• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッキーさいとーのブログ一覧

2009年12月19日 イイね!

夜の部

夜の部FSWでひと汗かいた後、都内で忘年会2件。

というわけで、法定速度を守りながら(信頼度50%)、慌てて都内へ。

一件めは アウディドライビングエクスペリエンス・スタッフの忘年会。
ヴォルシュプルングナイトです。場所は世田谷某所。
料理はふぐ!!

ふぐ食いたい! と強いリクエストを出したのはYインストラクターだったのですが、可哀相なことに仕事で出席できず。

代わりにたんまり食べておきました(^O^)/



ふぐをたらふく食べた後は、慌てて西麻布へ。
こちらは恒例カービュー忘年会。

昨年、ぼくがついたテーブルは、始まってから終わるまでずっと下ネタに終始したという、とてもお下品な状況だったのですが、今回はやや遅刻して参加したため? そういうことにはならず、世界情勢について熱く語り合って来たのでした(嘘)。


皆さん誤解しているみたいなんですが、ウッキーはお酒を飲むと酔っ払ってしまう体質なので、あまりのみません。そもそもこの業界、

「オレの酒が飲めないのか!」

「はい飲めません」

ですんでしまう、とても居心地のいいところでありまして(酒飲みには寂しいかもしれませんが)、若い頃から酒を飲むことに研鑽してこなかったので、まったく鍛えられていないのです。


まあ、そんなわけですから、酒の席でお酒を飲まなくても痛くもかゆくもないのです。
だからと言ってクラブ活動に興味がないかというと、それはまったく別の問題なのでであります。



Posted at 2009/12/19 19:08:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2009年12月19日 イイね!

プリウス

プリウスあさ、富士スピードウエイへ向かっている最中、ラジオを聞いていたら、片山右京さんが富士山で遭難というニュースが・・・。
富士五湖有料道路から富士山を撮ってみたのですが、風がものすごく強そうでした。

右京さんが無事だったのは何よりですが、パーティのお二人がなくなってしまったみたいです(合掌)。



で、なぜぼくがFSWに向かっていたのかというと、
富士スピードウエイでプリウスを走らせてきたのでした。

ⅰcode(アイコード)というショップのクルマ。
それに広報車のプリウスも。

詳細はアクティブビークル誌(AV)で。

バッテリーの充電量や使い方によってラップタイムや最高速が変わってしまうので、タイムを出すのはなかなか難しいですが、意外に良く走りました。

プリウスワンメークレースなんてあったら面白いかも・・・なんて思ったのでした。

="サンピエトロ広場?"
Posted at 2009/12/19 17:13:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2009年12月17日 イイね!

可夢偉

小林可夢偉選手がザウバーのレースドライバーとして契約したというニュースリリースが届きました。

可夢偉選手おめでとう(知り合いじゃありませんが・・・)。
これで、来シーズンもF1を見る楽しみができました。

まだ23歳ですからね。楽しみな選手です。

一貴、琢磨も契約できるといいんだけど・・・。
Posted at 2009/12/17 23:23:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2009年12月13日 イイね!

10日ぶりのご無沙汰です

仕事がギュウギュウにつまって・・・なんてことはまたくなくて、引きこもり気味のウッキーです(^_^;)

それはともかく、8日にREVスーパーバトルってタイムアタックイベントが筑波サーキットでありまして、BOZZ SPEEDのランエボ9でエントリー。正確には、エントリーはボズで、ぼくは運転手をしてきたんですけど・・・。
これが1分0秒を切れなくて大苦戦。結局1分0秒1というタイムに終わったのでした。

チョット悔しいぞ。

まあ、内張り、エアコン、オーディオ全部付きでまったく軽量化していないクルマなので、タイム的にはけっして悪いタイムじゃないんですけどね。


でもって翌日はHKSのハイパーミーティングというイベントでまたまた筑波サーキット。
こちらはクラブレガシイの企画でお邪魔。
高崎のマルシェさんのレガシイ(企画でチューニング中)でタイムアタック。
前回は1分7秒台だったのが、1分6秒台にタイムアップ!!
こっちはかなり嬉しい・・・というかビックリ。

クルマは内装もノーマルのままだし、オーディオ、エアコン付き、コンピュータチューン+ブーストアップ、それにノーマルダンパー+ローダウンスプリング+タイヤ(ディレッツァZ1★)
これに今回リヤLSDを付けただけという・・・。
LSDも端に付けただけじゃなく、ちょっとした裏技があるらしいのですが、、それにしてもLSDで1秒近く速くなるとは・・・。

走っているのは短時間とは言え、めちゃめちゃ集中するので家に帰ったらバタンキュー(死語)。



なんてことをやっていたわけですが、それはそうと、
F1がちょっと面白いことになっているかもしれません。

噂によると、可夢偉がザウバー、中嶋一貴がステファノGP、そして佐藤琢磨がロータスに乗るかも・・・という。

・・・なんてかいていたら、たった今、琢磨のロータスはないというニュースが・・・・。

いま「ぬか喜び」って言葉が頭をよぎりました(-_-メ)



今年はトヨタがF1撤退して、日本メーカーの参戦がなくなってしまったわけですが、ドライバーは頑張ってますね。




Posted at 2009/12/13 23:47:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2009年12月03日 イイね!

メルセデス

メルセデスベンツ「ブルーエフィシェンシーモデル」試乗会に行ってきました。

要するにメルセデスのECOモデル試乗会です。

まずはEクラスCGIエンジン搭載モデル。
試乗したのはE250CGI BlueEFFICIENCY COUPE

このクルマに搭載されるエンジンは、1・8リットルの4気筒DOHCの直噴エンジン+ターボで、E250V6の2・5リットルV6エンジンと同じ205馬力を発生します。
最大トルクは31・6kgmで、2・5リットルの25・0kgmを軽く凌ぎ、3リットルクラスのトルクを発生します。
ちなみに10・15モードは11・4km/L(E250は9・0km/L)
CO2排出量は179g(同225g)

しかも最大トルクを2000回転~4300回転で発生するのでV6よりトルクフルで、クルマが軽々と走ってくれます。
="E250CGIクーペ" ="CGIエンジン"
これは思いがけず良く走るのが印象的でした。特に箱根の上り坂など、2000回転から最大トルクを発揮してくれますから、エンジンをブン回さなくてもスイスイ登っていってくれます。

圧縮比が9・3と高めであるにも関わらず、ターボの過給圧も1・2キロと高めで、ターボが効き出す手前のエンジンのピックアップもいいし、ターボが効き出してからのトルクの充実感(ターボパワー)や伸びの良さも実感できます。

バランサーシャフトが付きで、エンジンの振動を抑えているということで、実際2500回転とか3000回転、それ以上の回転ではスムーズにエンジンが回ってくれている感触があります。
ただ、2000回転以下くらいの回転、およそ50キロくらいのスピードで坂道を登っていると、カチカチカチといった微振動を伴ったノイズが出るのが気になりました。



="S400"
2台目はSクラスのハイブリッド。
カタログのグレードにはハイブリッドロングと書かれているんですが、クルマにはS400とハイブリッドのエンブレムが付くんですね。
このクルマのエンジンは3・5リットルのV6DOHCエンジンを搭載しているんですが、S350とまったく同じでは無くアトキンソンサイクルを採用しています。
一般的には、アトキンソンサイクルは同じオーッとーサイクル(一般的なエンジン)に比べパワーが落ちるといわれているのですが、このエンジンはS350よりも圧縮比が高くなっているのが理由なのか、パワーも279馬力で、S350よりも6馬力高くなっています。メルセデスでは熱効率を高めていると説明しているのですが、・・・スミマセン詳細はわかりません。
ともかく、パワーが上がっていて、しかも、最大トルクも、35・7kgmで数値はS350と変わりませんが、発生回転数がS350の2400-5000回転に対して3000-5500回転と500回転高い設定になっています。

="インパネ" ="エンジン"
モーターは、エンジンとトランスミッションの間に挟まれる形でディスク型のものが搭載されています。スターターやジェネレーター(発電機)としての機能を持っており、そのためアイドルストップを可能にしています。
また回生ブレーキ機能が付いており、この回生ブレーキによって小型のリチウム・イオンバッテリー(リチウムイオンバッテリ35個をパッケージに納めている)に充電されます。
モーターの出力は15kw/160Nmあります。
システムトータルの最高出力は299馬力/最大トルク39・3kgmとなっています。

15km/h以下でエンジンをストップさせるECOスタート・ストップ機能も付けられていますが、レクサスのような緻密な制御システムではなく、機能は至ってシンプルです。

加速時に最長5秒間のモーターアシストを行い、これによって加速を補助します。
これは振るか即時だけでなく緩加速時でも行われ、このためにモーターのトルクがスピード維持や加速時初期に効果的に発揮されるというものです。
エンジン(トルク)特性)がやや高回転気味になっているのをモーターターボで補いつつ、より充実したパワーとトルクを低回転域で発生させることで、力強さを出そうというのが狙いなのでしょう。

また回生ブレーキは、単純なアクセルオフでは回生量が少なく、ブレーキを軽く踏んだ状態で回生量が増えます。
また、バッテリーへの充電は行われていないようです。

それでも10・15モードで11・2km/Lを達成しています。
S350の10・15モードが8・7km/Lですから、効果はきちんと発揮されているんです。

走らせてみるとアクセルを踏み出した時の出足に力強さがあり、モーターがアシストしてくれているのかな? という気がします。特にキツイ上り坂で加速した時の力感は3・5リットルという排気量以上の力強さがあります。レスサスLSやGSのような途方もない加速性能ではありませんが、クルマの重さを感じさせず、ストレスなく加速してくれます。モーターアシストが効くのはアクセルを踏み込んだ5秒間ほどですが(踏みなおすとまた5秒間仕事をします)、加速初期をモーターでアシストしているので、余計な燃料を使わないで済むんですね。

バッテリーの充放電のロジックはというと、アクセルオフだけでは簡単に充電されず、ブレーキを軽くかけた状態で坂道を下るとぐんぐん充電量が増えていきます。箱根の下り坂で99%充填までいきました。
でも、一般道を走っているとぐんぐん充電量が少なくなっていきます。通常走行時は充電されないんです。
なるべく充電量が減らないように試乗会場まで走り80%充電をなんとかキープできたのですが、
バッテリーの充電量は、30%~70%くらいが最も効率が良いのだそうで、プリウスのようにバッテリーだけを使って走るということをしないし、バッテリーを使うのも加速の5秒間だけなので、充電量を多くすることにあまり意味は無いのです (ーー;)



3台目はスマート フォーツーmhd (マイクロハイブリッド)です。

アイドリングストップ機能をもったスマートです。
このシステムはとても単純で、シフトノブの根元のあるECOスイッチを入れておくと、交差点などでクルマが停止したときにエンジンが止まるというものです。
ブレーキがセンサーになっており、ブレーキを踏んでいればエンジンは止まっていますが、離すとエンジンがかかります。
たったこれだけの機能ですが、シティコミューターとして街中を走る事を主眼においたスマートの場合アイドリングストップの燃費向上効果は相当に大きな効果を発揮します。

="スマートmhd"
="インパネ"
ちなみに燃費は23・0km/Lとです。
排気量も999CCありますから、街中を走るぶんには十分です。
アイドルストップ機能が付き、停止状態でブレ-キを踏んでいるとエンジンが切れてしまうのですが、ヒルアシストが付いているので、坂道でブレーキを離して発進しようとしたときでも、クルマが下がりません。このあたりもうまく作ってあります。


この3台は、いずれもそれほど凝ったメカニズムを搭載しているというわけではありません。
もちろん技術的には高度なことをやっているわけですが、小排気量+ターボはすでにVWがやっているし、ハイブリッドはプリウスどころかホンダよりもずっとシンプルというか簡素なメカニズムです。

直噴ターボに関しては、日本は明らかに立ち遅れていて、かつてのターボ王国の残滓も見当たらない状況ですが・・・。トヨタ、ホンダによるハイブリッド車展開、ミツビシ、スバルの電気自動車など最先端の技術に目が奪われてしまっているからなのか、エンジン自体の燃費向上を愚直にやっているからなのかわかりませんが、小排気量直噴エンジン+ハイプレッシャーターボによる(エンジンの)ダウンサイジングというやり方は見られません。

あるいは、そういった需要が日本では見込めないと考えているのでしょうか。それとも今や小さくなってしまってうまみのない国内マーケットに、新しいエンジンを開発する予算など割けないということなのでしょうか?


メルセデスのハイブリッドに関しては、今現在他メーカー(トヨタとホンダですが)が達成している技術レベルからすると、それほど驚くべき技術は使われていません。
作動の滑らかさ、熟成度という点でも、それほど洗練度が高いとは思いませんでした。ロジックも至ってシンプルです。

でも、これできちんとCO2の低減や、燃費の向上を実現しているんですよね。


CO2を低減するとか、燃費を良くするといった現実的な目標に対して、いかに効率的に達成するかということになると、別に最先端や世界初に固執する必要はなくて、これで十分なわけです。
乗ってみても、特別不満は感じないんですよね。

見方によれば、メルセデスのやり方はどこか対処療法的な匂いがないでわけではないのですが、他方、技術のための技術に陥ることなく、なにを目標にECOをするの、かというスタンスが明確であるように感じたのでした。

その一方でSLSなどといういかにも燃費の悪そうなクルマも発表しているのですが、じつは、このクルマの存在が、メルセデスに「今後も楽しいクルマを作ってくれるに違いない」という期待感を抱かせる役割を果たしているわけで、ブルーエフィシェンシーを掲げてECO問題に取り組みながら、メルセデスというメーカーの先行きに閉塞感を感じさせない効果を生み出しているように思うんです。

今の日本では、ECOこそ正義といった風潮が強く・・・話が堂々巡り。同じこと何度も書いても・・・

試乗会からの帰り道。
信号で止まっているエブリーの後ろに付いたら、4・2LのS4が口を歪めていました。
="S4"

Posted at 2009/12/03 07:15:48 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

一応モータージャーナリストなんて肩書きでやってますが、気分としては自動車レポーターかな。クルマにまつわる楽しいこと、面白いこと、スゴイことをリポートしたいと思っ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/12 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

アウディ S4 (セダン) アウディ S4 (セダン)
平成18年式 排気量が4・2Lあるので、燃費が・・・と不安に感じていたのですが、実際に走 ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.