• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カルロス.のブログ一覧

2009年06月30日 イイね!

高橋、次戦負傷欠場でシート喪失?

高橋、次戦負傷欠場でシート喪失?イタリアメディアによると、ダッチTTのフリー走行で転倒し痛めた腰と膝の具合が思わしくない 高橋裕紀 が、次戦USGP ラグナ・セカ戦を欠場する見込みで、そのままシートを失うのでは?、と報道している。

深刻な予算不足に悩む チーム・スコット は、GP250シートをチームとの折り合いが悪く失った ガボール・タルマクシ を起用し、持込スポンサーを得た事で、取りあえず運営予算のメドは付いた。がしかし、これも暫定的なもので、シーズン中盤から後半に掛けてはまだまだ不安定な状況には変わりない。

チーム・スコットはHONDA側の更なるサポートを期待したようだが、レース部門を運営している HRC は、ライダー起用はチーム側の選択であり、未納になっているマシンのレンタルフィー、高橋の継続起用など厳しい態度で挑んでいく方針らしく、チーム・スコットの思惑はどうも当てが外れたようだ。

もし高橋を外し、タルマクシをレギュラーに推せば、タルマクシの持ち込んだスポンサーは更なるサポートフィーの増額となるのだろうか?。高橋を外せばHRC側からのペナルティーは何かしらあるはずで、これまで培って来た両者の関係にもヒビが入りかねない。夏休み明けのチェコGP ブルノ戦以降は、新規定のロングライフエンジンを使用しなければならない。ここでも更なる予算が必要になるはずで、ペナルティーを受けても確実な予算を見込めればチーム・スコット代表 チラーノ・ムラローニ は決断を下すだろう。
Posted at 2009/06/30 03:31:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ
2009年06月29日 イイね!

SBK イギリス ドニントンパーク YAMAHAライダーレース後のコメント

SBK イギリス ドニントンパーク YAMAHAライダーレース後のコメントB・スピース選手談(優勝/優勝)
「完璧なレースができた!ビアッジがずっと後ろについていたから厳しい戦いではあったけれど、僕のほうも終始ハイペースをキープしたから抑えきることができた。とくに最後の3周はきつくて、勝利を確実にするために全力で走ったんだ。芳賀選手のビッグクラッシュは知っていたよ。このような勝ち方は本意ではないけれど、ポイントを獲れるときには必ず取らなければならない。芳賀選手の早い回復を祈っているよ。


レース自体は悪くなかった。暑さのために路面がやや滑りやすかったので、セッティングを少し変更したらそれがうまくいったようだ。これはカミールのおかげ。彼のホームレースで表彰台に立てて、僕としてもとてもうれしい。ホームレースでの活躍は格別なものだということは、僕もよくわかっているからね。単独走行というのも楽じゃなくて、ミスをしないように常に気持ちを集中しなければならなかった。僕を支えてくれ、2台の素晴らしいマシンを与えてくれたヤマハのみんなに、いくら感謝してもしきれないよ」

T・サイクス選手談(DNF/5位)
「今朝のウォームアップでセッティングがばっちり決まり、第1レースには準備万端で臨んだ。そしてレース中はペースも良くて順調だったが、やはり3列目からのスタートというのがきつかったんだ。最終コーナーの進入で熱くなり過ぎてしまい、フロントが路面の凹凸に乗って転倒してしまった。今シーズン初めてのリタイヤになり、信じられないような気持ちだったけれど、その分も第2レースで頑張ろうと思ったんだ。ところがブレーキに問題があって思うような走りができなかった。表彰台を狙っていただけに悔しかったけれど、そのあとはポイント獲得に気持ちを切り替えることにした。その一方で良かったことは、今回、以前のトム・サイクスがちょっと戻ってきたような感じがしたんだ。プラクティス、予選、そして第2レースで安定して速さをキープできた。この調子を次のブルノまで持って行って、そこで好成績につなげたい」

M・メレガリ、チーム監督談
「私自身、そしてチームを代表して、芳賀選手の無事を祈る。そして少しでも早くサーキットに戻ってきてくれるように願っている。スピースは今回、スーパーポールに続いてダブルウインを成し遂げ、貴重なポイントを獲得。それによってポイント差を14にまで短縮することができた。両レースとも素晴らしい走りを見せてくれたし、それまでのすべてのセッションもまったくミスがなかった。またサイクスのほうも、マシンに対する信頼感を取り戻すことができたようで、このことは我々にとって非常に重要だ。結果的に5位に終わったが、表彰台まではわずかコンマ2、3秒だ。このあとイモラへ行って練習し、次のブルノに備える。今回もハードワークをこなし、成功に導いてくれたチームのみんなに感謝する」
Posted at 2009/06/29 23:45:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | SBK | スポーツ
2009年06月29日 イイね!

芳賀、大事には至らず



ダービー(イギリス)28日=国際電話】英国ドニントンパークで28日に行なわれたスーパーバイク世界選手権(WSB)第9戦イギリス大会の決勝第2レースで、2番手を走行中に転倒リタイアした芳賀紀行選手(ドゥカティ)は検査で、脊椎を一箇所骨折していることが判明した。芳賀は事故直後、ダービー市内の病院にヘリコプターで搬送された。所属するドゥカティ・チームが、同日、リリースで発表した。

転倒したのは、バックストレートに出る登りの右コーナー。転倒直後はオフィシャルのサポートで自力で歩いて退避したが、背中に痛みを訴え、救急車でサーキット内の医務室に運ばれた。その後の検査で、脊椎の骨折が判明、ヘリコプターで病院に搬送された。28日夜の時点で精密検査が続いており、詳しい状況はわかっていない。


追加情報
スーパーバイク世界選手権(WSB)第9戦イギリス大会決勝で転倒、8、9番目の脊椎の骨折が疑われた芳賀紀行(ドゥカティ)だが、CTスキャンによる検査の結果、実際は以前のアクシデントで負った古傷だったことが判明した。このため、予定されていた手術はすぐさま中止となった。WSB公式サイトで29日、発表された。

news source トーチュウF1 EXPRESS
Posted at 2009/06/29 22:52:53 | コメント(4) | トラックバック(0) | SBK | スポーツ
2009年06月29日 イイね!

SBK イギリス ドニントンパーク レース2結果

SBK イギリス ドニントンパーク レース2結果09年スーパーバイク世界選手権(WSB)第9戦イギリス大会は28日午後3時30分(日本時間午後11時30分)からドニントンパーク・サーキットで決勝第2レースを行い、B・スピーズ(ヤマハ)が気温23度、路面温度35度、路面ドライというコンディションの下で行われたレースを23周/35分14秒788で制し、今シーズン3回目の完全Vを達成、今シーズン&通算10勝目をあげた。

L・ハスラム(ホンダ)が6秒622の大差ながら3台のバトルを制して2位。M・ファブリッツォ(ドゥカティ)、S・バーン(ドゥカティ)が3、4位に入った。

以下、T・サイクス(ヤマハ)、L・キャミア(ヤマハ)と続き、清成龍一(ホンダ)が日本勢最高の7位。加賀山就臣(スズキ)も13位でポイントを獲得した。

芳賀紀行(ドゥカティ)は2番手に順位を上げていた5周目に激しく転倒しリタイア。ランク首位は守ったものの、2番手スピーズとの差は14ポイントに縮まった。中野真矢(アプリリア)も3番手に浮上したが、2周目に転倒しレースを終えている。

news source トーチュウF1 EXPRESS


1. Ben Spies USA Yamaha WSB YZF R1 23 laps
2. Leon Haslam GBR Stiggy Motorsport Honda CBR1000RR +6.622s
3. Michel Fabrizio ITA Ducati Xerox 1198R +6.816s
4. Shane Byrne GBR Sterilgarda Ducati 1098R +7.349s
5. Tom Sykes GBR Yamaha WSB YZF R1 +8.145s
6. Leon Camier GBR Airwaves Yamaha YZF R1 +13.463s
7. Ryuichi Kiyonari JPN Ten Kate Honda CBR1000RR +15.751s
8. James Ellison GBR Airwaves Yamaha YZF R1 +16.837s
9. Ruben Xaus ESP BMW Motorrad S1000RR +22.891s
10. Simon Andrews GBR MSS Colchester Kawasaki ZX-10R +30.347s
11. Lorenzo Lanzi ITA DFX Corse Ducati 1098R +30.622s
12. Matthieu Lagrive FRA HANNspree Althea Honda CBR1000RR +31.562s
13. Yukio Kagayama JPN Alstare Suzuki GSX-R 1000K9 +32.148s
14. Broc Parkes AUS Kawasaki SRT ZX-0R +32.607s
15. Jonathan Rea GBR HANNspree Ten Kate Honda CBR1000 +32.806s

16. Luca Scassa ITA Team Pedercini Kawasaki ZX-10R +34.269s
17. Blake Young USA Alstare Suzuki GSX-R 1000K9 +40.664s
18. Gregorio Lavilla ESP Guandalini Racing Ducati 1098R +40.956s
19. David Salom ESP Team Pedercini Kawasaki ZX-10R +41.302s
20. Troy Corser AUS BMW Motorrad S1000RR +42.856s
21. Max Biaggi ITA Aprilia Racing RSV-4 +47.769s

Not Classified

22. Vittorio Iannuzzo ITA SCI Honda CBR1000RR 15 laps completed
23. Roland Resch AUT TKR Switzerland Suzuki GSX-R1000 15 laps completed
24. Alessandro Polita ITA Celani Suzuki GSX-R1000 6 laps completed
25. Carlos Checa ESP HANNspree Ten Kate Honda CBR1000RR 5 laps completed
26. David Checa ESP Yamaha France GMT 94 YZF R1 5 laps completed
27. Noriyuki Haga JPN Ducati Xerox 1198R 4 laps completed
28. Jakub Smrz CZE Guandalini Racing Ducati 1098R 2 laps completed
29. Shinya Nakano JPN Aprilia Racing RSV-4 1 lap completed
30. Jamie Hacking USA Kawasaki SRT ZX-10R 1 lap completed

DNS John Hopkins USA Stiggy Motorsport Honda CBR1000RR
Posted at 2009/06/29 00:42:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | SBK | スポーツ
2009年06月28日 イイね!

カリオ、指の痛みと自分のミスに苛立つ

カリオ、指の痛みと自分のミスに苛立つカタルニアの事後テストから、大きく改善されたマシンの現状を、すぐさま結果に表したフィンランド人の ミカ・カリオ は、伝統のダッチTTで見せた激しい5位争いに勝ち残れなかった事に後悔し、次戦、来週に迫るUSGPまで時間が無い事を恨めしく思うとコメントした。

カリオは、
「とても指が痛いんだ。ヴァレンシアのテストで痛めたのと同じ指を傷つけてしまったからね。今は眠っていた方が良いね。もう済んでしまった事だけど、ダッチTTでの自分のミスには後悔している。チームはマシンに的確な変更を施してくれて、驚くほど戦闘能力が高かったんだ。」

「フィンランドに戻り手の具合の診断を受けるのが最善だろうけど、ラグナ・セカのレースはもうすぐだ。私はできる事をすべてするつもりだよ。」


プラマック・チームのテクニカル・ディレクター Fabiano Sterlacchini ha は、
「私たちが最も心配していたのはミカの怪我の具合です。当初とても酷く感じられた怪我でしたが、クリニカ・モバイルの Dr.クラウディオ・コスタ の的確な処置のおかげで、ラグナでのレースは休まなくて済みそうです。」

「私たちはフィンランドで受ける正式なミカの診断結果を待っています。私たちは彼と共にあります。できるだけ早くミカを返してくれるよう期待しているのです。」

「私たちはミカを誇りに思っています。プラクティスはレースに必要な結果ではありませんでしたが、彼は並外れたレースを展開しました。スタートから最後まで、彼は果敢なレースを実行してくれました。最後のミスはとても残念ではありますが、レーシングの世界では往々にある事です。」
Posted at 2009/06/28 23:32:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ

プロフィール

「今日のtop2を観てて感じたのはやっぱバイクレースはマシンじゃなくてライダーの腕だよな、って事。」
何シテル?   10/20 22:39
Use your head and gas it.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

GP TARO 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/30 19:46:24
 
CBR600RR サーキット ライフ John日記 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/10/14 18:05:21
 

愛車一覧

ヤマハ TMAX ヤマハ TMAX
XP500 TMAX 型式SJ04Jの中期型  ボディカラーはディープレッドメタリックK ...
スズキ GSX-S1000 ABS スズキ GSX-S1000 ABS
色はグラススパークルブラック / トリトンブルーメタリック(KEL) オプションで シ ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
レガシィ B4 2.0GT Spec-B アプライドEのAT 色はリーガルブルー・パール ...
ヤマハ シグナスX ヤマハ シグナスX
2005年5月に新車で購入。フロントフォークのインナーチューブがSE12J型で33φのい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.