• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

頑固一徹カズですのブログ一覧

2013年04月25日 イイね!

桂田さんを偲びスバルの歴史を振り返る

2003年12月6日発売号小学館「ラピタ」
出典:スバルストーリーズ 柴田氏

FFが促した乗用4WDという未知の領域

水平対向エンジンに並ぶスバルのシンボルが4WDだ。その誕生の経緯を自動車ジャーナリストの清水和夫氏が探る。 そこには唯一無二の領域を開拓する苦労があった。ここに一冊の本がある。書名は「四輪駆動車」(山海堂)。20年以上前に発行された名著「走れ!四輪駆動車」が改定増補され現代によみがえったのだ。「走れ!四輪駆動車」は1980年代、まだ世間一般に知られていなかった4WDの 魅力を広く知らしめ、ユーザーばかりでなく、技術者や自動車関係者から4WDの バイブルと崇められた本だ。古書として1万円の値をつけたこともあったというから、その内容への評価がうかがい知れる。

著者の影山夙氏は、希代の技術者、百瀬氏の薫陶を受けたひとりである。富士重
工で車両実験、商品計画、新製品開発などに携わり、スバル360から
スバル1000、レオーネ、レガシィへと続くスバルの変遷を見届けてきた。古今東西の自動車技術への造詣は深く、とくに4WDの第一人者として知られる。水平対向エンジンと並び、スバルのシンボルでもある4WDを育て上げてきた技術者であり、その経緯を語るのにこれほどの適任者はいないだろう。その影山氏はスバル4WDの誕生にはFFレイアウトが欠かせなかったと力説する。そこで日本初のFF誕生の経緯をもう一度振り返ってみたい。

スバル360の開発後、60年代に入り、乗用小型車をやるという社内の気運が
高まっていました。その時、アメリカンラビット社というディストリビューターから電 気自動車を作ってもらいたいという依頼があったのです。いまから考えるとすごく 先端的な話ですが、あの頃すでにカリフォルニアでは光化学スモッグの公害がでてお
り、タウンアバウト(街乗り車)として開発を依頼してきたのですね。電気自動車なので前にモーターを置き後ろはバッテリーを積んで、それでもトランクは広くしたいということから前輪駆動が決定したのです」つまりFFへの取り組みは、電気自動車という画期的な乗り物にふさわしい進取のレイアウトとしてスタートしたというのだ。もちろんそこには理論的な裏付けもあった。「当時、名神の工事が始まっており、百瀬さんはこれからは日本も高速化の時代がやって来るといっていました。そうなれば乗り心地よりも操縦安定性が重視されるだろう。それを向上するためにはまず前輪荷重を増やさなければダメだと」そのことはRRを採用した360の経験でわかっていた。RRでは乗り心地や居住性はいいが、高速安定性がどうしても得られず、横風にも弱い。そこで重心を前に置くという実験がすでに始まっていたのだ。
Posted at 2013/04/25 23:44:40 | トラックバック(0) | 感動シリーズ | 日記
2013年04月25日 イイね!

ありがとうミスターレガシィ(涙)

FBより転記

ありがとうミスターレガシィ(涙)

中島飛行機から身を転じた百瀬晋六さんの最後の生徒だったスバルの桂田勝さんが亡くなりました。平成元年のレガシィの生みの親であり、FFをやめてAWD一本化を進めた人でした。最近は闘病中と聞いていたのですが、返らぬ人となりました。桂田さんから学んだことが沢山ありましたが、まだまだ教えてほしいこともあったのです。

東京大学航空学科を卒業され、富士重工に入社。飛行機ではなくクルマの開発部門からスタートしたのですが、当時の日本には気の利いた自動車理論がないことに気付き、米国ミシガン大学に留学。自動車工学の権威の教授に従事した桂田さんは真っ直ぐな技術者でありました。氏のこだわりであった「不易と流行」という言葉は私の脳裏に刻まれてます。

レガシィのスタイルがカッコ悪いというインタービューしたとき、「わるいけどうちは機能主義だからね。機能が犠牲になるデザインは私は認めない」と言い切ったことがありました。

軍足姿が印象的です。

いまはご冥福をお祈りします
ベルリン郊外より
Posted at 2013/04/25 14:20:55 | トラックバック(1) | 感動シリーズ | 日記
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

公式動画サイト StartYourEngines(http://startyourengines.net/) FB:https://www.facebook...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.