• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cha-riのブログ一覧

2010年05月23日 イイね!

キョウセイシリーズ第3戦:Z34で初優勝!

キョウセイシリーズ第3戦:Z34で初優勝!った、
Z34で初のお立ち台テッペン
乗り換えてから約半年、
セッティング、ドライビング、ドライバーの精神修行、などなど、
様々な方にご迷惑をおかけし、ご尽力頂いてきた。
やっと成果でいることができたと思う。

キョウセイシリーズ第3戦はウェットコンディション。
しかも、いつもとは一味も二味も違う、テクニカル(トリッキー?!)レイアウト
ウェット…、ここ3ヶ月くらいのデータからすると、
Z34には有利に働く傾向が見えている。
今回の成績は、
Over All評価で仮説は支持されたと…えぃ、言ってしまおう!

レースの組み立ても納得。
いつもなら手堅くいく2ndヒート。
基本的に1stヒートの走りをベースに微修正。
しかし今回は、
1stヒートで2位と十分なタイム差が確保できていたので、
2ndヒートは思い切りチャレンジできた。
結果はタイムダウンだったが、
チャレンジしたからこそ見えてきたものがあった。

しかし、
ポイントリーダーじむかに選手がスラロームエンドのターンで自沈
その他シリーズ上位の有力選手のミス欠席に助けられた勝利。
強豪がひしめくキョウセイシリーズ、
ドライならば、こう易々とは勝たせてはもらえない

それでも、私にとってはとても嬉しい優勝
喜びを隠して斜に構えるほど、私はムッツリではない。(^^)
表彰台で久しぶりのインタビュー、
饒舌レッドゾーンに突入していたらしい。

成績は上出来であったが、露呈した課題も。
ゴール直前に設けられた360°おにぎりターン、
そこの「正しい回り方」がわからないのである。
慣熟走行も本番1stヒートも、ハレー彗星のような軌道。
その後、AZUR星人さんにアドバイスを請うも、
「2本目パイロン過ぎたら"STRGを戻しつつ"バキッだ」ですと…?!
本格的にFRに乗り始めて4年、そんなことはやったことがない
2ndヒートは、とにかくチャレンジ。
そして大ドリフト、フルカウンターじゃ前に出るわけがない。
完全に失敗した。

気づき。
  - ターンでは、もっと早めにアクセルを開け"始める"べし。
  - NITTO NT05は、そこかしこで、基本的にV字ライン。
  - 雨の日は、もっともっと恵比寿様にご活躍頂くべし。
  - 練習でできないこと、本番で成功すると思うべからず。
  - 勝利は思い切り喜ぶべし、これ、礼儀ナリ。(と私は思う)

金メダルも、新たな課題も、
いろいろと収穫の多いイベントだった。

セッティングメモ:
ショック減衰:Fr6、Rr4
空気圧(冷間):Fr2.9kgf/cm2、Rr2.9kgf/cm2




Posted at 2010/05/28 07:26:18 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2010年05月20日 イイね!

6月秒殺トレーニング:テクニシャン2人がZ34をドライブ

6月秒殺トレーニング:テクニシャン2人がZ34をドライブ恒例の秒殺トレーニングのお手伝い。
先月に引き続き、朝から
ウェットテストはもういいよ」と、
空を恨めしく仰いでいると、
昼前に雨は止み、PMからはドライコンディションに。

PMコースの試走で、
私のZ34を2人のジムカーナテクニシャンがドライブするという、
光栄なイベントが。
  伝説のチャンピオン、E藤選手。
  パイロンキング、T阪選手。
貴重な貴重なGPSデータを取らせて頂いた。

お二人ともZ34でジムカーナドライビングをするのは初めて。

コーナーでの妙技戦略やクルマの動かし方の違い、
様々な差を見つけることができる。
その中の1つ、
高速コーナーの戦略の違いは非常に興味深い。

270°ターンの後、
コースをほぼ半周する2速全開の左コーナー。
E藤選手T坂選手である。

T坂選手は、
コーナー手前で早めに車速を一旦落として進入、
アクセルで向きを変えて脱出していく戦略。
E藤選手は、
コーナーアペックスで最も車速を落とす、いわゆるV字戦略。
T坂選手は早い段階からアクセルを踏めている。
さらに、
二人とも立上りのラインはタイトで、早めにGを消している。
そして、ブレーキングのタイミングが私より0.2~0.3秒遅い。
4、5m奥まで加速している。

同じクルマであっても、その走らせ方は多様
自らのドライビングの幅が狭いことを実感した。
懐を深くするためにも、
自分に本当に合ったドライビングスタイルを見つけ出すためにも、
まだまだ可能性は残っている。
もっともっとチャレンジしなければ。

殻をれ、さらばかれん!
今日の気づき。
Posted at 2010/05/28 06:32:29 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2010年05月16日 イイね!

メンテナンスデー:労を労う日

メンテナンスデー:労を労う日走り回ったGW。
今日はそのを労う日。

レーシングスーツやシューズを日陰干ししつつ、
ヘルメットく。
頭部を守ってくれる大切な道具、
こいつの労も労わないと。
派手なカラーリングをしてないから汚れが目立つ。
パーツクリーナーで汚れを取った後、
液体ワックスでポリッシュ。
ついでに、
先日加入したもう1つのチームのステッカーを。

さて、クルマ。
幾度となく高温になったデフオイルを交換
ついでに、
1月末にセットしたオイルキャッチタンク初チェック
タンクをつけてから4ヶ月、すでに4回目の交換。
入っていたのは5~10mlくらい。
しかし、これが外部に排出されていれば、
べったりとサスメンとマフラー、
そしてコースが汚れるだろう。
なかなか納得の、いい仕事をしている。

今週は秒殺トレーニング、
そして週末にはキョウセイシリーズ第3戦。
Posted at 2010/05/17 00:04:39 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2010年05月09日 イイね!

神奈川シリーズ第2戦:勝ちにイケてない

神奈川シリーズ第2戦:勝ちにイケてないJMRC神奈川ジムカーナシリーズ第2戦が、
晴天の富士スピードウェイジムカーナコースで開催された。
今年のGWはこのレースに照準を合わせて走り込んできたと言っても過言ではない。
しかし、結果は…、
4位、撃沈
公式戦初表彰台は、またもやお預け。
#取っちゃいけない、表彰台脇の4位。(ToT)
#定位置にはしたくない4位。


クルマは悪くない、タイヤも悪くない
ツメが甘いドライバーのせいで、勝負できていない。
情けない1日とともに、Gymkhana三昧のGWを終えた。

敗因 ----------------
本番1本目:ドリフト&オーバーラン
    →右足我慢できない病
    →何を気負っているんだ?!
本番2本目:連続右ターンによるガス欠
    →残燃マネジメント不足
    →あと10liter多く入れとけば…。

LAP+のデータ↓を見れば一目瞭然。
1本目(青)はあちこちでドバァーっと行き過ぎ
車速(右上)を見れば、2本目(赤)のガス欠により、
一山分の加速なくなってしまったことがわかる。


↓は、2本目走行直後の燃料ゲージ。
前回のガス欠の時と同じ、1/2弱(7目盛)
FSWならば、このくらいでも燃料は切れないと高を括っていた。

LAP+によれば、ガス欠になる前の約20秒の間、
連続して0.5~1.2Gの旋回が続き、Gが抜けることがない。
すると、チャンバの燃料を吸い切って…、おしまい。
1本目でなぜ起きなかったか。
ライン取りを失敗したことで、これ幸い。
チャンバに再補給されているのだろう。
反省走行(緑)では、10liter追加した状態で、
さらに左Gをかけたがガス欠症状は発生せず。

本日の教訓 ---------------
すべきことを、まず、せよ
踏むことも切り詰めることも、
ぎたるは猶ばざるが如し。

:---:---:---:---:---:--
'10/5/12追加


Posted at 2010/05/10 06:13:36 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2010年05月05日 イイね!

ニュートンランド練習会:熱いうちに打て!

ニュートンランド練習会:熱いうちに打て!GW、これを、
"Gymkhana Week"と読むらしい。(爆)
怒濤の三連荘の最後は、
ニュートンランド練習会

前日のG6の反省、イメージは熱いうちに打つべし!
FSWジムカーナコースで走り込んだ。

傾向的にZが苦手とするコーナーリングするコース。
さらに、テクニカルセクションに540°ターン
こういったコースをどう攻略するかが重要。

前半は余計なコーナーリングをせずに、
手前手前でメリハリをつけてBreak&Go
肝は手前での操作を確実に一発で決められるかどうか。
AZUR星人さんの「ため部屋」でいう、No.027ボーリング。
中間タイムを見ると、トップのSWと大きな差はない、
おそらくは良い方向だろう。

そして後半のテクニカルセクション。
圧倒的にが出たのは、やはり540ターン。

平均的なラップ(青)Bestラップ(赤)を比べると、
このターンの立ち上がりで0.4~0.6秒もの差が出る。
比較車両のDC2と比較すると、なんとここで1秒も置いてかれている

360°以上のターンを、
パイロンタッチなしにどれだけ速く回れるか?
ターンの多い神奈川シリーズ、週末の第2戦では、
これがになってくることは間違いない。

直線でサイドを引くか?
回し込んでサイドを引くか?
それが問題だ。
Posted at 2010/05/09 00:59:58 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記

プロフィール

「書き溜めて、まとめて更新中。」
何シテル?   09/29 00:20
Z34でジムカーナなんてバカげてる?! いえいえ、そーでもいないんですよ。(^.^) 全日本ジムカーナ選手権PN2クラスに参戦中。 ブログは勝手気まま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/5 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
Z nismoは、メーカー車検によるグレード追加であり、また車両型式も変わらないことから ...
日産 マーチ 日産 マーチ
通勤車両を入手するつもりが、ふたを開ければ、 2010年の東京Sr&千葉Srダブルチャン ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
全日本ジムカーナ選手権PN2クラスに参戦、2011~2012年のシリーズチャンピオンを獲 ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
JAF公認ジムカーナ車両(スピード競技SA規定) 2008年JMRC中部東海ミドルシリー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.