• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

m-dawgのブログ一覧

2015年10月29日 イイね!

N-BOX Custom フルファンクションラジオコントロールカー

N-BOX Custom フルファンクションラジオコントロールカー昨年から何度もチャンスはあったのですが、つい逃していたN-BOXカスタムのラジコンを、今更ながら入手しました。

意外にも仕入れ先の問屋が扱っていることが判明。

問屋にいくつかあったラジコンの内、

このサニートラックもかなり気になったのですが、似ているのはフロントマスクだけでフロント/リヤのオーバーハングが長過ぎだし、特徴的なテールランプ辺りの造形もおかしい。箱には正規ライセンス商品と書いてあるが冗談としか思えない出来にがっかり。デフォルメするならもう少しセンス良くやってほしいので買うのは見送り、やはりN-BOXにしました。


そこで、N-BOX貯金箱とトミカN-BOXと並べて記念撮影。

ちょっと気になって縮尺を調べたら、

トミカN-BOXは1/58(裏面に記載)

N-BOX貯金箱は約1/20

N-BOXカスタムラジコンは約1/22

出来ればプラモデルで主流の1/24にしてほしかったのですが、無い物ねだりなのでしょうかね。
Posted at 2015/10/29 23:12:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミニカー | クルマ
2015年09月27日 イイね!

三菱ギャラン

三菱ギャラン先日たまたまE30系(1987年-1992年)ギャランを見ました。

1991年式1.8MF(E32A SOHC1.8L)ですが、オドメーターは何と430,000kmです。おそらく年配者のワンオーナーだと思いますが、よくぞマニュアルミッションでここまでの距離を走れたものだと感心しました。写真が撮れなかったのが残念ですが。

そこで、E30ギャランのプラモデルを引っ張り出すことに。

これはハセガワ1/24ギャランVR-4(E39A) 1992年モデルです。

ノーマルとラリー仕様が発売されていましたが、ノーマルをほぼ素組でボディカラーはランプブラック/シャトーシルバーメタリック2トーンカラーで再現してあります。

隣はタミヤ1/24GTOツインターボ(Z16A) 1990年モデルです。これも素組でボディカラーはフィジーブルーメタリックで、既成のプラカラーではこの明るい色調が出せなくて、三菱純正タッチアップペイントを使い塗装してあります。同時代の三菱スポーツモデルということで並べてみました。


ギャランに話を戻すと、このE39Aは4VALVE(DOHC4バルブターボエンジン)、4WD(フルタイム4WD)、4WS(4輪操舵、但し同位相のみ)、4IS(4輪独立懸架)、4ABS(アンチロックブレーキ)の5個の「4」を持つことがカタログに謳われていて、スラントノーズにせず切り立ったヘッドランプとフロントグリル、側面のS字にうねったボディライン、比較的高い全高による優れた居住性、と他車には見られない個性的なスタイルでした。


実は1990年にジェミニイルムシャーRを買う際に、最後まで悩んだのがギャランVR-4でした。カタログも全年式未だに持っていますよ。


中にはエテルナも2冊混じっています。当時2系統あった三菱ディーラーで三菱店向けの4ドアセダンのみだったギャランに対して、カープラザ店向けに5ドアハッチバックとしてエテルナがありました。但し1989年からエテルナ・サヴァという、ギャランとデザイン違いの4ドアセダンも追加されました。しかしエテルナは販売量が少なく、今ではエテルナなんて憶えている人は少ないでしょうね。

ところで、この頃から三菱はメルセデス・ベンツと繋がりがあって、ベンツのチューナーであるAMGのイメージを導入し、1986年にデボネアVにロイヤルAMG(S12A)を設定。ギャランにも1989年からAMG(E33A)が設定されました。


ギャランAMGは、専用2000DOHC16バルブエンジン(標準よりチューンアップ)、AMGデザインのバンパー、リヤスポイラー、アルミホイール(ギザギザタイプ)、ステアリングホイール、本革シート、専用ボディカラーのシュロスシルバーメタリックを採用しました。


1990年にアルミホイール(ディッシュタイプ)とエクセーヌシートに変更後、1991年にはギザギザタイプアルミホイールにそれまでのAMG専用パーツ装備車をTypeⅠ、ディッシュタイプアルミホイールに内外装をVR-4と同等品に変更(要するにコストダウン)したTypeⅡの2グレードに分かれました。しかしAMGは2WDノンターボなのに、4WDターボのVR-4よりも高価という設定で、ほとんど売れませんでした。


この画像を見て下さい。

何とギャランAMGが2台並んでいます。左がTypeⅠ右がTypeⅡです。但し右はTypeⅡなのにボンネットにVR-4 1990年マニュアルミッションのみに装着されているエアダクトが付いています。でも近寄ったら現車はオートマチックでターボメーターは無かったし、アルミホイールはディッシュタイプだったのでTypeⅡにエアダクトを後付けしたと信じたいです。

いずれにしてもレアな光景には間違いありません。(画像は2006年通勤途中に撮影したもので今は存在しません、オーナーさん掲載してごめんなさい)

さて、後継のギャランフォルテスも先頃遂に生産終了になってしまいました。まあ、ギャランフォルテスは型式上ランサーの系列なので厳密にはギャランではないのですが、三菱純血の4ドアセダンは途絶えた事になります。

もしかしてプラウディア(フーガのOEM)、ディグニティ(シーマのOEM)みたいに、シルフィかラティオをギャラン/ランサーにするのでしょうか。

しかし、いくら何でも「フルラインOEM」は止めた方がいいでしょう。これは2011年と2013年東京モーターショーのレポートで、既に私が書いたことですがね。


2015年9月29日追記
- - - - - - - - - -

ギャランシリーズ(バンを除く)の変遷
初代
A50系コルトギャラン4ドアセダン/2ドアハードトップ(1969年-1973年)
※コルト1000、1100、1200、1500セダン(1963年‐1969年)の後継車として、1300/1500後に1400/1600クラスの中堅車種でコロナ/ブルーバード対抗車として販売。
スペシャルティ2ドアハードトップのギャランGTO(1970年-1977年)も初代の派生車。

2代
A80系ギャラン4ドアセダン/2ドアハードトップ(1973年-1977年)
※エンジンを1600/1850/2000に拡大。フロアパネルは初代をほぼ踏襲。

3代 
A120、A130系ギャランΣ4ドアセダン(1976年-1980年)
A120、A130系ギャランΛ2ドアハードトップ(1976年-1980年)
A130系ギャランΣエテルナ4ドアセダン(1978年-1980年)
A130系ギャランΛエテルナ2ドアハードトップ(1978年-1980年)
※4ドアセダンはΣのサブネームでボディサイズを拡大。コロナクラスのみならず、マークⅡ/スカイラインもターゲットとする。
2ドアハードトップはフロアパネルは同じでもアメリカナイズされた全く違うボディでΛのサブネームで登場。
1978年カープラザ開店と同時に専売としてエテルナシリーズが追加。

4代
A160系ギャランΣ4ドアセダン(1980年-1983年)
A160系ギャランΛ2ドアハードトップ(1980年-1984年)
A160系エテルナΣ4ドアセダン(1980年-1983年)
A160系エテルナΛ2ドアハードトップ(1980年‐1984年)
※ディーゼルターボ、ガソリンターボが追加されたものの3代と変わり映えしないスタイルで販売が苦戦。エテルナはギャランΣエテルナ→エテルナΣのように名前を短縮。

5代
E10系ギャランΣ4ドアセダン(1983年-1990年-1999年)
E10系ギャランΣ4ドアハードトップ(1984年-1990年)
E10系エテルナΣ4ドアセダン(1983年-1989年)
E10系エテルナΣ4ドアハードトップ(1984年-1990年)
※FWDに変身。カムリ/ビスタ、カペラのライバルに。Λはスタリオン(1982年‐1990年)に座を譲ったため、4ドアハードトップが登場。
1986年からV6エンジンも搭載。
オーストラリアから拡幅版のマグナステーションワゴン(1988年-1993年)が輸入される。

6代
E30系ギャラン4ドアセダン(1987年-1992年)
E30系エテルナ5ドアハッチバック(1988年-1992年)
E30系エテルナサヴァ4ドアセダン(1989年‐1992年)
※ボディサイズを縮小してエンジンも4気筒のみとし、コロナ/ブルーバードクラスに。エテルナは5ドアハッチバック。エテルナサヴァはルーフラインをなだらかにした4ドアセダン。

7代
E50系ギャラン4ドアセダン(1992年-1996年)
E50系エテルナ4ドアセダン(1992年-1996年)
E50系ギャランスポーツ5ドアハッチバック(1994年-1996年)
E50系エメロード4ドアハードトップ(1992年-1996年)
※3ナンバークラスにボディサイズを拡大。V6エンジンを多く採用。エテルナはギャランとは異デザインの4ドアセダンに。ギャランスポーツはRVの味付け。エメロードはカリーナED対抗車。

8代
EA、EC系ギャラン4ドアセダン(1996年-2005年)
EA、EC系レグナム5ドアワゴン(1996年-2002年)
EA、EC系アスパイア4ドアセダン(1998年‐2003年)
※GDIエンジンを前面に。レグナムはギャランシリーズ唯一のワゴン。アスパイアはエテルナ同様カープラザ専売。

9(?)代
CY系ギャランフォルテス4ドアセダン(2007年-2015年)
CY系ギャランフォルテススポーツバック5ドアハッチバック(2008年-2015年)
※ランサーエボリューションXのノーマルバージョンとして登場。ギャランを名乗るもランサーの兄弟。

- - - - - - - - - -

ディアマンテシリーズの変遷
初代
F10、F20系ディアマンテ4ドアハードトップ(1990年-1995年)
F10、F20系シグマ4ドアセダン(1990年-1996年)
K45ディアマンテワゴン(1993年-1997年)
※三菱初の3ナンバー専用ボディ。2000、2500、3000のV6エンジン搭載上級車種として登場。
実質的にE10系ギャランΣ4ドアハードトップを受け継いだのがディアマンテ。E10系ギャランΣ4ドアセダンを受け継いだのがシグマ。ワゴンはオーストラリア製。(ベラーダワゴンが本名)

2代
F30、F40系ディアマンテ4ドアハードトップ(1995年-2005年)
T45ディアマンテワゴン(1997年-2001年)
※初代の正常進化。ワゴンはオーストラリア製。

- - - - - - - - - -

他にも、
ギャランクーペFTO(1970年-1975年)
初代ギャランのパーツを利用した、1サイズ小さいクーペ。ランサーセレステ、FTOの先祖。

コルディア/トレディア(1982年-1987年)
ランサー後継として、少し上級を狙って販売されたFWD/4WDクーペ/セダン。トレディアのポジションがE30系ギャランに受け継がれて、E10系ギャランΣは上級移行してディアマンテに受け継がれたと考えることも出来る。


非常に複雑です。
Posted at 2015/09/27 22:20:40 | コメント(4) | トラックバック(0) | ミニカー | クルマ
2011年11月24日 イイね!

サントリーコーヒーボス ロータスコレクション

サントリーコーヒーボス ロータスコレクション先日コンビニで見かけたので購入。

その後 この方 より手土産にもらったのも含めて6台に。


これが、


1957 エリートS1はレッドからライトピンクへ
1965 エランS3はブリティッシュグリーンからイエローへ
1966 ヨーロッパS1はブルーからブルーイッシュホワイトへ
1974 エリートはダークブルーからグリーンへ
1980 エスプリターボはレッドからオレンジへ
2006 エキシージはブラックからオレンジへ

温度が27℃でボディカラーが変化します。

これなら1台で2度楽しめてお得ですね。



Posted at 2011/11/24 22:56:01 | コメント(4) | トラックバック(0) | ミニカー | クルマ
2011年08月02日 イイね!

徳大寺有恒が選ぶ!!!俺のこだわり名車 No.4 MAZDA R360 COUPE レース仕様

徳大寺有恒が選ぶ!!!俺のこだわり名車 No.4 MAZDA R360 COUPE レース仕様2003年秋から2004年冬にかけてダイドードリンコが「徳大寺有恒が選ぶ!!!俺のこだわり名車」という懸賞商品のキャンペーンをやっていました。

缶コーヒーで応募すると、徳大寺先生がセレクトした1960年-1970年代の国産車の1/64ミニカー10種類20台(ノーマルとノーマルの色違い/レース&ラリー仕様)が抽選でもらえるというものです。

ラインナップに私の大好きなマツダR360クーペがあります。
マツダ初の乗用車であるR360クーペですが、モデル化は余り多くなく、旧LS現アリイの1/32プラモデルか、エブロの1/43ミニカーが比較的入手しやすいくらいです。

私は缶コーヒーは余り好まないので、当時入手はあきらめていました。

しかし最近はリサイクルショップで、このようなレアなミニカーも売っています。

一昨日立ち寄ったB○O○O○Fに併設されたH○R○O○Fに置いてあり、価格もリーズナブルなので買い求めました。

レース仕様のゼッケンNo.2は、鈴鹿サーキットで行われた1963年第1回日本グランプリのC-1クラスに出場した2台の内の1台で、中村力氏と言う方がドライブし残念ながら周回遅れの11位だったマシンです。

写真中央は、以前入手した同じレース仕様をモデルにしたちびっこチョロQです。

結構レアなミニカーも、偶然かも知れないけれど容易く入手可能とはラッキーでした。
Posted at 2011/08/02 00:35:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | ミニカー | クルマ
2009年05月24日 イイね!

歴代GT-Rコレクション

歴代GT-Rコレクション先日歴代フェアレディZコレクションについて書いたところ、この方 に前作の歴代GT-Rコレクションの1台を分けて頂くことになり昨日到着しました。ありがとうございます。

ハコスカGT-R(KPGC10)のブルーです。このシリーズはC10、R32、R33、R34、R35ですが、ハコスカだけレーシングバージョンというのがいいですね。ゼッケン9はどのレースに出場したマシンでしょうか?調べたけれど分かりませんでした。
理想は50勝目の高橋国光さんがドライブした赤のゼッケン15にしてほしかったのですが、贅沢いうのはやめましょう。

東京マルイの1/24スカイラインハードトップGT-R(KPGC10)と記念撮影です。
これは1980年アトリエm-dawgの作品、ムギ球を仕込んであることを思い出し点灯させました。

Posted at 2009/05/24 11:00:01 | コメント(6) | トラックバック(0) | ミニカー | クルマ

プロフィール

「謹賀新年 http://cvw.jp/b/361158/42361479/
何シテル?   01/01 15:14
こんにちは、< えむ・どーぐ >です。 「ひたすらカーマニア」を自負して50数年になりました。 私のバスクレッドパールのRG1 ステップワゴンスパーダ、 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

アイスト再始動時のオーディオ再起動問題を修正 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/29 07:43:01
Chez・Dyubi・Juba Blog 
カテゴリ:ブログ
2013/10/07 21:53:53
 
Paint & Cuttingsheet Works Atelier m-dawg 
カテゴリ:ホームページ
2010/02/25 23:22:32
 

愛車一覧

ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
我が家のファーストカー。通勤に荷物運びにドレスアップに実に役立っています。目指せ、弄り歴 ...
ホンダ Nボックス ホンダ Nボックス
我が家のセカンドカー。妻の通勤とお買物用。こちらも弄っています。 2012年式 JF1 ...
ホンダ フィット(RS) ホンダ フィット(RS)
上の子のクルマ2台目。 SX4に撃墜された1台目フィット3 RSと全く同一スペック。 ...
ホンダ フィットハイブリッド ホンダ フィットハイブリッド
下の子が免許を取って、家族4人に対し3台では何かと不便なので、両親がスイフトハイブリッド ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.