• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カルロス.のブログ一覧

2012年04月29日 イイね!

MotoGP スペインGP ヘレス 決勝結果



スペインのヘレスサーキットでMotoGP第2戦スペインGPの決勝レースが行なわれた。決勝レースは前夜に降った雨がウエットパッチとして路面に残り、気温、路面温度共に低く、各クラス共に、難しいコンディションとなった。

MotoGPクラスでは、ケーシー・ストーナー(ホンダ)が今季初優勝を達成した。

レースはダニ・ペドロサ(ホンダ)のリードで始まり、アンドレア・ドビジオーゾ(ヤマハ)、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)、カル・クロッチロウ(ヤマハ)、ニッキー・ヘイデン(ドゥカティ)がペドロサに続いて、序盤は接戦を展開する。

2周目のバックストレートでロレンソがトップに浮上するが、3周目に入るコントロールラインをストーナーがトップで通過。ロレンソが2番手で続き、二人が後続を徐々に引き離し始める。5周目には3番手以下に約1秒の差をつけた二人は、その後、後続とのギャップを広げながら周回を重ねた。ストーナーは中盤にはロレンソとの差を開きかけたが、中盤を過ぎてその差が徐々に縮まり始める。20周目を過ぎて、ストーナーの背後に迫ったロレンソだったが、結局、一度も勝負をしかけることはできず、ストーナーがトップでチェッカーを受け、ヘレス初優勝を達成、コンマ947秒差の2位に入賞したロレンソがポイントリーダーの座を守った。

3番手争いはペドロサが7周目の1コーナーで先頭に浮上、その後、終盤までクロッチロウと接戦を展開する。ペドロサは終盤になってようやくクロッチロウの追撃を振り切ることに成功、3位入賞を果たした。クロッチロウはスタート直後から積極的に前をねらう走りで攻めたが、序盤はそれが集団の中でポジションを下げる要因ともなった。9周目にペドロサに続いて4番手に浮上した後は、ペドロサをぴったりとマークし、最終的には僅差の4位でゴールとなったが、表彰台をねらえる位置にいることを証明した。

序盤は3番手を争っていたドビジオーゾはレース中盤で後退し、単独5位でゴール。アルバロ・バウティスタ(ホンダ)はステファン・ブラドル(ホンダ)、ニッキー・ヘイデン(ドゥカティ)とのバトルから終盤に抜け出し、、単独6位でチェッカーを受け、ブラドルが7位、ヘイデンが8位で続いた。ヘイデンは序盤3番手争いのグループを走っていたものの、次第に後退してしまった。

バレンティーノ・ロッシ(ドゥカティ)は9位でゴール、エクトル・バルベラ(ドゥカティ)が僅差の10位に続いた。ベン・スピース(ヤマハ)が11位で続き、アレックス・エスパルガロ(ART)がCRT勢トップとなる12位でゴール。

以下、ダニロ・ペトルッチ(イオダ)が13位、マティア・パシーニ(ART)が14位、イバン・シルバ(BQR)が15位、コーリン・エドワーズ(スーター)が16位で続き、カレル・アブラハム(ドゥカティ)は21周目に転倒、再スタートして17位でチェッカーを受けた。

ランディ・ド・ピュニエ(ART)はCRT勢トップの12位を走っていたものの、残り2周となった26周目にトラブルでコースサイドにマシンを止めてリタイア、ジェームス・エリソン(ART)も残り3周でピットに戻ってリタイアとなった。ミケーレ・ピロ(FTR)は18周を回ってピットに戻りリタイア。ヨニー・エルナンデス(FTR)はスタート直前にエンジンがストール、ピットスタートとなったが、1周を終えて、ピットに戻ってリタイアとなった。

news source RIDINGSPORT.com


01- Casey Stoner – Repsol Honda Team – Honda RC213V – 27 giri in 45’33.897
02- Jorge Lorenzo – Yamaha Factory Racing – Yamaha YZR M1 – + 0.947
03- Dani Pedrosa – Repsol Honda Team – Honda RC213V – + 2.063
04- Cal Crutchlow – Monster Yamaha Tech 3 – Yamaha YZR M1 – + 2.465
05- Andrea Dovizioso – Monster Yamaha Tech 3 – Yamaha YZR M1 – + 18.100
06- Alvaro Bautista – San Carlo Honda Gresini – Honda RC213V – + 21.395
07- Stefan Bradl – LCR Honda MotoGP – Honda RC213V – + 28.637
08- Nicky Hayden – Ducati Team – Ducati Desmosedici GP12 – + 28.869
09- Valentino Rossi – Ducati Team – Ducati Desmosedici GP12 – + 34.852
10- Hector Barbera – Pramac Racing Team – Ducati Desmosedici GP12 – + 35.103
11- Ben Spies – Yamaha Factory Racing – Yamaha YZR M1 – + 38.041
12- Aleix Espargaro – Power Electronics Aspar – ART GP12 – + 1’12.728 (CRT)
13- Danilo Petrucci – CAME Iodaracing Project – Ioda TR003 – + 1’18.669 (CRT)
14- Mattia Pasini – Speed Master Team – ART GP12 – + 1’29.142 (CRT)
15- Ivan Silva – Avintia Blusens – FTR Kawasaki – + 1’32.478 (CRT)
16- Colin Edwards – NGM Mobile Forward Racing – Suter BMW – + 1’40.577 (CRT)
17- Karel Abraham – Cardion AB Motoracing – Ducati Desmosedici GP12 – a 1 giro
Posted at 2012/04/29 22:08:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ
2012年04月29日 イイね!

Moto2 スペインGP ヘレス 決勝結果



Moto2クラスはポル・エスパルガロ(カレックス)が優勝した。Moto2クラスの決勝レースは気温14度、路面温度15度のドライコンディションでスタートしたが、26周のレースの14周目に差し掛かったところで、雨が落ちてきたことを示すレッドクロス旗が掲示される。そして、18周目を終了した段階で赤旗が掲示され、17周目のコントロールラインの順位で決着した。

レースはトーマス・ルティ(スーター)がトップ争いをリード、マルク・マルケス(スーター)、エスパルガロ、スコット・レディング(カレックス)らがトップ争いを展開した。ルティは7周目までトップ争いをリードしたが、8周目にレディングがトップに浮上。14周目に再びルティがトップを奪還し、マルケス、レディング、エスパルガロの順となる。

エスパルガロは15周目には3番手、16周目には2番手に浮上し、17周目にはトップに立つ。18周目にマルケスがエスパルガロを交わして真っ先にコントロールラインに戻ってくるが、ここで赤旗となり、レースはその前周の17周目で成立、エスパルガロがMoto2クラスで初優勝を飾った。

2位にマルケス、3位にルティが続き、レディングが4位に入賞。中上 貴晶(カレックス)はスタートで出遅れ、序盤は10番手前後を走行していたが、終盤にポジションを上げ、5位でチェッカーを受けた。

6位にクラウディオ・コルティ(カレックス)、7位にミカ・カーリョ(カレックス)、8位にドミニケ・エジャーター(スーター)、9位にトニ・エリアス(スーター)、10位にヨハン・ザルコ(モトビ)が入賞。高橋 裕紀(スーター)は21位でチェッカーを受けた。

news source RIDINGSPORT.com

01- Pol Espargaro – Pons 40 HP Tuenti – KALEX Moto2 – 17 giri in 30’12.879
02- Marc Marquez – Team CatalunyaCaixa Repsol – Suter MMXII – + 0.241
03- Thomas Luthi – Interwetten Paddock – Suter MMXII – + 0.483
04- Scott Redding – Marc VDS Racing Team – KALEX Moto2 – + 4.414
05- Takaaki Nakagami – Italtrans Racing Team – KALEX Moto2 – + 4.837
06- Claudio Corti – Italtrans Racing Team – KALEX Moto2 – + 5.881
07- Mika Kallio – Marc VDS Racing Team – KALEX Moto2 – + 6.149
08- Dominique Aegerter – Technomag CIP – Suter MMXII – + 7.097
09- Toni Elias – MAPFRE Aspar Team – Suter MMXII – + 7.866
10- Johann Zarco – JiR Moto2 – MotoBI – + 8.680
11- Bradley Smith – Tech 3 Racing – Tech 3 Mistral 610 – + 9.382
12- Alex De Angelis – NGM Mobile Forward Racing – Suter MMXII – + 9.768
13- Xavier Simeon – Tech 3 Racing – Tech 3 Mistral 610 – + 10.433
14- Andrea Iannone – Speed Master Team – Speed Up Moto2 – + 31.366
15- Gino Rea – Federal Oil Gresini Moto2 – Moriwaki MD600 – + 31.504
16- Anthony West – QMMF Racing Team – Moriwaki MD600 – + 34.172
17- Simone Corsi – CAME Iodaracing Project – FTR Moto M212 – + 34.450
18- Axel Pons – Pons 40 HP Tuenti – KALEX Moto2 – + 36.410
19- Ricky Cardus – Argiñano Racing Team – AJR Moto2 – + 36.803
20- Angel Rodriguez – Desguaces La Torre SAG – FTR Moto M211 – + 37.449
21- Yuki Takahashi – NGM Mobile Forward Racing – Suter MMXII – + 39.465
22- Randy Krummenacher – GP Team Switzerland – KALEX Moto2 – + 45.782
23- Julian Simon – Blusens Avintia – Suter MMXII – + 46.163
24- Alexander Lundh – Cresto Guide MZ Racing – FTR Moto M211 – + 46.251
25- Roberto Rolfo – Technomag CIP – Suter MMXII – + 59.593
26- Ratthapark Wilairot – Thai Honda Gresini Moto2 – Moriwaki MD600 – + 59.987
27- Nico Terol – MAPRE Aspar Team – Suter MMXII – + 1’01.010
28- Tito Rabat – Pons 40 HP Tuenti – KALEX Moto2 – a 1 giro
Posted at 2012/04/29 20:59:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | Moto2 | スポーツ
2012年04月29日 イイね!

Moto3 スペインGP ヘレス 決勝結果



Moto3クラスでは、ルーキーのロマーノ・フェナティ(FTRホンダ)がグランプリ初優勝を飾った。

Moto3クラスの決勝レースは気温15度、路面温度14度のドライコンディションで行なわれたが、前夜から降った雨のため、一部にウエットパッチが残る、難しいコンディションとなった。レースはドライ宣言がなされてスタートしたが、序盤から転倒者が続出、完走17台、リタイア17台のサバイバルレースとなった。

序盤から上位陣の中から転倒者が続いた決勝は、ルーキーのアレックス・リンス(スーター・ホンダ)が5周目には単独トップに浮上し、2番手以下に1秒半以上のリードを取り、その後もリードを広げていく。ところが、リンスは8周目にコースオフ、転倒こそ免れたものの、2番手集団との差が一気になくなってしまう。ここでトップに立ったのがルイ・ロッシ(FTRホンダ)、フェナッティが3番手で続き、3台のトップ争いとなるが、9周目の1コーナーでロッシが転倒、トップ争いはリンスとフェナティの一騎打ちとなる。

フェナティは11周目にトップに浮上し、今度はリンスが背後を追う展開となる。ところが、14周目の1コーナーでリンスが転倒、これで単独トップに立ったフェナッティは終盤にファステストラップを更新するなど、ただ一人速いペースで周回を重ね、グランプリデビュー2戦目で優勝を飾り、ポイントリーダーに浮上した。

転倒したリンスはすぐに再スタートを切るが、ルイ・サロム(カレックスKTM)、サンドロ・コルテセ(KTM)、アレクシス・マスボー(ホンダ)に追いつかれ、2番手争いは4台のバトルとなった。この中から終盤、マスボーが遅れ、最後はサロム、コルテセ、リンスが激しくポジションを争うが、23周のレースの22周目ののコース終盤でバックマーカーが出現。その前にこの集団の先頭に立っていたサロムが一歩抜け出し、2位でゴール。最後の表彰台をかけた争いをコルテセとリンスが展開、僅差のバトルを制して、コルテセが2戦連続3位表彰台を獲得、リンスは惜しくも僅差の4位でゴールとなった。

マスボーが単独5位で続き、序盤にマシンが振られてコースオフし、ポジションを下げたマーベリック・ビニャーレス(FTRホンダ)が、追い上げて6位に入賞。7位にアルベルト・モンカヨ(カレックスKTM、8位にニッコロ・アントネッリ(FTRホンダ、9位にエクトル・ファウベル(カレックスKTM)、10位にズルファミ・カイルディン(KTM)の順でチェッカーを受けた。

藤井 謙汰(ホンダ)は中盤には7台で展開された6位争いに加わり、好バトルを展開していたが、16周目の最終コーナーで転倒を喫しリタイアとなった。

news source RIDINGSPORT.com


01- Romano Fenati – Team Italia FMI – FTR Honda M312 – 23 giri in 43’50.885
02- Luis Salom – RW Racing GP – KALEX KTM – + 36.139
03- Sandro Cortese – Red Bull KTM Ajo – KTM M32 – + 36.895
04- Alex Rins – Team Estrella Galicia 0,0 – Suter Honda Moto3 – + 37.061
05- Alexis Masbou – Caretta Technology – Honda NSF250R – + 49.036
06- Maverick Vinales – Blusens Avintia – FTR Honda M312 – + 55.857
07- Alberto Moncayo – BANKIA Aspar Team – KALEX KTM – + 57.505
08- Niccolò Antonelli – San Carlo Gresini Moto3 – FTR Honda M312 – + 1’03.683
09- Hector Faubel – BANKIA Aspar Team – KALEX KTM – + 1’15.351
10- Zulfahmi Khairuddin – AirAsia SIC Ajo – KTM M32 – + 1’35.650
11- Alessandro Tonucci – Team Italia FMI – FTR Honda M312 – a 1 giro
12- Alex Marquez – Team Estrella Galicia 0,0 – Suter Honda Moto3 – a 1 giro
13- Ivan Moreno – Andalucia JHK LaGlisse – FTR Honda M312 – a 1 giro
14- Alan Techer – Technomag CIP TSR – Honda NSF250R – a 1 giro
15- Giulian Pedone – Ambrogio NEXT Racing – Oral M3 – a 1 giro
16- Marcel Schrotter – Mahindra Racing – Mahindra MGP3O – a 1 giro
17- Jasper Iwema – MOTO FGR – MOTO FGR 3 Honda – a 1 giro
Posted at 2012/04/29 19:25:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | Moto3 | スポーツ
2012年04月28日 イイね!

MotoGP スペインGP ヘレス 予選結果



スペインのヘレスサーキットでMotoGP第2戦スペインGPの2日目の予選が行なわれた。2日目も天候が不安定で、午前中のフリー走行3回目は3クラス共、ウエットコンディションとなり、午後の予選はMoto3クラスがウエットからドライ、MotoGPクラスがウエットパッチが多数残ったドライ、Moto2クラスがドライというコンディションで争われた。

MotoGPクラスでは、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)が1分39秒532でポールポジションを獲得した。セッション序盤からカル・クロッチロウ(ヤマハ)がリーダーボードのトップをキープするが、上空に黒い雲が接近し、雨の可能性が高まったこともあり、ケーシー・ストーナー(ホンダ)、ダニ・ペドロサ(ホンダ)が早めにタイムアタックにかかり、クロッチロウとリーダーボードのトップを争う。セッション中盤に、レッドクロス旗が掲示されたものの、雨が本格的に降ることはなく、終盤にかけては空も明るさを取り戻した。セッション終了まで残り5分となったところでペドロサがトップに立ち、ペドロサは続く周回でもファステストを更新する。しかし、その直後にロレンソが1分39秒532を記録し、開幕戦に続いて2戦連続となるポールポジションを獲得した。

2番手に1分39秒667でペドロサ、3番手に1分40秒563でニッキー・ヘイデン(ドゥカティ)が続き、クロッチロウは1分40秒570で4番手となった。

昨年のポールシッター、ストーナーは1分40秒577で5番手。6番手に1分41秒090でベン・スピース(ヤマハ)、7番手に1分41秒180でアンドレア・ドビジオーゾ(ヤマハ)、8番手に1分41秒447でアルバロ・バウティスタ(ホンダ)、9番手に1分41秒550でステファン・ブラドル(ホンダ)の順で続き、1分41秒700を記録したランディ・ド・ピュニエ(ART)がCRT勢のトップとなる10番手を獲得した。

news source RIDINGSPORT.com


1. Jorge Lorenzo ESP Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 39.532s
2. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda (RC213V) 1m 39.667s
3. Nicky Hayden USA Ducati Team (GP12) 1m 40.563s
4. Cal Crutchlow GBR Monster Yamaha Tech3 (YZR-M1) 1m 40.570s
5. Casey Stoner AUS Repsol Honda (RC213V) 1m 40.577s
6. Ben Spies USA Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 41.090s
7. Andrea Dovizioso ITA Monster Yamaha Tech3 (YZR-M1) 1m 41.180s
8. Alvaro Bautista ESP San Carlo Honda Gresini (RC213V) 1m 41.447s
9. Stefan Bradl GER LCR Honda MotoGP (RC213V) 1m 41.550s
10. Randy De Puniet FRA Power Electronics Aspar (ART CRT) 1m 41.700s
11. Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (GP12) 1m 41.724s
12. Hector Barbera ESP Pramac Racing (GP12) 1m 41.871s
13. Valentino Rossi ITA Ducati Team (GP12) 1m 42.961s
14. Aleix Espargaro ESP Power Electronics Aspar (ART CRT) 1m 43.135s
15. Michele Pirro ITA San Carlo Honda Gresini (FTR-Honda CRT) 1m 43.363s
16. Mattia Pasini ITA Speed Master (ART CRT) 1m 44.308s
17. Yonny Hernandez COL Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) 1m 44.467s
18. Danilo Petrucci ITA Came IodaRacing (Ioda-Aprilia CRT) 1m 44.645s
19. Ivan Silva ESP Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) 1m 44.717s
20. James Ellison GBR Paul Bird Motorsport (ART CRT) 1m 45.724s
21. Colin Edwards USA NGM Forward Racing (Suter-BMW CRT) 1m 46.200s

Fastest practice time
Ivan Silva ESP FTR-Kawasaki 1m 48.674s (FP1)

Official Jerez MotoGP records:
Best lap:
Jorge Lorenzo ESP Yamaha 1m 38.189s (2008)
Fastest race lap:
Dani Pedrosa ESP Honda 1m 39.731s (2010)

Posted at 2012/04/29 19:17:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ
2012年04月28日 イイね!

Moto2 スペインGP ヘレス 予選結果



Moto2クラスでは、マルク・マルケス(スーター)が1分43秒005でポールポジションを獲得。

2番手に1分43秒085で中上 貴晶(カレックス)が続いた。中上は予選で積極的にアタックを行ない、序盤から何度もリーダーボードのトップに立った。終盤はセクターベストを更新しながらアタックを行なったが、クリアラップをうまく取れない場面もあり、惜しくもポールポジションを逃した。それでもセッション終了間際の最後のアタックで自己ベストを更新、グランプリ初となるフロントロウを獲得した。

3番手に1分43秒273でポル・エスパルガロ(カレックス)が続き、終盤のアタック中に転倒を喫したトーマス・ルティ(スーター)は1分43秒310で4番手。

以下、5番手に1分43秒367でミカ・カーリョ(カレックス)、6番手に1分43秒396でコルティ、7番手に1分43秒651でエステブ・ラバット(カレックス)、8番手に1分43秒778でマイク・デ・ミオ(スピードアップ)、9番手に1分43秒858でランディ・クルメナヒャー(スーター)、10番手に1分43秒959でヨハン・ザルコ(モトビ)の順で続いた。

高橋 裕紀(スーター)は1分44秒719で22番手から決勝に臨む。

news source RIDINGSPORT.com


01- Marc Marquez – Team CatalunyaCaixa Repsol – Suter MMXII – 1’43.005
02- Takaaki Nakagami – Italtrans Racing Team – KALEX Moto2 – + 0.080
03- Pol Espargaro – Pons 40 HP Tuenti – KALEX Moto2 – + 0.268
04- Thomas Luthi – Interwetten Paddock – Suter MMXII – + 0.305
05- Mika Kallio – Marc VDS Racing Team – KALEX Moto2 – + 0.362
06- Claudio Corti – Italtrans Racing Team – KALEX Moto2 – + 0.391
07- Tito Rabat – Pons 40 HP Tuenti – KALEX Moto2 – + 0.646
08- Mike Di Meglio – Speed Master Team – Speed Up Moto2 – + 0.773
09- Randy Krummenacher – GP Team Switzerland – KALEX Moto2 – + 0.853
10- Johann Zarco – JiR Moto2 – MotoBI – + 0.954
11- Alex De Angelis – NGM Mobile Forward Racing – Suter MMXII – + 1.047
12- Scott Redding – Marc VDS Racing Team – KALEX Moto2 – + 1.139
13- Andrea Iannone – Speed Master Team – Speed Up Moto2 – + 1.199
14- Max Neukirchner – Kiefer Racing – KALEX Moto2 – + 1.207
15- Dominique Aegerter – Technomag CIP – Suter MMXII – + 1.218
16- Toni Elias – MAPFRE Aspar Team – Suter MMXII – + 1.249
17- Xavier Simeon – Tech 3 Racing – Tech 3 Mistral 610 – + 1.303
18- Simone Corsi – CAME Iodaracing Project – FTR Moto M212 – + 1.349
19- Bradley Smith – Tech 3 Racing – Tech 3 Mistral 610 – + 1.401
20- Ricky Cardus – Argiñano Racing Team – AJR Moto2 – + 1.527
21- Roberto Rolfo – Technomag CIP – Suter MMXII – + 1.635
22- Yuki Takahashi – NGM Mobile Forward Racing – Suter MMXII – + 1.714
23- Gino Rea – Federal Oil Gresini Moto2 – Moriwaki MD600 – + 2.090
24- Angel Rodriguez – Desguaces La Torre SAG – FTR Moto M211 – + 2.304
25- Julian Simon – Blusens Avintia – Suter MMXII – + 2.533
26- Axel Pons – Pons 40 HP Tuenti – KALEX Moto2 – + 2.602
27- Alexander Lundh – Cresto Guide MZ Racing – FTR Moto M211 – + 2.829
28- Nico Terol – MAPFRE Aspar Team – Suter MMXII – + 2.956
29- Anthony West – QMMF Racing Team – Moriwaki MD600 – + 3.112
30- Ratthapark Wilairot – Thai Honda Gresini Moto2 – Moriwaki MD600 – + 3.206
31- Elena Rosell – QMMF Racing Team – Moriwaki MD600 – + 4.279
32- Marco Colandrea – SAG Team – FTR Moto M211 – + 4.299

Posted at 2012/04/29 19:11:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | Moto2 | スポーツ

プロフィール

どーもです!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

昼下がりの星座 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/10/15 00:35:29
 
CBR600RR サーキット ライフ John日記 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/10/14 18:05:21
 

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

ヤマハ TMAX ヤマハ TMAX
XP500 TMAX 型式SJ04Jの中期型  ボディカラーはディープレッドメタリックK ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
レガシィ B4 2.0GT Spec-B アプライドEのAT 色はリーガルブルー・パール ...
スズキ GSX-S1000 ABS スズキ GSX-S1000 ABS
色はグラススパークルブラック / トリトンブルーメタリック(KEL) オプションで シ ...
ヤマハ シグナスX ヤマハ シグナスX
2005年5月に新車で購入。フロントフォークのインナーチューブがSE12J型で33φのい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.