• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cha-riのブログ一覧

2012年06月17日 イイね!

全日本ジムカーナ第4戦@スナガワ:やりきって完敗、北海道遠征

全日本ジムカーナ第4戦@スナガワ:やりきって完敗、北海道遠征全日本ジムカーナ選手権第4戦、
スナガワラウンド。

めてのコース、
特な路面、
まぐれな天候、
様々なものとったレースとなった。

結果は、スター山野哲也選手BRZに1.7秒もの大差をつけられ、大敗
前戦の名阪ラウンドからいい流れをつくれずに止まった。
そう簡単に勝たせてはくれない
そんな全日本は甘くはないことを思い知らされる。
しかし、今日、ここで、私にできることはやりきったと思う。
辛くも2位でシリーズ15ポイントは死守。

:- :- :- :- :- :- :- :- :- :- :- :-
以下、思うところが多過ぎて、ものすごく長文

:- :- :- :- :- :- :- :- :- :- :- :-
初の北海道遠征
休暇をふんだんに取ることができず、金曜日の練習では走れず。
土曜日の公開練習からの4本の走行で、初めてのコースをめることが課題だ。

オートスポーツランドスナガワは、石狩川の河川敷に設置されたコースだ。
コースはアスファルトの骨材がく突き出て、まるで粗ヤスリ
河川敷ならでは、ラインを外すとが乗っている。
ある限界を超えるといきなり滑り出す、滑り出すとヤスリのような路面がタイヤをる。
さらに、パドック側のテクニカルセクションはまたった舗装が施されている。
こちらの路面がまたわからん
キョーとスキール音がするのに、まったくグリップしないのだ。
独特とは聞いていたものの、この道産子な路面、特徴がつかめない。


公開練習の土曜日は曇りのち晴れ、路面はドライ
いろいろなことをしてみた。
目的は、ドライバーがコースにれること、タイヤと路面の相性を見極めること。
2本走って、なんとなく感覚を掴めたかどうか。
今回から車両を入れ替えカラーリングも一新したトップ山野選手の0.5秒落ち

そして決勝当日、予報を見ると
雨雲レーダーにも見る見るうちに雲が成長し、
予報どおり開会式が始まった9:00には本降りとなった。
昨日のドライのイメージはすっかり仕切り直し、ウェットでぶっつけ2本勝負

1stヒート、予想以上にグリップの落ちない路面に戸惑いつつ、
タイヤとクルマを信じきれず攻め切れなかった。
アンダーもオーバーもこる気配がない、挙句の果てに車速を落とし過ぎてサイドターンを失敗
まったく彩を欠いた走りでゴール、この時点でトップ山野選手との差が1.7秒。
結局、昼過ぎに土砂降りとなり、この1stヒートのタイムで勝負はすることに。

ただし、私としては土砂降りとなった2ndヒートに大きな意義があった。
慣熟歩行で確認すると、くるぶし以上の深さのある水溜りが各所に。
まったく逃げようのない3箇所は、タイムダウン必至でそのまま飛び込むしかなかった。
アルゼンチンラリーばりのォータープラッシュ、イドロ。
しかし、もう捨てるものは何もない、とにかく全力で行くだけ。
納得できるレースをしてこい!」、電話越しにAZUR星人さんからが飛ぶ。
今日の自分にできること、この状況でできる最大限のこと、それを恐れずに実行すること。
ライバルたちが軒並みタイムダウンする中、
攻めること、もがくこと、本当の綱渡りに集中してスタート。
クルマに余計な挙動をさせないために、ドライバーは思い切りもがく
ギリギリまで詰めすぎてやり過ぎた箇所が3箇所。
3速全開からのブレーキングで水溜りに足をすくわれた時は、目の前のコンクリートウォールが目に入った。
ゴール、雨が入り込むのもかまわずウィンドを全開にして奇跡を願った。


当然ながら0.6秒のタイムダウン
完敗、プロドライバーには歯が立たなかった。

:- :- :- :- :- :- :- :- :- :- :- :-
2ndヒートの1本は、何かブレークスルーするきっかけに、確実になると思う。
これで変わらなければ、山野選手には勝てないはず!
同時に、いろいろな人に走らせてもらっているんだとシミジミ感じる遠征だった。
アドバイスをくれる、黙って見守ってくれる
そして、支援してくれる、応援してくれる
その方々に恩返しできるのは、唯一、いい走りをすること。
いい走りがいつもできなければ、決して勝利はついてこない。

:- :- :- :- :- :- :- :- :- :- :- :-
番外編北海道遠征、非常に喫できた。

行きの日本海フェリーと帰りの太平洋フェリー、小樽の市場の巴丼、松尾のジンギスカン
そして、ホテル道中のワインディングで出会ったシカキタキツネ
盛りだくさんな出来事、プライスレス
Posted at 2012/06/19 00:44:09 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2012年06月03日 イイね!

浅間台シリーズ第4戦:シーズン折返し、(勝手に)卒業

浅間台シリーズ第4戦:シーズン折返し、(勝手に)卒業天気予報がれた、
JMRC千葉・東京 浅間台シリーズ第4戦。
結局雨はらず、
前日に頭をった甲斐があったかな。

リア駆動のマシンが集まるNTRSクラス。
AW11やロードスター、AE86の中に、
すっかりZ34が1つの立場を築いてきた。
今回も、ゴキブリ黒Zシャア専用赤Zの2台がエントリー。

この日は、JAF主催のモータースポーツ体験会が実施された。
ジムカーナに触れたことのないお様や御さんが、エントラントに交じって慣熟歩行。
とても有意義な取り組み、ギャラリーは選手たちの励みにもなる。
もっともっと多くの人にクルマをしみを感じて欲しいと思った。


1stヒート。
先に走るNTRクラスのタイムからターゲットを1'10台に設定。
曇り空に天候を心配したが、ドライでの走行。
今一つ歯車が噛み合い切っていない。
所々、inを外してタイムロス、サイドブレーキの利きも今一つ。
走り方も相当っていることがオンボードカメラから読み取れる。
とりあえずトップ
しかし、タイムは1'11.223。自己設定タイムには届いていない。


2ndヒート。
日が出て、気温も路面温度も上がり、もう雨の心配はなし!
ライバルたちに追い上げられることは必至、気を抜けない。
慣熟歩行でおおよそ1.2~1.3秒分のタイムアップ戦略を見出し、イメージを再構築。
2箇所ほどアクセルオンが遅れる。
関東の大人な女性」をなだめになだめ、ゴール。
自己の持つターゲットタイムを1.1秒更新して、優勝
私のガッツポーズを男の子が真似していた、ちょっと微笑ましい光景。


さて、折り返しとなるこの第4戦で、私は浅間台シリーズを卒業
今回はいわば卒業試験、なんとか、好成績を収めることができた。
定期的に実戦経験を積ませてもらい、切磋琢磨したライバルに感謝したい。
ありがとう!


次戦、7/1の第5戦STPラウンドでは、皆さんをスタートラインでお待ちします。
試走も担当させてもらうことになりそうなので、また、皆さんと走ります。
しいイベントを!
Posted at 2012/06/06 08:46:52 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「書き溜めて、まとめて更新中。」
何シテル?   09/29 00:20
Z34でジムカーナなんてバカげてる?! いえいえ、そーでもいないんですよ。(^.^) 全日本ジムカーナ選手権PN2クラスに参戦中。 ブログは勝手気まま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
Z nismoは、メーカー車検によるグレード追加であり、また車両型式も変わらないことから ...
日産 マーチ 日産 マーチ
通勤車両を入手するつもりが、ふたを開ければ、 2010年の東京Sr&千葉Srダブルチャン ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
全日本ジムカーナ選手権PN2クラスに参戦、2011~2012年のシリーズチャンピオンを獲 ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
JAF公認ジムカーナ車両(スピード競技SA規定) 2008年JMRC中部東海ミドルシリー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.