• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

最終兵器サードのブログ一覧

2018年03月13日 イイね!

久々のドライブ

・・・と言っても、そんなに遠くではないのですが(^-^;ゞ


昨日はシフトが休みということもあり、現在同じシフトサイクルに入っている職場の同僚と一緒に余市へ赴きました。

参考までに、余市町とは北海道の小樽から更に突き進んだ場所にある場所で、ニッカウヰスキー余市蒸留所が有名な場所だったりします。
お酒が飲めない自分は、過去には仕事関係で数回訪問した程度で、全く詳しくないのですが、お酒好きには楽しめる場所になってるようです。


んで、そんな私なので当然ニッカウヰスキーには訪れたりせず、目的地はお寿司の食べ放題。
余市町内にある鮨処「ふじ鮨」です。
札幌すすきのや、小樽にもお店がありますが、敢えて余市です。


※回らないお寿司屋は超久々。



まぁ、ここを選択したのに理由がありまして、ここではお寿司のバイキングがあります。
お寿司以外にも、天ぷらや揚げ物、サラダや点心、デザートといったものがビュッフェスタイルで選択できるようになっていますが・・・肝心のお寿司はビュッフェでないんです。

職人さんの握りたてを楽しめる!

ネタはちょっと少なめで十数品目ではありますが、自分は「はまち・サーモン・いくら」が食べられると幸せなので、このローテーションで注文していく形になりました。


※ネタやビュッフェは小ぶりになっていますが、多種を多く食べるにはこの方が好都合。


100分間の食べ放題でしたが、まぁ年取ったなと。
40分程度で満腹になり、その後はデザートとドリンクを嗜みながら、店内に設置されていたペッパー君と戯れていました。



100分が経過した14時過ぎに店を出るが、この日はもう一店舗が目的地にありました。
と言っても、これも食べ処なので、このまま行くほど胃に余裕がありません。

というわけで、町内唯一と思われる・・・カラオケ店で3時間以上歌いまくるw
※しかも、何故かJ-POP禁止縛り・・・無駄にネタに詰まる。



17時を過ぎた頃に退店し、目的地となるA-BRAND ホテル&ゴルフへ。
もちろん、宿泊やゴルフが目的ではなく、あくまでお食事。

・・・・・・・・・のはずだったのですが、行ってみたら「先月から当面の間、レストランは15時閉店させてもらっています」とのこと。

実はここの「鉄板あんかけ焼きそば」が美味しそうだったので、夕食はここにしようと計画していた次第でした。
※通常であれば、夕方17時から夕食の部としてオープンされることを2ヶ月前の情報誌で調べていた。


仕方がないので、夕食どうしようかと二人であれこれ悩む。
二人共にモードが「醤油色の鉄板アツアツのあんかけ焼きそば」となってしまっており、それに見合うお店が思いつかない。
一応、隣接の小樽も「あんかけ焼きそばの激戦区」ではあるが、最近は変わり種の物が流行ってきており、所見で入るには結構難易度が高くなってしまう。
それよりも、先に述べたとおり「醤油色の鉄板アツアツのあんかけ焼きそば」から離れてしまうお店には、美味しそうであっても気持ちが前向きに出来ずにいました。

そんな最中に目に止まったのが、小樽中心部から少し外れた朝里にあるお店「小樽らーめん 一期一会」。
今の自分達の希望にマッチしそうだったので、赴くことにしました。



※運ばれてもしばらくはグツグツしています。


味が濃そうに見えますが、最初に口にした瞬間は「ん?・・・薄味?」・・・と感じたのですが、単にあつすぎて味覚が追いつけなかっただけと言う。
味付けはちょうどいい塩梅の醤油ベースで、海鮮類の出汁が味を引き立ててくれます。
エビも片栗でコーティングしたものを火入れしてあるようで、プリッとした歯ざわりと併せて美味でした。
麺もしっかり焼きを入れてあり・・・ついでに焼き入れてあるお皿にも焼き付くほど?w
※ちなみに、猫舌向けに焼き入れない皿に盛り付けもしてもらえるみたいです。


すっかり満足した我々は帰路につきました。





帰宅後、S4の走行距離が1万kmを突破していました。
昨年9月10日に納車なので、ほぼ半年で1万行ったことになります。



末永く乗れると良いな。
Posted at 2018/03/13 10:43:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2018年03月11日 イイね!

【予告】7月28日前後は、札幌近郊の宿がほぼ満室になる!

まぁ、観光シーズンとなる夏の北海道ではありますが、今年のこの日はいつもと違うことが起こります。


ナイアンテック社が運営しているスマホゲーム「Ingress(イングレス)」にて、札幌が主戦場になることが決定されています。
ナイアンテック社は、ポケモンGO!をリリースしている会社で、このポケストップ等のゲーム内ランドマークが、このIngressでも共有されています。
(というよりも、Ingressで建てられたポータル類が、ポケモンGO!にも利用されています)

このスマホゲームそのものは、今現在も戦いが繰り広げられていますが、来る7月28日は、札幌市内とその近隣地域が主戦場となるのです。


■Ingressイベント広報ページ
https://ingress.com/events
※リンク先の黄色の地区がプライマリ(主戦場)となっています。



この、Anomalyと呼ばれるイベントは、全世界中で繰り広げられるイベントで、その中でも選ばれた地域では主戦場としてポイントを左右する動きが発生します。
そして、その主戦場ともなれば、大勢の人がその場所へ集まってくることにもなります。


・・・・・・日本各地だけではなく、海外からも大量に押し寄せてきます。
そうなれば・・・宿がどうなるかは、予想ができると思います。



既に宿の確保合戦が密かに開始されています。
(当然、空路や航路も・・・)
この日に北海道遠征を計画されている方が居たら・・・何かしらの対策を今のうちに講じておくことをおすすめします。


【まとめ】
7月28日前後(前後というのが重要)は、札幌近郊の宿泊施設・飛行機・フェリーが予約で満室/満席になる可能性が大!
この時期に北海道に来られる予定がある方は、早急な対策を講じたほうが良いです。



あと、補足的にはなりますが、この日はおそらく「札幌周辺で歩きスマホが発生する可能性」があります。
プレイヤーの方々は、歩きスマホを含むゲームマナーを遵守して行動するようにしている方が大半ですが、極稀にやってしまう人も出てくるかと思います。
車で走行の際には、いつも以上にご注意いただけたらと思います。



最後に、みんカラとは全く無関係にはなってしまいますが、このIngressはEnlightened(緑)とResistance(青)と2つの勢力に別れて凌ぎ合っています。
私事にはなりますが、私はResistance勢力に所属しています。
もしも、Ingressに興味をもつ方がいらっしゃいましたら・・・北海道に限らず、少しでも仲間を増やしたいと考えております。
よろしければ、Resistance(青)で参加していただけるとありがたいです。

※字幕機能をONにすると、日本語字幕が表示されます。
Posted at 2018/03/11 20:15:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき | 日記
2018年03月07日 イイね!

GR86体験走行

GR86体験走行先日の日記にも記載した新千歳モーターランドで行われたGRガレージのイベントに行ってまいりました。

当日は良い天候となり気温もプラスの6℃と言う、オフだったら最高の天候だけど、冬のイベントにとっては最悪のコンディションとなった。


※もう、ぐっちゃぐっちゃ(^-^;)


ひとまず、受付を開始。
スケジュールに沿って動き回ることになるが、大きく5つのグループに別れて行動することとなる模様。
自分はBグループに振り分けられていました。

開会まで時間があるので、キッチンカーでたこ焼きを購入。
1船250円という破格で美味しくいただきながら時間を過ごしていました。


※割り箸は、ラリードライバー奴田原氏との同乗走行体験のための抽選が行われたときのもの。


開会式が行われ、集合写真を終えたら、各所でイベントがスタートされます。

イベントとしては・・・

①雪上オートテスト
②雪上カート競技

んでもって、待ち時間の間に・・・

③86体験走行
④オフロード4WD同乗走行体験

が開放されていました。


自分のグループが呼ばれるのに時間が空いていたため、早速86の体験走行をしてまいります。
用意されていたのは3台で、

・86 GT“Limited”(AT)
・バイナルが施されたチューニング仕様の86(MT)
・GR 86(MT)


※白いのがGR 86、赤いのがAT車両の86 GTリミデッド。


自分は普段CVTに乗っているため、ここはまずATの86を選択。
何気に86初運転だったりします。

例のグチャグチャになった雪上を、雪上ドリフトの容量で好きに滑らせて乗り回すことが出来る状態のため、遠慮なくブン回しながら走りを楽しませていただきました。

AT仕様の86でしたが、パドルシフトによる変速もスムーズで、ブン回して乗り回すには凄く楽しいなという印象を受けました。
MTでなくても十分遊べるので、お金さえあれば迷わず買ってしまいそうだなと思えるほどでした。


そして時間が来た関係で次のアトラクション「雪上カート競技」の会場へ。

・・・・・・しかし、観ていると先行走行中のAグループがコースインしているのですが・・・泥濘んだコース上のあちこちでスタックしまくりに。
とてもじゃないけど、タイムアタックどころではない状況になっていました。

最後に帰ってきたドライバー(たまたま現地でお会いしたnao-sさんでした)が全身ビッショビショに濡れた状態で戻ってきました^^;

こりゃ走れる状況じゃないということになり、急遽NCMLに常設しているATV(四輪バギー)の雪上走行会に変更。
そもそも雪上カート走行がタイムアタックだと思ってなかった自分は、ATVになってからマイペースに楽しんでいました。

あとで計測を管理していたNCMLスタッフから「タイム入賞してたけど、賞典外になっちゃったので参考記録になっちゃった」と言われました。
(AグループがATVでタイムアタックできていないため)
まぁ、楽しめたから良いかなとは思ってます^^;


そしてその後は、雪上オートテストへ。
通常であれば自分のマイカーで行われる競技ですが、今回はGRガレージとしても初ということもあり、まだ上層部より認可が降りなかったこともあったそうで、2台のパッソが用意されていました。

通常のオートテスト同様に、スラロームとバックによる駐車が含まれており、1人2回の走行でタイムを競う形になっていました。


※ガンガンに攻めるnao-sさん。

私も結構本気で挑んだつもりでしたが、トップより4秒遅れのタイムしか出せず、難しさを痛感しました。
雪上なので、踏み込みすぎが敗因なのかなと思っていますが・・・もう少し雪道を勉強しなければならなさそうですね。


再び待ち時間となり、今度は先程の86試乗にてGR 86を運転させていただきました。

マニュアルは道内に来てからはセキュリティーショップの代車で乗り回したくらいで、スポーツ車両のマニュアルはもう20年ぐらい乗っていなかったため、まともに走り出せるかものすごく不安でしたが・・・まぁ何といいますか、最近のMTは物凄く乗りやすいんですねぇ。
ミッションも小気味よく入ってくれるので運転に集中できますし、私のようなド下手な変速でもちゃんと繋いでくれて安心して乗り回すことが出来ました。

でもって、ATとの乗り比べて感じたのは、コーナーワークでのロールが抑えられており、それでいて自然とリアを流す動きに持っていくことが出来ることから、ボディが捻れてバランスを崩すような動きをしなかったことを考えると、かなり剛性が高められているのかなと感じました。

また、2台の86を乗って思ったことは、両車両ともにVDCを切り替えながら違いを観たりもしましたが、雪道でも余裕持ってコントロールが出来るんだなと感じたこと。
北海道に来たばかりの頃、本州から持ち込んだFFカローラでハンドルを思いっきり切っても直進しかしなかった事がトラウマに近い状態で記憶に焼き付いている自分としては、ある意味びっくりさせられました。
北海道でFRも、十二分に「アリ」だなと・・・これが大収穫だったかもです。


※でもってこの空き時間にたこ焼きをおかわり。温かい飲み物は無料で飲み放題でした。


そして最後は、受付の際に抽選した奴田原氏によるラリー走行体験に参加。


奴田原氏のクラブマン用競技車両。86なので当然FR仕様。

例によって失礼極まりないですが、

     「遠慮なしに本気でお願いします」

などと申して同乗開始(^-^;ゞ

FRの雪上ラリー走行なので、どんな挙動になるかと思いきや・・・普通に乾燥路面でドリフトさせるようなカニ歩き的なスライドでコーナーをクリアさせていく走り方で、雪上のFRでもこれで良いんだと驚かされました。
ただ、アクセルを踏み込むと、やはりマシンが暴れようとすることがあるので、その部分を丁寧に修正させてコーナーに侵入させていくという動きが必要となるため、そこは生半可な技術では難しそうだなと感じました。

わずか一周だったので短い走行でしたが、学ぶことが多くあったと思いました。


最後に奴田原氏に「冬はどうやって走れば良いのでしょう?」と無茶ぶりを受けたあと、閉会式を終えて解散となりました。


※無茶振りに悶絶しながら解説する奴田原氏w

お土産に横浜タイヤ製スポーツタオルをお土産にいただきました。


半日に渡るイベントでしたが、かなりお金がかかっていたであろう規模に対して、参加費は無料だった事を考えると、充実度も満足度も高いイベントに仕上がっていたと思いました。
(午前中は一般ファミリー向けに似た催しが行われていました)

北海道のGRガレージでは、今後もこのようなイベントを多く企画していきたいと言っており、今後も楽しみです。
またイベントが企画された際には、参加してみたいなと思いました。


・・・・・・その日の夜は夜勤にて・・・やっぱり辛かった。
でもって、それ以上に苦しめられることになったのは・・・筋肉痛だったとさ。
(うむ・・・年だw)
Posted at 2018/03/07 15:48:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「みんカラ:【モニター募集】超耐久撥水ボディコート ルックス レインコート http://cvw.jp/b/380262/41471962/
何シテル?   05/12 20:42
北海道でマッタリと過ごしています。 少しでも自動車に乗れる時間が取れると良いなと願っています。 クルマいじりは、やりたくても資金的に出来ないで泣いている...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

PROVA ハイプレッシャーバイパスバルブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/04 01:32:35
車両法について。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/20 16:21:24
トヨタ(純正) ブレイド後期ヘッドランプ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/19 13:37:51

お友達

小心者なので、基本的には自分からアタックはしないと思います。
拾ってくれると多分喜びます(^▽^;ゞ
46 人のお友達がいます
セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認 axispartsaxisparts *みんカラ公認
ミョンボミョンボ あっくんS900あっくんS900
革茶屋革茶屋みんカラ公認 TAKITTTAKITT

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX S4 WR-S4D (スバル WRX S4)
2017年5月23日契約。 2017年9月10日納車。 目論見的には、STiスポーツ(コ ...
トヨタ ブレイド 蒼き刃 (トヨタ ブレイド)
路線変更で人生初のトヨタ車を選択。 CT200hに憧れていたこともあり、この車を選択。 ...
ホンダ アコードワゴン GIALLA CM3 (ホンダ アコードワゴン)
二代目アコードワゴン(白真珠)です。 不慮の事故により私の元から離れてしまいました。
ホンダ アコードワゴン MUGEN CM3 (ホンダ アコードワゴン)
2008年の誕生日に納車された記念すべきマシンです。 ミッショントラブルにより修復不能に ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.