• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

m-dawgのブログ一覧

2018年12月24日 イイね!

N-BOX+車いす仕様車のサスペンションを考察する

N-BOX+車いす仕様車のサスペンションを考察する少し前に、

「走行距離8万キロの2013年モデルN-BOX+車いす仕様車(2WD4人乗り、略称チェア4)のサスペンションを改善したいがどうでしょう?」

という相談を受けていました。

条件は、
1.なぜかフロント左右の車高がバラバラなのを是正したい
2.リヤスロープを取り外したらリヤのみ車高が上がったので是正したい
3.リヤサスペンションがフニャフニャなのを是正したい
4.車高は下げなくてもよい。
という要望です。

車高を下げないので、ダウンサスと車高調は当然除外で、純正サスペンションを使用します。N-BOXとN-BOX+では、フロント ストラット/コイル、リヤ トーションビーム/コイルのサスペンション形式は同じでも車両重量が同一グレード同士で約50kg違うので、N-BOX用は除外してN-BOX+用のサスペンションで考えることにしました。


これがN-BOX+のフロントスプリング、フロントストラット、リヤスプリング、リヤショックアブソーバーの品番表です。2012年-2014年モデルと、2015年2016年モデルで品番が異なりますが、現車は2013年モデルなので同年式で考えます。

N-BOX+は2WD同士、4WD同士ではフロントスプリング、フロントストラット、リヤショックアブソーバーの品番は同じです。各ノンターボ/ターボ共にリヤスプリングも同じですが、最も車両重量が重い車いす仕様車4人乗りのみ2WD/4WD共にリヤスプリングの品番が違います。


フロントの車高がバラバラなのは、フロントスプリングが原因ではないかと思いますが、普通は8万キロ程度でスプリングがへたる可能性は低いです。しかし、フロントスプリングとフロントストラットが均一な劣化をしないと左右の車高が不揃いということもあり得ます。そこで、車高を落とさないため標準装備のフロントスプリングとフロントストラットに同時交換するのがよいと判断しました。


N-BOX+車いす仕様車にはリヤスロープが標準装備されています。しかしただでさえ重いN-BOX+なので、スロープを使わないとなれば取り外して軽量化したいと思うのは人情です。スロープは約18kgの重量があるので、そのためリヤスプリングの品番が異なるのではないかと。


そこで、リヤサスペンションのスペックを調べました。正確にはばね定数や減衰力の数値が必要ですがそこまでは追究出来ず、外見で判断のみです。


これがリヤスプリングとリヤショックアブソーバーの数値表です。

やはり車いす仕様車のリヤスプリングは10mmほど高さが大きい、つまり背が高いことが分かります。また2WDと4WDでは、リヤスプリングの線径が4WDがわずかに太く、高さも10mmほど4WDが背が低い。リヤショックアブソーバーを手で伸縮させたら、2WDより4WDが抵抗感が若干ある、つまり4WDがやや硬めに感じました。リヤショックアブソーバーも長さは4WDが10mm短い。2WDと4WD共に最低地上高は150mmと同じなので、4WDの方が背が低いのは意外でした。

リヤスプリングは、ちょっとヤワかなという疑問もありましたが、スロープの荷重が無くなったことを考慮すると背が低いN-BOX+2WDノンターボ/ターボ用純正品で適当ではないかと考えました。

リヤショックアブソーバーはストローク長は同じであれば、多少なりとも硬めのN-BOX+4WD用純正品の方が節度感が出るのではないかと。



私の出した結論は、
〇フロントスプリング 標準装備のN-BOX+2WD用純正品
〇フロントストラット 標準装備のN-BOX+2WD用純正品
〇リヤスプリング N-BOX+2WDノンターボ/ターボ用純正品
〇リヤショックアブソーバー N-BOX+4WD用純正品
表の黄色く塗ったパーツを選択しました。

またサスペンション交換では、フロントストラット上部にあるダンパーマウンティングラバーやバンプストップラバー等のパーツもしないと、後で異音の原因になります。その付属品も全て新品を用意しました。



装着された結果は、フロントは交換前より約5mmアップ、リヤも約5mmアップとのことです。リヤはダウンと予想していましたが。

それでも交換前より安定した走りになったということで何よりです。


今回のサスペンション選択に際して、お友達2名にご意見を頂戴しました。ありがとうございます。
Posted at 2018/12/24 02:22:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | N BOX | クルマ
2018年04月14日 イイね!

レーシングギアストリートライドモデルコンフォート モニターレポート 3回目:馴らした時期編

レーシングギアストリートライドモデルコンフォート モニターレポート 3回目:馴らした時期編 レーシングギアストリートライドモデルコンフォートを装着して2週間以上が過ぎました。

3回目のモニターレポートは馴らした時期編です。

装着は81,342km走行時。このレポートを書くために走りに行った時点で81,800km走行時です。


フロント595mm。


リヤ595mm。

馴染んで車高が下がります、とありますが全然変化無しです。

気分的にはあと2cm位低くても、ですが何分妻のクルマなので。


まず高速道路走行時です。

N-BOXはホイールベースが2520mmあって軽自動車でも最長の部類です。ホイールベースが短いより長い方が乗り心地にはプラスに働くことが普通ですが、N-BOXでは前輪を軸としたピッチングが大きく、ロングホイールベースなのに何で?と思っていました。

その後年月を経て身体の慣れもあってか余り気にならなくなっていたのですが、レーシングギアストリートライドモデルコンフォートに交換した当初は、リヤが落ち着かないピョコピョコとピッチングする傾向でした。

しかし2週間ほどでその傾向が弱まり、特に高速道路では以前のように気にならない程度になりました。おおよそ路面状態が良好な高速道路でも、橋の継ぎ目などの場所によってはドカンという衝撃が来ていたのですが、それも大分マイルドになりました。


さて、ワインディングロードにやって来ました。

ここは以前フィットRSを買ったばかりの頃初めて来た場所ですが、中速コーナー主体で所によって低速コーナーもというルートです。

まあクルマがN-BOXなのでコーナーを攻めるレベルまではやりませんが、前回のレポートで書いたようにダウンサスだけだった状態より、かなりロールしなくなりました。これはフロントスタビライザーを追加したのも大きいはずですが、N-BOXではノーマル2WD2012年モデル以外は全てフロントスタビライザーが標準装備なので、大多数のN-BOXのスペックに追い付いただけです。

とにかく、以前はコーナー進入直後からすぐにロールするのと、ロールスピードが速いせいでスピードダウンしないとインに寄れなかったのが、かなり改善されました。進入速度が速すぎても姿勢変化が少ないので立て直しも容易です。新品なのでもちろんですが、車高調にしてよかったと思える点です。こうなるとシートも交換したくなりますね。


そして、これまでフロントシートに座ってのインプレッションでしたが、リヤシートではどうか。

N-BOXではリヤシートがかなり後方に設置されています。これはリヤのレッグスペースを稼ぐためですが、リヤシート位置がリヤアクスルの真上になるので、リヤタイヤからの直接衝撃来ることになります。

最初N-BOXのリヤシートに座って思ったのが、ミニバンの3列目シートと似たようなものだということです。うちのステップワゴンでもそうですが3列目シートでは上下動も激しいし、ブレーキの度に身体が前に持って行かれて不快です。

以前N-BOXのリヤシートでは、段差で飛び跳ねるような衝撃を受けていたのですが、残念ながらこの点は変化がありません。

これはN-BOXのお友達に聞いても、どのダウンサスや車高調を装着してもほぼ同じ傾向なので、やはり車高調を装着するとこれは避けられない現象です。根本的にリヤシート位置を変更しないと変わらないでしょう。でもうちはN-BOXで3人以上乗ることが少ないので、そんなにマイナスにはなりませんが。

ということで、車高調ではという但し書きは付きますが、これはよい。車種の設定があるクルマであればお友達にも推奨したいと思います。

次回は今年の10月頃に半年後のインプレッションを書くことにしましょう。

この記事は、車高調モニター企画 当選者発表!について書いています。
Posted at 2018/04/14 12:00:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | N BOX | クルマ
2018年04月01日 イイね!

フロントスタビライザー後付け と フロントサスペンションのアライメント調整

うちのN-BOXはG・Lパッケージ2WD 2012年モデルなのでフロントスタビライザーがありません。

ダウンサスで車高は落ちたけれど、スタビライザー無しではコーナーでは結構なロールがあります。し
以前より何とかしてフロントスタビライザーの取り付けをしたかったのですが、うちのN-BOXのフロントダンパーユニット(フロントストラット)には、スタビライザーリンクを取付るボスが無いので、フロントダンパーユニットを交換しないと取り付けは無理なので、半ばあきらめていました。


今回車高調を取付ける際に、フロントスタビライザー装着を思い立って追加作業をお願いしました。

しかし、フロントスタビライザーは、

加工することなく取り付けることが出来ますが、このサスペンションサブフレームを下げるか降ろすかしないと取り付けが出来ません。作業はクルマをリフトで持ち上げて下から作業をする必要があります。リフトを備える整備工場で作業しないと無理でしょう。

そしてもうひとつ気になっていたのが、

左フロントタイヤ内側の偏摩耗です。

わずか2年で摩耗限界に達するようでは困るので、キャンバーボルトを使用して、

左フロント側を、普通とは反対にナックルをポジティブキャンバー側に立て気味に調整して頂きました。

上記の2点も有ってやはり自分で作業よりは、サスペンション交換やアライメント測定に経験のある方にお願いをした訳です。

結果は、フロントスタビライザー装着により、明らかにロールが減ったのは確かです。他は経時変化を見る必要があるので、また報告したいと思います。
Posted at 2018/04/01 23:59:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | N BOX | クルマ
2018年03月30日 イイね!

レーシングギアストリートライドモデルコンフォート モニターレポート 2回目:ファーストインプレッション編

レーシングギアストリートライドモデルコンフォート モニターレポート 2回目:ファーストインプレッション編 レーシングギアストリートライドモデルコンフォートを装着しました。

前回書いたように、作業はサスペンション交換には経験の深いお友達にお願いしました。

作業は丁寧です。


フロント装着後。


リヤ装着後。

まず車高についてですが、購入から2ヶ月経過時にレーシングギア ローフォルムレボリューションのダウンサススプリングに交換しているので、新車時のままではありません。


ダンロップウインターマックスWM01 155/65R14(外径564mm)を装着して、タイヤハウス頂点の端で交換前の数値を測ると、
フロントは575mm。


リヤも575mm。

2012年6月のダウンサス交換の際に記した純正サスペンション当時の数値は、標準装着のヨコハマブルーアースES31 145/80R13(外径562mm)装着でフロント/リヤ共に625mmでした。

それで、今回のストリートライドモデルコンフォート装着後は、


タイヤ/ホイールは夏用に交換しました。ダンロップルマンV 165/50R16(外径572mm)です。


フロントは595mm。


リヤも595mmです、

155/65R14と165/50R16では外径に8mmの差がありますが、ダウンサスの時よりも高い車高に設定してあります。確かにもっと低い方が見た目はいいのだけれど、取扱注意事項に「取付後スプリングが馴染むことで車高が約1cm下がります」とあるのでちょっと高目にしました。



さて、期待のドライビングインプレッションです。

装着をお願いしたお友達から、
「試運転したけど、車高調にしては乗り味が柔らかいねえ。」
ということを聞いたので、自宅近くの道路のチェックポイント2地点で評価します。


1箇所目は橋の継ぎ目を通過する、です。

ここは以前有料の橋で中央に料金所があり、6年前無料化されてから料金所を撤去されたのですが、その辺りだけコンクリート舗装で撤去跡が段差になっていて橋の継ぎ目の高低差があるので、ガタガタと衝撃を激しく受ける場所です。

アスファルトよりもコンクリートは硬いので当然ですが、以前N-BOXで50km/h以上でここを走行するとガタガタ、ドカンドカンと猛烈な衝撃で、ドライブレコーダーのGセンサーが3-4回ピッと反応する程でした。

交換後は、段差でボディ全体が屋鳴りするものの、衝撃自体は多少緩くなってドライブレコーダーのGセンサーの反応も1回になりました。


2箇所目はらせん状になった橋の取付道路を曲がってみる、です。

岐阜市民ならまず知っているこの場所は、堤防上にある橋に向かって20m位の高低差を直径約100mのループでクルクルと登り下りします。

市内から郊外へは右回りの登りなので、距離は短いものの深夜交通が少なくなった時間にサスペンションをチェックするには好適です。

これまた橋の継ぎ目が関わります。一定速で回ると継ぎ目で一瞬タイヤがグリップを失いふらつきますが、以前より立て直しが容易です。さすがにサスペンションが新しくなったので、しっかりと踏ん張り感が出てきました。これなら曲りを求めてもいいかなと。

その他の場所でも、全体的に突き上げはかなりマイルドになって来たのは間違いなさそうです。子供たちの都合が合わず、自分だけと妻との2名乗車時の軽荷重時の場合のみなので、次回のレポートでは4名乗車時と、高速道路や軽くワインディングロードも走ってみたいと思います。


この記事は、車高調モニター企画 当選者発表!について書いています。
Posted at 2018/03/30 00:15:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | N BOX | 日記
2018年03月18日 イイね!

レーシングギアストリートライドモデルコンフォート モニターレポート 1回目:取付前 編

レーシングギアストリートライドモデルコンフォート モニターレポート 1回目:取付前 編先月応募したレーシングギア「軽自動車の車高調モニターキャンペーンを募集」に当選し、商品が送られて来ました。


さっそく開封して、


さすがに4輪分のサスペンション一式となると重たい。


うーん、( ̄ー ̄)ニヤリ。

実は所有車の中でサスペンションを交換したのは、RG1ステップワゴン(モデューロ・スポーツサスペンション 車高調整無し)と、N-BOX(レーシングギア・LOWFORM REVOLUTION ダウンサススプリングのみ)だけで、車高調整式サスペンションを入れるのは実は初めての経験です。

そのため自身の比較対象が無いので見た目云々はどうとも言えませんが、HPの製品特徴に謳ってあるように、フロントスプリングがメインスプリングとプライマリースプリングの2種類を組み合わせてあり、それが他社製品に無い特徴であると思います。

しかもスプリング自体をホワイトとレッドに塗装という、視覚的にアピール度が組み合わせというのもポイントが高いですね。

みんカラ登録して10年過ぎましたが、プレゼントに当選したのは事務局のキーホルダー1個とステッカー数枚で、このような「大物」は初めて。

レーシングギア様、ありがとうございます。とても嬉しいです。

作業は自分でもやれるのですが3月は公私共に多忙なので、経験の深い方にお願いして近日装着予定です。

非常に楽しみですね。続編のレポートも張り切って書きましょう。

この記事は、車高調モニター企画 当選者発表!について書いています。
Posted at 2018/03/18 13:22:02 | コメント(6) | トラックバック(0) | N BOX | クルマ

プロフィール

「謹賀新年 http://cvw.jp/b/361158/42361479/
何シテル?   01/01 15:14
こんにちは、< えむ・どーぐ >です。 「ひたすらカーマニア」を自負して50数年になりました。 私のバスクレッドパールのRG1 ステップワゴンスパーダ、 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

アイスト再始動時のオーディオ再起動問題を修正 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/29 07:43:01
Chez・Dyubi・Juba Blog 
カテゴリ:ブログ
2013/10/07 21:53:53
 
Paint & Cuttingsheet Works Atelier m-dawg 
カテゴリ:ホームページ
2010/02/25 23:22:32
 

愛車一覧

ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
我が家のファーストカー。通勤に荷物運びにドレスアップに実に役立っています。目指せ、弄り歴 ...
ホンダ Nボックス ホンダ Nボックス
我が家のセカンドカー。妻の通勤とお買物用。こちらも弄っています。 2012年式 JF1 ...
ホンダ フィット(RS) ホンダ フィット(RS)
上の子のクルマ2台目。 SX4に撃墜された1台目フィット3 RSと全く同一スペック。 ...
ホンダ フィットハイブリッド ホンダ フィットハイブリッド
下の子が免許を取って、家族4人に対し3台では何かと不便なので、両親がスイフトハイブリッド ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.