• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

妖怪横歩き@MINIを弄って32万㌔の"パークレーン" [ミニ MINI]

整備手帳

作業日:2019年3月19日

【写真多め】エンジンマウント3箇所交換DIY

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度
作業時間 1時間以内
1
ガタンガタンと揺れる感覚が大きくなったら、エンジンマウント3箇所が劣化しています。

3箇所とは
・一番簡単なロワマウント
・必ず液が漏れてダメになる右側マウント
・ちょっと敷居が高い気がするトランスミッションマウント

です。
ここでは3つとも交換します。

エンジン周りなんで大変そうに見えるかもですが、ジャッキアップしてウマカケ出来る方でしたら全然簡単な方の部類に入ると思います。
必要な工具もソケットセットとプライバーくらいです。
マウントは3点で2万円くらいで揃います。
2
写真では他の作業のついでなのでバンパー外れてますが外す必要はありません。
アンガーカバーだけ外します。

ジャッキアップしたら
当て木を当ててエンジンを下から支えます。

ロワマウントは簡単過ぎるので写真割愛します。
ロワマウント、交換の際はエンジン側のホルダーごと外します。
13mmソケット x 4です。

トランスミッションマウントをやるときには、付けたままのほうがエンジン位置がずれなくてやりやすいと思います。
右側液封マウントの時には、外れてた方が良いかと思います。(今回は完全にバラさなかったので)

エンジン上側は、フィルターハウジングなどを外します。
クーパーSだとECUケースなどちょっと外すものが多いですが、外した後はどちらも同じです。
3
さて、基本的にはボルトを抜いて付け替えるだけなのですが、
ジャッキで支えているとは言え、重いものを吊っていますのでそこそこの重みがかかっています。

順番が大切なので、ぜひ下記の順にやってみてください。

・全てのボルトを少しずつ緩める

・下側4本のボルトを、全て抜く(最後の一本を抜く時にエンジンがフリーになって多少動きますので注意。ジャッキは必ず横方向にも力が作用しますから)

・上の一本は、マウントとエンジンが分離したことを確認したら、マウントを軽く揺すりながら「軽く引き抜ける」事を確認しながら抜きます。

※もし先に上の一本を抜こうとすると、「押し上げ」又は「吊り下げ」のどちらかの方向に結構な重みがかかっています。
抜けづらいですし不安定なので避けましょう。無理に引き抜くとボルトをダメにする可能性があります。
4
外れました!
5
さて戻す時のほうが作業に気を使います。
作業中にもジャッキが徐々に下がっていっているので位置・高さを確認しながらやりましょう

僕は...
・ジャッキを少し下げて
・先に車体側のボルトを入れる。本締めはしないが奥のボルト穴のスレッドにネジがかかった状態に

下側4本は、
・写真のように、隙間にプライバーを差し込み位置調整をしながら、入れやすいボルト穴の位置を探す
・手で軽くボルトを差し込んでちゃんとはまった事を確認したら、次のボルト(対角にあるもの)をまた軽く締め込む、
4+1本がすべてネジ穴にちゃんと入ったら、順番に本締めする

の手順でやっています。
1回やったらコツは掴めます。二回目以降はスグできますよ。
6
劣化状態。よく見ると浮いているはずの上の部分がマウント側にもう接触しています。
振動を防ぐ効果は既に失われていたでしょう。
ひびやちぎれは無いですが、機能していません。

とはいえ千切れたり液漏れでガタガタになる外の二箇所に比べるとかなり頑丈な作りです。

予算的に厳しかったら、スルーしても良い所ですが、
DIYなら6-7000円程度の部品ですので一緒に変えたいところです。

なおロワマウントは2/3ほど千切れてしまっていました。
あのままだったら完全に千切れたのだろうか...
ゴトンゴトンとうるさいはずです。

どれか一箇所がダメになると他の箇所も加速度的に劣化が早まるので、
個別なら早めの交換か、3箇所セット交換をオススメしたい所です。
7
右側は、ホントはエンジンステーを一度外すのだと思うのですが今回はボルトを緩めるだけにして、
下からエンジンを押し上げ、隙間から抜けないか試してみました。結果成功です!
ここも完全に外すと位置決めがちょいと面倒なので。

(念のため書きますが、ミッションマウントと同時にはやってはダメです。固定が無くなってエンジンが落ちますよ。一箇所ずつ終わらせましょう)

全て外したら、エンジンを押し上げながらマウントを手前に引き出します。
最後はガッ!とうまいことやります(なんだそりゃ)

下のE11トルクスボルトを外す時にどろどろのオイルが垂れてきますのでご注意を。
手前のボディアースのストラップは、13mmのナットを外すと裏側からボルトが落ちます。
落ちないように裏に指を添えて作業してください。
燃料バルブは、ステーの根本を押すと簡単に外れますので横にどけておきます。
上のコネクタの横を押してひっぱるだけでパイプは外れます。
8
戻す時は、下の穴にはめたらジャッキで軽く押し上げつつ、
こんな感じでプライバーで押し込みます。
これはラクで良いなぁ。新しい技を覚えました。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

エンジンマウント交換

難易度: ★★

エンジンヘッドガスケット(パッキン)交換

難易度: ★★

ブローバイホース修理

難易度:

フリクションホイール、ベルト交換

難易度:

MINI F型の定番?

難易度:

【カタカタ音解消】エンジンオイル交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「コロナで全然走れてなかったからMINI治す所が無くてツマラン...」
何シテル?   10/30 09:06
Sidewalk乗りです あちこち走り回ってます
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

その2 エアコンパネル取り付け清掃 グリスアップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/09/20 09:41:13
エンジン載せ替えついでの交換パーツ明細 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/08/03 02:23:10
ミニクーパーのソフトトップ取り外し手順 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/06 11:35:46

愛車一覧

ミニ MINI ミニ MINI
32万k走って全然元気!英国車がこんなに壊れないとわ... 雨雪凍結、悪路に酷道大好きな ...
ヤマハ MT-09 えむてぃ (ヤマハ MT-09)
初めてのMyバイク。ちっさなぼでぃーにイカした馬力。こいつぁ仲良くなれそうだ 気がつけば ...
ミニ MINI パークレーン (ミニ MINI)
新しい仲間がやってきました。12年ぶりのR50です
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.