• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年01月11日

イメージを壊すしワゴン車を今さらトヨタがだすの?

イメージを壊すしワゴン車を今さらトヨタがだすの? トヨタの新型カローラフィールダーに「GT-FOUR」復活!? 今年6月登場!!
みんカラ つぶやく

前の記事 次の記事
イーキャピタル推奨銘柄を受取る
e-cap.co.jp
驚異の的中率で会員継続率90%投資アドバイザー厳選株を限定公開中
損を抱えた株はそのまま?
www.risingbull.co.jp
バイオ株,マザーズ銘柄,主力株など売買一つで気持ちも成果も大きく変わる?
Ads by Yahoo! JAPAN
 クラウン、センチュリー、オーリス、カローラアクシオと、ビッグネームのフルモデルチェンジが多い2018年のトヨタ。その中でややノーマーク気味だったカローラフィールダーに、驚きのスポーツグレードが設定される……という情報が入ってきた。以下、その情報をまずは紹介しつつ検討します。
文:ベストカー編集部
べストカー2018年1月26号「ニッポンの反撃 EVOLUTION時代がやってくる!」より

■新型カローラフィールダーのデザインをキャッチ!

トヨタ先進安全装備、フィールダーとアクシオに初搭載

 2018年6月にフルモデルチェンジするカローラフィールダー(カローラアクシオと同時にチェンジするワゴン)のデザインが判明した。

 セダンと同様、これまでのカローラのイメージを大きく覆すアグレッシブでスタイリッシュなデザインとなる。商用バンのような印象が強い現行型とは明らかにターゲットユーザーが異なるクルマになりそうだ。

セダンのアクシオ同様スタイリッシュに大変身するフィールダー。標準仕様から半年ほど遅れ、1.6LターボのGT-FOURが登場

 全長、全幅ともに拡大されて3ナンバーボディとなるのは既報のとおりで、Aピラー、Cピラーともに思い切って寝かせたクーペルックが特徴。フロントマスクもヘッドランプがブーメラン形状となるなど、かなり「攻めた印象」となる。

 2017年には大幅にイメージチェンジしたカムリが登場し、従来モデルとの違いを明確にしたが、カローラフィールダーも同じようなフルモデルチェンジとなる。

 プラットフォームは新開発のTNGAで、その特徴である低いフォルムを実現。現行モデルの全高は1510mmあるが、次期モデルは1400mm台後半まで低くなりそうだ。もちろん、フロア自体が低くなっているので、それで室内、荷室空間が犠牲になる心配はなし。実用性を維持しながらスタイリッシュに変身するというわけだ。

 パワーユニットは直4、1.5Lのハイブリッドと1.5L、1.8Lのガソリンエンジン。カローラアクシオはこれらに加えて現行オーリスに搭載されている1.2L直噴ダウンサイジングターボの搭載が有力だが、最新情報によると、フィールダーはこの1.2L直噴ターボは使わない。「燃費を重視した実用的なターボエンジンではなく、フィールダーには燃費とスポーツ性の両立を図るターボエンジンが用意される」というのだ。

 それが新開発の3気筒、1.6L直噴ターボ。

Ads by Yahoo! JAPAN
 クラウン、センチュリー、オーリス、カローラアクシオと、ビッグネームのフルモデルチェンジが多い2018年のトヨタ。その中でややノーマーク気味だったカローラフィールダーに、驚きのスポーツグレードが設定される……という情報が入ってきた。以下、その情報をまずは紹介しつつ検討します。
文:ベストカー編集部
べストカー2018年1月26号「ニッポンの反撃 EVOLUTION時代がやってくる!」より

■新型カローラフィールダーのデザインをキャッチ!

トヨタ先進安全装備、フィールダーとアクシオに初搭載

 2018年6月にフルモデルチェンジするカローラフィールダー(カローラアクシオと同時にチェンジするワゴン)のデザインが判明した。

 セダンと同様、これまでのカローラのイメージを大きく覆すアグレッシブでスタイリッシュなデザインとなる。商用バンのような印象が強い現行型とは明らかにターゲットユーザーが異なるクルマになりそうだ。

セダンのアクシオ同様スタイリッシュに大変身するフィールダー。標準仕様から半年ほど遅れ、1.6LターボのGT-FOURが登場

 全長、全幅ともに拡大されて3ナンバーボディとなるのは既報のとおりで、Aピラー、Cピラーともに思い切って寝かせたクーペルックが特徴。フロントマスクもヘッドランプがブーメラン形状となるなど、かなり「攻めた印象」となる。

 2017年には大幅にイメージチェンジしたカムリが登場し、従来モデルとの違いを明確にしたが、カローラフィールダーも同じようなフルモデルチェンジとなる。

 プラットフォームは新開発のTNGAで、その特徴である低いフォルムを実現。現行モデルの全高は1510mmあるが、次期モデルは1400mm台後半まで低くなりそうだ。もちろん、フロア自体が低くなっているので、それで室内、荷室空間が犠牲になる心配はなし。実用性を維持しながらスタイリッシュに変身するというわけだ。

 パワーユニットは直4、1.5Lのハイブリッドと1.5L、1.8Lのガソリンエンジン。カローラアクシオはこれらに加えて現行オーリスに搭載されている1.2L直噴ダウンサイジングターボの搭載が有力だが、最新情報によると、フィールダーはこの1.2L直噴ターボは使わない。「燃費を重視した実用的なターボエンジンではなく、フィールダーには燃費とスポーツ性の両立を図るターボエンジンが用意される」というのだ。

 それが新開発の3気筒、1.6L直噴ターボ。

編集部に情報が入ってきているフィールダーGT-FOURは、GRシリーズに組み込まれる可能性もある。いずれにしてもカローラがスポーツに本気になるということだ

■かつてのワゴンの名車復活か

 これは2018年5月に登場する次期オーリスで初めて採用されるエンジンで、それがフィールダーにも使われる。3気筒というと燃費型のダウンサイジングターボエンジンと思ってしまいそうだが、最高出力はなんと250psと、2Lターボに匹敵するパワーを発揮する。

 それだけでも驚きだが、この1.6Lターボモデルはフルタイム4WD専用車になるというから二度ビックリ。「ワゴン」「ターボ」「フルタイム4WD」といえば、かつてカルディナGT-Fourがあったが、次期フィールダーはその再来モデルを用意するというわけだ。

2002年から2007年まで販売したカルディナGT-Fourは2Lターボで260psを発生。ニュルブルクリンクを意味するNエディションもあった

 GT-FOUR(セリカ時代はすべて大文字だった)といえばトヨタのビッグネーム。このカローラフィールダー1.6Lターボもグレード名を「GT-FOUR」とする可能性があり、年配層には懐かしさを、そしてターゲットとする若年層には新鮮さをアピールするという戦略なのだ。

 4WDシステムに関してはまだ詳しい情報は入っていないが、渾身のスポーツモデルとはいえ極端に高い価格設定にはできないカローラゆえ、現在のトルクスプリット型を進化させたものになるのが有力。

 しかし、GT-FOURのイメージからすると、名前だけのフルタイム4WDではなく、本当の常時4WD方式でなければファンは納得しないはずで、WRCマシンで使っているアクティブセンターデフ式を市販車用に改良して搭載する可能性もある。

 デビューは標準仕様のカローラフィールダー発売から半年ほど遅れた2018年末~2019年初頭と予想。トヨタのエボリューションモデルの大本命に、意外なクルマが名乗りを上げた。
ブログ一覧 | | 日記
Posted at 2018/01/11 15:30:05

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ホンダの2車種が将来的に統合!?
高山の(秋)山さんさん

1NZ-FE、燃費良いです
ユタ.さん

10th Generation ...
クロポロさん

本当かな?
さっぱりピーマンさん

カローラフィールダー/アクシオ マ ...
ユタ.さん

『カローラ』特別仕様車 発売
ディーゼルオート店さん

この記事へのコメント

2018/01/11 16:14:45
きっと中途半端なスペックで出してきますよ~

ぶっ飛んだ過激仕様で出して来たら嬉しいけど。
コメントへの返答
2018/01/11 21:22:45
GT-FOURのイメージはセリカなんですよ😡⚡🔥

さすがトヨタ車はカスだなと思います(´Д`)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[パーツ] #ジムニー CARBON COMBI ガングリップタイプ https://minkara.carview.co.jp/userid/371645/car/2618381/9352715/parts.aspx
何シテル?   07/31 14:33
彼女募集中です
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

身延山・七面山登詣(二日目)  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/22 20:36:57
スタッフとおやつ? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/19 17:01:13
ロールスもベントレーも歴史あるメーカーは何かにこだわっている部分があるがトヨタにはない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/02 21:44:16

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン トゥアレグ フォルクスワーゲン トゥアレグ
現在乗ってる車です 今次の車検討中IS-F、GT-R検討中
スズキ ジムニー ボコボコを目指す (スズキ ジムニー)
雪道に挑戦
トヨタ アリスト トヨタ アリスト
初めて自分で買った車です デザイン(初代)がとても良くて気に入って買いました 今でも ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
これはスポーツカーが欲しくて買いました 今でも好きな車です ズットもっとけば良かった
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.