• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クモハ557の愛車 [フォルクスワーゲン ポロ]

エンジン始動不調…イモビライザ故障?イグニッションコイル?結局手放す~!

カテゴリ : エンジン廻り > エンジン > その他
作業日 : 2008年02月21日
1
【自宅で試みたイモビ解除では直らず】エンジンを掛けると直後の1000回転位でストンと止まってしまいます。仕方なくレッカーを呼びました。やがて来て下さった優しいお兄さんがセルを回すと!なんと一発でかかるではありませんか!ディーラへ行くと、それはイモビが作動してエンジン回転をカットする時の様子に似ていると言われました。うーむ泥棒よけがご主人様に対して作動しているのか。いまさら6N前を盗むやつもおらんだろと、イモビの解除を考えました。ネットを探したところ、みんカラの「りっちぃー」様のHPにたどり着き、真似してみることにしました。詳しくはそちらをご覧下さい。写真はキーからチップを取り出したところです。ネットで探した限り、イモビを車内の配線換えによってバイパスする方法はないようですから、リードコイル劣化が原因だとしたら対処はこれしかないようです。これでよくなるでしょうか…残念ながら数日後また同じ症状が発症。日によってエンジンがかかったり、かからなかったりしますが、ある日ついに何度やってもかからなくなりました。
2
【ディーラーへ】またレッカーに電話です。今度はレッカーのお兄さんがトライしても×。前輪を持ち上げられてポロはディーラーへ。ドナドナ~♪ディーラーに着いて整備の方がやってみるとやはりかかりません。ところが!その日の夕方整備にかかろうとするとかかったそうです。イモビ不調と考えていた整備の方も頭をひねるばかり。ディーラーで数日預かっていただいたところ、ある日再びエンジンが始動しなくなったそうです。やっと故障診断が始まります。その結果、原因はイモビ以外と判定されました。
3
【イグニッションコイル交換で自宅へ】修理終了との連絡を受けてディーラへ。交換されたのはイグニッションコイルでした。6N前の60000キロ以上で良く壊れる箇所の一つはこれで、湿気が多いと(霧吹きで水をかけてテストするそうです)火花がプラグコードから外へ漏れる状態だったので交換しましたとのこと。部品を見せていただいたところ、亀裂等はありませんが、プロが判断してくれたのだからそうなのでしょう。ヤフオクなら10,000円しない部品ですが、ディーラーですと取り付け込み38000円です。しかし今回は数日預かってもらいましたし、色々とご厄介を掛けたので良しとしましょう。また、きれいに洗車されていました。
 ディーラの方がおっしゃるには、イモビが作動してエンジンコンピュータがエンジンをカットした場合、必ず記録が残るそうです。今回は、ディーラでテスタとつないでみたところ、そうした記録はECUに残っていないそうです。それゆえイモビではないでしょうとのこと。
 
4
【再びディーラへ】ところが!ディーラからポロが帰ってきて翌日、出かけようとすると、またしてもエンジンがかからないではありませんか。症状は上の1項と同じ…昼頃かけてみるとエンジンがかかったので、そのまま運転してディーラへ再び持ち込みました。ディーラの方も驚くばかり。とりあえずプロに任せます。ちなみに先週も今週も代車は無し。この辺は不便なところです。
5
【ディーラから帰還…でも直っていない】
1週間預かっていただいて、毎日時間帯を変えてディーラでエンジンを掛けてくださったそうで、これは毎日ばっちりかかったそうです。???直った???よく分かりませんがとりあえず引き取りに行きました。ところが!引き取ってきた翌日の朝、また自宅でかからなくなりました。おーい出かけられないよ~!ディーラへまた連絡し、電話の子機をポロへ持ち込んで発症の様子を音で伝えます。
6
【交渉】今後について話し合いとなりました。ディーラでは、発症している状態でないと故障診断ができない、またイグニッションコイルは部品の劣化が確かに見られたので交換したとの説明でした。こちらとしては故障箇所が直っていないゆえに何のメリットも得られていないこと(代車もないし)、またワーゲンとの付き合いはまずこの件を正してから次に進みたいことを伝えて交渉し、結局部品代+工賃の38000円のうち半額返還となりました。
7
【手放します】この状態では機械として失格です。ディーラも直せない車のようなので、泣く泣くポロを手放すことにしました。アー気に入ってたのに~。
 手放す車に19000円掛けたと考えると惜しい気もしますが、19000円で見切りをつけたと考えます。また2週間面倒を見てくれたディーラの方への感謝賃とします。車屋の友人に廃車をお願いしました。だって査定0円ですもの。現在車なし生活。
8
【最後にもめる】その後ディーラより連絡あり。ディーラの上層部の方に書類を回したところ、イグニッションコイル故障は通常の整備の範囲なので、その代金は返却できないとの会社の見解を伝えられました。電話では埒が明かないのでディーラに出向き、①「原因が分かった」との連絡に続いてイグニッションコイル修理の話になったのであり、「直らないかもしれないがとりあえずこの部品を変えてみましょうか」という前提ではなかったこと②先のお電話は返金を約束し、書類上上層部へ回すと言う内容だった、の2点について納得のいく説明を求めました。どなたにでも、何回でも、どこへでも出向く覚悟があることも伝えました。結局、数日後、会社は認めないもののお店の判断により返金となりました。全ての場合ではこうはいかないと思いますが、似たような症状でお困りの方の参考にはなるかもしれません。今でも同じ色の6nを見ると「何とかならなかったのかなあ…」と非常に残念な気持ちになります。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

リコール入庫

難易度:

エンジンオイル補充

難易度:

オイル交換

難易度:

エンジンオイル交換

難易度:

エンジンオイル交換

難易度:

エレメントのみ交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

日産 ノート 日産 ノート
というわけでノートに乗り換えました。
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
いい車だと思います。
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
ドアロック時にハザードが点滅するように小改造しました。整備手帳をご覧下さい~
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.