• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カルロス.のブログ一覧

2010年07月27日 イイね!

MotoGP U.S.GP ラグナ・セカ 決勝結果

MotoGP U.S.GP ラグナ・セカ 決勝結果MotoGP第9戦アメリカGP、MotoGPクラスは、アメリカのラグナセカで決勝レースを行ない、ホルヘ・ロレンツォ(ヤマハ)が優勝を飾った。MotoGPクラスの決勝レースは、気温21度、路面温度38度のドライコンディションで行なわれた。

スタートから飛び出したのはダニ・ペドロサ(ホンダ)。ケーシー・ストーナー(ドゥカティ)、ロレンツォがこれに続き、3人が後続に差を付けながらトップ争いを展開する。6周目にロレンツォがミスをしたストーナーを交わして2番手に浮上。ストーナーはトップの2台からやや遅れてしまう。

トップをキープしていたペドロサだが、12周目に転倒を喫しリタイアに。これでロレンツォが単独トップとなり、以後一度もトップの座を譲ることなく、今季6勝目をマーク。ランキングトップでサマーブレイクを迎えた。ストーナーは単独2位をキープしてそのままチェッカーを受けた。

ペドロサが脱落した後、単独3位にはアンドレア・ドビジオーゾ(ホンダ)がつけていたが、レース終盤にバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)の追撃を受ける。レース終盤の27周目、ドビジオーゾの背後にぴたりとつけたロッシは、最終コーナー進入でドビジオーゾの前へ。残り5周、ドビジオーゾもロッシの背後についたまま周回を重ねたが、逆転はならず、ロッシが復帰2戦目で3位表彰台を獲得した。ドビジオーゾは僅差の4位でゴール。

5位争いはニッキー・ヘイデン(ドゥカティ)とベン・スピース(ヤマハ)の二人のアメリカ人ライダーによって争われた。中盤過ぎまではロッシを先頭にヘイデンとスピースが3人で5位争いを展開したが、終盤にはロッシが抜け出し、ヘイデンとスピースの争いとなる。スピースは21周目にヘイデンの前に出て、4位走行中のロッシの背後に迫ったが、25周目にオーバーランのミスを犯し、ヘイデンに逆転される。レース終盤、再逆転をねらったスピースだが届かず、ヘイデンが5位、スピースが6位でチェッカーを受けた。

単独7位にコーリン・エドワーズ(ヤマハ)、8位にマルコ・メランドリ(ホンダ)が続き、終盤接戦となったロリス・カピロッシ(スズキ)とミカ・カーリョ(ドゥカティ)の9番手争いは両者並んだままゴールラインを越え、ビデオ判定の結果、カーリョが9位、カピロッシが10位に入賞した。

代役参戦同士のロジャー・リー・ヘイデン(ホンダ)とアレックス・デ・アンジェリス(ホンダ)のバトルは、残り2周でヘイデンが前に出て、11位でゴール、デ・アンジェリスが12位で続いた。

マルコ・シモンチェリ(ホンダ)は19周目に転倒リタイア、アレックス・エスパロガロ(ドゥカティ)は30周目に転倒リタイアに終わった。

エクトル・バルベラ(ドゥカティ)はトラブルでリタイア、アルバロ・バウティスタ(スズキ)は3周目に転倒を喫しリタイアに終わった。

表彰台では優勝したロレンツォのスペイン国歌ではなく、イタリア国歌が流れるハプニングが。すぐに訂正されたが、これには優勝したロレンツォも苦笑いしていた。また、復帰後、初の表彰台に立ったロッシは松葉杖なしで表彰台に立ち、復活をアピールした。

news source RIDINGSPORT.com


1. Jorge Lorenzo ESP Fiat Yamaha Team 43m 54.873s
2. Casey Stoner AUS Ducati Marlboro Team 43m 58.39s
3. Valentino Rossi ITA Fiat Yamaha Team 44m 8.293s
4. Andrea Dovizioso ITA Repsol Honda Team 44m 9.061s
5. Nicky Hayden USA Ducati Marlboro Team 44m 9.474s
6. Ben Spies USA Monster Yamaha Tech 3 44m 13.91s
7. Colin Edwards USA Monster Yamaha Tech 3 44m 35.594s
8. Marco Melandri ITA San Carlo Honda Gresini 44m 42.092s
9. Mika Kallio FIN Pramac Racing 44m 47.686s
10. Loris Capirossi ITA Rizla Suzuki MotoGP 44m 47.687s
11. Roger Lee Hayden USA LCR Honda MotoGP 45m 8.962s
12. Alex de Angelis RSM Interwetten Honda MotoGP 45m 9.539s

DNF:
Aleix Espargaro ESP Pramac Racing
Marco Simoncelli ITA San Carlo Honda Gresini
Dani Pedrosa ESP Repsol Honda Team 998m 0s
Hector Barbera ESP Paginas Amarillas Aspar
Alvaro Bautista ESP Rizla Suzuki MotoGP




Posted at 2010/07/27 22:40:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ
2010年07月27日 イイね!

MotoGP U.S.GP ラグナ・セカ 予選結果

MotoGP U.S.GP ラグナ・セカ 予選結果MotoGP第9戦アメリカGP、MotoGPクラスは、アメリカのラグナセカで2日目の予選を行ない、ホルヘ・ロレンツォ(ヤマハ)が1分20秒978でポールポジションを獲得した。MotoGPクラスの予選は気温25度、路面温度47度のドライコンディションで行なわれた。

セッション序盤はケーシー・ストーナー(ドゥカティ)とロレンツォがリーダーボードのトップを争うが、開始8分すぎにトップに立ったロレンツォがその後、セッション中盤までファステストラップを更新しながらトップの座をキープする。

残り25分でストーナーがこれを逆転し、終盤までリーダーボードのトップをキープしたが、残り10分を切ったところでロレンツォが再びトップの座を奪還。ストーナーも残り5分を切ったところで2周続けてファステストタイムを更新し再逆転する。ところが、チェッカーまで残り30秒を切ったところでロレンツォが1分20秒978を記録。これでロレンツォは5戦連続となるポールポジションを獲得した。

ストーナーは1分21秒169で2番手に。3番手に終盤のアタックで1分21秒617を記録したアンドレア・ドビジオーゾ(ホンダ)が続き、今シーズン初のフロントロウを獲得。4番手に1分21秒655でダニ・ペドロサ(ホンダ)が続いた。

レギュラーライダーとなって初のホームレースのベン・スピース(ヤマハ)は1分21秒679で5番手。6番手に1分21秒688で復帰2戦目のバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、7番手に1分21秒920でニッキー・ヘイデン(ドゥカティ)、8番手に1分22秒217でコーリン・エドワーズ(ヤマハ)、9番手に1分22秒300でマルコ・シモンチェリ(ホンダ)、10番手に1分22秒366でエクトル・バルベラ(ドゥカティ)が続いた。

マルコ・メランドリ(ホンダ)は1分22秒407で11番手に、ロリス・カピロッシ(スズキ)は1分22秒647で12番手に、アレックス・エスパロガロ(ドゥカティ)は1分22秒712で13番手に、アルバロ・バウティスタ(スズキ)は1分22秒770で14番手に、ミカ・カーリョ(ドゥカティ)はセッション終盤にコークスクリューで転倒、1分23秒127で15番手。16番手に1分23秒226でアレックス・デ・アンジェリス(ホンダ)、17番手に1分23秒764でロジャー・リー・ヘイデン(ホンダ)の順で続いた。

news source RIDINGSPORT.com


1. Jorge Lorenzo ESP Fiat Yamaha Team 1m 20.978s
2. Casey Stoner AUS Ducati Marlboro Team 1m 21.169s
3. Andrea Dovizioso ITA Repsol Honda Team 1m 21.617s
4. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda Team 1m 21.655s
5. Ben Spies USA Monster Yamaha Tech 3 1m 21.679s
6. Valentino Rossi ITA Fiat Yamaha Team 1m 21.688s
7. Nicky Hayden USA Ducati Marlboro Team 1m 21.920s
8. Colin Edwards USA Monster Yamaha Tech 3 1m 22.217s
9. Marco Simoncelli ITA San Carlo Honda Gresini 1m 22.300s
10. Hector Barbera ESP Paginas Amarillas Aspar 1m 22.366s
11. Marco Melandri ITA San Carlo Honda Gresini 1m 22.407s
12. Loris Capirossi ITA Rizla Suzuki MotoGP 1m 22.647s
13. Aleix Espargaro ESP Pramac Racing 1m 22.712s
14. Alvaro Bautista ESP Rizla Suzuki MotoGP 1m 22.770s
15. Mika Kallio FIN Pramac Racing 1m 23.127s
16. Alex de Angelis RSM Interwetten Honda MotoGP 1m 23.226s
17. Roger Lee Hayden USA LCR Honda MotoGP 1m 23.764s

2009 US Grand Prix - 5/07/2009:
Pole position:
Jorge Lorenzo ESP Fiat Yamaha 1m 21.678s
Fastest race lap:
Dani Pedrosa ESP Repsol Honda 1m 21.928s



Posted at 2010/07/27 22:34:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ
2010年07月24日 イイね!

MotoGP U.S.GP ラグナ・セカ 初日結果

MotoGP U.S.GP ラグナ・セカ 初日結果MotoGP第9戦アメリカGP、MotoGPクラスは、アメリカのラグナセカで1日目のフリー走行を行ない、ケーシー・ストーナー(ドゥカティ)が1分21秒699で初日トップに立った。

MotoGPクラスの1日目のフリー走行は気温23度、路面温度39度のドライコンディションで行なわれた。


セッション序盤はストーナー、アンドレア・ドビジオーゾ(ホンダ)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、ダニ・ペドロサ(ホンダ)がリーダーボードのトップの座を入れ替えながら進み、開始15分過ぎにホルヘ・ロレンツォ(ヤマハ)が3周連続でファステストラップを更新する。その後、セッション中盤にストーナーがトップに立つと、残り20分でファステストラップを更新。さらに残り2分で1分21秒699のファステストラップを記録して、初日トップでセッションを終えた。

2番手に1分21秒932でロレンツォ、3番手に1分22秒225でドビジオーゾ、4番手に1分22秒559でペドロサが続き、ベン・スピース(ヤマハ)が1分22秒640で5番手。復帰2戦目のロッシは1分22秒660で6番手で初日を終えた。

7番手に1分22秒902でニッキー・ヘイデン(ドゥカティ)、8番手に1分22秒971でコーリン・エドワーズ(ヤマハ)、9番手に1分23秒021でマルコ・メランドリ(ホンダ)、10番手に1分23秒693でアレックス・エスパロガロ(ドゥカティ)。

ミカ・カーリョ(ドゥカティ)が1分23秒825で11番手、セッション序盤に転倒を喫したマルコ・シモンチェリ(ホンダ)は1分24秒002で12番手。13番手に1分24秒326でエクトル・バルベラ(ドゥカティ)、14番手に1分24秒615でアレックス・デ・アンジェリス(ホンダ)、15番手に1分24秒710でロリス・カピロッシ(スズキ)、16番手に1分25秒031でアルバロ・バウティスタ(スズキ)が続き、ドイツGPで負傷したランディ・ド・ピュニエ(ホンダ)の代役として参戦するロジャー・リー・ヘイデン(ホンダ)は1分25秒432で17番手で初日を終えた。

news source RIDINGSPORT.com


1. Casey Stoner AUS Ducati Marlboro Team 1m 21.699s
2. Jorge Lorenzo ESP Fiat Yamaha Team 1m 21.932s
3. Andrea Dovizioso ITA Repsol Honda Team 1m 22.225s
4. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda Team 1m 22.559s
5. Ben Spies USA Monster Yamaha Tech 3 1m 22.640s
6. Valentino Rossi ITA Fiat Yamaha Team 1m 22.660s
7. Nicky Hayden USA Ducati Marlboro Team 1m 22.902s
8. Colin Edwards USA Monster Yamaha Tech 3 1m 22.971s
9. Marco Melandri ITA San Carlo Honda Gresini 1m 23.021s
10. Aleix Espargaro ESP Pramac Racing 1m 23.693s
11. Mika Kallio FIN Pramac Racing 1m 23.825s
12. Marco Simoncelli ITA San Carlo Honda Gresini 1m 24.002s
13. Hector Barbera ESP Paginas Amarillas Aspar 1m 24.326s
14. Alex de Angelis RSM Interwetten Honda MotoGP 1m 24.615s
15. Loris Capirossi ITA Rizla Suzuki MotoGP 1m 24.710s
16. Alvaro Bautista ESP Rizla Suzuki MotoGP 1m 25.031s
17. Roger Lee Hayden USA LCR Honda MotoGP 1m 25.432s


2009 US Grand Prix - 5/07/2009:
Pole position:
Jorge Lorenzo ESP Fiat Yamaha 1m 21.678s
Fastest race lap:
Dani Pedrosa ESP Repsol Honda 1m 21.928s
Posted at 2010/07/24 10:06:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | MotoGP | 日記
2010年07月18日 イイね!

MotoGP ドイツGP ザクセンリンク 決勝結果

MotoGP ドイツGP ザクセンリンク 決勝結果第8戦ドイツGPの決勝レースは18日、ザクセンリンクで行われ、ダニ・ペドロサが優勝。今季2勝目を飾った。気温21度。路面温度31度のドライコンディジョンの中、9ラップ目に8位争いを展開していたランディ・ド・プニエ、アレックス・エスパルガロ、アルバロ・バウティスタが転倒。トラック上にバイクが横転したことから赤旗中断。

赤旗提示前の8ラップ目の順位で再スタートした21ラップによるレースは、3番グリッドのペドロサが、10ラップ目にトップに飛び出すと、2番手を0.923秒差で抑え、第4戦イタリアGP以来4戦ぶりに、トップでチェッカーを受けた。

ホルヘ・ロレンソは、開幕からの2位以内フィニッシュを継続。ケーシー・ストーナーは、バレンティーノ・ロッシとの3位表彰台バトルを展開。最終コーナーで逆転して、3戦連続の3位を獲得すれば、ロッシが復帰戦で4位に入った。3人による5位争いは、ニッキー・ヘイデンが競り勝ち、アンドレア・ドビツィオーソ、マルコ・シモンセリが続き、ベン・スピース、エクトル・バルベラ、マルコ・メランドリがトップ10入り。

負傷代役のアレックス・デ・アンジェリスは、ロリス・カピロッシに続く12位でフィニッシュした。チャンピオンシップは、ロレンソが20ポイントを加算。ペドロサがポイント差に詰めた.

news source motogp.com


1. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda Team 28m 50.476s
2. Jorge Lorenzo ESP Fiat Yamaha Team 28m 53.831s
3. Casey Stoner AUS Ducati Marlboro Team 28m 55.733s
4. Valentino Rossi ITA Fiat Yamaha Team 28m 56.099s
5. Andrea Dovizioso ITA Repsol Honda Team 29m 7.634s
6. Marco Simoncelli ITA San Carlo Honda Gresini 29m 8.233s
7. Nicky Hayden USA Ducati Marlboro Team 29m 8.411s
8. Ben Spies USA Monster Yamaha Tech 3 29m 11.433s
9. Hector Barbera ESP Paginas Amarillas Aspar 29m 12.476s
10. Marco Melandri ITA San Carlo Honda Gresini 29m 25.693s
11. Loris Capirossi ITA Rizla Suzuki MotoGP 29m 35.518s
12. Alex de Angelis RSM Interwetten Honda MotoGP 29m 35.68s

DNF:
Mika Kallio FIN Pramac Racing
Alvaro Bautista ESP Rizla Suzuki MotoGP
Aleix Espargaro ESP Pramac Racing
Randy de Puniet FRA LCR Honda MotoGP >
Colin Edwards USA Monster Yamaha Tech 3

Posted at 2010/07/18 22:37:15 | コメント(4) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ
2010年07月18日 イイね!

Moto2 ドイツGP ザクセンリンク 決勝結果

Moto2 ドイツGP ザクセンリンク 決勝結果第8戦ドイツGPの決勝レースは18日、ザクセンリンクで行われ、トニ・エリアスが優勝。今季3勝目を飾った。気温19度。路面温度27度のドライコンディションの中、ポールポジションのアンドレア・イアンノーネがスタートからレースの主導権を握ったが、3番グリッドのトニ・エリアスがラスト6ラップ目に抜き去ると、最後は3.297秒差で、5戦ぶりとなる今季3勝目を飾った。

3位争いは、復帰組のロベルト・ロルフォがフォンシ・ニエトを抑え、2004年第2戦スペインGP以来となる表彰台を獲得。カレル・アブラハム、ガボール・タルマクシ、ダニアン・カドリン、ドミニケ・エジャーダー、ステファン・ブラドル。ヨニー・エルナンデェスがトップ10入り。

ウォームアップ走行を制した8番グリッドの富沢は18位。30番グリッドの手島雄介は19位。ウォームアップ走行で3番手に浮上した13番グリッドの高橋裕紀は、2ラップ目に転倒。4番グリッドのフリアン・シモンは、3番手走行中の4ラップ目に転倒。6番グリッドのシモーネ・コルシは、3番手走行中の20ラップ目に転倒を喫した。

チャンピオンシップは、エリアスが転倒リタイヤしたトーマス・ルティに42ポイント差、ランク3位に浮上したイアンノーネに46ポイント差のアドバンテージを広げた。

news source motogp.com


01- Toni Elias – Gresini Racing Moto2 – Moriwaki MD600 – 29 giri in 41′57.745
02- Andrea Iannone – Fimmco Speed Up – Speed Up S-10 – + 3.297
03- Roberto Rolfo – Italtrans S.T.R. – Suter MMX – + 6.574
04- Fonsi Nieto – Holiday Gym G22 – Moriwaki MD600 – + 6.781
05- Karel Abraham – Cardion AB Motoracing – FTR Moto M210 – + 7.396
06- Gabor Talmacsi – Fimmco Speed Up – Speed Up S-10 – + 7.396
07- Damian Cudlin – Tenerife 40 Pons – Kalex Moto2 – + 9.697
08- Dominique Aegerter – Technomag CIP – Suter MMX – + 11.373
09- Stefan Bradl – Viessmann Kiefer Racing – Suter MMX – + 13.152
10- Yonny Hernandez – Blusens STX – BQR Moto2 – + 13.726
11- Alex Baldolini – Caretta Technology Race Dept. – I.C.P. – + 15.802
12- Jules Cluzel – Forward Racing – Suter MMX – + 17.666
13- Anthony West – MZ Racing Team – MZ RE Honda – + 25.927
14- Vladimir Ivanov – Gresini Racing Moto2 – Moriwaki MD600 – + 26.476
15- Xavier Simeon – Holiday Gym Racing – Moriwaki MD600 – + 26.626
16- Valentin Debise – WTR San Marino Team – ADV AT02 – + 27.465
17- Ratthapark Wilairot – Thai Honda PTT Singha SAG – Bimota HB4 – + 29.007
18- Shoya Tomizawa – Technomag CIP – Suter MMX – + 42.961
19- Yusuke Teshima – JiR Moto2 – MotoBi – + 43.141
20- Niccolò Canepa – RSM Team Scot – Scot Force GP210 – + 43.277
21- K Noyes – Jack&Jones by Antonio Banderas – PromoHarris Moto2 – + 43.580
22- Claudio Corti – Forward Racing – Suter MMX – + 44.171
23- Sascha Hommel – MGM Racing Performance – Kalex Moto2 – + 52.382
24- Vladimir Leonov – Vector Kiefer Racing – Suter MMX – + 1′04.234
25- Hector Faubel – Marc VDS Racing Team – Suter MMX – + 1′19.211
26- Yannick Guerra – Holiday Gym G22 – Moriwaki MD600 – + 1′23.078
27- Arne Tode – Racing Team Germany – Suter MMX – + 1′28.151

Posted at 2010/07/18 22:12:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | Moto2 | スポーツ

プロフィール

「〝Steady Eddie〟この代名詞をリスクを恐れ手堅いレースをするライダー、なんて認識のヤツが居たら、そいつの目はただの節穴だ」
何シテル?   05/26 22:50
どーもです!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/7 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

昼下がりの星座 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/10/15 00:35:29
 
CBR600RR サーキット ライフ John日記 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/10/14 18:05:21
 

ファン

57 人のファンがいます

愛車一覧

ヤマハ TMAX ヤマハ TMAX
XP500 TMAX 型式SJ04Jの中期型  ボディカラーはディープレッドメタリックK ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
レガシィ B4 2.0GT Spec-B アプライドEのAT 色はリーガルブルー・パール ...
スズキ GSX-S1000 ABS スズキ GSX-S1000 ABS
色はグラススパークルブラック / トリトンブルーメタリック(KEL) オプションで シ ...
ヤマハ シグナスX ヤマハ シグナスX
2005年5月に新車で購入。フロントフォークのインナーチューブがSE12J型で33φのい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.