• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

頑固一徹カズですのブログ一覧

2010年04月30日 イイね!

NHK出演・トヨタ問題

 正確には本日4/30の午後10時55分から、NHK総合でトヨタ問題について生出演します。
番組はB’Sビースポです。

 今回の品質問題については二つの論点について分かり易くコメントしたいと思います。一つは問題が生じた時の対応策。今回はトヨタはらしかぬほど対応が後手後手となってしましました。それではこんご、どのように対応するのか。二つ目の論点はもともとどうして品質に長けていたトヨタが多くのリコールをだしてしまったのか。設計の段階でどんな問題があったのか。その核心に近づきたいと思います。
Posted at 2010/04/30 01:41:29 | トラックバック(0) | クルマの安全 | 日記
2010年04月29日 イイね!

安全情報も仕分けか?

安全情報も仕分けか? JNCAPの仕分け結果を聞いて血圧が1万まで上昇した。今回の仕分けに参加したメンバーを呪ったね。12人の仕分け人の中でJNCAPの価値を認めなかった人が5人もいたからだ。WEBサイトのレスポンスで書いているように安全は水と同じでタダ」と思っているのかしら。
 ところでJNCAPは80年代から情報公開が進んでいたアメリカのNCAPを導入したもので、日本と同じ時期に欧州ではユーロNCAPが始まった。こうした各国の味安全情報公開が進んだことで、日米欧の自動車の安全性が急速に高まった。NCAPは基本的には各国の安全基準よりも厳しきく、実際にクルマを抜き打ちでテスト評価してきたからだ。
 日本は当初前面衝突が法規と同じフルラップ(ただし速度は法規50Km/hでJNCAP55Km/h)であったが、当時の事故対策センターにたいして私とトヨタの大阪部長(当時の安全技術担当)はメルセデス(インゴ・カリーナ副社長)の力を借りて、オフセット衝突の重要性を執拗に唱えていた。そしてその甲斐あってついにオフセットが施行され、軽自動車も含めて一気に日本車の安全性が高まったのだ。
 その結果、衝突対応ボディ・エアバッグ・ベルトテンショナーなどが軽自動車にも普及でき、交通事故の死亡者数は政府の思惑通り著しく減少した。90年ごろには約1.2万人の年間死者数が2009年には5千人まで減らすことができたのだ。

 たしかに、いまのJNCAPは無駄もある。多くのクルマの実力が六星を取ることができれば、テスト法を見直すことも重要だ。しかも交通事故の実態は年々変化するので現実の事故実態にそくしたテスト法を加えるべきなのだ。しかし財源も限られている。
 JNCAPではこうした事故実態の変化を受けて、最近では歩行者保護や前面衝突の後席の乗員の保護性能の評価が加わり、それなりの効果を得ているようだ。例えば、今年のスバルレガシィがもっとも安全なクルマとしてグランプリを受賞した理由は「歩行者保護と後席の乗員保護性能」が優れていたからだ。
 しかし、このように新しいテストを追加するとどんどんコストが増加する。JNCAPがつねにコスト意識を持って事業にあたっていたかと言えば無駄も多い。私はツイッターでも呟いたがフルラップ50Km/hは保安基準のデータを公開すればJNCAPから省けると考えている。
 読者の中にはより高い速度でテストするJNCAPのフルラップは必要と思われるが、もともとフルラップは拘束装置の性能評価が目的であり、エアバッグやベルトテンショナーなどの効果を評価するには適しているが、すでに多くの自動車は優れた拘束装置の開発に成功し、20年前から実施されてきたフルラップの役割はおわったと思っている。 その証拠に欧州法規とユーロNCAPではフルラップはいっさい評価されていない。つまり、フルラップテストそのものが80年代のアメリカ車に採用されてきたテスト法であり時代遅れの感があるのだ。
 また、より高速でのフルラップテストはダミー人形の胸と頭部のGを中心に評価するので、ややもすると柔らかいボディのほうが良い成績が得られやすい。とにかくフルラップを廃止しコスト削減にJNCAPは務めるべきである。
 また、問題なのはJNCAPの事業の広報PR活動に関してどんな団体が小冊子などの業務を委託しているがを仕分けるべきなのである。 しかし、JNCAPが事実的な日本メーカーの開発目標となっていることは否めないので、この事業の廃止は日本車の安全技術が停滞することを意味している。仕分け人の方々は工学的な知識が必要なら私の著書を参考にしてほしい。
 NHKブックス「クルマ安全学のすすめ」清水和夫著
Posted at 2010/04/29 06:34:10 | トラックバック(1) | クルマの安全 | 日記
2010年04月28日 イイね!

ポルシェをデザインする

ポルシェをデザインするポルシェセンターで、徳さんとターボをカスタマイズ。俺は機能パーツを選ぶ。はたしてその結果は?次号のエンジンを読んでください。
Posted at 2010/04/28 10:51:00 | トラックバック(1) | 持続可能なモビリティ | 日記
2010年04月24日 イイね!

北京だより

北京だより三日も北京にいて中華たべてないあるよ。30分60元の足もみだけがおもいでね。でも、泊まったホテルはナイスでした。フロントという概念がないし、部屋はど真ん中にヒノキブロ。プールもジムも、ウルトラかっこいいし、地下のアジアンとイタリアンレストランは北京でも話題とか。デザイナーは日本人。彼の価値を理解できる経営者がいないんだね。クルマもおなじで、最近の欧州車には沢山の日本の部品がつかわれていますもんね。
Posted at 2010/04/24 20:34:36 | トラックバック(0) | 持続可能なモビリティ | 日記
2010年04月24日 イイね!

北京だより

北京だよりこちらの格差は日本以上。でもみんな明日があると信じて毎日頑張る。人がおおいからミエは大事。最低限の満足はCセグ。Bセグはチャイナカーが強い。C以上は日欧米がつよいみたい。元が強くなることかんがえると、日本車の現地生産もかんがえもんだ。チャイナの雑誌の原稿料は、現地に口座作り元で預金したほうがいいかも。
Posted at 2010/04/24 16:31:31 | トラックバック(0) | 持続可能なモビリティ | 日記
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

公式動画サイト StartYourEngines(http://startyourengines.net/) FB:https://www.facebook...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/4 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.