• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

C.A.Mのブログ一覧

2017年10月31日 イイね!

あいどる

フルコンで意外に大変なのがアイドルコントロール。

クランキングからファーストアイドル、暖気をへて、通常アイドルへ。

たいていは空気量不足で
エンジンかかりがわるいとか、
かぶるとか、
かかってもすぐ止まるとか、
ストールしそうとか、
波打ってるとか。。。
こんな症状を消せてないうちは、
寒くなると まずかからなくなりますね。



現在は、
アイドルコントロールをノーマルコンピュータにやらせているので、
この流れがスムースで、エンジンかかりもいいし、
暖気中もまるでノーマルのようです。
(ノーマルにはちがいないんだけども。。。)


で、いろいろながめているうち、
このノーマルのアイドル回転数の流れをそっくりコピーできれば、
あとあと便利かなと。



アイドリング見物用のログシートを作り、

青線のLINKアイドル目標値をこれに近づける方法をさぐります。

LINKに準備されているのは、
アイドル目標RPMテーブル2D:
水温ごとのアイドリングエンジン回転数

アイドル目標RPMトリムテーブル3D:
デフォでは、車速とエンジン作動時間になっていましたが、
水温とエンジン作動時間にしました。
トリムテーブルなので、メインのテーブルにプラスされる形です。



いろいろ試してみた中で、
(しつこいですが、アイドリング回転数制御はノーマルコンピュータがやっていて、
LINKは計算しているだけで、出力はしていません。)

冷間始動し、水温50度になったら、一度エンジンを切って、再始動。
60度になったら切って、再始動
というのを10度ごとくらいにやり、ログを見てみます。




エンジン回転数と水温の散布図を作り、
水温ごとのアイドリング回転数を拾います。
この数値で、メインのほうの アイドル目標RPMテーブル2D を埋めました。



水温60度の時の再始動の様子から

エンジンかかってからの時間とアイドリング回転数を拾います。


同じように水温72度の時の再始動の様子から

エンジンかかってからの時間とアイドルリング回転数を拾います。

これらの数字からメインのテーブルの数値を引いたものが
トリムのほう アイドル目標RPMトリムテーブル3D に埋める数字です。

ベースのメインテーブルとのからみがあるので、ちょっと変わった数字の入り方になってます。



で、テスト。

まぁまぁ近くなったかな

まだエアコンアイドルアップとかは無反応。



ノーマルのコンピュータがどんなアルゴリズムで制御しているのかはわかりませんが、
自前のフルコンのいろいろな機能を理解して、うまくあてはめていくと、
同じような出力を得られるようにできるはずで、
そんなパズルが とてもおもしろいです。

ログみれば、
ノーマルコンピュータと答え合わせができるので、いいですねー。

サブコンも面白いな♪







Posted at 2017/10/31 20:12:23 | コメント(5) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記
2017年10月29日 イイね!

ろぐから

燃料セッティング中に
ノックレベルが高かったところ

といっても、
低速巡航中に無理矢理にWOTしたものばっかり
サイドブレーキ引いて負荷かけてたりもしてる
耳には苦しそうな音しか聞こえなかったけど。


ノーマルの点火信号(CAN温度 Cly3 赤)はATDCまでいってる。(実際の点火はLINK)
ノックを検出して遅角したのか、もともとのセッティングなのかは不明。。。

(メモ。負数のため65519とかになってる → 代入パラメータを変更して負数に対応させとく)



エンジン回転自体もブルブルしてるような。。。




燃料薄めなせいかな?


吸気圧力上がると回転数は上がってなくてもノックレベルが上がってるから
メカノイズばっかりというわけではないみたい。







ノーマルコンピュータをログしたもの

つまり、ノーマルコンピュータの実測A/Fなんだけど、目標A/Fでもあるわけで。

LINKを低負荷全域ストイキにラムダコントロールさせたら
チェックランプがついて too Leanがでたので、
ノーマルは濃いめにセッティングしてるところがあるのでは?

と思ったんですが、

じつはストイキの領域の方が少ないくらいなようで。


Posted at 2017/10/29 21:37:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記
2017年10月29日 イイね!

雨の日

道が空いててちょうどよかった。


助手席のパソコンは全く見れないので



USBミニモニタ使いました。



まだ燃調がうまくないので、こんなんでます。


整備手帳 サブコン化計画 その26 燃料





じゃあ、ノーマルだとどうなんだろ?
と、燃料、点火ともノーマルに制御させLINKでログを取ってみたのが、

このログの最後の部分、3本目。
A/Fの振れ方が違うようで。
やっぱりうまく抑え込んでる感じ。

一番下のCL(クローズドループ)ラムダ燃料補正のところを見ると、
1〜2本目のLINKの制御ではプラス側がぜんぜん無い。
ということは燃料テーブルの山がまだ全域で高めってことなんでしょう。

3本目はLINK側はノーマルの燃調の結果のA/Fに対して補正の数字を計算しているだけで
制御は出してないことになりますが、プラスとマイナス両方に振れてます。
なぜかアイドリングではノーマルは14.4くらいにされてるので、
補正値がどんどんマイナスしてるとこがありますね。
ノーマルは目標A/Fがストイキ14.7じゃ無いのかな???

乗り味は。。。。。
ノーマルは無難にうまくまとめてあるように思います。

LINKのほうはまだいくらなんでもデータが若過ぎです。
荒っぽいとこ多い気が。
でも、ノーマルでは気になる4500rpmのジャラジャラした悲鳴っぽいのは、感じにくいような。。。


まだよくわかりません。
思ったよりおんなじです。

以前にもフルノーマルにフルコン付けてというのを何度かやりましたが、
ほとんど変わんないんですよねー。
ボトルネックになってるところを解放してやらないと化けません。



巡航中、むりくりWOTでノッキング。。。。全然出ない。

これはノーマル燃料、点火なんですが、
点火時期がATDC2.5とか、ひどく遅角しているので、
ノックが検出されて補正されたのかと思いましたが、
センサーレベルはぜんぜん低いままなので、
そういう点火時期のセッティングみたいですねぇ。

Posted at 2017/10/29 18:48:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記
2017年10月28日 イイね!

ノックをひろえ

今はノックを見たいので、
時間がかかる燃調はあとまわし

この前作ったN型ハーネスを使い

点火だけLINKでコントロールさせることにして
ノックの録音とログ取りの散歩に出かけました。



う〜ん、点火時期進めたのに、全然気持ち良くなってない???
どっちかいうと悪くなってるような気も。。。。
進めすぎたかな?

もともとはレギュラー仕様なので
ハイオク入れて伸びしろあると思ってたのに。。。

それとも、
火が弱くなってるとか??ドエルタイムか?

帰って来てからいろいろみてみる

途中、巡航中にむりくりWOTしてみてノック起こしてみようとしたところ。
起きてないみたい。。。
(CAN温度 Cly #3の赤が、OBD2から取ってるノーマルの点火時期です。
更新周期が遅いんだけど、なんとか比較にはなるかな。。。)

点火時期は進めれば進めるほどよくなるってもんでもないから、
進めすぎたのかな。。。


ノーマルの燃調もこの時期に見ておいて、
あとあとのA/Fテーブル作成の参考にしておくため
ミクスチャーマップを見てみると

家の周りで見たときはA/F14台だったんだけど、
ストップアンドゴーばっかりだったけど、
今日は海沿いで一定速巡航だから違うのかな??
なんだか濃いめに見える。。。
ふ〜ん、ノーマルでもターボだと濃いめなんだ。
いよいよチューニングの伸びしろなさそう。。。
(燃費どうとかで、もっと薄くされてると思ってた)

それとも点火進めたから濃くなった?そんな理屈あったっけ?いや無いはず。




それよりノッキング。ノックセンサ。ノックレベル。

どうやって安全にノックさせようか?
とりあえず、からぶかしで
点火マップの一部を思いっきり進めてみる。45度
ん、なんかぼあぼあっとした。
60度にしてみよう。
ん、これ燃料マップだった。
まちがい。

元に戻して、
点火マップをいじる。
う〜んわからん。
やっぱり空ぶかしじゃ無理ぽい















。。


ん?



さっき燃調変わった?



えっ




いちおう確認

汗。。。。😥

点火がノーマルECU、燃料がLINKになっちゃってます。。。

Posted at 2017/10/28 22:59:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記
2017年10月27日 イイね!

ノックバランス

ノックセンサはエンジンブロックの真ん中辺
#2シリンダーのところに取り付けられてるので、
#1、#3シリンダーは遠い分、信号レベルが低くなります。
それを揃えるのが、Cly1〜3 knkレベル ゲインの設定です。
1.00
1.00
1.00
だとたしかに#1シリンダーのノックレベルが低く見えます。
#3は#2よりわずかに低いかな。

ピーク値で比較してもよくわからないので、

区間の平均が簡単に見れるようなログワークシートを作ってみました。
下のタイムプロットのところで区間を選んでやれば、統計情報の欄に平均が見えます。
(ちょっと訳が違うようで"意味"になっちゃってますが、原語はmean=平均値です。
S.D.はstandard deviation=標準偏差ですかね。)

4000rpm一定くらいにエンジン回しておいて、
あれこれ変更してみて
1.06
0.98
1.00
と設定した結果が、画像の様子です。
ヒストグラム見るとレベルの分布が正規分布な形ではないようなので、
たぶん複数の要因によるばらつきなんでしょう。
なので、平均とるのが容易でないんです。

このワークシートを表示させておいて、PCログをONにすると
リアルタイムに統計情報も更新されるんですねぇ〜。
これは便利♪

ログで記録して、ログビュアーで開いて解析ってしなくても、
エンジンかけたまま、運転条件を変えながらその場でログ見れる♪
さすが最新型♪

だいたいレベル揃ったかな♪







。。




あとで気付く。
さっき合わせたのはバックグラウンドノイズのレベルであって、
カットする部分のレベルの大きさってこと。

見たいのは"ノッキングの強度"なんだから、
ノックの信号強度が揃うようにしないとな訳で。
これじゃないじゃないか。。。。

やはり、実際にノックを起こさせてみるしかない???
(でも全気筒に均一な強度のノックを起こさせるなんてできるのか?)

一度も本物のノック信号を見ていないから
正しいイメージでものが考えられないんでしょうね。

安全なノックのさせ方をさぐらねば。。。。。



Posted at 2017/10/27 13:43:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記

プロフィール

なんか作ってれば満足
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

むかしむかし 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/30 23:17:16
 
らくがき帳 カメラ用 
カテゴリ:写真 カメラ
2016/09/19 21:52:18
 

愛車一覧

ホンダ ビート 赤ビート ターボ (ホンダ ビート)
ぜんぜんジムカーナ練習会に行けてない車
スズキ ジムニー 紺ジムニー ターボ (スズキ ジムニー)
昔乗ってたのと同じ模様をいれました。 大事な乗用車なので、イジらない。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.