• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

頑固一徹カズですのブログ一覧

2008年03月30日 イイね!

「清水和夫が息子に乗せたいクルマ」

「清水和夫が息子に乗せたいクルマ」以前に自動車専門誌「NAVI」の紙面でこのテーマで原稿を書いたことがあった。時は少し流れたが、同じようなテーマで考えてみよう。

 新入社員は社会に出ると色々な人と出会う。それはそれで刺激的なことだが、実は人との出会いは人生を左右するほどの重要なことなのだ。一見親切そうに見えても心の中までは分からない「人それぞれ、人生色々」とは小泉元首相が好きな言葉であるが、人との出会いは「一期一会」。とにかく一生合えないかもしれないと思って全力でぶつかっていこう。
 さて、話しを自動車に戻すが、実は自動車との出会いも同じことが言えるかもしれないね。私は18才の時スカイライン(GC10)と出会ったおかげで、ずっぽりとモータースポーツの世界に足を染めました。スカイラインと出会わなければ、間違いなく別の人生を歩んでいたでしょう。
 でも、最近の日本車に人生を変えるほどのオーラを持った自動車は少ない。それどころではなく、自動車ビジネスは売れない病にかかり、とても歪み始めているのです。綺麗に飾られたショールームの壁一枚裏側では壮絶な販売合戦が繰り広げられているのです。家電製品と違って1トン以上もする鉄の塊が、次々と工場から作り出されているから何が何でも売ること。最後は「自社登録」という禁じ手を使うこともあるという。最近は有名な輸入ブランドも手を染めているようだ。
 だから自動車雑誌に書かれているような自動車文化だの、哲学だの、愉しさなど感じているヒマは今の日本のセールスマンにはないかもしれない。ディーラーの経営者も同じで多くの地場資本は廃業か経営難に追いやられている。つまり、自動車ビジネスの最前線では明日の米一俵を稼ぐことに命をかけている厳しい現実があるのです。
 そんな状況だからこそ、日本車は価格を安くし、売るための性能開発が優先される。昔のクルマのように根性の座った自動車が少ないのはそのためかもしれないですね。そこで社会人になろうとしている皆さんにアドバイスしましょう。私が薦めたい新車は少なく、無理して新車を買わないで中古がいいかもしれないね。 
 コンパクトカーは若い人のエントリーカーとして最適なのでお勧めですが絶対条件はMTであること。ATでクルマを覚えたら一生運転は巧くならないよ。最後に我が家で実践している自動車との付き合い方の5ケ条を教えよう。
 
 1)AT免許は言語道断
 2)最初の10年はクラッチ付きMTを乗ること
 3)最初の3年はカーナビ禁止
 4)運転中は携帯は絶対に禁止=クルマと対話しろ
 5)助手席&後席の人がベルトするまでエンジンをかけるな
 
ちょっと贅沢ですが親としてはカーテンエアバッグとESP(横滑り防止装置)は装備させたいですね。社会人になる新人君、いい人といいクルマに出会えることを祈ってますね!

PS:写真はロータススーパー7。こんなマシンと出会ったらみんなF1ドライバーを目指すと思うよ。



Posted at 2008/03/30 22:22:31 | トラックバック(0) | 日記
2008年03月27日 イイね!

短期連載VOL4 ちょいダメおやじの変身術

短期連載VOL4 ちょいダメおやじの変身術健康診断の巻き

外見を整えたら今度は体のこと~つまり健康診断が必要です。このくらいの年齢になると、どんな疾患が潜んでいるのが、、癌・循環器系(血栓・梗塞)・高血圧・糖尿病などなど~。
徹底的に体を診断するのはとても怖いですが、どうせ病気にかかるなら早くみつけたほうが面倒くさくないかな、と考えました。

そこで実行したのは最新のヘリカルCTスキャナーです。立体的に体内の臓器をスキャナーしますので、微少な病巣も発見可能。ただし消化器だけは難しいので、上と下からカメラをいれました(寝ている間に手技してくれたので苦痛はゼロ。昼寝してたら終わった感じ)。ここまでやれば諦めもつくというもの。

この健康診断の感想は、人体はとても複雑で精密な機構を持っていることに感動しました。数十万年もかけて進化した人類。カンブリア紀の生物大爆発から数えると十億年。人間VSコンピューターという話題でよく議論されますが、コンピューターの進化はたったの数十年ですからね。テストドライバーの言うこととコンピューターがはじき出した数値のどちらが崇高で信頼できるのか。体の神秘性を見ると一目瞭然ではないでしょうか?

Posted at 2008/03/27 11:18:07 | トラックバック(0) | ライフスタイル | 日記
2008年03月26日 イイね!

短期連載VOL3 ちょいダメおやじの変身術

短期連載VOL3 ちょいダメおやじの変身術メタボ撲滅作戦の巻き

ヘアスタイルとファッションを決めても、ポタポタしたお腹では格好悪いではないか。そこでお腹の内外に貯まったメタボを戦略的に撲滅する計画を立てたので。まず、多くの人がダイエットが続かなかったり、リバウンドで元の体に戻ったりするのは「楽に痩せる」という安易な道を選んだからだと思う。そこでオレが選んだのはもっとも厳しい道ーつまりウェイトトレーニングで体を徹底的に鍛えることから始めたのです。

きっかけのきっかけは、昨年の8月に心筋梗塞で緊急入院してからのこと。医者に脅かされて、タバコを止めたこともあって昨年秋には冬眠前の熊みたいにたっぷりとお腹には脂肪が貯まっていたのです。幸いに心筋梗塞は良い意味の誤診で、心臓を覆っている膜がウイルスで感染した心膜炎であったのです。心臓はやはり毛が生えていたみたいだね。

さて、貯まった脂肪のおかげで醜い自分の姿を見てみないふりをするのも限界があり、ジムは11月から本格的に開始。食事は糖質脂質を抑え筋肉によいプロテインを採りました。すこしづつでもウェイトが増え、筋肉が張ってくると嬉しいもの。Kー1選手が多いジムなので民間人のオヤジとしても励みになるのです。

現在通っているトータルワークアウトに行くきっかけは自動車専門誌「ENGINE」のスズキ編集長と甘粕リリ子さんから紹介されてからのこと。スズキさんは六本木店で一週間に3回のハイペースで鍛えている。知り合いが頑張っていると、こっちも負けられないと思うと頑張れるのですね。

ある程度の筋肉がつくと体重は比重の関係で増えるが気にしない。それよりも体が絞られる実感が嬉しい。最近は筋トレに加えて、40分くらい心拍数を160~170回/分に高めて有酸素運動も取り得れる。

これは50才の体には相当に苦痛だが、二時間のトレーニングが終わった時の爽快感はたまらない。

「清水カズオはなんでそんなに頑張れるのか」という疑問があると思うが、実は来る5月に海外の24時間レースに参戦するからなのです。まだマシンやチームのことは発表できないのですが、言い訳をしたくないから自分の体くらいは、ちゃんとメンテしておきたいのですね。これがきついトレーニングを続けるモチベーションなのです。何事も目的意識をもって日々努力しましょう。そうそう海外に行くとジムがあるホテルが多いので海外でもトレーニングが続けてますよ。
Posted at 2008/03/26 16:47:25 | トラックバック(1) | ライフスタイル | 日記
2008年03月25日 イイね!

短期連載VOL2 ちょいダメおやじの変身術 

短期連載VOL2 ちょいダメおやじの変身術 ゼニアZegnaの巻き

「ちょいダメおやじ変身術・弟二弾」を書く前に、先日のナント市の都市交通に関する皆さんのレスに回答しますね。たしかに日本の交通都市計画はめちゃくちゃですが、それを諦めたり、嘆いたりしていては何にも変わりません。一人一人が市民として、あるいは国民として、街作りに参画するようにしましょう。政治家がダメなら変えればいいのです。法律が古ければ修正すればいいのです。最近は行政側にもパブリックな意見を聞く耳は少しはもっていますから。私たちがタックスペイヤーとして自覚しながら行動することも重要です。もっとも危険なことは、諦めることです。自分達の街や国を自分たちで作り上げましょう。自由を勝ち取ったフランス革命の戦士のように~ね。

さて、金髪のダメおやじが向かった先は銀座のゼニア(Zegna)。ここでスタイリストが選らんだのは、リバーシブルの黒革ジャンバーとジーンズカラーのズボン。さらに白いシャツに白い靴。これにミラーグラスをかけるとちょい悪オヤジに変身です。

ポイントは自分では絶対に選ばない色やスタイルを着ることだそうです。ファッションは自分ではなかなか変えることは難しいみたいですね。上から下までしめて50万円!

どうするおやじ!

詳しくは3月26日創刊の自動車専門誌「月刊C」に掲載してます
Posted at 2008/03/25 01:52:25 | トラックバック(0) | ライフスタイル | 日記
2008年03月24日 イイね!

短期連載VOL1 ちょいダメおやじの変身術

短期連載VOL1 ちょいダメおやじの変身術BeforeAfter

お猿さんと人間のDNAはわずか 1~2% 違うだけみたいですね。でもお猿さんと人間は大きな違いあります。人間は神さまからもらった資質を基に自分の努力で進化できるのですから。

ここで良い例をだしましょう。今月3月26日に創刊される高級車とスーパーカーの専門誌「月刊C」(角川)で、ちょいダメおやじが大変身を遂げます。この日のために、数ヶ月も前から辛い筋トレを続け、いまでは胸囲103cm、体脂肪率18%までに絞りった記録を綴ってます。
(ジム通いのホントの理由は他にありますが、やがて明らかにします)

撮影日は朝からカリズマ美容医のお姉さまに弄られ、金髪に変身することになりました。写真の鏡に映っているの人(女性)がカリズマ美容師の先生です。あっというまに金髪。シャンプーすると元に戻れると聞いて一安心。

明日はスタイリストが選んだダメおやじからちょい悪おやじへの変身をお送りしますね。
Posted at 2008/03/24 12:09:13 | トラックバック(0) | ライフスタイル | 日記
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

公式動画サイト StartYourEngines(http://startyourengines.net/) FB:https://www.facebook...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/3 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.