• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

頑固一徹カズですのブログ一覧

2009年09月27日 イイね!

もっとドイツを知ろう!

もっとドイツを知ろう!ドイツ車を知るにはドイツを知ろう!

 俺がドイツに二週間ほど滞在している時にドイツでも国政選挙が行われていた。結果はメルケン首相が率いるキリスト教民主社会党(中道右派)と社会民主党(中道左派)の政権選択選挙であったようだ。どこかの国と似ているが、異なるのは投票率が低いとはいえ71%もあること。いずれにしてもドイツでは大連立政権が発足した。
 知り合いの某自動車メーカーに務めるドイツの駐在員は外国人としては最高ランクのビザを持っている。彼に会うたびに「沈まぬ太陽」(山崎豊子さん著)にでてくる「恩知さん」を思い出す。で、彼はドイツで選挙権があるみたいだ。在住外国人に選挙権を与えるという議論は民主党の小沢さんが積極的に賛成しているようだが、ようやく日本では議論が始まろうとしている。その意味ではドイツは東西の壁が崩壊してから今年で20年経つが、国際社会の一員として着実に前進している。




 環境問題に関しても先進的だ。フランクフルトショーを見るまでもなく、昔からエコ的ライフスタイルは欧州では定着している。
 長期滞在していたニュルブルクリンク郊外のリーゾートホテルでは「タオルを替える必要があるときは風呂場の床に置いてください」と注意書きがる。それ以外はタオルは交換されない。こうして無駄を省き、大切な資源の水やエネルギーを省いている。ドイツでは洗剤の水質汚染という観点から週末は洗車が禁止されているらしい。キオスクで買い物してもレジでは買い物袋は用意してくれない。自分で持参するのです。
 緑も党の政策もCO2削減のために原子力発電の政策に変化があったみたいだ。2005年にドイツの環境問題を取材した時のこと。環境省の事務次官を務めるマーガレッタ・ウルフさん(女性)は2050年までに平均気温を2度下げるというのが欧州の戦略だが、ドイツでは原子力発電を撤廃することをコミットメントしていた。2005年時点で20基ある原発は、すでに三つが休止しており、2020年までにすべてシャットダウンする計画。その変わりに再生可能なエネルギー(水力、風力、バイオ、太陽光、)を増やす考えを示していたが、電気自動車の普及を考えると電力需要が増えそうなので、完全廃止の時期を先送りする政策に転換したみたい・風力・太陽光・原発・バイオマス発電という再生可能なエネルギーで電力を確保しながら、電気自動車をじっくりと普及させるシナリオが政府と自動車業界の間で合意されているみたいです。ドイツの環境省は日本の経済産業省よりも力を持っているらしい。
Posted at 2009/09/28 10:50:55 | トラックバック(0) | ライフスタイル | 日記
2009年09月25日 イイね!

About what who think eco going   Season 2

About what who think eco going   Season 2 VWのパワートレーンの責任者のハルダー博士と懇談した。話が終わるとニコニコしながら「電気自動車の質問がなかったのはあなたが始めて。エンジンの話しができて嬉しいです」と言われた。たぶん、多くのプレスが電気自動車の質問をいやというほど浴びせたのだろう。

 俺が聞きたかったのは内燃エンジンの原理原則だ。多くの自動車メーカーがダウンサイジングと言っているがどこまで小さくできるのだろうか。ホンダF1はターボ時代に1500ccで1500馬力だしていた。1ccで馬力だ(実際は4バールくらいで過給していたので吸った空気の量は5リッター以上だったはずだし、燃料はノッキングしないトルエンだったよね)。ディーゼルもガソリンの過給だから1ccで1馬力は夢ではない。

 BMWは次期3シリーズ用に3気筒ディーゼルを開発しているし、メルセデスは次期Cクラスに3気筒のガソリンを開発しているらしい。日本では軽自動車やリッターカーには3気筒エンジンは当たり前だがプレミアムメーカーが3気筒を使う、これが欧州の骨太戦略。

 日本メーカーもそろそろ本気で2気筒を考えるべきだ。例えば、スバルが持っている1.5Lのフラット4を二つに切って、一機のエンジンから二機のフラット2(750cc)ができる。これが本当のエコボクサーなのだ。もちろんその前に直噴ターボにすることが先決だが。

 で、VWのエンジニアにガソリンとディーゼルの気筒当たりの最小排気量を聞いてみた。かれはエンジン内部のフリクションなどを考慮するとディーゼルは400cc、ガソリンは300ccくらいだと述べた。つまりすでにゴルフで実用化されている1.6LTDI(ディーゼル)と、ポロに乗せた1.2LTSI(ガソリン)エンジンを半分にカットするモジュール戦略がなんとなく明らかになったのだ。

 結論を述べるとTDIは2気筒800cc(すでに1Lカーのコンセプトカーに搭載)、TSIは2気筒600ccがハイブリッドと組み合わされて実現する。2020年には95g/Kmという厳しい規制が実施されてもVWは生き残れる戦略を持っているのだ。
Posted at 2009/09/26 03:11:21 | トラックバック(1) | 自動車技術 | 日記
2009年09月22日 イイね!

About what who think eco going   Season 1

About what who think eco going   Season 1Season 1

ダイムラー社のメーリンコフ博士は同社の安全担当役員ですが、EVやハイブリッドの衝突安全には気を使っていると述べてました。衝突を感知すると、ちょうどエアバッグのセンサーが作動する衝撃で電源が完全にシャットオフされるそうです(S400ハイブリッド)。さらにドイツの警察やADACのレスキュー隊チームに高電圧ケーブルの扱い方を公開してるそうです。あと、実物を見て驚いたのはブレーキエアバッグでした。エンジンの真下から展開されるエアバッグで減速度が期待できるとのこと。しかもブレーキング時に車体のノーズダウンが防げるので、フロントのラジエターグリル付近に取り付けられたエアバッグセンサーが正しく機能するそうです。
フランクフルトショーの様子は動画で配信してますので愉しんでください。
Posted at 2009/09/22 15:27:02 | トラックバック(0) | 自動車技術 | 日記
2009年09月20日 イイね!

ナローポルシェの価値上昇中!

 最近、欧州の大きな都市で「ナローポルシェ」をよく見る。古さの中にもモダンさがあるし、小さな子供なら家族四人で使うことも可能だ。中古価格はナローが高い値段を維持しているらしい。なぜだろう?

 日本は新車から13年経つとスクラップ・インセンティブが与えられ、その後エコカー減税を使いならが燃費の悪い大きなミニバンを手に入れることができる。スクラップ・インセンティブはドイツの制度を真似たものだが、こちらではもう終わりだ。

 だが、欧州では25年以上も前に作られた古いクルマは「オールドタイマー」と呼ばれナンバープレートで識別される。こうした古いクルマには様々な優遇措置が与えらている。その一例を挙げるとローマでは市内にクルマで入ることができるのは住居人だけで、違反すると罰金だ。だが、古いクルマは街に自由に出入りできる。その理由を聞いてみると、古いクルマは文化的財産だし市内の景観も良くなる。その結果、観光都市ローマの価値を高めることができると考えている。その気になればローマ時代の馬車も走っているのだから。古いクルマが格好良いと思う感覚、古いクルマを大切にする発想。まるでお年寄りを大切にすることと同じなのだ。

 もし、日本の豊田市で同じ政策を実行するとどうなるだろうか。ハチロクやスターレット、TE27レヴインやコロナGT、セリカやパブリカを多く見ることができるし、市内から大きなミニバン軍団が消え、市内の景観はきっとよくなるだろう。ついでに交差点のサラ金や居酒屋の看板もなくせば、もっとよい。こうした政策で事故も減り大気汚染もよくなる。もちろん無益な渋滞もなくなるのだ。章男社長に考えてもらいたいのですが。
Posted at 2009/09/20 16:43:31 | トラックバック(2) | ライフスタイル | 日記
2009年09月19日 イイね!

なぜかイギリスが気になりました

なぜかイギリスが気になりました ジャガーは新型XJを発表し、高級車の世界が賑やかになった。伸び伸びとしたデザイン、アルミボディなどインドのタタ社が筆頭株主となると、ジャガーらしさを取り戻した。さらにイギリスのスポーツカー名門のロータスはアルミボディのミッドシップ(2+2)スポーツカーを発表したが、このボディはアメリカの電気自動車テスラー社から委託されたもの。このボディをクラウンのV6エンジンを積んで自社ブランドで販売する。とにかく巧みなビジネスだ。親会社はマレーシアの国営企業のプロトン社だ。インドとマレーシアに何が起きているのだろうか。
Posted at 2009/09/19 17:17:04 | トラックバック(0) | ライフスタイル | 日記
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

公式動画サイト StartYourEngines(http://startyourengines.net/) FB:https://www.facebook...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/9 >>

   123 45
6 7891011 12
13 141516 1718 19
2021 222324 2526
27282930   
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Yahoo Japan Corporation All Rights Reserved.