• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cha-riのブログ一覧

2010年09月26日 イイね!

キョウセイシリーズ第6戦:あ、迷宮への地図?

キョウセイシリーズ第6戦:あ、迷宮への地図?2010キョウセイシリーズも第6戦。
後半戦に突入。
未だ迷宮の入口が見えないまま、
とにかくシリーズをに追っている。

NITTOのNT-05には、引導を渡した。
GWに新品を下ろして、
7月末にはすでに当初のグリップはなくなった
4~5分山のお古のZ1☆のほうが、比較にならないくらいマシ。
たしかにその間、スポーツ走行の頻度は高いが、
ここまでライフとは…。
ということで、
来シーズンは19inchを投入する方向で本格検討を開始。

この日のキョウセイSr.には、
  Fr:265/35R18 3分山
  Rr:275/35R18 5分山
の中古Z1☆
今シーズンは、上記セットで何とか凌ごう。

結果は5位
優勝のえぷた選手が一人1'13''台に突入で、っちぎり。
あのタイムはなかなか出ない。
これでシリーズランキングは、
私を含め3人が30ptで4位に並ぶことに。

慣熟走行では、なんとまたガス症状。
A野選手から20liter現地購入して、
本番&PMは問題なく走行。

PM練習会の最後の1本、ちょっと何かに気づいた。
思い出したと言ってもいいかもしれない。
さあ、この気づき迷宮への地図か?




Posted at 2010/09/30 23:44:24 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2010年09月19日 イイね!

9/19浅間台フリー:そして、迷宮の入口を探す旅へ…

9/19浅間台フリー:そして、迷宮の入口を探す旅へ…朝、目を覚ますと、
どこからともなくが聞こえた。
その声は言う、「に出よ」と。
…。

ってぇことで、
ヘルメットとグローブだけをふん掴み、
浅間台スポーツランドへ向け、
迷宮の入口をに出た。

いつもより遅く出発、しかも3連休中日。
途中、黒鼠好きのフーリガン的渋滞に巻き込まれつつ、
走行開始時刻9:00をちょい過ぎて到着。

C地区戦が関越で開催されているせいか、
本日の参加台数は少なめ、7台。
初心に戻って、一つ一つかめながら走った。



リアタイヤのトレッドが剥離するまで走った15本
その中での気づき実感。
  - 準備運動させてやることの重要性。
  - サイドブレーキ主役にあらず
  - 挙動が出るまで待つな、挙動は出るものではなくつくるもの。
  - 本当の"なり"の走りが効いてくるシーン。
  - 突っ込みはさらなる突っ込みを誘発する。
  - リアのスライドはアクセルワークでめよ。
  - トルクフルだからこそ、アクセルはで回すようにせよ。
  - シートポジションは最峰に。するとパイロンが見えてくる。
Posted at 2010/09/22 00:34:34 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2010年09月16日 イイね!

9月秒殺トレーニング:迷宮はどこに?

9月秒殺トレーニング:迷宮はどこに?9月の秒殺のお手伝いに。
あいにくの模様。
東海シリーズで打ちのめされて以来、
3週間ぶりのスポーツ走行。

その前の週の大雨で、
富士スピードウェイは甚大な被害を受けていた。
メインゲートは閉鎖
ショートコースはコース陥没
その脇にある事務所には土砂が流れ込み閉鎖、
現在はホームストレートのコントロールタワーに移動している。

道中のR246は、この日の0:00に開通。
土砂崩れで埋もれたトンネル入口付近には、
3~4m近くも土砂が山積だった。

ジムカーナコースはきれいに土砂が取り除かれていた。
しかし、どうやらコース一面10cmほど土砂が覆っていた模様。
パドックフェンスはひんがり、
トイレ脇の自動販売機も動作能になっていた。
急ピッチで復旧作業を進めたFSWに感謝したい。

走りのほうは…、余計にハマった。
思い通りにならない
というか、こうしたいと思うだけの裕さえない
とにかく走らせているだけ、とにかく操作しているだけ。
わかるのは、「違う、こんな風に走らせたいわけじゃない」だけ。
じゃあ、どう走らせたいのだ。

前回の仕様変更の後、
さあ、迷宮へようこそ」とAZUR星人さんに言われた。
勘違いが得意で小心者な私は、って、負ってしまったのだろう。
今は、迷宮の入口さえわからない。

車速/車両感覚のズレ
車重の重さへの勘違い
走る/止まる/曲がるの基本不履行
タイヤ。

自分の走り方、Zの走らせ方を忘れた愚か者は、
ただただ、ハンドルを握るのがい。
#辛いなら、やめてしまえ!
Posted at 2010/09/22 00:29:15 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2010年09月12日 イイね!

G6ホソカワラウンド:涼しい清里、熱い闘い

G6ホソカワラウンド:涼しい清里、熱い闘い関東で開催される2つ目のG6
TSホソカワラウンド@清里
アナウンサーをさせてもらった。

涼しい清里に仲間と前泊して楽しむ、
そんな常連さんたちもいるこのステージ。
AZURチームも、
Sのっち監督を筆頭にコテージで前日から作戦?会議。
高速S字でブレーキを踏んだ輩は、監督がアイス無料券を没収
というペナルティが課せられたとかなんとか…。

参加台数75台とちょっと寂しいものの、
西は三重、東は茨城、北は富山、南は静岡から、
エントラントが集結。
恒例の福井&石川&富山の北陸勢も今年は台数を増やして席巻。
G6常連が入り乱れる、いが繰り広げられた。

練習走行からあまりにも熱い走りに、
テンションがり気味で実況。
こりゃ、喉がもたないな」と自制しようかと思ったのもつかの間、
本番はさらにい。
2ndヒート途中、FRクラスの激戦で完全にれました…。
まだまだ修行が足りませんな、アナウンスのほうも。
お聞き苦しいアナウンスで、本当にごめんなさい。>エントラントの皆様

やっぱりいーね、G6
肩の力をいて、でも真剣
ることに一生懸命、しむことに一生懸命。
抽選会、当落に一する顔が、とてもしかった。

ただ、関東勢はT2ラウンドとホソカワラウンドのみの参加するドライバーが多い。
さすがにキョウセイまではいという声がかしこで聞こえてきた。
来年、関東開催が増えることを祈りたい。

さあ、G6フェスティバル<@キョウセイ行こうよ!>関東G6ドライバー
Posted at 2010/09/22 00:27:29 | トラックバック(0) | 徒然pit | 日記
2010年09月06日 イイね!

SKO:小澤征爾の背中に思ふ。

SKO:小澤征爾の背中に思ふ。わるこの時期、
毎年恒例の
サイトウキネンオーケストラきに、
長野県は松本まで。
ゆえに、神奈川Srの第5戦は欠席。

斎藤秀雄に従事し、現在世界で活躍する一流の演奏家が、
年に1回、この時期だけ結成する、
サイトウキネンオーケストラ。
総監督は、世界の小澤征爾である。
今年はトチ狂った男のストーリーであるベルリオーズの幻想交響曲、
小澤さんがどう指揮するのか、それを楽しみにチケット争奪戦に勝利した。

しかしながら、ご存知の通り、
小澤さんは昨年末から食道ガンの療養に。
サイトウキネンフェスティバルまでには復帰できるはずだったが、
療養は、彼の足腰を弱めるには十分だった。
指揮はとんでもなく体力消耗するそうだ。
彼の指揮を見ていれば、オーディエンスでもそれは良くわかる。
事前に、彼はタクトを振らない旨の電話連絡を受けた。

開演のベルが鳴り終わると同時に、
マイクを片手に小澤さんが現れた。
申し訳ない。早々に復帰して、来年はバシバシやります。
そして、
弦楽セレナード(おぉ人事、おぉ人事のCM)の第1楽章だけを指揮した。
指揮台には椅子が用意されていた、
しかし、10分弱の間、ほとんど腰をかしたまま。
本当に足腰が弱っているのか?といたくなるほど、
いつもの通り、全身でオーケストラをコントロールしていく。
幾分粗さも残る演奏が終わった時、
小澤さんは、まともにける状況ではなかった。

その背中に思ふ。

えられた環境、その中で自分ができることを、
全うする。
その舞台を与えてもらったことに感謝して。

そのクルマを、このコースを、このイベントを、
り上げてくれた人たち、えてくれている人たち、
サーキットや競技場を容してくれる周辺住民の方々。
環境を与えてもらったことにどれだけ感謝して走っているだろうか。
走る機会があることを、当然のように思っていないだろうか。
ただ、漫然と走ってはいないだろうか。
その環境の中で、自分ができることを、
どれだけ全うできているだろうか。

全うすべし。
Posted at 2010/09/22 00:25:15 | トラックバック(0) | 徒然pit | 日記

プロフィール

「書き溜めて、まとめて更新中。」
何シテル?   09/29 00:20
Z34でジムカーナなんてバカげてる?! いえいえ、そーでもいないんですよ。(^.^) 全日本ジムカーナ選手権PN2クラスに参戦中。 ブログは勝手気まま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
Z nismoは、メーカー車検によるグレード追加であり、また車両型式も変わらないことから ...
日産 マーチ 日産 マーチ
通勤車両を入手するつもりが、ふたを開ければ、 2010年の東京Sr&千葉Srダブルチャン ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
全日本ジムカーナ選手権PN2クラスに参戦、2011~2012年のシリーズチャンピオンを獲 ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
JAF公認ジムカーナ車両(スピード競技SA規定) 2008年JMRC中部東海ミドルシリー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.