985年7月6日発行)



〇 Sunshine Venus(1986年3月25日発行)



ここからの3冊は、コンサート会場や

ファンクラブで販売された、奈保子さんの所属事務所の芸映と

音楽専科社の企画パンフレット(コンサートパンフレットとは違います)







首都圏や大都市圏でなかった地方住民の

当方にとっては、こうした、紙媒体においてのインタビューや

ラジオ・TVの出演情報は、今よりもまして貴重な情報であり

新曲発売などが発表されれば・・・それは発売日まで

待ち遠しい日々を過ごすのでありました。



現代は、確かに手近な情報だけで

様々な情報を得ることのできる時代です

雑誌(紙媒体)の衰退が言われる中

昨年は奈保子さんの写真集『再会の夏』(マガジンハウス)

DVD、「河合奈保子ライブ・ベスト~けんかをやめて~」に

大きな反響がありました。

この事は、アイドル時代の河合奈保子さんに対しての

魅力と、音楽に対しての評価が、大変高かったことの表れで

先日、NAOKO FAN MEETING にてリリースのあった

NAOKO FAN MEETING|3枚組DVD『河合奈保子 プレミアムコレクション 

河合奈保子 ゴールデン☆ベスト[UHQCD ... - 日本コロムビア

の発売で、多くの皆様に、アイドルからシンガーソングライター(アーティスト)へ

奈保子さんの辿った道筋を知っていただければと思っています。



アイドルは、偶像からきている言葉ですが

ある意味無いものねだりの要素があるように思えます。

80 年代までのアイドルは、その存在が虚像で

スキャンダルとは無縁の「建設的」アイドルが生み出され

ファンとの間には、一定の距離間がありました。

応援するファンもまた、半ば自覚的に虚像のアイドルを

支持していた時代と言えるかもしれません。



ここ最近の、ニュースを見るにつけ、

ファンとの距離が余りにも近くなってしまったアイドルと

バーチャルリアリティから抜けられないファンが多いからなのか

様々な事件が起きやすくなっているように思えます。

という事で・・・本日は



「夏のヒロイン」 みろくの里(合宿)中継



菅原洋一さんと「VAYA CON DIOS」から

「LA BAMBA 」「QUIEN SERA」



そして・・・「SOMETHING」を・・・

blogramで人気ブログを分析
Posted at 2017/06/26 22:27:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 河合奈保子さん | 音楽/映画/テレビ
2017年06月25日 イイね!

指定自動車教習所の日

指定自動車教習所の日本日・・・

6月25日は・・・「指定自動車教習所の日」

1960年の道路交通法改正により

公安委員会が指定した自動車教習所を卒業すると

運転免許取得時の技能試験が免除される

指定自動車教習所制度が、開始されました。




この事を記念して

全日本指定自動車教習所協会連合会が制定しました。



さて・・・河合奈保子さんが

車に興味を持ち始めたのは

芸能界に入ってからのようで

身近な取材において

赤い三菱ウィルスと知り合ったのが

切っ掛けのようです。



ご本人は、早く運転免許を取得したかったようですが

しかし・・・多忙なことと、周囲の反対もあり



実際に、運転免許を取得されたのは

1988年4月28日、25歳になってからでした。



免許を取得されてから、購入した愛車は・・・

RV車を身近にした功労車を愛車にしたのは・・・ にても触れましたが

車に興味を持ち始めたころから気になっていた

三菱パジェロメタルトップワゴンV6 3000 スーパーXL



運転も中々、お上手だったようですよっ♪





現在も、運転はされているようで

雑誌でのオーストラリア記事において確認できます。



という事で・・・本日は

アルバム「Members Only」より・・・



「アンカレッジ コーリング」



「Dear John 」



「GIRLS LIKE A PARTY 」を・・・



blogramで人気ブログを分析
Posted at 2017/06/25 22:56:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 河合奈保子さん | クルマ

プロフィール

「竹内まりやさんへの河合奈保子さんの祝福メッセージ http://cvw.jp/b/360315/42231256/
何シテル?   11/25 22:44
現在 117クーペ(PA95N)とOPEL CALIBRA16V  Piazza /NERO 2代目( JT221型)と生活しております。 残念ながら現...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

TEAROOM☆ NAOKO 
カテゴリ:河合奈保子さん
2017/02/18 00:48:58
 
NAOKO FAN MEETING 
カテゴリ:河合奈保子さん
2016/07/25 23:54:38
 
河合奈保子オフィシャルサイト 
カテゴリ:河合奈保子さん
2016/04/29 05:23:41
 

愛車一覧

いすゞ 117クーペ いすゞ 117クーペ
昭和41年のジュネーブショー・・・・ カロッツェリア・ギア社のブースに展示された 一台の ...
オペル カリブラ オペル カリブラ
OPEL CALIBRA(オペル・カリブラ )は、ベクトラをベースに開発されボディはCd ...
その他 その他 その他 その他
参加したミーティング等を中心の画像報告です。
いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
1979年、永らく続いたいすゞのフラッグシップ117クーペの時代も終わる頃、その位置を埋 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.