• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

m-dawgのブログ一覧

2010年04月29日 イイね!

おやきを求めて

おやきを求めておやき、長野県北部発祥の、小麦粉や蕎麦粉等を水で溶いて練って薄く伸ばした皮で小豆や野菜等で作ったあんを丸く包んで焼いた食品です。

以前TVの旅行番組で取り上げていたのを妻が見て
「これ、食べたい。」
と言っていました。

インターネット検索したところ、販売されているのは長野市-松本市に多い事が判明。
例年ゴールデンウイークの中で、妻は半分は仕事、下の子は野球部でほぼ部活なので家族揃って休みなのは今日しかありません。そこで雨が止んだので出掛ける事にしました。

しかし思い立って出発したのが11:00なので、松本市で探す事に。
間際に慌てて専門店を2軒検索しておきましたが、1軒は休み(木曜日定休と書いていないのに)、もう1軒は全て売り切れで閉店間際でした。

そこで上の子に
「ゲームばかりやっていないで、ここまで来たのだからおやきの店を携帯で検索するように。」
と言ったらすぐに
「こんな店があるよ。人気店みたいだけど。」
と検索したのが こちらのお店 です。

やっとの思いでたどり着くと、幸い売り切れていませんでした。
説明によるとおやきには焼いた物と蒸した物の2種類があり、あんのバリエーションも色々あります。



そこで、きんぴら、小倉、くるみみそ、ごまみそ、豚みそ、野沢菜の6種類を選択。
店内には電子レンジがあり、豚みそをその場でチンしてさっそく食してみました。
なかなか美味でしたよ。

おやき自体は、長野県内のサービスエリアやパーキングエリアでも売っていますが、ここのおやきは皮が薄いのに具が一杯詰まっているのが特徴です。

こちらは、ホームページは無く(リンク先はグルメ関連のサイト)通信販売もしていません。多分保存期間が短いためでしょうか。。
よって、基本的にお店に行かないと手に入りません。

結局おやきを買うためだけに、往復470Kmをドライブしたm-dawg一家なのでした。
Posted at 2010/04/29 23:30:01 | コメント(9) | トラックバック(0) | グルメ・アカデミー | グルメ/料理
2010年04月28日 イイね!

ダイドードリンコ 復刻堂 ウルトラコーラ

ダイドードリンコ 復刻堂 ウルトラコーラ復刻堂ウルトラコーラは、光の国からぼくらのためにやってきたコーラ飲料です。

胸に付けてる マークは流星
自慢のジエットで 敵を撃つ
光の国から ぼくらのために
来たぞ 我らの ウルトラマン

セブン セブン セブン セブン 
セブンセブンセブン セブンセブンセブン
遥かな星が故郷だ
ウルトラセブン ファイターセブン
ウルトラセブン セブン セブン
進め 銀河の果てまでも
ウルトラアイで スパーク

左から
ウルトラマン
ゾフィー
ウルトラマンレオ
ウルトラマンアグル
ウルトラマンコスモス
ウルトラマンゼロ
科学特捜隊
ウルトラ警備隊
ウルトラマンベリアル(ラッキー缶)
です。
Posted at 2010/04/28 23:00:00 | コメント(6) | トラックバック(0) | グルメ・アカデミー | グルメ/料理
2010年04月25日 イイね!

加工中

加工中えー色々やっていますが、相変わらずこれを相手に悪戦苦闘しています。

まっすぐな物を曲面に固定するのは難しいです。これがもっと柔らかい材質ならば簡単に曲がるのですが。

既にある物を塗装したりするのはまだたやすいですが、ゼロから成形してパーツにするのはやはり大変です。

ところで昨日は この方 が我が家を来訪されて、闇取引兼取り付けのプチオフをしました。

取り付けたのはこの商品です。

この流用は、もはや定番と言えますね。

あと、作業依頼を受けている商品も全て入荷しているので来月から取り掛かれるように準備をしました。

天気がいいと乾燥が早いので助かります。
Posted at 2010/04/25 23:24:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | ステップワゴン | クルマ
2010年04月23日 イイね!

デンソー車載用プラズマクラスターイオン発生機

デンソー車載用プラズマクラスターイオン発生機車載用プラズマクラスターイオン発生機、デンソーとシャープより昨年12月に発売されました。

「プラズマクラスターはシャープだけ」とCMで言っているように、デンソーとシャープが共同開発した商品です。

これは、簡単に言えば車載用空気清浄機です。
偶然にもみんカラで、今日のモニタープレゼントにも上がっていますが。

ちょっと訳有りで購入する事になりました。

インプレッションですが、私はタバコを吸わないしペットも飼っていないし、室内の掃除もマメなので、車内は割合クリーンな方だと思っています。
よってステップワゴンではそれ程変化はありません。

そこでワゴンRですが、妻は園芸店に勤務しているので土の付いた長靴等が常時積んだままだし、11年間子供たちもしょっちゅう乗っているので当然食べこぼし等の汚れも多いです。
そのためワゴンRは結構臭いが付いているので、2日移植してみました。
その結果完全には無くなりませんが、かなり臭わなくなったのは事実です。

よって一定の効果はあるという結論になりました。
事前にパーツレビューを調べたところ好評なのは分かりましたが、その通りのようです。

ただクルマは走っているより停まっている時間が長いので、停止後もタイマーで10分位延長運転するとか、ソーラーパネルで日中のみでも運転させるとか、改良の余地はありそうですね。

ノアのGグレードにはエアコンにプラズマクラスター発生装置が内蔵されていますが、RGステップワゴンにはそれが無いのでその機能を補完するには有効なパーツだと思います。
Posted at 2010/04/23 23:56:41 | コメント(5) | トラックバック(0) | ステップワゴン | クルマ
2010年04月19日 イイね!

間違いだらけのエコカー選び

間違いだらけのエコカー選び本日4月19日、私は誕生日を迎えました。

もう歳だし、家族が用意してくれたケーキを食べただけですが。

取り敢えず節目の日には、普段とは違う話題で書評を一席。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

徳大寺有恒、巨匠と呼ばれる自動車評論家です。

幼少の頃からクルマ以外のおもちゃには見向きもしなかった、ひたすらカーマニアを標榜する私ですが、50年排ガス規制が行われて軒並みクルマの性能が低下し、スポーツタイプのクルマが生産中止になった1975年-1976年の2年間はクルマへの興味が失せていました。当時は音楽に目覚めた時期でそちらに興味が行っていた事もありますが。

そんな中父が、
「こんな本が売っていたぞ」
と買って来たのが

間違いだらけのクルマ選び(初版)でした。
一読した感想は、
「すごい!こんな見方でクルマを批評出来る人がいるなんて。この人一体誰なのだろう?」(最初は覆面作家だったので)

それまで、自動車雑誌等でクルマの出来映えについては肯定的な記事ばかりで、否定的な事を書く評論家は殆んどいませんでした。また乗用車を一堂に並べて批評する単行本も殆んどありませんでした。

1970年代、日本車は世界水準に追いつくべく躍起になっていた時代ですが、まだレベルが低い状態でした。その事実を取り上げることは殆んど無く自動車メーカーと評論家が持ちつ持たれつの中で、これではダメだと叱咤し、クルマを総合的に「斬る」という批評スタイルを初めて行ったのが氏でした。

これで一気に氏のファンになり、クルマへの興味を取り戻して再びカーマニアになった私は、間違いだらけのクルマ選びを2006年の最終版まで28年間買い続けることになりました。

2006年で最終になったのは、本人の病気のためというのが公式見解でしたが、「契約が終了しただけで、私はまだ書く気はある」という当時の氏のコメントとは食い違っていました。その辺りは出版元の草思社が、2008年に事実上の倒産した事と関係があるのかはよくわかりません。

私は高校生の頃自動車雑誌を立ち読み6時間という記録を建てましたが、最近はあまり書店には行きません。でも時間調整にちょっと寄ったらこの本を見付けました。もうすぐにレジに直行です。

ともかく、間違いだらけというタイトルの本がまた読める、これは私にとっては非常に喜ばしい事です。

さて内容ですが、タイトル通りエコカーについての解説、提言に誌面の半数以上を費やしています。
曰く、
「ハイブリッドカーがこれからのクルマの全てを占める訳ではない」
「電気自動車はバッテリーの革新が起きない限り、ある程度のシェアを占めるのはまだまだ先の話」
「その前に内燃機関の技術向上で次世代に繋がなければならない」
「ディーゼル乗用車を締め出すのはいけない」
「道路や法律等インフラの整備が遅れると、せっかくの次世代エネルギーカーも立ち遅れてしまう」
です。彼の予測では、近距離はスモールタイプの電気自動車、遠距離はハイブリッド/プラグインハイブリッドカー)という意見で、これは私もそう思います。
でもディーゼル乗用車はどうでしょうか。ヨーロッパ車のディーゼルエンジンは下手なガソリン車よりもそれは素晴らしく、トヨタ、ホンダ、スバルさえも輸出向けにはディーゼルエンジンがあるそうですがまだ乗った事がないのでわかりません。エクストレイルのディーゼルも見たことが無いし・・・
私はディーゼルだと、即答しないドヨーンとしたエンジンレスポンス、頭打ちの速さ、ひどい振動と全くいいイメージが無いので、それ程素晴らしいならば乗ってみたいですね。

後半は氏の選択した30車種のエコカーを批評、100台を採点とあります。

ミニバンでは、何と昨年モデルチェンジしたRKステップワゴンを批評しています。
初代や2代目のかつての批評では
「ドシンバタンのよくない乗り心地」
「温泉旅館の送迎にでも使えば」
と酷評されていました。氏の実生活ではミニバンは必要ないらしいので冷淡なのかなと思っていました。ところがRKでは
「3列目シートの収納はとてもクレバーな設計で、さすがミニバンの老舗だ」
「ステップワゴンはある種機能を極めたクルマになっている。インサイトやフィット同様長く残す価値のあるクルマである」
と割合い高評価になっています。
それはステップワゴンオーナーとしては喜ばしい事ですが。
他車にも手厳しい批評は少ないです。もう少し厳しく
「こんなクルマでも買ってくれるユーザーがいるのはただ感心するばかりである」
程度の意見も言ってほしいです。

ところで氏は、個性的な容貌や独特の文体や常識にとらわれないライフスタイル(妻帯者なのに、若い女性を口説いたりする事を平気で公表したり等)で自動車評論家の中ではマスコミへの露出が大きいので、カーマニアの中でも割と嫌う方がみえますね。

無論氏と私とでは、ほぼ親子ほど年齢が違うし、家族環境(氏は奥さんと2人家族)や出自(自称貧乏だが、父親が資産家で恵まれた少年時代やレーシングメイトを起業するまでの過程を見ると裕福としか言いようがない)も違うので、氏の見解に全面的同調はしません。

全体の感想として、氏もお年寄り(失礼)になってだいぶ丸くなったのかなーという印象です。

それでも初版から論調には一本筋が通っていて(多少揺れている年もあるが)、著書を読むと安心します。
ハードの面はもとより、ソフトの面で環境や文化に至るまでに論破する評論家は今でこそいますが、30年以上前から継続しているのは氏を置いて他にいるでしょうか。

敢えて挙げれば新車情報のキャスターを長年担当された三本和彦氏ですが、TVでの江戸っ子そのものといえる「べらんめぇ」調は歯切れがいいのですが、車に対する装備やヒストリー等が十分にリサーチされていない点が散見され、誌面での論調がTV程の切れ味が無い事が少し残念だと思っていました。

もし初版を読んでいなければ、私はカーマニアにはならずに今頃は全くの一般人になっていたかも知れません。

文中には
「その先の時代、エレクトリックカーは安全に半自動運転でお年寄りや子供でも乗りまわせるかもしれない。出来れば私もその時代まで生き延びて電動のパーソナルコミューターを乗り回してみたい。天がそこまでの寿命を私に与えてくれることを願うのみである」
とも書かれています。幾度か病気で倒れて氏も大変だと思いますが、もっと健筆を奮ってほしいですね。

私の本棚にある徳大寺有恒著の蔵書です。
Posted at 2010/04/19 23:46:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自動車見聞録 | クルマ

プロフィール

「りんご狩り中。」
何シテル?   11/11 10:51
こんにちは、< えむ・どーぐ >です。 「ひたすらカーマニア」を自負して50数年になりました。 私のバスクレッドパールのRG1 ステップワゴンスパーダ、 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2010/4 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

8月最終日曜は富山軽トラの日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/27 08:22:16
アイスト再始動時のオーディオ再起動問題を修正 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/29 07:43:01
Chez・Dyubi・Juba Blog 
カテゴリ:ブログ
2013/10/07 21:53:53
 

お友達

お誘いは歓迎です。私と交流を持たれた方はお友達になりましょう。

但し、
○プロフィール画像無し、活動履歴無し
○何シテル?程度のブログを何度も上げる
○無闇にイイね!を付けまくる
○お友達数稼ぎ目的
○常識、マナーに欠ける
はお断りです、ご了承下さい。
672 人のお友達がいます
凌チンのパパ凌チンのパパ * SeamoSeamo *
Mini-carsMini-cars * たま(つと)たま(つと) *
ふくちゃん.ふくちゃん. * まあしいまあしい *

ファン

123 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
我が家のファーストカー。通勤に荷物運びにドレスアップに実に役立っています。目指せ、弄り歴 ...
ホンダ Nボックス ホンダ Nボックス
我が家のセカンドカー。妻の通勤とお買物用。こちらも弄っています。 2012年式 JF1 ...
ホンダ フィット(RS) ホンダ フィット(RS)
上の子のクルマ2台目。 SX4に撃墜された1台目フィット3 RSと全く同一スペック。 ...
ホンダ フィットハイブリッド ホンダ フィットハイブリッド
下の子が免許を取って、家族4人に対し3台では何かと不便なので、両親がスイフトハイブリッド ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.