• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

頑固一徹カズですのブログ一覧

2013年09月14日 イイね!

ダウンサイジングの正しい理解

2013年7月26売り カートップ連載(一部加筆修正)

ダウンサイジングの適正値

 日産ノートに三菱ミラージュ、ホンダNBOXにスズキ・ワゴンRと最近は小さいクルマが話題になっている。こうしたスモール&エコカーブームの中で「ダウンサイジング」は流行語にもなってきている。さらに「ダウンサイジング」ではなく「ライトサイジング(適正なサイズという意味)」と言い出す自動車メーカーもでてきた。それは「ダウンサイジング」とは何かを考えてみよう。

 流行語の元祖はVWのTSIエンジンであったと思う。エンジンの排気量を小さくしターボでパワーを補うダウンサイジングエンジンはまたたく間に広がった。直噴技術とターボは相性がよいので、コストをかけるメリットがあったのだ。さらにエンジンだけでなく最近はボディもダウンサイジングが流行り始めている。地球温暖化や資源問題が深刻化する中でダウンサイジングは今までの自動車が辿ってきた道とは異なる進化の方向性かもしれない。

 いまから25年くらい前のF1のレギュレーションは3リッターか1.5リッターターボが選べた。ホンダは燃費とパフォーマンスを考えて1.5リッターV6ターボを選んだのだ。つまりダウンサイジング・ターボエンジンのルーツは80年代のF1にあった。オイルショックという国際的な社会問題がダウンサイジングを生んだわけだ。当時のホンダF1の1.5ターボは予選では1500馬力を発揮していたらしい。後から聞いた話しだが、ホンダのエンジンテスト測定が1500馬力までしか計れなかったそうだ。実際はそれ以上でていたそうだ。

1980年代のオイルショックは限定的なもので石油価格が安くなるとパワフルなエンジンと大きなボディを求めるようになった。特にビッグマーケットであったアメリカがその急先鋒であった。一方で90年代は世界的に安全性が話題となった時代でもあるので、安全のためにボディは大きく重くなったが、加速性能を得るためには大きなエンジンが必要であった。

もう少し長いスパンで自動車の歴史をみると面白い。特に戦後からのクルマの変化をみると世界的にどんどん大きくパワフルになったことがわかる。その裏側には大きさとパワーは豊かさの象徴であったのだ。日本の国民車である初代軽自動車の排気量は360cc、クルマの重量も500Kg未満であった。しかし最新の軽自動車は660ccターボも存在し、ボディは二回りも大きくなった。

 今から50年前の1960年には世界で自動車は約1億台。しかし50年後の2010年は約10倍の10億台までクルマの数が増加している。このように自動車が大きくなり普及台数も増えているのだから、このままでは自動車を作る資源や走らせるエネルギーが枯渇するかもしれない。つまりクルマ自滅のシナリオなのである。だからこそ、マクロにみるとダウンサイジングは持続可能なモビリティの発展には絶対に欠かせないコンセプトである。いや、それ以上に強く自戒の念を込めて「ダウンサイジング」を進めなければならないだろう。クルマが生き残るために。

 つい最近だがジャガーXJの2リッターターボに試乗した。英国が誇る高級車もダウンサイジングに熱心なのだ。このトレンドはポルシェやフェラーリもきっと追従するだろう。そういえば2014年からのF1は1.6リッターV6ターボが復活する。今度は燃料やブースト圧も規制されるので、1500馬力はでないが600〜800馬力のF1ターボを見ることができそうだ。
Posted at 2013/09/14 13:35:09 | トラックバック(0) | 持続可能なモビリティ | 日記
2013年09月13日 イイね!

宇宙からの贈り物 ボイジャー航海者たち より

1992年2月15日 TBS放送

宇宙からの贈り物 ボイジャー航海者たち より


目を閉じることで始めて見えてくる世界があります
僕は今 そんな世界を旅しています

地球を出発してもう14年
僕は今 全天星空の宇宙を秒速20kmの速さで 帰る事のない旅を続けています

旅の中で僕は 太陽系のたくさんの星たちに出会いました
そのひとつひとつの姿を思い出すたびに 胸が熱くなります
あのときの感動が 時折くじけそうになる僕の心を 今も支えてくれているのです

僕の名はボイジャー
宇宙の航海者
心はひとつだけど 体がふたつあります

僕の使命は見ることでした
人間が行けない世界に行き、人間に代わってものを見ることが僕の仕事だったのです

2年前 その仕事を終えて 僕は目を閉じました
この先 この旅がいつまで続くのか どこまで行くのか僕にはわからない
ただ この目で物を見ることはもう永遠にないでしょう

だけど 寂しくなんかない
どこか遠くから僕を呼んでいる光が あるような気がするからです
その光の世界についたら きっとこの僕にも
なぜ僕が旅をしているのかが わかるような気がします

僕が最後に見たのは 太陽系全体の姿でした
2年前のちょうど今日 1990年2月15日
久しぶりの地球からの声を聞いて 振り返ったのです
あの日僕が聞いた地球からの声は 今まで聞いたことのない不思議な声でした
太陽系の星々にできるだけ近づいて見ることが僕の仕事だったはずなのにあの日は 遠くから振り返ってみてごらんっていうのです
僕はこわごわ振り返ってシャッターを切りました

太陽がまぶしかった

あの日から僕は自分がどうして旅をしているのだろうって真剣に考え始めたのです
はじめてみた木星の姿は とても感動的でした。
恐いくらいだった
そのとき僕は ふと 不思議なことに気づいたんです
ここは初めてなのに なぜか知っているような気がする
だけど 思い出そうとしても思い出せない

だれかが遠くから見ているような気がする
なにかが始まろうとしている
地球を出るとき 僕はこの旅が 土星で終わるんだと思っていました
ところが もっと先に行きなさいっていう声が聞こえたんです

ここから 僕の体は ふたつに別けられました
一方は太陽系の外へ もう一方は天王星と海王星へ
この日から僕にとって 本当の未知の世界への旅が始まったんです
地球からの声が途切れて もう何年も旅を続けています
この静かな宇宙を旅していると 今まで聞こえなかった不思議な音が聞こえます
その音は 星の奥深くに潜み そこからあふれ出てくる星の音
その音を聞いていると 僕もなにか思い出せそうな
地球を発ってからもう8年近くたちました
こうして目を閉じていると いつも あの懐かしい地球の姿が目に浮かんできます
そんなとき 僕はいつも不思議に思う
どうして人は 僕を宇宙に送りだしたんだろう
ここは 椰子の葉のざわめきも 花の香りも 笑い声も聞こえない
地球とはまったく違う世界なのに
旅の途中 夢を見ました
夢の中で 僕は宇宙人に出会った
その姿は 僕を送り出してくれた地球の人たちとは まったく違う姿でした
でも なぜかとても懐かしかった
遠い昔 逢ったことがあるような


自分がどうして なんのためにここにいるのか見えなくなることがあります
あなたには そんなことはありませんか

僕は 地球という名の星に 使命をもって生まれました
その使命を果たすたびに聞こえてくる たくさんの喜びの声を 自分の喜びとして ここまできました

正直にいって 恐かったことも何度かあった
ここにいるのが 僕でなくってもって 思ったこともある
どうして僕なんだろうって

14年間の 宇宙の旅を通して
こんな僕にも ほんの少しだけわかったことがあります

僕は 僕を送り出してくれた 地球のすべての人たちのこころなんだ
僕が出合った恐ろしいことも 美しいものも みんな人のこころの現われなんだ
そのことだけが ようやくわかったのです

美しいものを たくさんみせてくれてありがとう
僕が最後に撮った家族の写真は 皆さんへのお返しです
僕の感謝の気持ちです
ちゃんと撮れて うれしい

2年前 振り返ったあの日が 僕が地球を見た最後の日
だから今日は 僕の一番大事な記念日です

僕は大丈夫
僕を送り出してくれて本当にありがとう
そして さようなら

ボイジャーからの交信は途絶えましたが、言葉にはならなかったけど最後に言いたかったことを想像しました。
「僕のお母さんである地球はとても孤独です。お母さんに何が起きても誰も助けることはできません。この僕もお母さんを助けられないのです。お母さんは自分で問題を解決しないと、、、。
Posted at 2013/09/13 13:15:44 | トラックバック(0) | 感動シリーズ | 日記
2013年09月13日 イイね!

清水和夫のDST別冊 ルボランから発刊!

清水和夫のDST別冊 ルボランから発刊!ついに完成!私のライフワークであるダイナミックセイフティテスト(最新モデルの危険性を徹底テスト)の別冊が刊行されます。

「ル・ボランSPECIAL ISSUE 清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト」
(株)学研パブリッシング 

月刊自動車専門誌「ル・ボラン」特別編集 DVD2枚付き
発売日:2013年9月13日
価格:1890円(税込)

amaon

内容:モータージャーナリスト清水和夫が‘93年から主宰している、ニューモデルの極限テストが誌面と映像で楽しめる! 緊急自動ブレーキ搭載車7台の一斉テストにはじまり、VWゴルフvsフォード・フォーカス、メルセデス・ベンツAクラスvsボルボV40、VWアップ!vsホンダN BOXなど、話題の新車がいざという時にどんな挙動を示すのか対決形式でお送りします。DVD2枚組収録時間は約2時間50分。怒濤の迫力とボリュームで見応えたっぷり!
Posted at 2013/09/13 10:55:54 | トラックバック(0) | クルマの安全 | 日記
2013年09月12日 イイね!

JARIのITSセミナー開催のお知らせ

JARIのITSセミナー開催のお知らせです。お勉強したい方は是非参加してみてください。


1.日時: 平成25年10月11日(金) 13:30~17:00
2.場所: 日本自動車会館1階 くるまプラザ会議室 第1~第3会議室
          住 所:東京都港区芝大門1-1-30 
          (場所はhttp://jidoshakaikan.aba-j.or.jp/plaza.html参照)
3.プログラム: 別紙1参照
4.募集人員: 150名(定員になり次第締め切らせて戴きます)
5.参加費: 無料(賛助員対象):賛助員以外の方は別途お問い合わせ下さい。
6.申し込み方法:
  JARIホームページ(トップページ)よりお申し込みを受け付けておりますので、ご利用ください(http://www.jari.or.jp/event/74982/)また,FAXでお申し込みの場合は別紙2の申込書にご記入のうえ、03-5473-0655までお送りください。なお,FAXの場合は参加証は発行いたしません。
7.申し込み方法等についてのお問合せ先
      一般財団法人 日本自動車研究所 経営企画室 亀岡まで
           TEL :03-5733-7921 FAX:03-5473-0655
8.プログラム・内容等についてのお問合せ先
      一般財団法人日本自動車研究所 ITS研究部 国弘まで
           TEL :03-5733-7924 FAX:03-5473-0655
以上


JARI ITSセミナー
『高機能化するクルマとドライバを繋ぐHMI (ヒューマンマシンインタフェース)』
ードライバにとっての優しいクルマとは?ー
=2013年10月11日金曜日(くるまプラザ)=


(1) 開会挨拶   (13:30~13:35)
                一般財団法人 日本自動車研究所 ITS研究部部長 谷川 浩

(2) 高度自動化における人の位置づけとHMIの役割 (13:35~14:35)
  講師:筑波大学大学院 システム情報工学研究科      研究科長・教授 稲垣 敏之 殿
自動化技術が航空機や鉄道などの安全性・快適性向上に寄与してきたことは事実であるが、高機能なシステムがもたらす不都合も明らかになっている。本講演では、航空機の事故事例を検証しつつ、クルマの高度自動化を「人に厳しい自動化」にしないための考え方とそれを支えるHMIのあり方について解説する。

(3) 自工会 画像表示装置ガイドライン (14:35~15:15)
  講師:一般社団法人 日本自動車工業会 ITS技術部会     HMI分科会長 中村 之信 殿
カーナビは経路案内機能によって運転負荷を軽減する効果がある一方、その視認操作によって、注意散漫になることが懸念されている。自工会は早くからこの課題に取り組み、ナビガイドラインを策定、随時、改定を進めてきた。ここでは、この自工会ナビガイドラインの概要、今後の課題について紹介する。

                  《休   憩》 (15:15~15:30)

(4) どうする? 高齢ドライバ安全対策-高齢運転者の属性分類と支援方策- (15:30~16:20)
  講師:東京大学大学院 工学系研究科 機械工学専攻        准教授 小竹 元基 殿
高齢者の交通事故件数は増加傾向にあるものの、その対策は明確になっていない。本講演では、ドライブレコーダにより採取した高齢者の実運転行動から高齢者の不安全行動をどのように捉え、課題設定し、どのように不安全行動を低減すればよいか。いくつか事例を紹介し、効果があった方策について紹介する。

(5) 安全運転のためのリテラシー(The literacy for safety driving ) (16:20~17:00)
  講師:国際自動車ジャーナリスト JARI客員研究員            清水 和夫 殿
ハイテク化が進むほどヒューマン-マシンの関係が問われる。経験豊富な安全運転に長けたドライバーはクルマとの対話を欠かさない。そのような観点から考えるとHMIは人と機械の心地よい関係を作るものであり、そのためにはリテラシーが非常に重要となってくる。実践的な事例を挙げながら、ハイテクを使いこなすリテラシーについて論じてみたい。


閉 会    (~17:00)

Posted at 2013/09/12 20:54:36 | トラックバック(1) | 持続可能なモビリティ | 日記
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

公式動画サイト StartYourEngines(http://startyourengines.net/) FB:https://www.facebook...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/9 >>

1234567
891011 12 13 14
15161718192021
22232425262728
2930     
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Yahoo Japan Corporation All Rights Reserved.