• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒AWのブログ一覧

2017年11月07日 イイね!

先生、オッサンにも授業受けさせて下さい!

先生、オッサンにも授業受けさせて下さい!一番下の娘から「学校でお父さんのせいで、チョー恥ずかしかったよ」と言われて、、、

ムムム、中学校で何かやらかしたかなぁ。

でも最近学校なんて行ってないし、娘の友達とも会っていない。

ずっと長野に潜伏していたし。







ことの顛末はこうだった。

中学校の先生が
「おーい、ザンボット3知ってるヤツいるか~!」
「キカイダー知っているヤツいるか~!」


「なんだぁ、誰も知らないのか」

「ザザザンザーザザン、ザザザンザーザザン、ていう歌しらないのかぁ」

娘「やべー、よく知ってる」
  「恥ずかしいから知らないことにしておこう」

とのこと。

娘「お父さんのせいで、2つとも知ってたよ、チョー恥ずかしい」

なんてことだ。

私の娘であれば、授業中に先生と一緒に「行け!ザンボット3」を歌うぐらいお茶の子さいさいだったであろうに。









日本サンライズの記念すべき、第一号作品。

主人公以外ほぼ戦死というもの凄い作品でして、おじいちゃんやおばあちゃんは特攻で戦死、幼馴染のヒロインは人間爆弾に改造されて爆死してしまうという、もの凄いインパクトのある作品。

自己犠牲の精神の塊のようなアニメで、トラウマ一直線の作品でしたが、まさか中学校の先生が、知っていたとは。

安彦良和先生の躍動感のあるイラスト、大好きです。

この作品、実は敵と思われていたガイゾックが、大いなる宇宙の意思の中では「正義」であり、危険な思想を持つ人類が「悪」だったというのです!

いやー、この展開には当時子供だったオッサンにはついていけなかったです(笑)








人造人間キカイダーは、知る人ぞ知る、石ノ森正太郎先生の名作。

不完全な「良心回路」を持つ、人造人間の「ジロー」が人間の心を持つため、戦いを続けるヒューマンドラマなのです。









やはり私は特撮よりも漫画の最終回。

悪の手先、ハカイダーに捕まり、「服従回路」を体内に埋め込まれてしまいます。

これでハカイダーのいいなりになってしまうのか!と思いきや、、、、

兄弟のキカイダー01やダブルオー、自分のことを好いていたビジンダーまでも壊してしまいます!

埋め込まれた「服従回路」を使用し、嘘をついて兄弟までも倒してしまいました。






仲間までも倒し、ハカイダーも倒して子供を救出したジロー。

人間と同じ心を持ったジローは、涙を流します。

「これから永久に"悪"と”良心”のこころのたたかいに苦しめられるであろう」と。

そう、人間の心を持つということは、決して良いことばかりではなかったのです。








そう、石ノ森正太郎先生は、人間の心の光と闇のバランス、心の闇を抑えて生きていくことが人間の心なんだということをこの作品のメッセージとして伝えたかったのだと思います。

中学校の先生は、そこを生徒に教えたかったのかなぁと私、勝手に深読みをしてました(笑)

先生、このオッサンにも授業受けさせて下さい!
Posted at 2017/11/12 15:53:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | アニメ | 日記
2017年07月05日 イイね!

娘がサラサラっと

娘がサラサラっと娘がサラサラっと書いてたのを盗み見(笑)

ACCA13区監察課の貰いタバコのジーン。

なかなか腕を上げたではないか!

この勢いで期末テストも頑張って(笑)
Posted at 2017/07/09 05:53:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | アニメ | 日記
2016年11月21日 イイね!

「この世界の片隅に」良かったです。

「この世界の片隅に」良かったです。2年前、呉市にある「大和ミュージアム」の中で、偶然見つけたポスター。

それが「この世界の片隅に」のポスターでした。

私は「君の名は」ではないんですけど、なぜか戦時中の手記や心を惹かれてしまうんです。

両祖父が戦争に行ったからなのか、それとも、、、、

戦時中、誰にでもあった出来事を伝え、、、生きていくっていうのは楽しいことも辛いこともあるんだなぁと改めて身にしみた映画でした。

今って戦時中に比べれぱ、やっぱり幸せなんですよね。







これが2年前に偶然見つけたポスター。

これでこの作品があることを知りました。

原作も読ませてもらいました。

それで無事映画化になったら絶対見に行こうと思ってました。







戦時中の大変な暮らしぶりが、丁寧に描かれています。







広島から、いきなり呉に嫁いできた「すず」さんの奮戦!










物の無い時代、人の生き死にがすぐ間近にある狂喜の時代を、のんびり屋の「すず」さんが生きていた時代。

本当に日本にあった時代。

私が生まれるちょっと前の時代。

私のおじいさんやおばあさんが生きていた時代。







能年 玲奈ちゃんが主人公の「すず」さんの声をあてているんですけど、凄いんです!

原作のすずさんのイメージピッタリ!!

また、このアニメ映画の雰囲気が、本当に原作の雰囲気そのまま!

玲奈ちゃん、芸能界で干されてしまって、自分の本名が名乗れない大変なことになっちゃったけど、オッサンは応援してるよ!

声優でもやっていけるよ!

昭和のアニオタのオッサンが太鼓判押してるから間違いない(笑)

CGはほとんど使ってなく、柔らかい線で描かれたアニメの動き、昭和のアニオタオッサンは大好きです。

また、大手の映画会社ではなく、クラウドファンディングで出資者を募り、資金を集めて制作されたんだそうです。

資金は、あっという間に集まったということですが、この出来栄えと、いろんなところでの高評価、ほっと安心ですね。







大和ミュージアムから見た呉市の港。

父方の祖父は大陸からの引き揚げが遅れてしまい、家族のものは、「もう死んだ」とばかり思っていたんだそうです。

なので、葬式までやってしまったんだそうです。

半年遅れて引き揚げ船にのって帰ってきたものですから、みんなびっくりだったそうです。

引き揚げされる方は日本に着いたら、どの電車でも乗れる「フリーきっぷ」と路銀を渡されたんだそうです。

だから、なんとか故郷まで帰れたんですね。

祖父は、大陸で大きな川を泳いで渡るときに、腰を撃たれてました。

子供のころ、一度見せてもらったことがあります。

また、近所でも有名な「アル中」でして、、、お酒飲むと、いろいろやらかしてました。

私が子供のころでも、覚えているぐらいでしたので(笑)

だから、祖父とは会話した記憶がほとんど無いんです。

アル中で迷惑ばかりかけていましたんで、やっぱり祖父のこと嫌いでした。

でもね。

今なら亡くなったおじいちゃんの気持ち、わかるような気がします。

海育ちで泳ぎがうまいのに、なんで川を渡るときに、深く潜らずに浅く泳いで撃たれたのか、、、

どうして、お酒におぼれちゃったのか、、、、、今となっては聞けないけど。



「この世界の片隅に」を見て、忘れかけていた祖父との思い出を思い出すことができました。

Posted at 2016/11/23 06:24:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | アニメ | 日記
2016年09月06日 イイね!

オヤジのハートがキュンとなるねぇ

オヤジのハートがキュンとなるねぇ日曜日、実家の手伝いをちょっと手伝ってから、家族みんなで久しぶりに映画館へ。

そう新海監督の最新作「君の名は。」を見るために。

もの凄い評判がいいので、楽しみにしてました。

あと、我が家の家族は、映画館で平気で寝る、困った人たちなのだ。

お父さんのお小遣いからチケット代を出すんだから、粗相のないように!











いやー、とても良かった!

台風と腰痛と大型二輪免許チャレンジで、ボロボロのオヤジのハートがキュンとしちゃったね(笑)

最後の最後までドキドキの展開!

エンディングテーマもよかった。

バケモノの子といい、最近のアニメ映画、更に良くなってるなぁ。










こちらも新海監督の作品で、私も大好きな「秒速5センチメートル」。

ちょっと切ないエンディングが涙をそそります。

いいねぇ、若いってすばらしい!

こんな青春時代を過ごせていたなら、、、(笑)





このPV見て、興味をもたれた方はぜひ映画館で!

Posted at 2016/09/06 22:38:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | アニメ | 日記
2016年08月18日 イイね!

昭和のアニメはいいねぇ、パンダコパンダ、千葉テレビで放送!

昭和のアニメはいいねぇ、パンダコパンダ、千葉テレビで放送!大型二輪免許、不合格の翌日、なんとあの不屈の名作が千葉テレビでオンエアされました。

あの宮崎駿と高畑勲のスーパーコンビで1972年に制作された「パンダコパンダ!」

久しぶりに見させていただきましたが、色あせない力強い作品!

アニメ創生期の日本を代表するアニメであることは間違いない!




当時は相当な低予算だったと思うんです。

セルも枚数制限があったと思うんですけど、この躍動感!








このOPを歌っているのは、水森亜土さん。

子供のころNHKでよく拝見させていただきました。

このアニメのオープニングには、やっぱり亜土ちゃんしかいないですよね!

今年で76歳なんだそうです。

まだまだ現役、がんばってるなぁ!






















まだ見たことがない人はぜひ、お勧めしたい作品です。

最新の技術やCG、お金が無くても、いい作品はできる!と思える作品です。

千葉テレビ、40年以上前の作品をオンエアするとは、、、、やるなぁ。









続いた見たこの作品、前編CGでとても綺麗なアニメなのですが、、、、

全く絵が動いていない。

私も娘たちも、うーんと唸ってしまう、、、

私としては、パンダコパンダの1本勝ち!


Posted at 2016/08/21 12:21:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | アニメ | 日記

プロフィール

「群馬暑い!今日は実技試験!
萌えろキャタピラ魂!」
何シテル?   07/09 06:05
一番初めて購入した車がAWでした。そしてSWを購入するためAWを手放し、結婚を期にSWを手放しました。 奥様が免許取得した際に無理やりAW(SC)を購入させま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

まーしーのブログ 単身赴任・嗚呼!!東京プリズン in 高円寺 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/09/24 07:11:29
 

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
初めてのスバル車。 初めての水平対向エンジン。
三菱 ミニキャブ・ミーブ 三菱 ミニキャブ・ミーブ
我が家のEV弐号機。チタニウムグレーM 。 見た目はいいが、内装ボロボロ。 タイヤツル ...
スズキ GSX250S KATANA (カタナ) スズキ GSX250S KATANA (カタナ)
親父のバリバリ伝説(笑)
ホンダ スーパーカブ110 ホンダ スーパーカブ110
オヤジのバリバリ伝説再び! 後輩から譲っていただいたスーパーカブ。 大事に乗っていき ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.