• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cha-riのブログ一覧

2010年04月29日 イイね!

関越ジムカーナ練習会:速い理由は、Zか、NT05か?!

関越ジムカーナ練習会:速い理由は、Zか、NT05か?!GW走り込み第1弾、関越ジムカーナ練習会に参加した。

さすがGW初日、台数が多い。
しかし、AMはウェット、PMはドライと、
タイヤテストにはもってこいのコンディション。
これで、NT05の基本的なことはわかった…かな。

・空気圧は2.8kgf/cm2を基準に、路面に合わせて調整。
・3大メーカーのタイヤと遜色ない縦グリップ
・対して、横方向は一気にグリップを失う
  →ラフなアクセルワークでスパッといく。
・タイヤをじっくりたわませてグリップさせるが吉。
・皮むきはしっかりと
  →街乗りレベルじゃまったく剥けない。

1点、気になるが。
フロントに275を履いたためか、
Yaw中心が前輪車軸あたりになってしまっている。
もっと車両中心、
もっと言えばドライバーを中心にYawを感じたいのだが…。
現在のバネは、Fr:12kgf、Rr:20kgf。
フロントのバネレートを14~16kgfに上げる予定である。

しっかし、Z34のポテンシャルには驚いた
ドライ/ウェット共に、
ベンチマーク車両を秒単位でぶっちぎるタイム。
ドライバーがあれだけミスをしているにも関わらず、だ。
同行したSW20トップの走りとLaplaceで比較したが、
トップスピードこそ劣るものの、
コーナーリングスピードがダントツに速いのだ。
手前味噌だが、
直線が少ないコースレイアウトならば、
そこそこ優位に立つことができそうである。
さらに、ウェットでその差は歴然。
ABSのおかげでコーナーに思い切り飛び込めるのだ。
かなり強力な武器になっている。

さあ、これでクルマの準備は万端
5/1は美浜ジムカーナで旗振り&試走、
5/4はG6 T2ラウンド、5/5はニュートンランド練習会、
そして、5/9は神奈川シリーズ第2戦である!
Z34はどこまでいけるのか?
運ちゃんの腕と精神力次第といったところ。(^^;;
Posted at 2010/05/02 09:56:00 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2010年04月22日 イイね!

4月秒殺トレーニング:NT05、ウェットテスト

4月秒殺トレーニング:NT05、ウェットテストあいにくの悪天候で、
ヘビーウェットとなったAZUR秒殺トレーニング

先日の神奈川シリーズに引き続いて、
ドライでNT05のテストをしたかったのだが、残念。
ウェットテストに変更。
さて、NT05の懸念事項の1つ、ウェット性能
極細のストリームグルーブで排水性は確保できるのか?
この日は、路面が濡れている程度から、
川ができるほどのウェットまで、
様々な状況でテストできた。

結論から言えば、"問題なし"と判断。
高速でコースに横たわる川を跨いでも、
ハイドロを起こすようなことはない。
ABSとの相性も良いようで、
ハードブレーキングでもヘンな車両挙動はない。
ドライでも感じた横グリップの低さも、
ウェットでは感じにくい。
タイヤの摩擦円が縦長から円に近づいた感じ。

ベンチマーク対象のFR/MR車両、4WD車両に対して、
十分納得できるタイムを安定してはじき出せている。
ドライブしてても速く感じないから不思議なんだけれど。
そもそもウェットで速いのは、Z34のABSのおかげだろう。
NT05のおかげではないと思う。(^^;;

しっかし、相変わらずタイヤからのインフォメーションは少ない
これはドライもウェットも変わらない特性だ。
Posted at 2010/04/30 23:24:52 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2010年04月18日 イイね!

神奈川シリーズ第1戦:新タイヤ、ぶっつけ本番!

神奈川シリーズ第1戦:新タイヤ、ぶっつけ本番!2010年JMRC神奈川シリーズが開幕!
スポーツラジアルタイヤ(非Sタイヤ)のクラスであるBNRクラスにエントリー。
当日は晴天、しかし気温はそれほど上がらず、路面温度も12℃止まり。

タイヤは先日装着したNT05
時間に余裕がなく、街乗りだけで第1戦に臨んだ。
タイヤが食うのか? どんな特性を持っているのか?
Z34との相性は?
試すことはおろか、
誰も履いちゃぁいないから、何の情報もないまま。

結論:インフォメーション極小、横グリップ低し。

本番1本目---------
取り急ぎ、空気圧は前後とも冷間2.4kgf/cm2
スタートから終始横向き。
パドックで迎えてくれたライバルたちからは、
「もう1段下のコース(=ドリッパ)を走ってきたら?」
と口々に言われるほど情けない走り
原因は、すべての操作が後手になっているため。
その元凶は「タイヤからのインフォメーションが皆無」だからだ。
とにかく、"何もしゃべってくれない"
Z1☆がおしゃべりだっただけに、その違和感は強烈。
まるで宙に浮いているよう。
あれ?勝手にヨーが発生している…ってことはオーバーかい!
とカウンターを当てても時すでに遅し。
ん?アンダーのはずだけど、ステアリングからは何も…まだいける?
とがんばってパイロンから遠くを通過する。
私は相当量の情報を、
タイヤインフォメーションから得ていることが証明された。
走行後のタイヤは、腐食したスポンジのようにザラザラ。
まるで砂消しゴムのよう、食っているようには思えない。

本番2本目---------
滑ってもいい、インフォメーションがほしい」をコンセプトに、
空気圧を、Fr:3.0kgf/cm2、Rr:2.8kgf/cm2に。
狙い通りタイヤからの情報は増えた、後手に回るようなことはない。
グリップも1本目に比べるといい。
街乗り1週間ではタイヤの皮むきが終わってなかったのかも。
しかし、縦に比べ、横方向のグリップが心もとない
ちょっとラフにGをかけるとスパッっとリアが出る。

反省走行--------------
神奈川シリーズは反省走行×1がある。
#クローズドクラスは本番前に慣熟走行があり、計4本。
空気圧を前後とも3.2kgf/cm2まで上げてテスト。
さらにインフォメーションは多くなったが、
タイヤが流れ出すタイミングが唐突に。
ちょっとやりすぎ

成績と総論--------------
成績はBNRクラス4位
3位とは0.05秒差、2位とは0.15秒差である。
1位はSタイヤばりのタイムで2位を2.5秒もぶっちぎった、
テクニシャンの青い人@SW。
興味深いデータを得た。
中間タイムトップとほぼ同タイムだったのだ。
落としているのはテクニカルセクション。
もっと言えば、最後の270ターンだということが判明。
NT05でもまだいけるはず
とにかく早くタイヤの癖を掴まないと。
別途、適正空気圧を探るテストを実施する予定。
Posted at 2010/04/30 00:57:37 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2010年04月04日 イイね!

NITTO NT05装着:初の新品タイヤ

NITTO NT05装着:初の新品タイヤNITTOから1月に発売された
NT05を装着。
サイズはFr/Rrともに、275
まあ、
なんとも前衛的なトレッドパターンですこと。
(^^;;

これまでFrにNEOVA AD-07、RrにZ1☆を履いていた。
しかしどちらも2年落ちの3部山。
先日、とあるジムカーナ練習会でトドメを刺した。
極悪路面で、とうとうトレッド面が剥離したのだ。
これで踏ん切りがついた!

JMRC中部ジムカーナ東海シリーズのRAクラスにエントリーするには、
レギュレーションの関係上、
ノーマル装着タイヤの荷重指数を上回るタイヤを装着する必要がある。

日本3大メーカーのタイヤが情報も多く安心なのだが、
DUNLOPとYOKOHAMAには、
Z34で前述のレギュレーションに合致するタイヤがない
そもそもZ34のノーマルタイヤはなんとも奇妙なサイズなのだ。

数少ない選択肢は、↓。
makertireFrRr
BridgestoneRE-11245/40R19 94W275/35R19 96W
NITTONT05275/40ZR18 99W275/35ZR18 99W
ライバルも使っていて情報が多いRE-11。
しかし、19インチホイールを新調する軍資金はなく。(ToT)
そこで今回、NT05を選択することにした。

このタイヤ、いやいやびっくりである。

○超浅溝 -----------------
新品時のタイヤ溝はなんと5mm
新品で8mmあるNEOVAだったら、6部山である。
○極太ストレートグルーブ -----------------
まず目立つのは、
25mm(!!)×2のストレートグルーブ。
275のタイヤは、表面積225に?!
○極細なストリームグルーブ -----------------
ストレートに対して、極細のサイドグルーブ。
ドライグリップは良さげだが、
ウェットでの排水性は大丈夫なのだろうか…。

コンパウンドはそれほどでもないが十分柔らかい
R1Rと同じメーカー、どのくらいグリップするのだろう。
噂では、非常に縦長のグリップ特性を持っているとのこと。
ビート剛性の弱さ横方向グリップのなさ
そこらへんが今後の評価ポイントになるだろう。
#↓、ピンボケご容赦。


にしても、Frに275かぁ…。
スラロームが大変だぁ…。
Posted at 2010/04/10 13:04:34 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記

プロフィール

「書き溜めて、まとめて更新中。」
何シテル?   09/29 00:20
Z34でジムカーナなんてバカげてる?! いえいえ、そーでもいないんですよ。(^.^) 全日本ジムカーナ選手権PN2クラスに参戦中。 ブログは勝手気まま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/4 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
Z nismoは、メーカー車検によるグレード追加であり、また車両型式も変わらないことから ...
日産 マーチ 日産 マーチ
通勤車両を入手するつもりが、ふたを開ければ、 2010年の東京Sr&千葉Srダブルチャン ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
全日本ジムカーナ選手権PN2クラスに参戦、2011~2012年のシリーズチャンピオンを獲 ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
JAF公認ジムカーナ車両(スピード競技SA規定) 2008年JMRC中部東海ミドルシリー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.