• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

マッチー@のブログ一覧

2013年05月21日 イイね!

【NBR24h】 ファステストラップ9分22秒911・・・蒼き“STI performance”の輝きに感動

【NBR24h】 ファステストラップ9分22秒911・・・蒼き“STI performance”の輝きに感動2013年のニュルブルクリンク24時間レースが終了。

チームの皆さん、そして世界各国で観戦された皆さん、お疲れ様でした!!






今年のレースは波乱含みの予想外な展開に。

降雨+霧のため、スタート早々から長時間に及ぶ赤旗中断。

また、レース再開後もウエットコンディション故にスピンやクラッシュもコース内の彼方此方で発生。

そんな中、『STINBRチャレンジチーム』も無事に24時間走り切り(厳密には24時間ではありませんが)、総合26位/SP3Tクラス2位でゴール。

チームの方々もファンの方々も、優勝&連覇を大きく期待し、また目標として挑まれたと思われる今年のレース。



敵も一層強力になったのは当然の流れ。

昨年まではVWシロッコが最大のライバルだったものの、代わって今年の『クラス替えスペック』で投入されたライバルのアウディTTRSの壁は強く大きかった。

TTRSの本来のスペックは・・・


≪直列5気筒2.5リッターターボ+クワトロ≫


今回のレースマシンのスペックは分かりませんが、確実にSP3Tクラスにブツけるための戦略なのでは!?





レース開始直後、クラストップに踊り出た時は、私自身「今年もイケるのでは!」と期待せずにはいられませんでした。

しかし、その後予選トップのTTRSに抜き返され、徐々に差を広げられる展開に。

それでも、天候が悪化していく中で「悪条件下でこそシンメトリカルAWDの威力が発揮されるはず」と願って観戦。



ところが、無常にも天候が悪化し過ぎてしまい、レースそのものが中断される事態に。

9時間以上にも及ぶ長い長い中断時間は、日本で配信動画観戦しているファンも然りですが、現地スタッフの方々には大変なご苦労があったことと想像します。

それでも、途中ホワイトボードを使ってのファンとの交流はとても良かった♪

まさに 「予想外」 な展開wwww

某Nスバルのサービスさん+レポーターの榎田さくらさんが、ファンの書き込みに応じてくれることで、チームとファンが一体になれたような気がします。

こんなやり取りがリアルタイムにできるのは、現代の『文明の利器』があってこそなのは分かってます。

その上で、赤旗中断中とは云えども、まさにレース真っ只中の状況下にて、ファンとのやり取りに応じてくれるスバル/STIチームには感動を覚えました。

F1やWRCクラスの世界選手権のみならず、他のモータースポーツにておいても、ワークス体制のプロチームがホワイトボードを活用しモニターを介してファンと交流なんてするでしょうか?

この姿勢こそ、スバル/STIチームなのだと私は感じさせられました!

改めて、悪天候による長時間の赤旗中断は残念でなりません。

でも、あの赤旗中断があったからこそ、スバル/STIチームの根底にある「ファンを想う心・ファンを大事にする気持ち」を具体的に見て知る貴重な機会に巡り会えたのですから。



その後、天候が回復しない中でレースは再開。

雨が降りしきる中、トップのTTRSとの差を中々詰められない一方で、逆に後続がどんどん迫ってくる非常に厳しい展開。


「2位キープですら難しいのか?」


そんな中で交代した吉田選手が非常に良い走りを披露。

後情報で浅溝インターミディエイトタイヤを装着されていたようですが、このタイヤでクレバー且つ速いドライビングに集中されていたのではないでしょうか。

今思うと、吉田選手のドライビングが後のドライバーに影響したのかも??



続いて、ウエットコンディションの中、ドライタイヤで果敢に攻める孝太選手が9分30秒台の驚愕スーパーラップライム!!

高い集中力を持ちつつ闘志を全面に出して攻めるオーラは、オンボード映像からも十分に伝わるもの。

ここで一気にTTRSとの差を詰め、新加入マルセル選手も安定して速いドライビングでTTRSを更に追い詰める展開。



そして、最終ドライバーのカルロ選手。

本当に速かった。

ペターが以前よく口にしていた言葉、『マキシマムアタック』が相応しいドライビング。

残り1時間を切り、本来ならアタックを抑えて完走モードへと切り替えるはずなのにSTIは違う。

まさに「全身全霊」とも云える渾身のアタックを続け、毎周9分30秒台→20秒台のラップタイムが刻まれる。

終了時間が刻一刻と近付く中、TTRSとのタイム差もどんどん少なくなっていく。





確実にライバルの背中は近付いている!


TTRSに追い付くのか?


オーバーテイクできるのか?


残り時間は?






あれ程までに「1分1秒」を意識したのは久々だったかもしれませんwww

そして、カルロ選手が刻んだラップタイムは・・・















9分22秒911、、、














TTRSの9分23秒を上回り、クラスファステストラップをマーク!!












凄い・・・
















残り時間僅かな中で、TTRSに届くのか!?

まだチャンスはゼロではない。

最後まで分からない。

最後の最後まで信じてみよう。

その時、USTREAM動画が映し出したのは、ピットインし給油されるGVBの姿が、、、

そして、時刻は午前0時。

STINBRチャレンジチーム、24時間レースを堂々の2位で完走。





去年・一昨年は特に最後の1時間「無事にゴールまで辿り着いてくれ!」と願う気持ちしかありませんでした。

トップで走行していると、そんなものなのです。

でも、今年は違いました!

こんなに燃えるレース展開は過去初めてのこと!

ライバルの実力は素晴らしいものでしたが、スバル/STIも実力をフルに発揮されたことと思います。

特に各ドライバーさん最終ルーティーンでは、各々「本気」で攻めていたのではないか?

そして、悪条件の中でも「本気」の走りに見事に応えてくれるWRXSTIの潜在能力の高さ。

優勝には届かずも、あの驚異的な走りは欧州チームにきっと強いインパクトを残したことでしょう。



残念ながら連覇にはなりませんでしたが、大いに価値有る2位だと思います。

その素晴らしい結果も然ることながら、ファンへの心遣いを大事にする姿勢、最後まで最高のパフォーマンスを魅せてくれるマシン、最後の最後まで諦めず果敢にコースへ挑むドライバーの方々。


まさに・・・










“STI performance” ここにあり








これまでにも増して、GRBを乗り継ぎ今GVBオーナーであることを嬉しく思います。

そして、世界を相手に戦うスバルを所有できることに、改めて喜びを感じる一日になりました。

これからも可能な限りずっとS206を大事にしていこう・・・

そう思わせてくれたスバル/STI、そして『NBRチャレンジプロジェクト』に関わる全ての方に心から感謝申し上げます。






NBRチャレンジ、お疲れ様でした!!!


感動と興奮と勇気をありがとう!!!


スバル/STIは日本の誇りです!!!


Proud of BOXER 万歳!!!














(画像はS○I様より拝借wwww)
Posted at 2013/05/21 20:14:16 | コメント(7) | トラックバック(0) | NBR24h | 日記
2013年05月15日 イイね!

いよいよニュル24時間レース!STINBRチャレンジに想いよ届け!!

いよいよニュル24時間レース!STINBRチャレンジに想いよ届け!!いよいよ今週末に迫った、年に1度のあのイベント。

第41回ニュルブルクリンク24時間レース!

今年は日本時間の19日夜にスタート。

GVBを投入して3シーズン目となる、我らがスバル/STIの「NBRチャレンジ」チーム。

辰己総監督&小澤監督という布陣の下、チームもファンも期待する『3連覇』に向けて難関ニュルブルクリンクに挑まれる今回のレース。

SWRTがWRCワークス活動を撤退してから既に5シーズンが経過した今、特に欧州を中心に世界へ「SUBARU/STI」をアピールする最大のチャンスがこのレースなのでは?

勿論、遠く日本からも配信されるであろうUstream動画を観ながら声援を送られる方が多数いらっしゃるはず。

(特にレースマシンと同型のGR・GVオーナーさんとなると、応援する気持ちの入り方も一入ではないでしょうか?)

昨年に引き続き、今年もWRブルーを纏ったGVBがベースマシンに。

私事ながら、同じWRブルーGV乗りとしては妙にテンションが上がるのも止む無し!?wwww





さて、GR・GVオーナーズクラブ「凛。」の会員さんならご存知の方もいらっしゃるはずですが、今回「2013年NBRチャレンジ応援イベント」として応援ステッカーを作成。

企画・作成にあたりましては、MofMof代表の全面的なご尽力の賜物であり、スタッフとして大したお手伝いもできずでしたが、改めて感謝申し上げます。



「頑張って欲しい!」


「無事に完走して欲しい!」


「3連覇を果たして欲しい!」




「凛。」の皆さんにおかれましても、きっと各々熱い声援を送られると思いますし、何よりチームにとってもその応援(声援)は大事なものでしょう。

ですが、現実的に個人個人では中々「応援する気持ち」を具体的な形にすることは難しいのではないか?

(※ニュルレプなんてそう簡単には出来ません)



そこで、「各々が応援する気持ちを形にする」ことを目的として、今回の応援ステッカー企画を敢行するに至った次第です。

そして・・・






折角応援ステッカーを作成するならば、やはりNBRチャレンジの方々に届いて欲しい!!


そう考えてしまうのは、私だけでしょうか??www







既にスレッドでもお知らせの通り、今回の企画についてSTI辰己総監督へ趣旨と内容をお伝えする機会に幸運にも巡り会うことに。

勿論、今回のステッカーデザインもご存知いただいております。

また、全国オフ等でもご協力いただいているPROVA吉田選手にも企画についてお伝えすることができ、更に『NBRチャレンジ応援ステッカー』のお受取も快諾いただきました。

タイミングの都合上、一緒にドイツへ旅立つことは叶いませんでしたが、喜んで受け取ってもらえたようです。

総監督やPROVAさんより、以下のお言葉を頂戴しております。






==========================================


ユーザーの皆様に我々のレースを応援するステッカーまで作ってもらえることは、本当に嬉しいことです

沢山のユーザーさんが、我々の活動を支援してくださっていることを具体的に知ることができました

皆様の声援が24時間戦い抜く上で何よりも大きな「力」になることは間違い無いものです

皆様方のようなファンが居てくれるからこそのスバル、STIであり、レースへの挑戦も続けられると思っております

皆様の為に、そして世界中のスバルファンの為に、我々は全力で戦います

どうか御声援をお願いします

「心」をひとつに、ともに戦いましょう


==========================================






所詮、小さな応援です。

それに、勿論応援するのはGR・GVオーナーさんだけじゃないことは百も承知。

それでも、「スバルファンがNBRチャレンジを応援する気持ち」を届けたい。

今回の『NBRチャレンジ応援企画』を通じて、辰己総監督・吉田選手をはじめチームの皆さんにその気持ちはきっと届いたはず、、、

そう私は思っています。

NBRステッカーをお持ちの方には、ぜひとも上記のような経緯と想いが込められたステッカーとして見てもらえたら幸いです。





レース本番まであと4日。

24時間の長丁場のレースを無事に完走されることを願うばかりです。

その上で・・・

難コース・ニュルブルクリンク+強豪欧州スポーツモデルも、相手にとって不足無し!?

遠くドイツの深い緑の森に、『STIperformance』の鮮やかなブルーが駆け抜けるその姿を楽しみにしましょう!!



Posted at 2013/05/15 19:57:15 | コメント(8) | トラックバック(0) | NBR24h | 日記
2013年05月04日 イイね!

スバル車オーナーズオフミ in 舞鶴赤レンガパークへ参加

スバル車オーナーズオフミ in 舞鶴赤レンガパークへ参加世間はゴールデンウィーク真っ只中。

私も世間の波に合わせて、ゴールデンウィークいただいてます。

長い方では10連休とも報じられていますが、私の環境は暦通りwww

(※厳密には前半の連休は出勤日有り)

それでも、連休をいただけるだけ有り難く思わねば!





さて、連休後半戦の昨日、みん友の裏さん・Maminさん・マサシさん・なり~さんとともに舞鶴へ!

クラブレガシィ&インプレッサマガジンの出版元である、三栄書房さん主催の『舞鶴赤レンガパーク スバル車オーナーズオフミーティング』へ参加してきました。

先々月購入したREVSPEED誌にて今回のオフミ開催について知ったのであります。

「オーナーミーティング」とは題されている今回のイベント、メインは各自の愛車をプロカメラマンに撮影してもらえること!

しかも、趣のある赤レンガ倉庫が撮影の舞台。

連休初日故に渋滞を危惧しましたが、みん友さんとも予定が合ったので揃って参加することに。

いや、厳密には1台不参加・・・だといえるのか!?





渋滞の激しさで有名な中国道を回避すること、9時までには現地到着したかったことから、4時半起床で待ち合わせ場所の兵庫県某所へ。

合流した後、六甲山を駆け上がり六甲有料道路→中国道→舞鶴若狭道のルートで会場へと向かうことに。

朝早かったこと+ルート選定+時間予想もバッチリ当たり、完全に予定通りの時間に赤レンガパーク到着。

ただ、現地会場入り口が分かり難かった・・・

若干迷った後、仕方無く警察署の前でUターンしていると、警ら隊のBMレガシィが出てくるじゃないですか!!





何か注意されるのか??


睨まれたりするのか??






なんて考えながら方向転換していると、意外にも「どうぞ、どうぞ!」と我々に道を譲ってくれるじゃないですかwwww

お○わりさん、ありがとう!!





その後、無事に会場へと到着すると既に多数のスバル車が集合済。

受付を済ませ、撮影タイムまで会場徘徊並びにおダベリタイム。

延べ200台以上?の参加だったようですが、クラブレガシィが主催だったためかレガシィの参加率がダントツで高かったです。

それも、現行BR&BMと先々代BH(※BEはボチボチ?)が何故か多い!?

3代目&5代目レガシィはグループでエントリーしてたのかな?

会場で見掛けたクルマは・・・





【レガシィ】

BC、BD、BG、BE、BH、BL(S402)、BP、BM(含、国家権力号)、BR(tS)

私の好きなBFはいませんでした。

他、グランドワゴンもいなかったかな。



【インプレッサ】

GC、GDA、GDB(S203/RA-R)、GG、GH、GR(R205)、GV(S206)、GP



【フォレスター】

SH、SJ



【その他】

ラビットスクーター、アルシオーネ、レックス、BRZも超少数




みんカラでお見掛けしたことのあるクルマも何台かいましたが、GR・GVは超少数派だったので特に知り合いの方も無しwww

こうした機会の車種を越えて交流するのも大事かもしれませんが、正直現行BR・BMはあまり詳しくないので・・・

それぞれ思い思いにカスタマイズされており、それぞれに「個性」のあるスバル車が多かったです。

カスタマイズと云う点では、うちのクルマは見るべき点が無いのは仕方が無い!!

しかも、隣にはあんなカッコイイ仕上がりのR205がいる訳ですから、ド・ノーマルな206では止むを得ませんwwww





結構な待ち時間の割りに撮影は流れ作業的にあっと云う間のものでした。

それでも、プロに撮影してもらえるのは大変嬉しいこと!!

勿論、折角の機会なので特注『S206 STI』なユーロプレートはしっかり持参。

他の皆さんもナンバー隠しを装着される方が多かったため、何の躊躇いもなくユーロプレートへ交換。

更に・・・

GRB&GVBでNBRチャレンジマシンレプを施工された、ハミ銀@NBR2011さんに作っていただいたマグネットデカールも貼ってみたりwww

WRカーレプのGC8はいらっしゃいましたが、その他にレプ車はいなかったようなので、さり気無くデカール装着するだけで浮い・・・いや、目立ったかも!?







ニュル銀さん、改めましてありがとうございました!!






普段マイカーで乗り入れることのできない赤レンガ倉庫をバックに、プロのカメラマン様に愛車を格好良く撮影してもらえる機会なんてそうそうないこと!

今後、クラレガかインプマに掲載される(かもしれない)はずなので、発売を楽しみにせねば。





4台全車の撮影を終え、若干疲れてきたこともあり、写真撮影教室&ジャンケン大会には参加せず退散。

「せっかく舞鶴まで来たし・・・」ということで、とれとれセンターへ足を運び海産物を満喫。

牡蠣は苦手なので食べたいとは思いませんでしたが、イカの姿焼きは大変美味でした。

時間配分考えて、とれとれセンターで昼食にしても良かったな・・・と若干後悔www

最後は海上自衛隊の戦艦を道路沿いから短時間観察した後、往路と同じルートで帰宅。

「宝塚TNから14㎞」なんて表示を見たら、やはり萎えます。。。





今回このようなイベントに初めて参加しましたが、無料参加の上撮影までしてもらえることを踏まえると中々良いオフミだったのではないでしょうか。

ただ、紙面発信がクラブレガシィのみだったことから、レガシィ以外の参加率が極端に低かった点が印象的です。

せめてイベント専用HPを用意し、クラレガやインプマHPからリンクするようにでもしてもらいたかった。

それでも、「スバル車だけのオフミ」といったイベントが開催されるのもスバル車だからこそかもしれません!

何より、こうしたイベントが企画・開催されることが素晴らしいことだと思います。

ぜひ第2回・3回と継続開催されることを期待してます!!

出来れば関西で、、、

よろしければ、フォトギャラリーもどうぞ↓↓



舞鶴赤レンガパーク スバル車オーナーズオフミ①


舞鶴赤レンガパーク スバル車オーナーズオフミ②















それにしても、デジイチってイイねwwwwww

Posted at 2013/05/04 23:36:04 | コメント(3) | トラックバック(0) | オフ会&ミーティング | 日記

プロフィール

「ニュルチャレでニュルカレーをデリバリー♪

Co○○壱よりも速いかも!?」
何シテル?   08/14 17:24
現行型発売日に契約した初代A型GRB、2009年に限定車として発売されたspecC、2012年2月より自身初のSTIコンプリートカーS206へと乗り継ぎ、201...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

とものんさんのスバル WRX STI 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/26 12:19:15
これがレガシィでしょ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/18 12:45:53
迷惑広告?注意です! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/30 07:03:54

お友達

コメント&メッセージをやり取りさせていただいた方、そしてオフミ等でお会いした方とお友達になっています。

PV稼ぎや毎日何度もアップされる方、何よりいきなりのお誘いはお断りする&承諾を取り消させていただきますので、ご了承ください。
175 人のお友達がいます
すったこすったこ * カシゴンGRカシゴンGR *
MAAAMAAA * レトラブレトラブ *
OzekiOzeki Ann@vabAnn@vab

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
【ボディーカラー】 サンライズイエロー 2016年2月7日に納車されました。 G ...
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
【ボディーカラー】 ダークグレーメタリック 2017年2月25日に納車されました。 ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
【ボディーカラー】 タングステンメタリック 2017年3月30日に納車されました。 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
弟と父のクルマです。 2007年11月に東京よりやってきました。 17インチ+ビルシュタ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.