• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さわたんのブログ一覧

2014年06月23日 イイね!

上出来かな

蒸し暑いお昼頃

吸気温度の変化を見るには絶好の条件。

まず30分ほど走行して10分停止後の温度



そこからまた30分走行して家に帰ってきたときの温度



軽く巡航してICが冷えてから踏み込むと温度がグンと下がります。

いろいろ試してみたけどこれが一番効果があるみたいですね。

熱交換の効率が良いのが50℃位なんでしょうかその辺で安定します。

やったことは

・ボンネットの固定ボルトを穴の誤差いっぱいまで前方にずらす。
・ボンネットキャッチの固定穴を長穴加工して5mmほど上に上に固定する。

たったこれだけだけど最初壊れているんじゃないかと思うくらい変動の無かった吸気温度が

走行、停止でちゃんと上下して風が当たっていることを確認できます。

ボディ無加工だとこれが限界ですね。

あとは今後予定しているボロンコーティングがどのくらい効果があるか楽しみです。
Posted at 2014/06/23 15:50:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | ソニカ | クルマ
2014年06月13日 イイね!

きびしいな〜

きびしいな〜先日手に入れたLA100S用のエンジンカバー。
とはいえ、ムーヴと明らかに異なるボンネット形状。
ボンネット裏の導風部品も使えない。。
そこでと75mmのアルミ蛇腹ダクトを試してみるもスペースが足りない。
50mmを買おうかと思ったら奥様から切れ目を入れて小さく絞ってみたら?とアドバイスが
さすが映画装飾も経験した元祖とも言えるDIY女子(?)。
しかし配置はできるものの細すぎて風が通らない。。。
そしていったん撤去。

このまま断念しようかと思ったんですが間をおいてもう一度チャレンジです。
今度はボンネット裏にPP樹脂で簡単な導風板を作ってテスト。
ところが温度は一向に下がる気配を見せません。
道はできているのに。。。
そこで純正に戻してみると下がる!

そこでわかったこと
LA100Sのカバーを使うにはちゃんと囲われた通路形状の導風路を作らなきゃダメということ。
ボンネット裏のスペースがどのくらいあるかわからないのでBOX形状の導風口を作れない。

残念ですが断念です。

そのままというのも悔しいので
純正でも効果のあったボンネットキャッチのボルト穴をさらに長穴加工。
そして余ったPP板を純正カバー上部に付けて風を受けられるようにしました。
結果この方が目に見えて効果がありますね。
あー悔しい!

今度はPPでカバー上部の導風板を綺麗に仕上げることにしよう!
Posted at 2014/06/13 18:37:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | ソニカ | クルマ

プロフィール

さわたんです。 最近はシグナスXのこと書いてます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/6 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

口下手な自分ですが宜しくお願いします。
17 人のお友達がいます
Branos LatodaBranos Latoda * 熊っち熊っち *
BAL@SF5BBAL@SF5B クネクネ
シルバン@VABシルバン@VAB RallyeRallye

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ ソニカ ダイハツ ソニカ
新しい相棒です。 ちょっとお間抜けな顔がお気に入りです。 RSで売っていたのを買ったんで ...
ヤマハ シグナスX ヤマハ シグナスX
今までのシグのクランクが逝ってしまったので SE465、三代目台湾シグを購入。 マフラー ...
ヤマハ シグナスX ヤマハ シグナスX
台湾仕様のSRエボリューション。 18700kmの中古を購入 H29,12 クランクベ ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
347ps/47kgmというスペックを持ちながら ほぼ街乗りオンリーの燃費重視走行 の割 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.