• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

m-dawgのブログ一覧

2015年06月28日 イイね!

日本自動車博物館

日本自動車博物館本日、

車楽番外編日本自動車博物館オフ 兼 艶銀サミット ~夏の大遠足!? 

に、どちらのメンバーでもないにも関わらず(艶箱銀灰ステッカーは手元にあるけれど)、押しかけ参加して来ました。

が、写真は1枚も無し。

まあ、私がこの博物館について語りだすとフォトアルバムを何度上げても終わらないくらい続いてしまうし、誰かがフォトギャラリーを上げて下さるだろうしね。

こちらは、以前富山県小矢部市にあった時に2回、道路拡張で現在の石川県小松市に移転休館中に1回(この時は博物館があるべき場所から跡形も無く消えている、なぜなんだと慌てた記憶があり)、小松市で開館した後に1回と何度も訪れているのですが、今回は19年振りとあって展示内容もかなり変わっていました。

そうそう、1F 2F 3Fとある展示場の3Fだけは半分くらいしか見ていないや。またその内に見に来ようかな。

ということで、参加されたみなさんお疲れ様でした。
Posted at 2015/06/28 22:35:36 | コメント(4) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
2015年06月06日 イイね!

KTC訪問記

KTC訪問記京都機械工具株式会社、通称KTC、日本の自動車整備工具に於ける大手メーカーです。

1950年創業のKTCは、トヨタ車の車載工具OEM製造から発展して、今では一般自動車整備工場で広く使用され、F1レーシングチームにも採用されるようになりました。

名前のように京都発祥で、主力工場は京都市南隣の久御山町にあります。

ブログに何度も書いているように、私の趣味は工具集めで、メインのツールセットはKTCです。先週工場見学の機会を得たので紹介しましょう。



工場入口に隣接して「KTCものづくり技術館」があります。

こちらは1Fに現行商品や一般ユーザー向けファンクラブで扱っているグッズの展示するショールームがあります。車一台が入れるガレージサービスピットも併設されていて、実際に自動車工具を使用しての実演や講習を受けることが出来ます。
吹き抜けになった2Fには、創業当時からの資料や当時物の工具が展示されるミュージアムとなっており、研修を受けるレセプションルームがあります。


ありとあらゆる工具がこれでもかと飾ってあり、工具マニアには垂涎の場所と言えるでしょう。



こんな資料を渡されました。大手メーカーだけあって、見学者に対する受け入れ態勢は完備しています。



残念ながら工場内は撮影禁止のため写真はありません。
こちらは「スパナができるまで」というカタログの転載ですが、メガネレンチを製作する現場を見ました。

スパナもメガネレンチも手順はほとんど同じで、丸い棒状の鋼材を約1000℃に熱してから上下分割された製品の型の間に置いて、上から約1000トンの圧力でプレスすると完成品に近い状態で成形されます。

金属製品の作成法は、機械加工で製品を切り出す「切削」や、溶かした金属を型に流して成型する鋳造、刀鍛冶の製法である金属を鍛えて作る鍛造があります。

アルミホイールで、
鋳造品は安価、強度は普通で、やや重い
鍛造品は高価、強度に優れて、やや軽量
という違いがあるのは、ご存知の方も多いでしょう。


中央に立っているタワー状のものが「エアスタンプハンマー」というプレスする機械です。
つまりスパナやメガネレンチは熱して鍛える「熱間鍛造」で作られる訳です。
このエアスタンプハンマ―ですが、1000トンという力はものすごくて、プレスした瞬間の大音響と震度2位の地響きはかなりの迫力です。

また常温のまま行う冷間鍛造もあって、ボックスソケットなどはこの方法で作られます。
熱間鍛造は、大物や複雑形状が作りやすいが、地肌が荒いので仕上げに手間が必要。
冷間鍛造は、熱する工程が不要で地肌仕上がりも良いが、大物には不向きで小物に限る。
という違いがあり、特性を生かした製品加工をしているそうです。

工場には加工後の研磨工程や、表面処理のメッキ工程も見せてもらいましたが、メッキ工程はニッケルメッキとクロムメッキを自動ラインで行っており、クルマのパーツをこんな完備したラインでメッキしてもらえたら、どんなにいいだろうと思いました。


製品を作る際に締付けが必要な工程には、

同社のデジラチェメモルクで作業をしていました。これは締め付けたトルク値をワイヤレスで作業スペース近くのホストコンピューターに転送、コンピューターでデータを管理というシステムです。
これなら締め忘れての商品クレームは、まず起きない訳ですね。


ショールームにはなぜかガチャポンがあって、

KTCオリジナルのピンバッジと、チャームが販売されていました。



最近、「観賞用美術工具」として漆ラチェットハンドルが受注生産品としてカタログに載っています。
ラチェットハンドルのグリップ部分に漆による京都の伝統工芸を施したものですが、価格もすごくて1本22万円-47万円もします。

実物はガラスケースの中でさすがに触らせてもらえませんでしたが、特に源氏車の白蝶貝を使った螺鈿細工は本当に美しい。(ギターの装飾にもよく使われるけど)

確かに実用にはもったいなくてとても使えません。しかし驚いたことに、漆ラチェットハンドル7種類全てを200万円以上現金でポンと支払って注文した御大尽がいるそうです。世の中にはすごい人がいるものですね。



ものづくり技術館隣には、「匠工房」が最近作られました。こちらではアフターサービスを専門で、工具の修理や校正等の作業を熟練技術者が行っていました。
建物の外見が赤いツールケースと同じデザインというのがいいですね。



最後にお土産をもらいました。


KTCの総合カタログは通常右のA4サイズですが、こちらでは左のB5サイズのカタログをもらいました。また、ソフトスタッビドライバ+-2個セットもありました。これらは既に持っているので、先日のNシリーズミーティング抽選会の景品として提供しました。

KTCは自社生産に極力こだわった製品作りをしています。ちょっと価格が高いが、品質の高さは価格に見合った範囲であることが工場見学をして分かりました。
Posted at 2015/06/06 23:59:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | ツール | クルマ
2015年06月02日 イイね!

Nシリーズミーティング 2015 in ラグーナテンボス

Nシリーズミーティング 2015 in ラグーナテンボス一昨日5月31日愛知県蒲郡市のラグーナテンテンボスにて、「Nシリーズミーティング 2015」を開催しました。

私が3年前にN-BOXのオフ会を最初にやろうと思ったのは、同じクルマがたくさん並ぶと面白いし、写真を撮ると画になるだろうなあ、という思い付きでした。

やがてN-ONE、N-WGN、N/とNの名を持つ車種が増えて行き、それぞれのグループが発足して活動をされています。で、複数の車種が一堂に会する機会があればもっと面白いのではないか、と昨年初め頃から思い立ちました。

N-ONEとN-WGNのグループに声掛けをしたところ賛同を頂きましたので、昨年11月より話し合いを行ってミーティング開催に向けて動いて来ました。

そして昨日に至った訳ですが、私の単なる思い付きがみなさんのおかげをもちまして、大規模オフに発展することになりました。


ところで一番心配だったのが天候です。先週初めから他の日は天気がいいのに5月31日だけ雨で降水確率70%の予報でした。NBOX clubメンバーならご存知のように、3度行った全国オフの2回と3回が雨に祟られ、人工の要塞(つまり橋が屋根になる)の会場立地条件に助けられて何とか開催出来たのですが、ラグーナテンボスには屋根がありません。天気予報を眺めながらずっと暗い気持ちでいました。

それが前日30日になって、急に降水確率が減少。しかも曇り予想となりました。

迎えた当日は、朝からとても信じられないくらいのいい天気に。


開会式での自己紹介は、人数が多いので点呼式にしました。


抽選会は、受付時に渡したカードでお呼び出し。

交流がメインなのでフリータイムは長めにしました。

めったに撮れない画や、


こんなセッションや、


こんなポーズや、


珍しいコラボレーションの撮影が繰り広げられました。


今回はパーツメーカー5社がデモカー展示されました。雑誌主催やコンテストでメーカーブース展示を見たことがありますが、我々のオフ会で実現するとは・・・感慨深いです。


㈱エルシーREIZ様


TAKE-OFF様


D.A.Dイオンモール名古屋みなと店様


Butterfly System様


ハンズトレーディング様

5社のメーカー様、出展ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いします。


Kカースペシャル様
取材ありがとうございました、掲載を楽しみにしています。



N-BOXオーナーのみなさん、


N-ONEオーナーのみなさん、


N-WGNオーナーのみなさん、
近い所遠い所、参加して頂きありがとうございました。


スタッフとして、
記念ステッカーのデザインをお願いし、滞りなく細かい準備をして頂いた、N-ONE西日本管理人夕海さん。

出展メーカー様との業務を一手に引き受けて、勧誘、交渉に尽力して頂いた、N-ONE東海スタッフひろくん。さん。

ご自身大変な時期にも関わらず、N-WGNオーナーを率いて頂いた、CLUB NWN代表take JH1改さん。

私のわがままで、色々ご迷惑をお掛けしました。お許し下さい。


テント設営にご助力頂いたN-ONEオーナーのみなさん。

受付、誘導を担当されたみなさん。

ヘルプさんとしての業務を担当して頂きありがとうございました。

不参加ながら景品を提供頂いた方々、ありがとうございました。


更にひとつ。

雨具の用意よりも、日焼け止めの用意をしっかりアピールするべきでした、厳しい日焼けや軽い熱中症になってしまった方もおみえになります。重ねて申し訳ありませんでした。

その他不行き届きは多々ありますが、反省し、検討いたします。

でも今は、ただただ感謝の言葉しかありません、参加して下さったみなさんお疲れ様でした。
Posted at 2015/06/02 00:49:59 | コメント(14) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ

プロフィール

「りんご狩り中。」
何シテル?   11/11 10:51
こんにちは、< えむ・どーぐ >です。 「ひたすらカーマニア」を自負して50数年になりました。 私のバスクレッドパールのRG1 ステップワゴンスパーダ、 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2015/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

アイスト再始動時のオーディオ再起動問題を修正 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/29 07:43:01
Chez・Dyubi・Juba Blog 
カテゴリ:ブログ
2013/10/07 21:53:53
 
Paint & Cuttingsheet Works Atelier m-dawg 
カテゴリ:ホームページ
2010/02/25 23:22:32
 

お友達

お誘いは歓迎です。私と交流を持たれた方はお友達になりましょう。

但し、
○プロフィール画像無し、活動履歴無し
○何シテル?程度のブログを何度も上げる
○無闇にイイね!を付けまくる
○お友達数稼ぎ目的
○常識、マナーに欠ける
はお断りです、ご了承下さい。
672 人のお友達がいます
妃女妃女 * にっくん。にっくん。 *
スパシオ君スパシオ君 * NちびNちび *
kei_kei_ * しあわせうさぎ@しあわせうさぎ@ *

ファン

123 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
我が家のファーストカー。通勤に荷物運びにドレスアップに実に役立っています。目指せ、弄り歴 ...
ホンダ Nボックス ホンダ Nボックス
我が家のセカンドカー。妻の通勤とお買物用。こちらも弄っています。 2012年式 JF1 ...
ホンダ フィット(RS) ホンダ フィット(RS)
上の子のクルマ2台目。 SX4に撃墜された1台目フィット3 RSと全く同一スペック。 ...
ホンダ フィットハイブリッド ホンダ フィットハイブリッド
下の子が免許を取って、家族4人に対し3台では何かと不便なので、両親がスイフトハイブリッド ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.