• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

黒AWのブログ一覧

2014年02月23日 イイね!

オヤジとカタナとナマコちゃん

オヤジとカタナとナマコちゃん日曜日は実家で仕事をして、早目に上がり、夕方親父さんの工場で、もう一度キャブレターの確認をしてました。

どこからか、エアーを吸っていると思い、増し締めをしたり、パーツクリーナーを拭いてみたいするも、異常なし。

やっぱり回転の落ちが悪い。
うーん困った。

こうなったら、実家のスーパーカブの修理の時にお世話になった、近所のバイク屋さんに聞いてみると、月曜日、様子を見に来てくれるとのこと。

ありがたいけど、残念!

傷心の私に、夕方工場に来ていた、釣りの師匠から、ナマコをいただきました(笑)

日曜日は、潮が引いたので、館山湾の防波堤にくっついていたナマコが、沢山取れたとのこと。

1匹おすそ分けしていただきました。
























ひょろ長かったナマコちゃんですが、娘のエステをくらって、真水の風呂に入ったら、怒ってしまって、プンプクになっちゃいました(笑)

もちろんまだ生きています。

























すっかりお風呂に入って、綺麗になったナマコちゃん。

これから、お茶の葉っぱでの熱湯風呂に入っていただきます。

嫁「父ちゃんの、○ンタマ○くろみたい」

年とると、恥じらいもデリカシーも全くなくなってしまっている誰かさんの嫁。

育ちが悪いのがバレちゃうよ。

しかも、私のアソコはこんなにでかくありません(笑)





























熱湯風呂に入っていただいた瞬間!

娘「ぎゃー おしりからなんか出てきた!」
  「これ、○ンコ?」

そうなんです、ナマコ先生のおしりから、なにやらメリメリ出てきました!

うおー、びっくり。

うちの娘もデリカシーはありませんでした。

母と娘、よく似ています。

このまま火を止めて、1時間待ちます。


























一時間後、出来上がったナマコ先生をお刺身風にして、いただきました。

うまい、うまいではないか!

なかなかの絶品じゃないですか。

今度、防波堤で、ナマコハンティングに行こうっと。

嫁「私、食べられない」
  「父ちゃんのアソコみたいにフニャフニャだから、、、」

やっぱりデリカシーの無い嫁でした。

まだまだ40代は、バリバリ現役だぜ!
Posted at 2014/02/25 00:26:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | カタナ | 日記
2014年02月22日 イイね!

人間あきらめが肝心、焼き鳥で反省会!



























バイクいじりはあきらが肝心!
土曜日の夕方はまーしーさんとS村さんと私で、パソコンを見に行く約束がありましたので、館山市内の家電量販店を回ります。

まーしーさんから、いろいろ話を聞いて、S村さんと私も納得納得。

2店舗回った後、反省会と称して焼き鳥屋さんにピットイン。

大雪のおつかれさま会も含めて、オヤジたちもアルコール消毒開始です(笑)

「百万両」の、このスタミナ焼きと、しろ、カシラがオヤジを慰めてくれます。


























生ビールから、ホッピー。

そして、、、




























角ハイボールへと、見事な継投!































阿鼻叫喚!、オヤジたちの宴は続きます(笑)。

仕事はきついし、いいことないし。

酒のつまみになるような、愚痴話には事欠きませんね。

久しぶりの「百万両」の焼き鳥、体に沁みました。










Posted at 2014/02/23 20:54:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 居酒屋 | 日記
2014年02月22日 イイね!

先週のつづきで、いよいよエンジン始動!の予定でしたが、、、、

先週のつづきで、いよいよエンジン始動!の予定でしたが、、、、やっとお休みをいただいた土曜日。

先週途中で中断していたキャブレターの装着を始めます。

キャブレターの取り付けも初めてなので、本当に大変。

バイク整備の経験が無いので、スロットルワイヤー取り付けだけでもチンプンカンプンなのです(笑)

また、スペースが無い!

不器用なオヤジには辛すぎる作業です。


























やっとキャブレターを入れたけど、エアクリーナーボックスがうまく入らない!

やっとひらめいて、エアクリーナーを外して手を突っ込んでなんとかはまりました。

頭がにぶいので、ひらめくまでに時間がかかるのです(笑)
































やっと取り付けできた不器用オヤジのオーバーホール「キャブレター」。

オヤジの魂とお小遣いが入っている!

一発始動、たのむで!
































うぉー、やっぱりかからない(悲)
セルを回すこと20分。

マフラーからは、波動砲のようなバックファイヤーで、近くにいたお客さんもビックリ。
すいませんでした。

そのうち、少しずつ調子が出てきたキャブレター。

今度はスロットルは戻っているのに、回転が下がらない、、、、

アイドリングも落ち着かない、、、、

うーん、ドツボにはまってしまった(悲)

やっぱり、不器用なオヤジには荷が重すぎたか、、、、



Posted at 2014/02/23 20:13:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | カタナ | 日記
2014年02月15日 イイね!

結構散財してしまったキャブレター部品、、、

結構散財してしまったキャブレター部品、、、2週連続で、関東地方に大雪が降った週末。

会社から仕事の呼び出しが来るんじゃないかとビクビクしていたんですが、やっと部品が揃ったので、午前中から組み付け開始です、、、

部品屋さんにお願いして、250カタナ用のミクニキャブレターのOリングを探していたのですが、やはりパーツリストから、無くなってしまっているとのこと。

汎用のキャブ用のOリングセットを買ってみたのですが、大きなサイズは合わなかったのです。

いろいろ探してみて、バンディットのパーツリストなら品番があったので、そちらで頼んでみました。

無事に出ました!
































フロートバルブホルダー用のOリング。

ここは新品に取替したかったんです。

バンディット250の品番で出ました。

































ジェットブロック用のOリング。

こちらもバンディットの品番から注文。

しかし、、、、ここから悲劇が。




























第一の悲劇。
バンディット250と同じミクニのキャブレターの型式だったため、こちらの角型Oリングも注文しましたが、、、、

全く不要なものだったとは!

ムムム、、、同じキャブでも、仕様が違うとは、、、、
MIKUNI BST29恐るべし。

黒AW、42にしても、まだまだケツが青い(悲)
しかも、これが1個530円もする!

4個も買っちゃったから、、、、当分昼飯カレーそば確定(悲)
































更なる悲劇が黒AWのメンタルと財布を直撃!

フロートバルブも新品に交換。

フロートバルブの部品は小さいのに、この袋のふくらみは、、、、?




























おおっこれは!

フロートバルブホルダーも入っていたとは!

しかも苦労した探したOリングまで付いていたとは、、、、

しかもしかも、この部品は1個2572円で×4個、、、、、

黒AW、当分昼飯は、カケソバ確定ランプが点灯しました。



























せっかくなので、フロートバルブホルダーも新品に交換。

メインジェットとフロートアッシーを新品に交換して、組み付け完了。

これからエンジンに取り付けしようとした時、携帯電話が鳴りました。

上司「黒AWちゃん、会社に集合!」

「きたか長さん、待ってたドン!」

これから、土曜日は泊り込みで会社で仕事、解放されたのが日曜日の夜9時半過ぎ。

40すぎのオヤジには厳しいなぁ。

やっと今日、カタナにキャブ取り付けて、エンジンかけてみます!







Posted at 2014/02/22 08:11:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | カタナ | 日記
2014年02月11日 イイね!

映画「RUSH」、生きる伝説ニキ ラウダに感動!

映画「RUSH」、生きる伝説ニキ ラウダに感動!制作している時から気になっていた「RUSH」。
やっと見ることができました。

高校生のとき「グッバイヒーロー」という昔のF1から1987年までのドキュメンタリー映画を見て、ニキ ラウダのことを知りました。

1988年の最終戦のオーストラリアGPにもマクラーレンのピットにいて、「アランプロストとマクラーレン、第一期黄金時代を築いた、、、」とアナウンスされていました。

映画が始まって、なんとあのハーベイ ポスルスウェイトが登場したことにびっくり!
若かりしころ、ヘスケスチームにいたとは!



































ティレル018 019 020 022などをデザインした、レーシングデザイナー。

お金が無いなかでも、いい車を作る、いいデザイナーだったですよね。

ジャン アレジがドライブした018、019と片山右京がドライブした022は、とにかく速かったですよね。
今でも記憶に残っています。




























ハーベイがデザインしたヘスケス308。

ノンスポンサーだけどかっこいいなぁ。

ジェームスハントもかっこいい。





























残念ながら心筋梗塞で亡くなっています。

この前、プライベートエンジンチューナーのブライアンハートも亡くなっています。

お金無くてもいい仕事をしていた職人さんがF1からいなくなってしまうのは寂しいです。


























ニキ ラウダ役の方、本当にしゃべり方やうなずき方、そっくりなんです。
映画の撮影中に、何度もニキご本人に電話して、当時のお話を聞いていたとのこと。

ニキの嫁さんもそっくりでした(笑)

また、現代F1では当たり前のことを、時代を先駆けて実施した人だったんです。
ネタばれになるので、内容はないしょということで、、、、

当時としては、かなり思い切ったことをして、自分を売り込んだんですね。

映画の中で、フェラーリ312T2やマクラーレンM23 ティレルP34の6輪車が走るシーンは圧巻です。
そのシーンだけでもゾクゾクしちゃいました。






























映画の中のクライマックスが、1976年の最終戦の富士なんです。
長谷見さんがドライブした、幻のホールポジションのあのコジマ KE007も、この富士でデビューしましたよね。

全損のKE007を日本のメカニック総出で修理したという伝説、今でも有名ですよね。


























フェラーリで2度ワールドチャンピオンを獲得してから、1979年に引退。
その2年後、マクラーレンで復活します。

やはり現役を引退するのと、当時でもマシンの性能向上は日進月歩でしたから、体力的にも大変だったと思います。

また、4レース中に良い成績が取れなかったら、マシンから降りる、という内容の契約書にもサインしていたとのこと。

1982年、マクラーレンはエンジンがDFVだったのにもかかわらず、ニキはロングビーチで優勝します。
1983年からは、マクラーレン初のターボエンジン、TAGポルシェにも順応し、翌年はアランプロストとタイトル争いをして、3度目のワールドチャンピオンとなります。

引退した後に復帰してワールドチャンピオンとなったのは、ニキとアランプロストぐらいじゃないでしょうか?

やっぱり「生ける伝説」なんだと思います。










この映画、ファンにはたまらない作品ですよ!

「生ける伝説」ニキ ラウダと45歳で亡くなったジェームス ハントの友情、ぜひ見てください!





Posted at 2014/02/14 00:32:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「群馬暑い!今日は実技試験!
萌えろキャタピラ魂!」
何シテル?   07/09 06:05
一番初めて購入した車がAWでした。そしてSWを購入するためAWを手放し、結婚を期にSWを手放しました。 奥様が免許取得した際に無理やりAW(SC)を購入させま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 

リンク・クリップ

まーしーのブログ 単身赴任・嗚呼!!東京プリズン in 高円寺 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/09/24 07:11:29
 

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
初めてのスバル車。 初めての水平対向エンジン。
三菱 ミニキャブ・ミーブ 三菱 ミニキャブ・ミーブ
我が家のEV弐号機。チタニウムグレーM 。 見た目はいいが、内装ボロボロ。 タイヤツル ...
スズキ GSX250S KATANA (カタナ) スズキ GSX250S KATANA (カタナ)
親父のバリバリ伝説(笑)
ホンダ スーパーカブ110 ホンダ スーパーカブ110
オヤジのバリバリ伝説再び! 後輩から譲っていただいたスーパーカブ。 大事に乗っていき ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.