• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年05月05日

クビナガリュウの全身復元骨格を見てきた

クビナガリュウの全身復元骨格を見てきた 長かったGWも気がつくと残すところあと2日。

今日5月5日はこどもの日、どこかに遊びに行こう!しかし、天気は快晴だが強風のため家族サイクリングを断念。利尻行きの船も揺れそうなので回避。こんな時はドライブだ。

勉強するといって留守番を志願した長男君を置いてヨメ子さんとジナン君とで半日温泉ツアーに出発。

日帰りということで往復4時間ほどの温泉を行き先候補に考えて、今回は車で1.5Hほどにある隣町の隣のそのまた隣町の中川町に半日ドライブです。


目的地は中川町エコミュージアムセンターとぽんぴら温泉の2ヶ所。よくある公共温泉と廃校を利用した地域のミュージアムです。

さぁ、今日はどんな発見があるかな。







朝8時30分、自宅を出発。
全国で発生しているGWの渋滞を微塵も感じさせない閑散とした高規格道路。
とても快適なのでゆったりと車を走らすことができる。
alt








1時間30分走り、中川町の道の駅に到着。
此処でホワイトアスパラのハネモノを300円で購入。柔らかくて美味しそうである。此処では胡蝶蘭も安価で販売しており、ちょっとしたお祝いのプレゼントに重宝している。
alt








道の駅から10分ほど車を走らせて第一の目的地である、エコミュージアムセンターに到着です。
20年ほど前に廃校になった中学校をそのまま展示研修施設にしたものらしい、何時も通り過ぎるだけで今回はじめての来訪である。
1人200円を払いスリッパに履き替えて館内に。
alt









化石が数多く発掘される町なので展示物は化石が中心。
思ったより小さかった始祖鳥の化石、学説が常に変わっているので僕が子供の頃に見かけた想像図とは大きくかけ離れた姿の復元像。
alt











たぶんこの施設の目玉であるクビナガリュウの全身骨格標本。長さ11mと日本最大級らしい。長い首を伸ばし高い天井から吊るされている姿は雰囲気があり、これをみたジナン君はテンションが上がり気味である。
alt










多分地域の人の寄贈品なのだろう、片隅にスキーの締め具が。
使い方がいまいち想像がつかない。
alt








帰宅してちょっと調べてみると。
こんな感じで使うようである、長靴とスキーを締めて固定、これで滑ろと言われたら足首を骨折する自身があります。
昔の人はすごい!
alt

写真は秀岳荘様からの借り物です。





売店では紳士のためのアイテム、アンモナイトのループタイ!これまた3000円と衝動買いしてしまいそうな金額。
カジュアルシーンでループタイを着用している人を見かけることもあり、今年のクールビスはリバイバルだ!涼しげにアンモナイトのループタイなどどうだろうか。
残念ながら僕には30年早い気がするのでいつかまたの機会に、ベレー帽とパイプの似合う紳士に成れたら買いに行きますね。
alt








ちょうどお昼時となった、ミュージアムを後に第二の目的地のぽんぴら温泉へ。
入館料は大人400円と有り難い金額。
alt
写真は施設HPから拝借








入浴前に昼食。
ポンピラチャンポン 900円
具だくさん、麺がラーメンでボリュームもたっぷり。
ここのメニューは結構良心的でお気に入り、国道から少し入るので立ち寄るのが面倒であるがおすすめである。
祝日の午後であるが大浴場はほぼ貸し切り、客が切れた少しの間は、わが家専用大浴場となり次男くんはバタ足で泳ぎ始める始末。いやー楽しかった。
alt








帰り道におやつを。
ストレートな店名「べこちち」。
ちち好きなみん友さんが多いのでご紹介。
alt










風呂上がりのソフトクリームと休憩所からもらってきた暖かいほうじ茶で至福のひととき。
このお店で甘酒ソフトなるものが売られていたが、ちょっと冒険することがはばかられた、次回通った時にミニサイズを頼んで見ようかなぁ。
お一人様千円以下(昼食代含まず)安近短で楽しんだこどもの日。
alt








出発前に昨日行ったエスハイのヘッドライトコーティングの仕上がりチェック。
良い感じの光沢感が出ている、うん、満足満足。
alt






昨日の作業後、もったいない精神を発揮しパフに残ったコート剤をカウルトップパネルに塗り塗り。
白化しがちであったが、黒の深みも増して光沢が出ている、今度暇な時にしっかりと塗ってみよう。
alt










んー、やっぱりループタイ買っておくべきだったか?
ブログ一覧 | 日記 | 日記
Posted at 2019/05/05 23:05:14

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

タイは日本車の天下だった! 「中国 ...
利根川の天然水さん

タイの美人ゲーマー「非の打ち所が無 ...
きゃのん@2008さん

中国人は祖国に誇りを持っているのだ ...
利根川の天然水さん

海外逃亡!タイに行きタイpart1 ...
まおうアニキさん

また波乱が起きるのか! タイ高速鉄 ...
利根川の天然水さん

おいしい。
おおじろぅさん

この記事へのコメント

2019/05/06 05:49:06
クビナガリュウ、本当に首が長すぎますね(汗)

これが実在していた、と想像すると…

嗚呼、恐ろしいです((((;゜Д゜)))
コメントへの返答
2019/05/06 19:22:37
こんばんは。

車二台分の大きさ、どうやってうごいていたのでしょう?

海の中で魚を食べていたらしいのですが、どんな生体なのか想像も様々です。

それにしても北海道の内陸部が太古は海だった、ロマンのある話です。
2019/05/06 11:36:34
おはようございます・・・・。

首長竜・・・・海の中で進化して首が長くなったとは考えにくいですよね~・・・・・・??
普通に考えれば首が長いほうが生存に適するから、どんどんと長い方にシフトしていった結果と言う風に捉えるわけですよね?

フタバスズキリュウなんかも結構首長いけれど・・・、これら首長竜は恐竜ではなく初期の爬虫類により近いようで、蛇に近いのかもしれませんね・・・。
肉食だったと言われて、魚を捕食していたと考えられていますが、本当だとしたら少し大きくなり過ぎなような気もします。

学者ではない私の勝手な想像ですが・・・・。首長竜も陸上に上がって爬虫類として進化したのち、再び海に適応した種であろうと考えると、肺呼吸、陸上生活、の時点ですでに骨格における多数の背骨を獲得した爬虫類であったのではないかと考えられるのですが…どうでしょう?

首の長いトカゲのような足のある蛇のような形態を陸上ですでに獲得していた爬虫類が水中の魚などを陸上から狙って捕食するうちに水に浮かびながら狩りをするようになって脚がウミガメのような形に変化し、やがて海中にも潜って魚を追うようになった・・・・?

陸上で狭い岩の隙間や穴などに潜む小さな生き物を捕食するために進化した長く柔軟な首は、海中生活でも岩などに隠れる小魚を追い詰めることが出来てさらに首は柔らかく長く進化した・・・・・。

大型の魚類は速く泳いで逃げられるはずだから、やはり小さな魚が主食ではなかったか?したがって、水中浮力があるから体重を支える必要が無いとしてもプロントサウルスの様な大きさにはなり得ないのか?

巨大な首長竜が居ないのはそうした理由だと思うが、それでも海中の小魚を食べるにしては首長竜の大きさは少し大きくなり過ぎのような気がするが、サメ類に襲われることとのバランスで大きくならざるを得なかったのか?・・・・。

そんなことを瞬間的に思ったりしました・・・・・笑。
コメントへの返答
2019/05/06 20:00:02
こんばんは。

想像するしかないのですが、そもそも海の中で一生を過ごしたのか、陸に上がって用事を済ますことがあったのか?学説がどんどんと更新されるので何が正しいのかわからないですよね。

亀が多様な進化を行い様々な亜種で構成されて、海どころか砂漠、森林など様々な所で生存していることを見ると、おっしゃるようにクビナガリュウも様々な進化を遂げたと考えるのが自然ですよねぇ、一般論で考えると水生のクビナガリュウが陸上に対応する能力を獲得したと考え易いですが。

それにしても、あの長い首は物理的にも相当な筋肉が必要でしょうし、捕食者にたいするウイークポイントにしか見えないのに隆盛を極めた生き物であることが不思議です。捕食のために首が伸びたと言うより長い胴体に手足が備わったと考える事もありかなぁ思いました。

案外とウナギに短い手足と肋が備わっただけの単純な生き物だったかもしれません。
恐竜の様に勇ましい復元図がありますが、案外と格好の悪い生物だったのかもしれませんねぇ。

恐竜や古代生物、子供の頃みた学研の学習図鑑は最近見聞きする説と大違いの記憶、それなりの研究者はいるのですよねぇ。
医学や科学と比べてこの世界って研究で儲からないから研究の進歩がゆっくりで大らかなイメージ、楽しそうですがねぇ。

ちょっと深掘りする良い機会になりました、ありがとうございます。
2019/05/06 20:42:14
始祖鳥、とても勉強になりました。

数メートルの大きさと思いましたが、小さいんですね!
これなら勝てそうです(笑)

ビンディングですが、時代によって違うでしょうが昭和30年位ですとターンをしていないようです。
https://minkara.carview.co.jp/userid/2576178/blog/38629708/
歩くだけか、緩斜面を直滑降の道具だったように、私は感じています。
コメントへの返答
2019/05/06 21:13:27
こんばんは。

僕も始祖鳥って結構大きい物だと勘違いしていました、この年になっても新しい発見、面白い。

確かに、ニワトリより弱そうな気が、戦っても勝てそうです。

リンク先拝見しました、おっしゃるように、カービングターンは無理でしょうねぇ、多分移動手段としてのスキーの役目が有った頃のものなんでしょうねぇ。
今は、道具が本当に良くなりました、それなのに愛好者は減る一方、寂しいですね。

情報ありがとうございました、新しい知識となりました!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[整備] #C-HR お下がり。エスティマの16インチ冬タイヤ。 https://minkara.carview.co.jp/userid/365874/car/2388158/5078901/note.aspx
何シテル?   12/08 22:26
趣味と日常の備忘録です。 車の話は少ないかなぁ。話題はちょくちょく脱線しますのでご勘弁を! 不器用ゆえに高度な車いじりは出来ません、だから車ネタは誰でもでき...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

愛車一覧

トヨタ C-HR トヨタ C-HR
通勤、買い物、スキーの足、ロードバイク積載、ヨメ子さんの飲み会送迎に大活躍。 小さな排 ...
トヨタ エスティマハイブリッド トヨタ エスティマハイブリッド
北海道では冬の事を考えるとやっぱり4WDが安心。 好燃費とモーターアシストによるスムーズ ...
トヨタ SAI トヨタ SAI
平成23年3月納車 奥さんの通勤用にポルテかプリウスを買いに行ったはずがいつの間にかこの ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
平成29年6月24日まで C-HRへ代替 70850km 2.4L G 4WD 【奥 ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.