• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kitakazeのブログ一覧

2019年03月31日 イイね!

18-19 スキーNo.60 名寄ピヤシリスキー場クローズの日

18-19 スキーNo.60 名寄ピヤシリスキー場クローズの日いよいよスノーシーンも最終盤となった。

雪が少ないと嘆いた今冬、ホームゲレンデもスタートが遅くクローズも早かったので目標としたシーズン70日滑走の達成はおそらく成らず。

目標を下回るが、何とか今日で節目となるシーズン60日滑走を迎える事が出来た。

去年の今頃に比べて10日程だが滑走日数が少ない結果となった。こればかりは自然が相手なのでしょうがない。









朝6時出発。眠い目をこすりながら車を南に走らせます。
目的地は170km先の名寄ピヤシリスキー場。出発から20分程すると各シートから気持ちのよさそうな寝息が聞こえてきます。(怒and努)
天気情報では寒気が北海道北部を覆っている様子、外気温を見ると思ったより低い-10度。
この様子なら午前中は締ったバーンが期待できそう。










国道沿いの樹木が軽く樹氷で化粧している。
早起きのドライブはやはり気持ちが良い。









出発から2.5H経過。
目的地に到着、例年行っているボードの大会が有るので早い時間から駐車場は混雑気味。
グーグーと寝ている同乗者達をたたき起したい衝動を我慢、「着いたよ~♪」と優しく肩をゆすり声をかける、さすがわが家一番の紳士はひと味違う、ワンランク上である。











雪がたっぷり残っているこのスキー場も労働事情などの訳があり今シーズンは今日が最終の営業日となっている。
さぁ、今日はしっかりとゲレンデ飲みで雪の名残を楽しもう。
準備をしながらロッジで地元のスキー仲間と合流、楽しんだ者が偉い!頭の中を空にしてレッツエンジョイスキーの日。









飛び系の大会は見ていて面白い。
もし自分達がこんな高度な事をやったら、骨折や脳挫傷でパトロールのお世話になる事必至である。
午前中はバーンの荒れる前にお腹いっぱい乗る事に決めていたので、写真を撮る間を惜しむくらいに滑った、3時間ノンストップで膝も腰にも違和感が・・・・











昼食はカツカレー。(850円)
皿から溢れそうなルーと大きなトンカツでお腹も気分も満足。
どことなく、母親の作った晩御飯みたいなビジュアル。
たらふく食べて、元気が回復。










スキー仲間達と別れて、ここからはファミリースキー。
ジナン君とハトコ君一家。そして財布を家に忘れた僕と財布が有るのでいつも以上に語気がきつくて鼻息が荒い強気のヨメ子さん。











難しい話は無しにして、とにかく楽しく滑る事に専念。
そして、今日スキー技術より深く考え無ければならない事は、ヨメ子さんに立て替えて貰ったリフト代と昼食代を返すか?忘れたふりをするか?この点に尽きる。
そして、昼過ぎからどんどんと人が帰り始め夕方も4時近くになると空いて来た。を通り越して淋しくなってきた・・・・
帰路の170kmの運転も考えて最終リフトを待たずに撤退です。










楽しい時間は本当にあっという間。
名残を惜しんでゲレンデを離れます。
今シーズンも有難うございました。










今日も夕陽を眺めながら北上。
普通列車と並走する長閑な空気。










小回りと大回りは良いイメージでシーズンの終わりを迎える事が出来そう。
しかし、不整地は相変わらずヨメ子さんが酷評。
仲間に撮ってもらった動画を見たら確かに・・・・
左手が下がったり、x脚の要素が見えたり、確かに反省材料が沢山、来期頑張る為のモチベーションとプラスに考えるべきか。









さて、明日はいよいよ新元号が国民に知らされる日。人によって受け取り方は違うであろうが、無責任にマスコミは浮かれて騒ぎ過ぎの感もある、情報を扱い伝えるプロなのだから高い給料分喜ぶ物を作って頂きたい。

一ヶ月後には日本の時代が切り替わる大きな節目を迎える。
昭和、平成、新たな元号。
三つの時代を生きる事になるんだなぁ。
Posted at 2019/03/31 23:19:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | スキー | 日記
2019年03月26日 イイね!

18-19 スキーNo.番外編③ スキー試乗会@札幌国際スキー場

18-19 スキーNo.番外編③ スキー試乗会@札幌国際スキー場週末に往復800km以上を走ったスキー旅行。

目的の一つである札幌国際スキー場で行なったゼビオスポーツのスキー試乗会。

スキーに興味が無い方にとっては退屈極まりない内容となります、ご容赦を。

この日は100本近く用意されたスキー全てに乗りたかったのですが時間と体力は有限、乗ったのは偏ったチョイスであったが普段のらない種類のスキーにも乗る事が出来て満足な試乗会となった。










ゴンドラ運行前から付近をウロチョロしてゲレンデの風景や試乗会の準備模様を物色。準備で忙しいスタッフの方がお宝の沢山載ったソリを引っ張ってますね。
alt











足慣らしを終えて、早速試乗会に参加。
事前にエントリーをしていたので受付はスムーズ。
alt









それでは、試乗会スタート!
参考までに乗り手の年齢は中年真っ盛り、身長体重は日本人平均レベル。足前は1級2級に毛の生えた程度。主観的な感想なのでスキーの絶対的な性能では無いことをお断りしておきます。











【SALOMON S/FORCE BOLD】
177cm R16 132-84-116 
¥140,000

alt
試乗会1本目に乗ったスキー。
スタッフの方に今日のコンディションで一番楽しいスキーはどれですか?と聞いてチョイスして貰いました。サロモンの新しいシリーズと言ってた気が。
新雪と荒地のコースを特に期待せずに滑走。基礎板の場合はちょっと難儀しそうな荒れ方だが、このスキーはお構い無しに荒地を突破、バタつきも少なくてこりゃぁ気持ちよい。R16だが思ったよりも深いターンも楽しめる。大きなゲレンデを気持ちよく流すなら一本欲しいなぁと食指が・・・
整地やアイスバーンでも試してみたかった。今回一番楽しかったスキー。












【VOLKL DEACON80】

177cm R16.9 128-80-111 
¥115,000
alt
このスキーをもし所有していたら、気軽にゲレンデを流しましょうか?って日に使いたいかなと感じました。
試乗では新雪と荒地を楽に滑ってみた。長さを感じさせない操作性。S/FORCEよりまったりとした印象。
こちらも、しっかりと雪面を噛むので雪質を問わずにロングクルージングを楽しめた。
操作するよりも、乗っていくスキー。速度にもそこそこ強く、長いコースを楽に過ごせるかな。













【STOCKLI STORMRIDER 88】

177cm R19 122-88-114 
¥175,000

alt
ぎらぎらした姿のフリーライド板。コスメが新巻鮭みたいにピカピカで目立ちます。
この日のゲレンデコンディションだった悪雪をやさしくクリア、R19なので反応はやや遅く感じたが乗り手の問題かも。加重するとスーッと加速するのがわかるので面白い。
混み合ったゲレンデではなく広く長い斜面のクルージングが楽しいとおもう。
オールラウンドスキーとファットスキーの良いところを持っているかなぁ。乗ってみると案外真面目なスキーでした。88mmのセンター幅で、深雪はもちろんオンピステでも気持ちよさそう!












【STOCKLI WRT LASER GS FIS】 
176cm R22 
¥208,000

alt
その値段に釣られて試乗。こんな高級なスキーに乗ることはもう無いかな?
ターン初期からトップをしっかり捉えて、その後はグリップ感が柔らかく張り付く好印象。
そして足元がしっかりとしているので切り替えが容易。
スムーズなターン操作かつ、にゅ~っという重厚な張り付き具合。
推進力もあり少し混んでいるバーンだと怖くて満開に滑る事が出来なかった。
縦気味のターンで速度を上げ滑っても恐怖感を感じない安定性はさすが。





【STOCKLI LASER CX】

170cm R14.1 122-68-100 
¥185,000

alt
重たいGSモデルに乗った後だったので、全体的に軽く感じる。
乗り味はしっとりマイルド。ターン導入も難しくなく素直。角付けを強くする毎にエッジグリップも強くなり気持ちが良い。
操作性はニュートラルで今回の乗った中で抜群良い。エッジの離れもよく切り替えも素直で好印象。
問題はやはり値段か・・・・・














【ROSSIGNOL DEMO ALPHA  PLUS TI】

167cm R13 129-77-109 
¥137,000
alt
今年のロシはピンク!ロシ愛が試される色のトップシート。
乗った第一印象はトップの食いつきの良さ。簡単に軽快なスキー操作をしやすく感じた。太目のセンター幅だがトップが129あるからだろうか?当然安定感もあるので楽。
ズラシ気味のショートターンをすると面白いくらいテールが動く軽快さも。
また、ターン後半で板の抜ける走りに体を合わせる事が出来たとき面白く滑る事ができた。ピンクでも赦しちゃう!
何でも一本で済ませたいという人に良いのかなぁ。











【ATOMIC REDSTER X9i】

168cm R13.5 118-75-109.5
¥129,000

alt
軽くて扱いやすい印象、ちょい太めのセンター幅75は好き嫌いが出るかも。
しなやかにターン弧を描く事も面に乗って滑る事もバランスよく感じた。
マイルドで優しい板だが、速度が上がっても思ったよりも安定感があったスキー
キュンキュンというよりシューシューってイメージ。










【SALOMON  S/MAX BLAST】

165cm R15 121-72-106
¥140,000

alt 
安定感とエッジグリップはしっかりしているが、レスポンスがちょっと重い印象。
試乗したギャップの多いバーンではスキーの固さが難となり常に操作が必要に思え忙しかった。
しかし、しっかりと撓ませると気持ちよくエッジをグリップさせたターンが出来て気持ちの良い一面もみせた。
試乗したバーンは荒れ放題だったので、整地だともう少し違った印象かも。
しっかりと操作の出来る人向けと感じたスキー。

















んー、いかん。惚れ易い性格がムズムズ。
これは、ヘソクリがいくらあっても足りないぞ・・・・

Posted at 2019/03/26 19:25:33 | コメント(5) | トラックバック(0) | スキー | 日記
2019年03月24日 イイね!

18-19 スキーNo.59 スキー同好会御一行で札幌国際ジンギスカン&ゼビオ試乗会

18-19 スキーNo.59 スキー同好会御一行で札幌国際ジンギスカン&ゼビオ試乗会今日は札幌国際スキー場へ。

やっとシーズン59日目の滑走です、昨日実施した廃人ペース滑走のために若干の疲労感はあるのだが、それを吹き飛ばす程に期待感の大きい朝。

天気予報は曇りだったはずであるが、カーテンを開けて窓から外を覗くと粉雪がモサモサと降る真冬モード。

今は本当に三月末なのか?

そう思いながら狭いホテルの部屋でそそくさとスキーの準備を整え、イザ出発だ。







朝6:50分、結構良い勢いでの降雪。
車に積もった雪を下ろしながら、目的地である札幌国際スキー場は悪天候でなければ良いなぁとドキドキ。
alt








雪下ろしと暖機運転も終わり、さあ出発!
しかし、道には除雪が入っておらず小樽運河の前は悪路となっていた。
こんな状態だと僕的に走行の難所となる途中の峠道は大丈夫か?
alt






悩んでもしょうがないのでハンドルを握り締めアイスバーンやザクザクの轍が続く峠道を走行。

予想よりも札幌国際スキー場への到着が早かったのでハウスから2列めと結構楽で良い場所に駐車出来た。
alt








こんな感じのレイアウトのゲレンデでファミリーでも楽しめる、週末は札幌からの家族連れで賑やかな場所。
数年ぶりの来訪と普段会わない方と滑るのでちょっと緊張です。
今日の参加メンバーは
beaver@vivaさん
jin@wishさん
まねしすはいさん
otsu☆さん
こうじ@ODYSSEYさん+師匠
(ゲレンデ到着順)
alt




到着が早すぎたので時間をもてあます。
身支度を整えてふらふらと散策、喉が渇いたのでmyスキーのお供である豆乳(謎)を飲むために車へ戻ると駐車場でbeaver@vivaさんにお会いできました。ほぼ1年ぶりの再会。
alt
試乗会の準備を覗きながら、お目当ての板を物色です。












コースはこの通りに真冬みたいです。春のザラメ雪を覚悟してましたが、とても良いコンディションなのでやはりここは1日券。ICIの抽選会参加券のおまけ付き。(ガラガラを回した所、僕は末等のチロルチョコ)
alt





9:30にゴンドラ営業開始。
某スキー廃人の手引きで当然一番乗りを目指します。最前列で待機しながら軽いウォーミングアップ。
alt








よし、ゲレンデ一番のり!しかし、山頂はちょっと天気が良くない・・・
滑ってみると、締まったバーンの上に数センチのパウダーがのった状態、案外気持ちが良い。
alt







スタートから元気いっぱいのjinさんとご一緒に何本か足慣らし、すると少し天候が回復。
alt






さて、ゼビオスポーツ試乗会の開始時刻になったので、エントリーを終えて来シーズンの板を物色。気になるスキーを借りて色々なモデルを楽しみました!
詳しい事は後ほどに。
alt





いつの間にか青空が。絶好のスキー日和。この空が続けば美味しい野外ジンギスカンを食べることが出来そうです。
alt






同好会の皆さんとはスタートがバラバラだったのでタイミングをみて合流を目指します、ゴンドラで頂上に上がったどころで山頂に皆さんの姿。
alt





やっと5人のおっちゃんが集合。これでスタートメンバーが揃いました。
alt







暦は春であるが、この日は冬のハイシーズンに負けないコンディション。
alt







各々が好き勝手なスキーを試乗。
見事に趣旨がバラバラ。
alt








時間を忘れて最新のスキーを楽しみます。
alt






天気が荒れてきた頃に最後のメンバーのこうじさんと合流。やっと平均年令が低下。

どころでだれですか?雪男は!吹雪が酷くなってきた。立ってるだけなのにこの風で顔が痛い。
otsuさん、この嵐で写真どころではないですよ!
alt








しつこいですが、完全に真冬です。
alt










悪天候の中で何本か滑り、いよいよ昼食の時間。今回のメインイベント野外でのジンギスカン食べ放題!
雨雲レーダーを見ながら天候の回復を祈願する。
alt





しかし、様々な事情(天気の回復の見込みが無さそう、気温が低すぎて肉が焼けない、そもそも手が凍るだろう!、前回は米が凍った!など)で、諸条件を鑑みてわがチームはジンギスカンを断念。







ところが、ふとデッキに目をやるとチャレンジャーの一家がジンギスカンを。
というか、これは罰ゲームに見えなくも無い・・・・
このマダムの切なそうな顔は少し気の毒になってしまった。
alt







代わりに国際スキー場名物のカレーラーメンを堪能。
相変わらず味がくどくて素敵です。
楽しい昼食と談笑。
はじめての方も久しぶりの方も前日ぶりの方もありがとう御座いました。
又よろしくお願いします!
alt





その後は、滑る派と帰る派に。
僕も帰り道の事を考えて早めに上がります。
真冬の様なバーンから離れることが誠に残念。


さぁ、時間が来た最後の一本。
alt








沢山滑ったのだが、楽しくて疲労感をすくなく感じた1日。
名残惜しいのですが、これで札幌国際スキー場を離れます。
alt






帰路は圧雪道、アイスバーン、氷の轍、舗装路のが次々と入れ替わるひどいコンディション。
ふとサイドミラーを見ると、綺麗な夕日。
alt







ちょっと止まって写真を一枚、風が強くて気温がー5度なので寒い・・・
alt







オロロンラインの夕日を左側にみながら北上。
alt







やっぱり、帰り道は心情的を反映してか見える景色が寂しい感じ。
alt







日本海の荒波と夕雲を眺めながらのんびりと走る。
alt







夜遅くに、何とかわが町に無事到着。どろどろの車は洗って返さないと叱られます。

alt







今回は強風、悪路、スタッドレスと条件が悪い中でそこそこ良い燃費であった。
alt









スキー同好会の皆さまありがとう御座いました。
来年こそジンギスカンのリベンジをしましょうか!
Posted at 2019/03/25 12:05:10 | コメント(6) | トラックバック(0) | スキー | 日記
2019年03月23日 イイね!

18-19 スキーNo.58 春スキー@ルスツはまるで真冬。

18-19 スキーNo.58 春スキー@ルスツはまるで真冬。宿泊先のホテルの窓から外を眺めると粉雪の降る朝。

余っていた回数券の消化の為に今日はルスツへ、一日券を使い倒す為に朝一のリフトを目指します。







ホテルの駐車場をでる頃に、空は青空に。








道路は冬の景色。
中山峠を越える頃の気温は-9度と冬みたい、こりゃゲレンデのコンディションはハイシーズン並みを期待。










小一時間走り、ルスツに到着。ジュニア技術選が開催されているので駐車場は早い時間だが沢山の車が止まっている、上手く空きスペースを見つけて早速スキーの準備。










沢山のジュニア選手達、緊張感タップリの人たちを尻目に、申し訳ないがこちらはらエンジョイスキー。
今日はあのスキー廃人のみん友さんがご一緒してくれるのでハードな一日になりそう。








ゴンドラ乗り場で無事にスキー廃人まねしすはいさんと合流。
連絡用のゴンドラで隣の山に向かいます。










朝一のゲレンデは当然誰も滑っておらず、清々しい。
おっさん二人はドンドン奥を目指します。
雲行きは怪しいが取り合えずば青空もちらほら見える。こりゃ気持ちがよい。










気温も低く、木の枝が見事なくらい真っ白に。
とても三月末とは思えない、冬のハイシーズンと勘違いしそうな天候。
ロングドライブの甲斐がある。









綺麗な樹氷をせっせとファインダーに納めようとするおっさん二人。
スキーは気軽に出来る冬山登山、お気軽に非日常を味わえる事が楽しい。











分かり難い写真ですが、整地ばかりの滑走も飽きたので、、、ツリーランをまねしすはいさんに教わります、固いバーンの上に申し訳程度さらっと積もった雪。これでもよい経験です。









リフトの下をおっさん臭いを撒き散らしながら加齢に滑ります。
そして、本当についでです。
間違いなく!ついでですよ。












リフトから落とした僕のストックを回収します。











そして、つらっとコースに復帰です。おかげさまで僕もストックも無事。
とにかく失礼致しました。







そして、お腹が減ったので、カメムシが元気なカフェでランチです。










ストックをリフトから落とした後に、さらにカツカレーへお釣りの10円玉を落としたのは僕が情けなくなるので秘密にしてほしいです。



 





午後からは青い空が見え始めたり曇ったり、降ったりやんだり、忙しい空。









白と青の素晴らしい景色。
こりゃ無邪気に楽しんだ人の勝ち。









沢山のスキーヤーやボーダーが同じ景色を楽しんだ。気持ちの良い午後のひととき。







しかし、リフトを数本乗り時間が経つとこんな天候になることも。
どちらか言うわけでなく、今日は滑走距離を60km越すまで帰れないらしい。
この時点で地味に足腰にガタが来始めてる、大丈夫か?








17時近くまで頑張って、60km滑走をクリア!
変なアイスバーンが出始めたのであまり楽しくないので、この後にちょっとだけ滑って今日のスキーを切り上げることに。








まねしすはい様、一日お付き合い有り難うございました!そのタフさに乾杯!









明日はスキーの試乗会、会場に近い小樽に向かいまず。
それにしても、汚い足まわり。綺麗にしてあげたいが、帰り道もあるから我慢。









ホテルにチェックイン、晩御飯を食べに外出。








駅から少し離れた寂しい路上にぽつんと灯りが。
近づくとお蕎麦屋さん、丁度身体も冷えたので温かい蕎麦でも頼みましょう。









マスターが独りで切り盛りする小さな手打ち蕎麦の店。
一品ずづ丁寧な調理。飛び込みで入ったがよいお店だ。





いか天蕎麦。
美味しく、ホッとする晩御飯となった。











明日は札幌国際スキー場で来期スキーの試乗会、楽しむぞ!

Posted at 2019/03/23 22:48:09 | コメント(2) | トラックバック(0)
2019年03月22日 イイね!

冬に逆戻り、悪路続きの道を札幌へ。

冬に逆戻り、悪路続きの道を札幌へ。今頃になって、今年一番の降雪な気が。






見える景色はすっかり真冬。






週末は二泊三日のスキー旅行、
仕事を終えて車を走らせます。 
道中は、ホワイトアウト付の吹雪あり、ブラックアイスバーンあり、キタキツネの特攻あり。









コンビニでちょっと休憩。
ドアを開ける時には、バリバリと変な音が、外から見るとC-HRさんは
ドロドロ、カチカチ、ザクザクに。



     



別アングル、こちらも小汚い。
いや、大汚い!







出発から五時間、札幌市内に。
雪は少ないが所々にアイスバーン。 






春の嵐は多くの人には大迷惑だか、一部のウインタースポーツ愛好家にとっては恵みの雪。
こりゃ、スキー旅行が楽しく成りそうだ!

   
Posted at 2019/03/23 06:20:01 | コメント(2) | トラックバック(0)

プロフィール

趣味と日常の備忘録。 車の話は少ないかなぁ。話題はちょくちょく脱線しますのでご勘弁を! 車いじりは誰でもできる簡単な事しか出来ず、それでも楽しいカーライ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザープラド トヨタ ランドクルーザープラド
久しぶりのクロカン4駆。 冷やかしで中古車(1年落ち150プラド)の見積もりを取ったつ ...
トヨタ C-HR トヨタ C-HR
通勤、買い物、スキーの足、ロードバイク積載、ヨメ子さんの飲み会送迎に大活躍。 小さな排 ...
トヨタ サクシード トヨタ サクシード
平成17年登録のサクシードワゴン、平凡なスペックで1500cc、4AT、4WD、日本中何 ...
トヨタ エスティマハイブリッド トヨタ エスティマハイブリッド
北海道では冬の事を考えるとやっぱり4WDが安心。 好燃費とモーターアシストによるスムーズ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.