• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カルロス.のブログ一覧

2009年10月31日 イイね!

本間利彦

Posted at 2009/10/31 21:28:39 | コメント(4) | トラックバック(0) | 全日本RR | スポーツ
2009年10月31日 イイね!

どうよ ”Kizashi” ?

Posted at 2009/10/31 19:56:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2009年10月31日 イイね!

エリアス、ポンスとの契約を破談

エリアス、ポンスとの契約を破談時々速いスペイン人 トニ・エリアス は来季のMotoGPクラスのシートを失ったが、同胞の元250GPチャンピオン シト・ポンス が組織し、ドイツのコンストラクターが製造したマシンで参戦する予定のMoto2チームに活動の場を移しつつあった。契約はほぼ合意に達したと思われていたが、ポンスを取り巻く所属ライダー軽視の悪い噂が現実となり、この契約は解消されたようだ。

スペインメディアによると、問題は現ポンス・チームの所属ライダー エクトール・バルベラ がマレーシアGPでサラリーの不払いからフリー走行セッションを12分間ストライキした事に端を発し、エリアスの代理人を務める母親と弁護人の両名はチーム・ボスであるポンスに対しエリアスとの契約条項にサラリー保障の文言を含むよう要求。これをポンス側が拒否し契約は白紙撤回されたようだ。

これによりエリアスはチーム・グレシーニに残留するかもしれない。クラスはMoto2だが、問題はグレシーニがまだMoto2参戦の予算を確保できていない事だ。スコット・レーシングからのMotoGP参戦継続の望みが絶たれたアレックス・デ・アンジェリスもグレシーニでMoto2参戦の可能性があると云う。
Posted at 2009/10/31 19:08:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ
2009年10月31日 イイね!

TSR6、GP250に敗れる







TSR(テクニカル・スポーツ・レーシング)は、今週末に開催する全日本選手権の最終戦鈴鹿MFJグランプリに、開発中のMoto2マシンを投入。実戦デビューする。

2010年からのMoto2クラスへの参戦を目指し、今春から開発に着手。先週、鈴鹿サーキット(東コース)で行われたプライベートテストで、プロトタイプマシン『TSR6』をシェイクダウンさせた。

今週末の全日本では、テストを担当した手島雄介が、Moto2マシンを走らせる。


全日本選手権最終戦鈴鹿 GP250予選結果

F’sNEWS

全日本選手権最終戦鈴鹿 レース1 GP250決勝結果




Posted at 2009/10/31 18:28:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | 全日本RR | スポーツ
2009年10月31日 イイね!

FTR、Moto2プロジェクトの進捗状況を説明

FTR、Moto2プロジェクトの進捗状況を説明イギリスのコンストラクター FTR は、来季新しくカテゴライズされるMoto2クラスに参戦するチームにマシンを供給するプロジェクトを進行させている。Fabrication Techniques Racing (FTR) のスティーブ・ボーンズは、イギリス製コンストラクターがCEV(スペイン選手権)参戦で、実戦参加でのマシン開発とプロジェクトの進捗状況を説明した。

レーシング・シャシ専門のコンストラクターはCEVのカタルニアでのレースにマシンを参加させた。オーリンズのサスペンションにマルケジーニのホイール、ブレンボのブレーキシステムにダンロップ製のタイヤで武装されたプロトタイプは、より一層の競争力強化に向け、残り2つのレース、ヘレスとヴァレンシア戦に参加する予定だ。

FTRのチーフ スティーブ・ボーンズは、Moto2クラス参戦を予定しているチームにマシンをプレゼンするため、プロジェクトがどのように発展しどのようなステップを踏んでいるのかを説明した。


Q:まずはあなた方がどのようにMoto2へアプローチされるのかを説明して下さい。

A:純粋にコンストラクターとしての参加です。私たちが参戦チームを運営するような事は全く予定されていません。私たちはレースバイクを設計製造し、ユーザーに供給する。ユーザーは私たちからバイクを購入し、レースに参戦する訳です。

私たちは過去様々なチームに部品を製造し供給して来ました。今までオリジナルのマシンを製造した経験はありませんが、私たちにその技術があり何が出来るのかを証明したかったのです。Moto2クラスは私たちにとってチャンスです。予算は現実的だし、私たちにも十分実現可能なアピールなステージだと考えています。


Q:あなた方が挑戦するMoto2でのクライアント、およびどのようなマーケットを狙っているのでしょうか?。

A:私たちの主要マーケットはもちろん世界選手権のMoto2クラスです。しかしそれだけではありません。GP参戦を念頭に置いてマシンを造りました。GPに関しては4つのチームと可能性を話していて、スペイン選手権とMoto2マシンが走れそうなIDM、ドイツ選手権に参戦するドイツのチームとも話し合いを進めています。

GPに関してはチーム・ジャーマニー、アジョ・モータースポーツ、G22レーシング・チーム、ストップ・アンド・ゴー・レーシングとミーティングしていますよ。


Q:CEV、スペイン選手権への参戦は重要でしたか?

A:コンストラクターの立場から言えば、レース参戦、実戦へのチャレンジはとても重要です。テストを単独で走っていても自らのレベルが掴み難いからです。実戦に参加すればメリットやデメリットが把握し易くなるでしょう。スペイン選手権への参加は現在実戦に参加できる唯一のフィールドとなります。私たちは長年GPレースに携わって来ましたが、FTRの知名度は低く、皆さんが私たちが何をやってきたかはご存知ではないでしょう。

出来るだけ早くマシンを造ったことでバルセロナではレースエントラントからの注目度は高くなりました。人々は私たちのマシンを見てそのクオリティと理念、努力を実感できたでしょう。私たちがマシンをアピールした事により人々は私たちの情熱が本物だと理解したはずです。私たちは話し合いの準備が出来ています。マシンはありますのでその権利もあるのです。

マシンはまだとても速い訳ではありませんが開発はまだ始まったばかりであり現状はとても順調に進んでいます。パフォーマンスが向上する自信は疑いようの無いものです。


Q:カタルニアのレースで得たものは何ですか?

A:レースウィークは順調に推移しました。それは私たちが予想していた以上のものでしたよ。ディエゴサーノの素晴らしいライダーでありテスターです。彼には自制心があり、マシンをハードにプッシュすることは指示もありしませんでした。クラッシュはどうしても避けたかった事柄であり、それは1台しかないマシンだったからです。

予選は23位で、ピットを離れグリッドに着くマシンを見たときは非常に感動しましたね。残念ながらレースは3周でクラッチが滑り始め、13周目でトラブルからリタイヤでした。トラブルの原因はクラッチでしたが、開発の過程でありトラブルも重要な項目のひとつです。

私たちは再びヘレスのレースに挑戦します。ジョー・ダーシー・チームにマシンを委ね、グレアム・ゴーランドがライディングします。



FTRは70以上のテクニカル・パートナーを持ち、SUZUKI、YAMAHA、DUCATI、Team KR、がクライアントリストに名前を連ねている。
Posted at 2009/10/31 18:00:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ

プロフィール

「加重、抜重、加重、抜重。今どこに荷重があるのか?、どこにあると最適なのか?。加重、抜重、加重、抜重。難しく考えなくていい。慣性?、物理的法則?、加重抜重は速く走るには必須だから。加重、抜重、加重、抜重・・・」
何シテル?   09/26 15:01
どーもです!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

昼下がりの星座 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/10/15 00:35:29
 
CBR600RR サーキット ライフ John日記 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/10/14 18:05:21
 

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

ヤマハ TMAX ヤマハ TMAX
XP500 TMAX 型式SJ04Jの中期型  ボディカラーはディープレッドメタリックK ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
レガシィ B4 2.0GT Spec-B アプライドEのAT 色はリーガルブルー・パール ...
スズキ GSX-S1000 ABS スズキ GSX-S1000 ABS
色はグラススパークルブラック / トリトンブルーメタリック(KEL) オプションで シ ...
ヤマハ シグナスX ヤマハ シグナスX
2005年5月に新車で購入。フロントフォークのインナーチューブがSE12J型で33φのい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.