• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

C.A.Mのブログ一覧

2019年07月12日 イイね!

5.6.7.3631

5.6.7.3631おお、今回は早かった。
Posted at 2019/07/12 18:46:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記
2019年05月18日 イイね!

加速増量

加速増量モデル化に変更した時に、
VEテーブルのセッティングをしないといけないので、

加速増量と
減速時燃料カットと
クローズドラムダコントロールを
オフにしていました。

VEテーブルがだいぶまとまってきたので、
これらをオンにしました。



が、エンジンかけたら、ガルンガルン言って、エンジン壊れました。
いや、壊れたみたいな回り方でした。

すぐ止めて、車から降りたら、車庫内が真っ白!
これは、超リッチ!



。。
いったいなぜ???

。。


どうやら加速増量補正のようです。
オフにしたところ、直りました。



検証


加速補正不感帯がなぜか0.2%と小さくなってました。
デフォルトは2.0%のはず。



うちのピギーバックのためかもしれませんが、
アナログセンサーの数値が結構振れてます。
スロットルポジションは、エンジン切って合わせますが、
エンジンかけるとオフセットかかって 0.0% → 0.2〜0.5%になってしまいます。
じゃぁとエンジンかけた状態で合わせようとしましたが、
全開側は無理。。。。エンジン切っておかないと合わせられないですよね😆



再現実験


加速増量補正をオンにしてみると、
不感帯の設定以上にスロットルポジションが振れているので、
アクセル踏んでないのに加速燃料が出っぱなしになりました。

しかも、けっこうな量が噴かれてるような。。。

トラディショナルの時の設定は

負荷軸がMAP、不感帯が2.0%の他は同じです。
オフしておいてオンしたら元の設定に戻るってわけでもないみたい。。。
気をつけないといけませんね。

増量%は何に対しての%なんだろう?
トラディショナルだったら、イメージ的に20%増しとかわかるんですけど
モデル化では???

追記ーーーーーーーーーーー
モーさんではIJPU、リンクさんで言うベース燃料かける%だったような。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

んで、困った時のモーさんで
m1の設定を見てみたんですけど
見つからない。。。。。


AVOのブログに書いてありました。
加速増量は無いと。

モデル化では いらないんでしょうかねぇ???

でもDジェトロでもLジェトロでも、
センシングの遅れを見越してのTP加速増量なんじゃないっけ?


また しばらくは加速増量オフにしておこうと思いますけど










Posted at 2019/05/18 20:05:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記
2019年05月14日 イイね!

負荷(計算値)とエンジンrpm

とりあえず、
実走ログから負荷絶対値と負荷計算値の比を求めて、
エンジン回転数ごとにプロット。

だいぶバラついたので、フィルタかけてデータを整理。
ちょっとフィルタかけ過ぎで結果誘導してる感もあるけど。。。

ブーストかかる回転域では 絶対値が計算値の1.5〜1.6倍くらいのようです。

性能曲線図の最大トルクカーブが負荷計算値の100%でいいみたいですね。
Posted at 2019/05/14 09:43:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記
2019年05月11日 イイね!

SAE J1979 OBD2

エンジン負荷についての検索
以前見つけた情報の大元より


負荷(計算値)

エンジンrpmに応じた最大空気流量(WOT、標準大気)が分母のようなので、
アイドリング1000rpmの時と最大トルク5000rpmの時では分母が違ってくるということかな?


負荷(絶対値)




ノーマルECUがこの負荷の数値をOBD2に出すためには、
空気流量の計算をしているということだから、
ノーマルECUはモデル化の計算手法でエンジン制御をやってるんでしょうね。
Posted at 2019/05/11 21:03:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記
2019年05月11日 イイね!

ふか

そういえば、
うちのはノーマルコンピュータにピギーバックなので、
ノーマルコンピュータの負荷値をOBD2で見れるのでした。

負荷値というのは、単純にいって吸入空気量ということ。


早速 CANを設定。

OBD2への要求の設定。


OBD2受信の設定。

パラメータ数制限が38個みたいで、オーバーしてしまうので、ノックとか いくつかのパラメータをやむなく削除。。。


CAN AN V7紫が負荷(計算値)
CAN AN V8赤が負荷(絶対値)

黄色がLINK G4+ モデル化での 負荷(絶対値)
アイドリングでは、なぜかノーマル赤とLINK黄色が3%ほどずれてる。
計算値紫とは合ってるんだけど、それはたまたまなんだと思うけど。。。。

まぁいいやと、実走へ

OBD2はデータの更新がまばらなせいか階段状になってますが、
階段の左上の角を見て比較してみれば
ノーマル赤とLINK黄色はほぼ合っているみたい。
平均値で見ても1%くらいになってる。


サイド引きながらアクセル開けたところ

負荷(計算値)紫が100%に達した時、
つまりノーマル最大トルクの時に
負荷(絶対値)赤が155.6%となることがわかりました♪

ここで見えてる165%というのはノーマルよりトルクアップしているということですかね。
負荷絶対値のほうは、シリンダ容積を100%にとってるので、
ブーストかかれば100%以上になる数値です。


負荷絶対値どうしで比較して
ノーマルとリンクで2〜3%もずれてるっていうのは、
なんでかなぁ。。。。





。。


仮説
アイドリングの時は、MAPの脈動が大きいんだけど
ノーマルとリンクで検出のタイミングが違うか、平均の取り方が違うとか??

充填温度近似率や充填冷却の設定が違うとか?

アイドリングで大きく違うのは、インジェクタ無効噴射時間の設定がずれてるとか?

燃料温度、仮定で35度にしてる。燃料密度デフォルトで0.7450g/ccにしてる。
ここが違えば、テキゴーしたVEマップにズレが入り込むはず。



普通に考えて、
セッティング途上の後付けフルコンより純正コンピューターの方が
正しく吸入空気量を推定計算していると思うので、
なるべくこの数値に近づけられるように考えたほうが良さそう。。。

Posted at 2019/05/11 15:01:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記

プロフィール

なんか作ってれば満足
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

むかしむかし 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/30 23:17:16
 
らくがき帳 カメラ用 
カテゴリ:写真 カメラ
2016/09/19 21:52:18
 

愛車一覧

ホンダ ビート 赤ビート ターボ (ホンダ ビート)
ぜんぜんジムカーナ練習会に行けてない車
スズキ ジムニー 紺ジムニー ターボ (スズキ ジムニー)
昔乗ってたのと同じ模様をいれました。 大事な乗用車なので、イジらない。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.