• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

頑固一徹カズですのブログ一覧

2013年09月13日 イイね!

宇宙からの贈り物 ボイジャー航海者たち より

1992年2月15日 TBS放送

宇宙からの贈り物 ボイジャー航海者たち より


目を閉じることで始めて見えてくる世界があります
僕は今 そんな世界を旅しています

地球を出発してもう14年
僕は今 全天星空の宇宙を秒速20kmの速さで 帰る事のない旅を続けています

旅の中で僕は 太陽系のたくさんの星たちに出会いました
そのひとつひとつの姿を思い出すたびに 胸が熱くなります
あのときの感動が 時折くじけそうになる僕の心を 今も支えてくれているのです

僕の名はボイジャー
宇宙の航海者
心はひとつだけど 体がふたつあります

僕の使命は見ることでした
人間が行けない世界に行き、人間に代わってものを見ることが僕の仕事だったのです

2年前 その仕事を終えて 僕は目を閉じました
この先 この旅がいつまで続くのか どこまで行くのか僕にはわからない
ただ この目で物を見ることはもう永遠にないでしょう

だけど 寂しくなんかない
どこか遠くから僕を呼んでいる光が あるような気がするからです
その光の世界についたら きっとこの僕にも
なぜ僕が旅をしているのかが わかるような気がします

僕が最後に見たのは 太陽系全体の姿でした
2年前のちょうど今日 1990年2月15日
久しぶりの地球からの声を聞いて 振り返ったのです
あの日僕が聞いた地球からの声は 今まで聞いたことのない不思議な声でした
太陽系の星々にできるだけ近づいて見ることが僕の仕事だったはずなのにあの日は 遠くから振り返ってみてごらんっていうのです
僕はこわごわ振り返ってシャッターを切りました

太陽がまぶしかった

あの日から僕は自分がどうして旅をしているのだろうって真剣に考え始めたのです
はじめてみた木星の姿は とても感動的でした。
恐いくらいだった
そのとき僕は ふと 不思議なことに気づいたんです
ここは初めてなのに なぜか知っているような気がする
だけど 思い出そうとしても思い出せない

だれかが遠くから見ているような気がする
なにかが始まろうとしている
地球を出るとき 僕はこの旅が 土星で終わるんだと思っていました
ところが もっと先に行きなさいっていう声が聞こえたんです

ここから 僕の体は ふたつに別けられました
一方は太陽系の外へ もう一方は天王星と海王星へ
この日から僕にとって 本当の未知の世界への旅が始まったんです
地球からの声が途切れて もう何年も旅を続けています
この静かな宇宙を旅していると 今まで聞こえなかった不思議な音が聞こえます
その音は 星の奥深くに潜み そこからあふれ出てくる星の音
その音を聞いていると 僕もなにか思い出せそうな
地球を発ってからもう8年近くたちました
こうして目を閉じていると いつも あの懐かしい地球の姿が目に浮かんできます
そんなとき 僕はいつも不思議に思う
どうして人は 僕を宇宙に送りだしたんだろう
ここは 椰子の葉のざわめきも 花の香りも 笑い声も聞こえない
地球とはまったく違う世界なのに
旅の途中 夢を見ました
夢の中で 僕は宇宙人に出会った
その姿は 僕を送り出してくれた地球の人たちとは まったく違う姿でした
でも なぜかとても懐かしかった
遠い昔 逢ったことがあるような


自分がどうして なんのためにここにいるのか見えなくなることがあります
あなたには そんなことはありませんか

僕は 地球という名の星に 使命をもって生まれました
その使命を果たすたびに聞こえてくる たくさんの喜びの声を 自分の喜びとして ここまできました

正直にいって 恐かったことも何度かあった
ここにいるのが 僕でなくってもって 思ったこともある
どうして僕なんだろうって

14年間の 宇宙の旅を通して
こんな僕にも ほんの少しだけわかったことがあります

僕は 僕を送り出してくれた 地球のすべての人たちのこころなんだ
僕が出合った恐ろしいことも 美しいものも みんな人のこころの現われなんだ
そのことだけが ようやくわかったのです

美しいものを たくさんみせてくれてありがとう
僕が最後に撮った家族の写真は 皆さんへのお返しです
僕の感謝の気持ちです
ちゃんと撮れて うれしい

2年前 振り返ったあの日が 僕が地球を見た最後の日
だから今日は 僕の一番大事な記念日です

僕は大丈夫
僕を送り出してくれて本当にありがとう
そして さようなら

ボイジャーからの交信は途絶えましたが、言葉にはならなかったけど最後に言いたかったことを想像しました。
「僕のお母さんである地球はとても孤独です。お母さんに何が起きても誰も助けることはできません。この僕もお母さんを助けられないのです。お母さんは自分で問題を解決しないと、、、。
Posted at 2013/09/13 13:15:44 | トラックバック(0) | 感動シリーズ | 日記
2013年04月25日 イイね!

桂田さんを偲びスバルの歴史を振り返る

2003年12月6日発売号小学館「ラピタ」
出典:スバルストーリーズ 柴田氏

FFが促した乗用4WDという未知の領域

水平対向エンジンに並ぶスバルのシンボルが4WDだ。その誕生の経緯を自動車ジャーナリストの清水和夫氏が探る。 そこには唯一無二の領域を開拓する苦労があった。ここに一冊の本がある。書名は「四輪駆動車」(山海堂)。20年以上前に発行された名著「走れ!四輪駆動車」が改定増補され現代によみがえったのだ。「走れ!四輪駆動車」は1980年代、まだ世間一般に知られていなかった4WDの 魅力を広く知らしめ、ユーザーばかりでなく、技術者や自動車関係者から4WDの バイブルと崇められた本だ。古書として1万円の値をつけたこともあったというから、その内容への評価がうかがい知れる。

著者の影山夙氏は、希代の技術者、百瀬氏の薫陶を受けたひとりである。富士重
工で車両実験、商品計画、新製品開発などに携わり、スバル360から
スバル1000、レオーネ、レガシィへと続くスバルの変遷を見届けてきた。古今東西の自動車技術への造詣は深く、とくに4WDの第一人者として知られる。水平対向エンジンと並び、スバルのシンボルでもある4WDを育て上げてきた技術者であり、その経緯を語るのにこれほどの適任者はいないだろう。その影山氏はスバル4WDの誕生にはFFレイアウトが欠かせなかったと力説する。そこで日本初のFF誕生の経緯をもう一度振り返ってみたい。

スバル360の開発後、60年代に入り、乗用小型車をやるという社内の気運が
高まっていました。その時、アメリカンラビット社というディストリビューターから電 気自動車を作ってもらいたいという依頼があったのです。いまから考えるとすごく 先端的な話ですが、あの頃すでにカリフォルニアでは光化学スモッグの公害がでてお
り、タウンアバウト(街乗り車)として開発を依頼してきたのですね。電気自動車なので前にモーターを置き後ろはバッテリーを積んで、それでもトランクは広くしたいということから前輪駆動が決定したのです」つまりFFへの取り組みは、電気自動車という画期的な乗り物にふさわしい進取のレイアウトとしてスタートしたというのだ。もちろんそこには理論的な裏付けもあった。「当時、名神の工事が始まっており、百瀬さんはこれからは日本も高速化の時代がやって来るといっていました。そうなれば乗り心地よりも操縦安定性が重視されるだろう。それを向上するためにはまず前輪荷重を増やさなければダメだと」そのことはRRを採用した360の経験でわかっていた。RRでは乗り心地や居住性はいいが、高速安定性がどうしても得られず、横風にも弱い。そこで重心を前に置くという実験がすでに始まっていたのだ。
Posted at 2013/04/25 23:44:40 | トラックバック(0) | 感動シリーズ | 日記
2013年04月25日 イイね!

ありがとうミスターレガシィ(涙)

FBより転記

ありがとうミスターレガシィ(涙)

中島飛行機から身を転じた百瀬晋六さんの最後の生徒だったスバルの桂田勝さんが亡くなりました。平成元年のレガシィの生みの親であり、FFをやめてAWD一本化を進めた人でした。最近は闘病中と聞いていたのですが、返らぬ人となりました。桂田さんから学んだことが沢山ありましたが、まだまだ教えてほしいこともあったのです。

東京大学航空学科を卒業され、富士重工に入社。飛行機ではなくクルマの開発部門からスタートしたのですが、当時の日本には気の利いた自動車理論がないことに気付き、米国ミシガン大学に留学。自動車工学の権威の教授に従事した桂田さんは真っ直ぐな技術者でありました。氏のこだわりであった「不易と流行」という言葉は私の脳裏に刻まれてます。

レガシィのスタイルがカッコ悪いというインタービューしたとき、「わるいけどうちは機能主義だからね。機能が犠牲になるデザインは私は認めない」と言い切ったことがありました。

軍足姿が印象的です。

いまはご冥福をお祈りします
ベルリン郊外より
Posted at 2013/04/25 14:20:55 | トラックバック(1) | 感動シリーズ | 日記
2012年08月05日 イイね!

LEXUS EPISODE その2

LEXUS EPISODE その2
===============================
2005年いよいよレクサスが日本に凱旋した。専売チャンネルを用意し、日本初の本格的なプレミアムブランドが定着するかどうか、大きな賭であった。その時のインタビュー記事をお思い起こす。
===============================

聞き手 初代セルシオはレクサスブランドを立ち上げるために、開発されたクルマなのでしょうか?。
清水 それはどうかなあ?ブランドありきではなくて、トヨタとしてはメルセデスを超えたいという思いがあったはず。クラウンという高級車を日本では成功させたけどメルセデスのような世界にいきたかったと思うね。そういう空気が当時(1990年頃)流れていました。
聞き手 その想いが初代セルシオを生んだのですね。
清水 そう。その思いをユーザーに伝えるために、レクサスというブランドが自然発生的に生まれたと考えるのが自然でしょう。ボクはブランドとは高級品ではなく生き方であり哲学だと思う。だから出てきた時のショックも大きかったね。雑誌も大騒ぎしたしトヨタもヨーロッパで試乗会を開いたくらい力を入れていたよね。
聞き手 そんなに凄かったですか?
清水 単純に数値だけを見ても、エンジンはライバルのメルセデスやBMWのV8エンジンを遙かに上回る性能を持っていたし、燃費がよく排気ガスはクリーン。静粛性もパッケージもライバルを凌駕していたんだぜ。
聞き手 へぇ~、そんなにすごかったんだ。
清水 だってスポーツカーのエンジンが使うようなハイメカツインカムを高級車に採用したことでライバルは充分にビビッたと思う。
聞き手 なるほど
清水 ところで、レクサスが生まれた1989年は日本中がバブル経済で浮かれ銀行はどんどん金を貸してくれた、オレにもね。トヨタが偉かったのはそんな世の中で、本質的な部分でしっかりとチャレンジしたことだね。
聞き手 単なる雰囲気ではなかったと。
清水 ほぼ同時期に日産がインフィニティQ45を出したけど、乗ってみればそれはセドリックを大型化したものに過ぎなかったんだ。日産はバブルで高級車を作ったんだね。
聞き手 セルシオはそうではなかった?
清水 違ったね。チーフエンジニアの鈴木一郎さんの口癖は「源流対策」。例えば、音や振動は遮音ではなく元から絶つという原理主義を持ち込んだのです。ただし、オレはある雑誌にNVH(ノイズ・振動・ハーシュネス)だけを低減しても人は死なないって悪口を書いたけどね(笑)

清水 1989年は近代にとってとても重要な年ではないかな。
聞き手 というのは?
清水 日本車が欧州車にもっとも近づいた年だった。レクサス(セルシオ)だけでなく、日産からはR32GTRが開発され、ホンダはNSXを世に出した。スバルはレガシィが誕生しました。日本はバブルで自動車メーカーはイケイケだったけど、その反面、世界は大きなパラダイムの変革期を迎えていたのです。
聞き手 フムフム
清水 1989年は世界で大きな変化があったよね、ベルリンの壁が崩壊し東西冷戦が終結して、それから中国では民主化を求める天安門事件が起きました。そして日本では昭和天皇が崩御し平成が始まったのです。つまりレクサスの誕生はこうした社会のパラダイムの変革期と無関係ではなかったと思っています。当時、日本に鋭い臭覚を持つ社会学者がいたら、自動車メーカーにどんなアドバイスをしたでしょうか?
聞き手 欧米流ではない、日本らしい高級車のあるべき姿を求めるという意味ですね。
清水 はい、アウトバーンで誰よりも速いというのがSクラスのプライドであって、その上での快適性が求められているのがヨーロッパの高級車だけど、革シートとウッドパネルを組み合わせれば高級車になる、ということではない。トヨタのアドバンテージであるトヨタ的な生産品質の良さとか、「お客様は神様」という日本的な一期一会のディーラーサービスを持ち込んだことでアメリカで成功を収めたわけ。
聞き手 ソフトウエアでは新しい文化をアメリカに持ち込んだということですか。
清水 アメリカでは人生で嫌なことの一つがカーディーラーに行くこと。エンジンオイルを交換するのも予約が必要でしょう。
聞き手 なるほど。
清水 レクサスはアメリカでの高級ブランドという意味だけではなく、トヨタが世界基準でクルマを作り、新しいディーラシップでクルマを販売スル大きなチャレンジだったと思う。だからトヨタという枠の中から脱出してレクサスという新しい自動車メーカーを誕生させるくらいの信念があったはず。そこが日産インフィニティとホンダアキュラの違いかもしれない。
聞き手 つまり、高級ブランドという看板を背負った販売チャンネルとしてのレクサスではなく、新しい高級車メーカー、レクサスが生まれる、ということですか?
清水 そう、全く新しいレクサスという高級車が誕生すると思って良いだろう。しかし、トヨタは大きな失敗を犯し始めていたのだけど誰もそれに気がつかなかった。その失敗は数年後に明らかになるのだけどね
Posted at 2012/08/05 00:07:11 | トラックバック(0) | 感動シリーズ | 日記
2012年07月31日 イイね!

R32GTRチーフエンジニアの伊藤さんとインタビュー その7

R32GTRチーフエンジニアの伊藤さんとインタビュー その7
四駆は曲がらない?

~~~~~前回のレビュー~~~~~~~~~~~~~~
加藤 エンブレムまで作っちゃうんだもん。
伊藤 まずは見方から騙さないとね。GTRのエンブレムを実物で見せたのは、発表の何ヶ月か前に、ディーラーの店主とか社長とかに見せる場でした。ディーラーを呼んで説明会を開きましたが、車種のところはGTX。クルマだけGTRのバッチが付いてる。
加藤 もう時効なので、現物おみせしようと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

清水 四駆のスポーツカーの操縦性に苦労していましたね、最後まで曲がらなかった?
加藤 はぁ
伊藤 時間がなかったですね。四駆に決めたのが1987年ですから。四駆でやろうと思ったのですが、ミッションの設計部隊ができませんって言った。量産は初めてだしね。
清水 相当困りましたね
伊藤 とにかく耐久性が問題というなら、まずそれを確認しようとなりました。一応四駆で話を進めるけど、もしダメだという結果がでたら元に戻す。だからやれと「ゴー」をかけたのです。
清水 凄いチャンレンジですね
伊藤 死にものぐるいでした。そのときに同じような機構を持つ電子制御の多板クラッチがポルシェ959でパリダカとルマンに出場したのです。ポルシェも多板クラッチの耐久性で苦労しているというのは知っていた。こっちはもしダメならビスカスを使おうと思いました。そのためにスペースを25㎜くらい確保していました。
清水 センターデフに?
伊藤 そうです。だから市販車にもスペースが空いている。
加藤 関係者しかしらない秘密。
清水 保険かけた。
加藤 要はビスカスが隆盛を極めていた時代で、その時代と逆行するように、電気と油圧を使い重たいも乗せて、一体何のメリットがあるんだという人が社内にもいたのです。
清水 敵ですね。タイヤだバネだショックだというアナログのシャシー性能から一気にデジタルの世界に突入していったのですがセットアップはどうやって成し遂げたのですか。
加藤 全部自分でやるしかない。相談相手がいないしね。自分を信じるしかなかった。
清水 電子制御の操舵と駆動。ぐちゃぐちゃになりそうですね。
加藤 自分は最初からグチャグチャですから(笑)。エンジニアみたいに時間をかけてマトリクスを埋めていくのだったらいいのですが。
清水 勘でやっていたの?
加藤 そうですよ、時間もないし。そこは自分しか信じるものがなかった。伊藤さんも必死でしたからね。
清水 加藤さんが最後に悩んだところはどこなんですか?
加藤 リヤがステアして動いたのがわかる人がいると言われました。「オレにもわからないのにシロートがわかるかのかよ」って腹では思ったのですが、これを言われたらオレの負けだなって。自分も電子制御が効いている感じがわかるのは大嫌いですから。
清水 7thスカイラインのハイキャスは明らかにわかったよ。
加藤 アレはおれがやってませんから(笑)
清水 それをわからせないように自然なコーナリングを目指した?
加藤 そうです。ところが時間がなくて、カウンターあてる領域は見ていなかったのです。そしたら、試乗会のときに清水さんがドリフトして走っていてカウンターあてるとお茶目な動きするぞって言われました。
清水 雑誌NAVIに書きましたね。「死に馬に蹴っ飛ばされ感じだ」と。
加藤 参りましたね。
清水 先輩もいない、手本もない、論文もない、まったく新しい領域の技術だったので孤独でしたね。
加藤 はい。四駆のABSも初めて。忘れもしない、村山のバンクに入るときに、入り口で探るじゃないですかブレーキを。そしたら、そのままバンクを登っちゃったのですよ。ABSがバカになっちゃって。それを言ってもエンジニアが信じない。彼らのアタマの中にそんなことはあり得ないわけです。つまり全開のまま左足でブレーキを踏むと言うロジックがないわけですよ。それが四駆なわけで、余計にアタマがこんがらがる。「だったらおまえがヤレ」ってなりました。
清水 そこまでチャレンジした当時のモチベーションは?負けたくないという気持ちですか。
伊藤 そうですねゴールまでは責任を果たさないといけないという責任感です。
清水 ゴールとは欧州車と肩を並べるということですね。
伊藤 いや、抜くということ。だって90年に世界一って言ってしまったからはね。
Posted at 2012/07/31 07:31:50 | トラックバック(0) | 感動シリーズ | 日記
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

公式動画サイト StartYourEngines(http://startyourengines.net/) FB:https://www.facebook...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.