• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カルロス.のブログ一覧

2010年06月29日 イイね!

Ford Focus RS500




関連情報URL : http://www.focusrs500.com/
Posted at 2010/06/29 06:13:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2010年06月28日 イイね!

SBK サンマリノ ミサノ レース2結果



SBK第8戦ミサノラウンドのレース2をマックス・ビアッジ(アプリリア・アリタリア・レーシング)が制し、2戦連続今季4度目のダブルウインを飾った。

レース1同様、ビアッジが好スタートを切ったが、オープニングラップでトロイ・コーサー(BMW・モトラッド・モータースポーツ)がトップに浮上。カルロス・チェカ(アルテア・レーシング)がビアッジをかわして2番手に浮上。さらにミシェル・ファブリッツィオ(ドゥカティ・ゼロックス・チーム)もビアッジをかわして3番手に。ペースの上がらないビアッジはレオン・ハスラム(チーム・スズキ・アルスター)と4位争いを開始する。

3周してやっとペースの上がったビアッジは、ハスラムを引き連れて反撃開始。コーサー、チェカ、ファブリッツィオにビアッジ、ハスラム、さらにはカル・クロッチロウ(ヤマハ・ステリルガルダ・チーム)を加えた6台がトップグループを形成。

5周目にビアッジが3番手に復帰。逆にチェカがペースが上がらずに徐々にポジションダウン。トップグループの最後尾へ。6周目にトップはコーサーからファブリッツィオへと代わる。ビアッジも続いてコーサーをかわして2番手に浮上。

ファブリッツィオがハイペースで周回を開始。ビアッジはピタリと背後につき、8周目にはついにトップ浮上。2台で一騎打ちのトップ争いを開始する。背後ではビアッジと共に一つずつポジションアップしてきたハスラムがコーサー、クロッチロウ、チェカで形成されたセカンドグループを引っ張る。

レース折り返しの12周が終了するころには、ビアッジはファブリッツィオに1秒以上のアドバンテージを築いて独走体制に入る。ファブリッツィオはペースが上がらず、セカンドグループに飲み込まれて、さらにはハスラムにかわされてしまう。

レース後半は完全にビアッジの一人舞台。後続を大きく引き離してダブルウインを達成。5台に膨れ上がったセカンドグループは最後までし烈なバトルとなった。終始グループをリードしていたハスラムに、ラスト5周でファブリッツィオをかわして3番手に浮上したクロッチロウが襲いかかる。何度もスキをうかがうクロッチロウ。しかし逆に残り2周でファブリッツィオに3番手の座を奪われてしまう。これでハスラムは楽な展開となり2位でゴール。3位争いはファブリッツィオが制し表彰台を獲得した。

news source RIDING SPORT.com


1. Max Biaggi ITA Aprilia Alitalia Racing RSV-4 24 laps
2. Leon Haslam GBR Alstare Suzuki GSX-R1000 +4.095s
3. Michel Fabrizio ITA Ducati Xerox 1198 +4.631s
4. Cal Crutchlow GBR Yamaha Sterilgarda YZF R1 +5.014s
5. Carlos Checa ESP Althea Ducati 1198 +6.256s
6. Sylvain Guintoli FRA Alstare Suzuki GSX-R1000 +7.677s
7. Shane Byrne GBR Althea Ducati 1198 +10.144s
8. Luca Scassa ITA Team Supersonic Ducati 1198 +10.942s
9. Noriyuki Haga JPN Ducati Xerox 1198 +13.640s
10. Troy Corser AUS BMW Motorrad S1000RR +16.279s
11. Leon Camier GBR Aprilia Alitalia Racing RSV-4 +17.799s
12. Jonathan Rea GBR Ten Kate Honda CBR1000RR +22.793s
13. Lorenzo Lanzi ITA DFX Ducati 1198 +24.131s
14. Max Neukirchner GER Ten Kate Honda CBR1000RR +28.212s
15. Chris Vermeulen AUS Kawasaki SRT ZX-10R +36.551s

16. Tom Sykes GBR Kawasaki SRT ZX-10R +49.636s
17. Broc Parkes AUS Echo-CRS Honda CBR1000RR +50.041s
18. Roger Lee Hayden USA Team Pedercini Kawasaki ZX-10R +51.246s
19. Matteo Baiocco ITA Team Pedercini Kawasaki ZX-10R +58.174s
20. Federico Sandi ITA Gabrielli Aprilia RSV-4 +1min 10.688s

Not Classified

21. James Toseland GBR Yamaha Sterilgarda YZF R1 10 laps completed
22. Ruben Xaus ESP BMW Motorrad S1000RR 7 laps completed
23. Jakub Smrz CZE PATA B&G Racing Ducati 1098R 2 laps completed

Posted at 2010/06/28 10:18:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | SBK | スポーツ
2010年06月28日 イイね!

WSS サンマリノ ミサノ レース結果



WSS第8戦ミサノラウンドはユージン・ラバティ(パーカルガー・ホンダ)が独走優勝を飾った。

オープニングラップを制したのはホアン・ラスコルス(カワサキ・モトカード・ドットコム)。ラバティは3周目にトップに浮上し、レースをリード。ラバティを追いかけたのはラスコルス。それをケナン・ソフォグル(ハンスプリー・テンケート・ホンダ)、ジーノ・レイ(インターモト・チェコ)、ミケーレ・ピッロ(ハンスプリー・テンケート・ホンダ)の3台が続く。

5周目にピッロとレイがからんで転倒。ここからはいつものようにラバティ、ラスコルス、ソフォグルの3台が後続を大きく引き離してトップ争いを開始。

レース後半にはこの3台も徐々にそれぞれの差を広げて単独走行を開始。ラバティはトップ独走で今季5勝目を飾った。ソフォグルとラスコルスは残り5周で再び接近戦を展開。しかし残り3周でソフォグルがオーバーランを喫して再び差が開き、そのままチェッカーとなった。

また、予選でポールポジション争いを展開して注目を浴びたスポット参戦のロベルト・タンブリーニ (バイクサービスヤマハ)は4台での4位争いの中で健闘し、5位でフィニッシュした。

news source RIDING SPORT.com


1. Eugene Laverty IRL Parkalgar Honda CBR600RR 22 laps
2. Joan Lascorz ESP Kawasaki Motocard ZX-6R +3.876s
3. Kenan Sofuoglu TUR HANNspree Ten Kate Honda CBR600RR +6.557s
4. Chaz Davies GBR Triumph BE1 Racing 675 +12.815s
5. Roberto Tamburini ITA Bike Service Yamaha YZF-R6 +12.927s
6. Robbin Harms DEN Harms Benjan Honda CBR600RR +14.248s
7. Massimo Roccoli ITA Intermoto Czech Honda CBR600RR +19.641s
8. Fabien Foret FRA Lorenzini Kawasaki ZX-6R +24.360s
9. Miguel Praia POR Parkalgar Honda CBR600RR +36.260s
10. David Salom ESP Triumph BE1 Racing 675 +36.598s
11. Matthieu Lagrive FRA Triumph BE1 Racing 675 +36.8742s
12. Vittorio Iannuzzo ITA Triumph BE1 Racing 675 +59.036s
13. Alessio Palumbo ITA Puccetti Kawasaki ZX-6R +59.301s
14. Danilo Dell'Omo ITA Kuja Honda CBR600RR +59.380s
15. Bastien Chesaux SUI Harms Benjan Honda CBR600RR +1min 15.632s

16. Iurl Vigilucci ITA Vigi Yamaha YZF-R6 +1min 30.639s
17. Fabio Menghi ITA VFT Yamaha YZF-R6 +1min 39.776 s
18. Paola Cazzola ITA Wild Boar Yamaha YZF-R6 +1 lap
19. Imre Toth HUN Team Toth Honda CBR600RR +1 lap

Not Classified

20. Eduard Blokhin RUS Rivamoto Yamaha YZF-R6 11 laps completed
21. Alessandro Torcolacci ITA Civita Triumph 675 7 laps completed
22. Alexander Lundh SWE Cresto Guide Honda CBR600RR 6 laps completed
23. Gino Rea GBR Intermoto Czech Honda CBR600RR 4 laps completed
24. Michele Pirro ITA HANNspree Ten Kate Honda CBR600RR 4 laps completed

Posted at 2010/06/28 10:13:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | WSS | スポーツ
2010年06月28日 イイね!

SBK サンマリノ ミサノ レース1結果



SBK第8戦ミサノラウンドのレースはマックス・ビアッジ(アプリリア・アリタリア・レーシング)が制し、前戦ソルトレイクシティから3連勝を飾った。

好スタートを切ったのは2番手グリッドのビアッジ。しかしビアッジはオーバースピードで飛び込んだ1コーナーで少し膨らみ、トロイ・コーサー(BMW・モトラッド・モータースポーツ)にトップの座を譲る。コーサー、ビアッジ、カルロス・チェカ(アルテア・レーシング)の順で形成されるトップ集団。すぐ後ろではシルバン・ギュントーリ(チーム・スズキ・アルスター)とミシェル・ファブリッツィオ(ドゥカティ・ゼロックス・チーム)が4位争いを展開しながらトップ集団についていく。

芳賀紀行(ドゥカティ・ゼロックス・チーム)はその後ろでカル・クロッチロウ(ヤマハ・ステリルガルダ・チーム)と6位争いを開始。そのクロッチロウは4周目に転倒を喫し、かわってレオン・ハスラム(チーム・スズキ・アルスター)、レオン・キャミア(アプリリア・アリタリア・レーシング)が芳賀にはりつき、三つどもえの6位争いが始まった。

ギュントーリ、ファブリッツィオがトップ3台に追いつき、5台のトップグループをコーサーがリードする。トップ5台は順位を入れ替えることもなく膠着状態のまま周回を重ねる。

レースが動いたのは残り8周。ビアッジがコーサーを捕らえてトップに浮上。ギュントーリ、ファブリッツィオは遅れ、再び3台でのトップ争い。コーサーはBMW初優勝をあきらめきれずに、何度もビアッジにアタックする。そのコーサーのスキをついてチェカが2番手に浮上。今度はチェカが何度もビアッジにアタック。しかしビアッジの鉄壁のブロックを破ることはできない。

ラストラップ。逃げるビアッジ。追うチェカ、コーサー。そのままの順位でチェッカー。また、芳賀はハスラムとのし烈な争いを最終ラップで決着をつけ、7位でゴールした。

news source RIDING SPORT.com


1. Max Biaggi ITA Aprilia Alitalia Racing RSV-4 24 laps
2. Carlos Checa ESP Althea Ducati 1198 +0.387s
3. Troy Corser AUS BMW Motorrad S1000RR +0.822s
4. Michel Fabrizio ITA Ducati Xerox 1198 +4.911s
5. Sylvain Guintoli FRA Alstare Suzuki GSX-R1000 +5.916s
6. Leon Camier GBR Aprilia Alitalia Racing RSV-4 +8.658s
7. Noriyuki Haga JPN Ducati Xerox 1198 +11.872s
8. Leon Haslam GBR Alstare Suzuki GSX-R1000 +11.907s
9. Shane Byrne GBR Althea Ducati 1198 +16.490s
10. James Toseland GBR Yamaha Sterilgarda YZF R1 +18.458s
11. Luca Scassa ITA Team Supersonic Ducati 1198 +18.646s
12. Lorenzo Lanzi ITA DFX Ducati 1198 +19.315s
13. Jonathan Rea GBR Ten Kate Honda CBR1000RR +25.405s
14. Max Neukirchner GER Ten Kate Honda CBR1000RR +31.671s
15. Tom Sykes GBR Kawasaki SRT ZX-10R +39.658s

16. Chris Vermeulen AUS Kawasaki SRT ZX-10R +48.137s
17. Roger Lee Hayden USA Team Pedercini Kawasaki ZX-10R +56.316s
18. Federico Sandi ITA Gabrielli Aprilia RSV-4 +56.667s
19. Matteo Baiocco ITA Team Pedercini Kawasaki ZX-10R +57.218s

Not Classified

20. Ruben Xaus ESP BMW Motorrad S1000RR 8 laps completed
21. Cal Crutchlow GBR Yamaha Sterilgarda YZF R1 4 laps completed
22. Jakub Smrz CZE PATA B&G Racing Ducati 1098R 1 lap completed

DQ. Broc Parkes AUS Echo-CRS Honda CBR1000RR

Posted at 2010/06/28 10:06:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | SBK | スポーツ

プロフィール

「今日のtop2を観てて感じたのはやっぱバイクレースはマシンじゃなくてライダーの腕だよな、って事。」
何シテル?   10/20 22:39
Use your head and gas it.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

GP TARO 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/30 19:46:24
 
CBR600RR サーキット ライフ John日記 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/10/14 18:05:21
 

愛車一覧

ヤマハ TMAX ヤマハ TMAX
XP500 TMAX 型式SJ04Jの中期型  ボディカラーはディープレッドメタリックK ...
スズキ GSX-S1000 ABS スズキ GSX-S1000 ABS
色はグラススパークルブラック / トリトンブルーメタリック(KEL) オプションで シ ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
レガシィ B4 2.0GT Spec-B アプライドEのAT 色はリーガルブルー・パール ...
ヤマハ シグナスX ヤマハ シグナスX
2005年5月に新車で購入。フロントフォークのインナーチューブがSE12J型で33φのい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.