• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cha-riのブログ一覧

2012年08月26日 イイね!

全日本ジムカーナ第7戦@もてぎ:大きな失敗と、シリーズチャンピオン確定!

全日本ジムカーナ第7戦@もてぎ:大きな失敗と、シリーズチャンピオン確定!全日本ジムカーナも後半戦に突入、
第7戦もてぎラウンドが、
ツインリンクもてぎ北コースで開催された。
天候に恵まれ、真夏、灼熱の闘いとなった。

結果は、

PN2クラス 優勝
そして、
2012年全日本ジムカーナ選手権PN2クラス
シリーズチャンピオン確定!

一戦一戦、走るごとにくなる
「走らせてもらっている、鍛えてもらっている」という
感謝の気持ちが爆発したレースだった。
勝ったのは私自身、でも勝たせてくれたのは、
師匠、チーム、スポンサー、ギャラリー、職場の方々、そして鍛えてくれたライバル。
みなさん全員に感謝したい! 本当にありがとう

:- :- :- :- :- :- :- :- :- :-
金曜日練習会から突入した。

朝、軽く取材を受けた。
今回優勝するとチャンプ決定だね。意気込みは?
? そーの? あれあれ、やばいじゃん!
途端に緊張の度合いが跳ね上がる、ここからドタバタ劇が始まるのだった。

この日は気温38℃、路面温度49℃、とにかくい…。決勝までこの天気が予想される。
タイヤ選定がちょっとましい状況。
9分山タイヤのほうが懐が深く、私のドライビングフィーリングはいい。
しかし、実際の区間タイムを分析すると、4分山タイヤのほうが速いのだ。
フィーリングを重視するか?現実を重視するか? 一晩えることにした。
しかし、ここで大きなミスを犯すのだった…。(詳細後述)

そして土曜日の公開練習。
もてぎラウンドは、AMはウォーミングアップ走行、
昼に決勝コースが発表となり、PMはそのコースを慣熟走行。
明日の決勝をんで、各マシンがスタート。
AMは4分山タイヤで走行、しかし、前日に比べてリアの挙動が安定しない
昼に決勝コースが発表されて、早速、慣熟歩行。
鬼門は、ショートカットを使ったシケイン×2と、出口が狭いゴール前で360°ターン。
PM走行直前に、AMのフィーリングを師匠AZUR星人さんにいろいろと相談。

  <序段省略>
AZUR星人さん:「んーー、昨日と条件はさほど変わってないし…、わからんなぁ
私:「いやぁ、昨日の夕方リアタイヤを裏組みしたんですよねぇ
AZUR星人さん:「バカものぉ! そりゃ食うわけないだろっ!
私:「へ?! ダメなの?
AZUR星人さん:「おまえなぁ…、無知にもほどがある!
        本番前にそんなことやるなんて信じられん!

私:「! 今から元にしてきます! 大丈夫ですかね?
AZUR星人さん:「1本走っちゃったからなぁ…。とにかく戻してこい!
私:「あわわ、間に合わないので、PMの走行はとりあえず9分山で…。
AZUR星人さん:「んじゃ、チームオーダーだ! ~
  <以下秘密>

ドタバタしつつ、慣熟走行に突入。
ほぼチームオーダー通りで走り終えると、予想通り、三つ巴の接近戦。
トップは松本ビン選手、0.05秒差で2位スター山野選手
さらに0.2秒差で3位に食い込む。

走行終了後、いろんな汗をかきつつ、裏組みしたリアタイヤを元に戻す。
裏組みは、接地面は少なくなるし、トレッドの構造的にも逆方向の力が加わる。
相当走ってなじませないと、本来のグリップは戻らない。
1本走ったとは言え、AMはもてぎ北コースを単に周回しただけ。
元に戻したタイヤをAZUR星人さんに見せて…。
AZUR星人さん:「まあ、大丈夫かもな。もう悩むな、これでいけ!
これでタイヤはまり!

そして迎えた、決勝
スタート前の緊張にもずいぶん慣れたが、今回の緊張はレベルが違う
PMは路面温度が上がるため、誰もが1stヒートで勝負をかけてくる!
しかも、前日の慣熟走行でタイム差は詰まるはずだ。
さらには、シリーズチャンピオンがかかった一戦。

1stヒート。
ファーストゼッケンのビン選手が、いきなり1'42台を叩き出してくる。
しかし、マシントラブルを抱え、全力ではなかったらしい。
走行後にコース清掃が入り、ビン選手のパドックが慌しくなる。
そんな状況を横目で見ながら、パドックを出た。
いつものおまじないをしつつ、スタートラインまで集中度合いを上げていく。
スタート、クラッチミュートしたあたりですっとクルマから出たような気がした。
私は一歩引いて、上空から俯瞰している感じ。
シケインへの飛び込みでブレーキングが遅れた、まらない…。
意識で「ヤバイ!」と思った時にはすでにシケインを通過していた、
手足が勝手にクルマを操作している。
「自分の手足信じろ」というAZUR星人さんのアドバイスが具現化されている状態。
ゴールタイムは1'41台、ビン選手を上回った山野選手を抜いてトップタイム!
いつもの先制攻撃は成功!


2ndヒート。
予想通り、各選手なかなかタイムが上がらない。
しかし、前走の山野選手はタイムを縮める余地を残しているかもしれない。
全力め込んだ。
ゴールして窓を開ける、アナウンスにむさぼり聞く。
~、残念ながらタイムダウン、しかしながら1本目のタイムで優勝
そして、2012年全日本ジムカーナ選手権PN2クラスシリーズチャンピオンに輝きました!

やった、とにかくテッペンに立ったのだ。

窓から突き上げたガッツポーズは人差し指を立てていた、"一番だ"と。


ピットレーンから再車検場、パドックまで、
山野選手からの手荒くもやさしい祝福に始まり、大泣きしてしまったビン選手から祝福
仲間やギャラリーから、たくさんの握手拍手をもらった。

そして、師匠AZUR星人さんの、アッサリとした、でもとても嬉しい、
おめでとう、チャンピオン。よくやった、今日は褒めてやろう
一言
本当にいい環境で走らせてもらったんだと全身でシミジミと実感がこみ上げてくる。

ほら、よくアスリート達が言うじゃない、「皆さんの声援のおかげです」って。
まさにそう!
こういう感覚なんだ、ふーん。(^-^)

走らせてくれてありがとう!鍛えてくれてありがとう!(^-T)
Posted at 2012/09/13 21:31:06 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2012年08月21日 イイね!

【募集!】ギャラリー2名&サービス1名@8/25-26全日本ジムカーナ第7戦

【募集!】ギャラリー2名&サービス1名@8/25-26全日本ジムカーナ第7戦パスを差し上げます!

ギャラリー2名&サービス1名
8/25-26全日本ジムカーナ選手権第7戦
もてぎラウンド
開催地:ツインリンクもてぎ北コース


決勝だけでもOK。(^_-)
現地まで自力で来て下さい。
できれば、ビデオ撮影かカメラ撮影をお願いします。m(_ _)m
パスの受け渡しは別途調整。
まずはご連絡を!
Posted at 2012/08/21 22:51:09 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記
2012年08月05日 イイね!

全日本ジムカーナ第6戦@仙台:優勝、ウィニングラン!

全日本ジムカーナ第6戦@仙台:優勝、ウィニングラン!全日本ジムカーナ、中盤戦最後の第6戦。
今年の仙台ラウンドは、
仙台ハイランドレースウェイ、
しかもレーシングコースで行われた。

2コーナー先で折り返す高速前半セクションは、
強烈なアップダウン往復することになる。
このセクションで、Z34のV6エンジンのトラクションを活かし、
どれだけタイムをげるか? それがポイントだ。
Z34には有利に働くはず。
重さを味方に、トルクを友達」を合言葉に、
広いコースをバキューンドキューンとハイスピードに駆け回るコースを思いっきり堪能した。

ライバルのミスに助けられつつも、PN2クラス優勝
しかも、ライトオンでのウィニングランである。


:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-
金曜日練習はカントやグリップレベルなど、コースのクセを掴むことで精一杯。
前半セクションを中心にZ34の良さを活かす戦略を詰める。
結果、土曜日公開練習は、中間ベストは叩き出すも、後半テクニカルセクションでタイムをとして、
シビック松本選手から遅れること0.2秒の、2位
課題は明確だった、持ちの問題。
後半セクション、ホームストレートに並んだパイロンを尽に駆け回る、
前半から相当リズムを切り替えなければならないのだが、余裕がない。
路面勾配を頭に入れてターンコントロールをする必要があるが、まったく考慮できないのだ。
山野選手はテクニカルでBRZマジックを見せるかもしれない、
松本選手はシビックの得意技激速ターンを炸裂させてくるだろう。
ここがぎどころになる。
作並温泉につかりながら、旧暦七夕の短冊に書いた。
路面アンジュレーションのわかる男になりたい
SA3山梨社長、ご馳走様でした。


そして迎えた決勝
金曜日、土曜日と練習走行では1~3コーナーに規制パイロンが置かれていたが、
決勝コースはパイロンは縁石まで引っ込み、
ほぼレーシングコースを駆け回るハイスピードに。
そして、後半のテクニカルセクションの入口、
3速全開からのフルブレーキングの後、360°ターン、ここが見せ場だ。


1stヒート。
コースサイドで前半セクションを終えて駆け上がってくる松本選手の走りを見ていた。
オフィシャルから一斉に黒旗が上がる!
え?! ミスコースあのビンさんが? どこで?!
一抹の不安が襲った、もしかするとどこかにがあるんじゃないか…。
パドックに戻り、もう一度イメージを追っかけた、いかん、集中しろ!
ヘルメットをかぶりスタートラインへマシンを移動させつつ、やっと落ち着いたところで、
今度は山野選手がパイロンタッチ
ピットウォールの向こう側、私からは見えないんだが、物凄くめてるんだ、きっと。
プレッシャーがかかる、ミスはできない、でも全力でもがかないと。
Dunlop Z IIのグリップをフルに引き出すことだけを考えて走った。
2箇所で違和感を感じたがほぼイメージ通りにゴール。
2位に1.8秒差のトップ


2ndヒート。
路面温度は60℃を超えている、テクニカルセクションにはタイヤラバーが乗っていた。
PN1クラスもタイムがなかなか伸びない中、PN2がスタート。
松本選手がどんなタイムを弾き出すか、固唾を呑んで見守っていると…、
なんとまたもやミスコース、あれほどの選手がダブルミスコース。
正直何が起きたのか頭の中で理解できない状態だった。
山野選手は前半セクションの遅れが響き、タイムが伸びない、5番手
まだ1stヒートのタイムでトップを維持している。
そして、スタートを待っていると、前を走る原田選手が後半セクションでミスコース。
原田選手がコース外に出るまでスタートが止まる
ん?ってことは、もしかして…、ウィニングラン
僭越ながら、迷わず全てのライトをオンハイビームにして、バックフォグまで点けて。
ライバルは10m先の自分全開で追いかけた。
中間ベストを更新するも、
ブレーキングを攻め過ぎて姿勢をし、コンクリートウォールが近づく!
何とか立て直して360°ターンを回すものの、当然タイムダウン。orz
とにもかくにも、全日本でライトオンでウィニングランという貴重な機会を享受した!


嬉しい嬉しい、2連勝、そして今シーズン3勝目
シリーズポイントも30ポイント差に伸ばし、リーダーを死守。
なんか、ちょっとだけ精神的にくなった気がする、図々しいとも言う。(^^;;
戦々恐々とした状況をしめるというか、プレッシャーを吸収できるというか。
次戦、もてぎラウンドが大きな分岐点になるだろう。
さあ、佳境を迎える全日本、しみますぞ!


_/_/_/ おまけ:再車検にて _/_/_/
さて、興奮冷めやらぬ再車検
重量や車高の計測に加え、ECUコネクタを外してエンジン始動チェックがあった。
原則として作業はドライバーが行わねばならない。
私はZ34のECUの位置が大体わかっていたので何とか対応できたが、
FD2勢はオフィシャルも交えていろいろと苦労していた。
もう1つの不安は、ECUコネクタを外してIGN-onした場合に、
なんらかしらのCANエラーが発生して、復旧できなくならないかどうか。
Z34はなんなく復帰し、エラーコードを確認しても問題なかったが、
エラーの消去などが必要になる車両もあるのかもしれない。
ドライバーは、自らのマシンのECUの位置コネクタの外し方
復旧方法を知っておく必要がありそうだ。
Posted at 2012/08/20 02:09:07 | トラックバック(0) | Z34 de ジムカーナ | 日記

プロフィール

「書き溜めて、まとめて更新中。」
何シテル?   09/29 00:20
Z34でジムカーナなんてバカげてる?! いえいえ、そーでもいないんですよ。(^.^) 全日本ジムカーナ選手権PN2クラスに参戦中。 ブログは勝手気まま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
Z nismoは、メーカー車検によるグレード追加であり、また車両型式も変わらないことから ...
日産 マーチ 日産 マーチ
通勤車両を入手するつもりが、ふたを開ければ、 2010年の東京Sr&千葉Srダブルチャン ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
全日本ジムカーナ選手権PN2クラスに参戦、2011~2012年のシリーズチャンピオンを獲 ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
JAF公認ジムカーナ車両(スピード競技SA規定) 2008年JMRC中部東海ミドルシリー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.