• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

金の字のブログ一覧

2011年02月07日 イイね!

最悪の状況

この記事は、クビサ、7時間の大手術が終了。今シーズン中の復帰が絶望的にについて書いています。

おそらく、クビサはドライブできる状態まで回復できるだろう。
(それがF1である、とは言えないが)
ただ、どう考えても、それは今シーズン中ではなさそう。
伝え聞く、全体の損傷程度を考えれば。

これは、ロータス・ルノーGPの危機でもある。
今シーズンは、確実に勝ちを取りに行く体制だったはず。
そこに来て、”絶対的”エースの離脱。
残念なことに、リザーブドライバーの中には光る逸材はおらず。
ブルーノ・セナも、ロマン・グロージャンも。
2人とも、パリッとした成績は残せていない。
レギュラードライバーのヴィタリー・ペトロフも、成長したとはいえ、
チームを引っ張る存在、とはとてもじゃないが言えない。
しかも、まだテストも始まったばかり。今シーズンの車が、仕上がってさえいないのだ。
ペトロフ一人で背負う責任は、現時点であまりにも大きく、過酷である、といえる。

しかしながら、すでに様々な名前が挙がってきている。
ニック・ハイドフェルドペドロ・デ・ラ・ロサルーカス・ディ・グラッシ
そして、ビタントニオ・リウッツィニコ・ヒュルケンベルグら。
特に、ヒュンケンベルグは間違いなく”逸材”の部類に入るドライバーではあるが、
やはり、現時点でのエースの器でない感が。他はピークを過ぎている感がある。

・・・ここに、まだ名前の挙がっていない、極めて優れた、
やはりラリーをやっているあの男の名前がないではないか!
キミ・ライコネン
ストーブリーグでは、多種のやりあいもあったものの、
この状況は、まさに彼の才能を頼るべき状況ではないだろうか?
チームリーダーとしてふさわしいとは思わないが、
絶対的エースとしては、この男ほどふさわしい人間は、思い当たらない。
ただ、彼がF1の世界に戻る意思がなさそうだ、というのは、
最新型WRカーを手に入れ、自チームでWRC参戦を決断していることからも伺える。
そして、彼の年齢を考えれば、本当の意味での”代役”になってしまう、という危険はある。

ルノーチームには、早期の決断が求められている。
しかも、それは、今後の存続に対しても、大きなインパクトを持ちうる。
あまりにも、あまりにも衝撃的なニュースだった。
Posted at 2011/02/07 15:28:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | スポーツ
2009年10月03日 イイね!

デグナーは魔のカーブ(F1日本GP予選)

ようやくグリッド確定ですか・・・

3年ぶりの鈴鹿。
レギュレーションが変わって、
2006年当時とは条件があまりに異なっている訳で。

前予想では1分30秒を切ってくるのでは、と言われた
Q2の最速タイムも、30秒3止まり。
そして、ことごとくレッドブル系の車がクラッシュ。
唯一、ベッテルは完璧なアタックでポール獲得。

Q1でブエミがデグナーでコースアウト、リヤをぶつけながらも
なんとかピットまで戻る。
トロロッソ勢、今回は車が決まっているのか、いいタイムが出るには出るけども、
マージンが少ないのかもしれない。
残念ながら一貴は17位どまりでQ1脱落。フィジコ及ばず16位でQ1ノックアウト。
ルーキーの内の2人もここで脱落。
ウェーバーはフリー3のクラッシュが修復間に合わず予選断念。モノコック交換。
ブエミは修復が間に合い、しれっと4番手タイムで通過していたり。

Q2ではアルグエスアリがデグナー先のタイヤバリアに刺さって赤旗。
ドライバーは無事。車の方はかなり微妙。部品が足りるのか?
事故処理が終わって、今度はグロックが最終コーナーでタイヤバリアに突き刺さる。
自力で車から出られず、怪我の状態が心配されている。
これまでにタイムを出せたドライバーは少数。
しかも、皆アタックラップ中に赤旗中断となっていたのでタイヤの状態も気になる。

再び再開され、アタックが始まりますが、何チームかがぎりぎりまで出ない作戦を選択。
これがさらに予選をややこしくした伏線です。
本当のラストアタックを何台も行っているなかで
再びブエミが、今度はスプーン出口付近でガードレールに突撃。
自走はできたようで、部品を巻きちらしながらピットに戻ります。
その後ろからまだ計測ラップできていないチームの車が減速なしで現場を通過。
これは確実に審議対象になるはず。

Q3にはブエミ破損が激しくて走行せず。トロロッソ、パーツもモノコックも間に合うんだろうか?
そして、今度はコバライネンがデグナー出口でクラッシュ。再び赤旗。
ということで、すべてのチームが全く不本意なアタックしかできなかった中で、
ベッテルはしっかりと3セッションすべてベストタイムでポール獲得。

その後の審議により、
バトン、バリチェロ、アロンソ、スーティル、黄旗区間で減速せず最速タイムを出したこと、
ブエミはクラッシュの原因を作り、かつ壊れた車でピットまで戻る感に部品をまき散らしたことを問われ、
それぞれに5グリット降格。
なおかつ、コバライネンとリウッツィがギヤボックス交換で5グリッド降格、
ウェーバーとグロックはモノコック交換とため、ピットスタートとなる。

まぁ、ややこしいスタート順になったので
公式ページで確認しましょう。
グロックが無理、という場合、小林可夢偉を走らせたいはずだが、
レギュレーション上では不可能。全チームの同意の上で、という形で
許可は与えられるのかもしれないけども。

間違いなく、明日も荒れるよね、この展開だと。
Posted at 2009/10/03 23:53:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | スポーツ
2009年08月30日 イイね!

F1ベルギーGP予選

おぉおおぉおぉ!
フィジコがポールか!やったね!

フォースインディアもまぁ、成り立ちからして
怪しいチーム、というイメージがあったわけですが、
少なくともミッドランドやスパイカーよりは
はるかに真面目にF1に取り組んできているし。

少なくともバレンシアあたりでも結構な速さは見せていたし、
形は奇抜でも、確かに進化していることは間違いなさそうだったわけで。
でも、チーム初ポイントよりも先に初ポールとは。
ブラウンGPなんかもそうなったチームの一つですが。

さて、実際のところどれだけ燃料を積んできているか、が気になります。
あからさまに燃料を積んでいない、ということはないんじゃないか、と。
確実にポイントを取っていくための燃料は積んでいると思うのですが。

どうもレッドブルはかなりコンサバティブな作戦に出ていると思う。
燃料はやや多め、出来れば雨待ち、みたいな。
今週はウェーバーにもエンジントラブルが出ていますからねぇ。

BMWは、ちょっと微妙。
ハイドフェルドは多分軽めでしょうが、
クビサの方は割と積んでいるんじゃないかな?

トヨタはたぶん軽いんじゃないかな?、と。
むしろトゥルーリの方がやや重いかも。

ライコネンは当然かなり積んでいるはず。
ロズベルグも、軽い、ということはないと思う。
バリチェロは、どうだろう?めちゃ軽い、ということもなさそうだけど・・・

明日の天気はどうなるか?
それによってはさらにしっちゃかめっちゃかになりそうです。
Posted at 2009/08/30 00:19:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2009年07月25日 イイね!

マッサのアクシデント

正直、最悪の事態も考えました。
先週、F2でも死亡事故あったしね。

とりあえず、マッサ本人の意識はあるということで
少しホッとしました。
このアクシデントで一番心を痛めているのは
原因となったデブリを落としたというバリチェロだと思います。
少々状況は厳しいかもしれませんが、
明日は無事全員そろってスタートしてくれれば、と。
Posted at 2009/07/25 23:23:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | スポーツ
2009年03月29日 イイね!

2009F1オーストラリアGP 決勝

ここ数年の開幕戦は面白いです。
今年も、なかなかに波乱含みでした。

結果としてはブラウンGPの1-2フィニッシュ。
2台ポイント圏内に入ったのはブラウンGPとトロロッソ。
この辺がなかなかに皮肉めいています。
バトンがポイントリーダーになったのは初めてじゃないでしょうか。

ベッテル、クビサのあれも開幕戦の花、という感じ。
レースペースだけを見れば、必ずしもディフューザーだけではないかと思います。
ただ、KERSの効果は限定的、ということが少なくともここでは明らかに。
セパンとかだともう少しあるかもしれないけども。

フェラーリの信頼性は微妙。ペースはそこそこなのに完走できないと。
マクラーレンではハミルトンがなんだかんだで王者の貫録。
BMW、クビサはいいドライバー、ハイドフェルドは不運なドライバー。
ルノー、アロンソでも完走だけ。ピケJr.はすでに様式美。
トヨタ、トゥルーリの様式美っぷりが。グロックは地味に頑張った感。
トロロッソの信頼性が想像以上で。ブエミはできるな。ボーデのサバイバル力もここまで来ると評価すべき。
レッドブル、また姉妹チームに先を越され。信頼性も微妙。
ウィリアムズ、レースペースがいまいちかも。ニコの沈みっぷりとか。
驚きのフォースインディア。今期ポイント獲得は確実ですわ。
ブラウンGP。21世紀の奇跡になるのか。ま、名前が変わるかもしれないし。

次戦はフェラーリが信頼性をどこまで確保できるか。
ブラウンGPはセパンでも速いのか?
やっぱり見どころもりだくさんだなぁ。
Posted at 2009/03/29 20:54:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | 日記

プロフィール

「16.5kg+11.5kg… http://cvw.jp/b/371499/42037746/
何シテル?   10/07 21:48
やたらと中古車が好きなタイプです。 今回で6代目となりました。 早いもので、四捨五入したら四十路になってしまう歳に… スポーツカーを一度は所有したい、...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
納車2012年12/18。 ワイパー交換と、ショック交換。 タイヤホイールも純正16イ ...
スバル R2 スバル R2
2018/3/10 ほしい欲しいと思っていて、見に行ったクルマ屋さんで 思わず即決。 ...
三菱 eKワゴン 三菱 eKワゴン
2016年5月16日納車。 地味通勤快速仕様。 特に大きくいじっているわけでもないけど ...
ダイハツ ミラ ダイハツ ミラ
我が家のスーパーサブかつ通勤快速(仮)。 なんかバンパーとかリアドアとかぼろぼろだけど、 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.