• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カルロス.のブログ一覧

2012年07月30日 イイね!

MotoGP アメリカGP 決勝結果



MotoGP第10戦アメリカGP、MotoGPクラスは、アメリカのラグナセカで決勝レースを行ない、ケーシー・ストーナー(ホンダ)が優勝した。

MotoGPクラスの決勝レースは気温18度、路面温度23度のドライコンディションで争われた。レースはポールポジションからスタートしたホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)のリードで始まり、ダニ・ペドロサ(ホンダ)、ストーナーがトップグループを形成。序盤から皇族を引き離して、この3人がトップ争いを展開する。ストーナーは3周目にはペドロサを交わして2番手に浮上し、ロレンソを追う。

32周で争われたレースの10周を過ぎたあたりからペドロサがやや遅れ始め、ロレンソが逃げ切るかに見えたものの、中盤になってストーナーがロレンソとの差を縮め始め、22周目のホームストレートエンドでストーナーがトップに立つ。終盤にはストーナーがロレンソの追撃を振り切って、オランダGP以来となる勝利で今季4勝目を記録した。

ロレンソは2位でチェッカーを受け、ポイントリーダーの座を堅持。ペドロサは終盤にトップ争いの二人から遅れて、単独3位でチェッカーを受けた。

チームメイト同士の接戦となった4位争いは、アンドレア・ドビジオーゾ(ヤマハ)が制して4位に入賞。僅差の5位にカル・クロッチロウ(ヤマハ)が入賞した。スタートでやや遅れたニッキー・ヘイデン(ドゥカティ)は、追い上げて終盤のステファン・ブラドル(ホンダ)とのバトルを制して6位に入賞。ブラドルが7位で続いた。

アルバロ・バウティスタ(ホンダ)が8位で続き、CRT勢のトップとなる9位にアレックス・エスパルガロ(ART)が入賞。カレル・アブラハム(ドゥカティ)が10位で続いた。ランディ・ド・ピュニエ(ART)はスタート直後の1コーナーでオーバーラン。1周目最下位から追い上げて11位でゴール。ヨニー・エルナンデス(FTR)が12位、コーリン・エドワーズ(スーター)が13位、イバン・シルバ(BQR)が14位で続いた。

バレンティーノ・ロッシ(ドゥカティ)は8番手走行中の30周目のコークスクリュー進入で転倒、リタイアに終わった。ベン・スピース(ヤマハ)は4番手走行中の22周目にコークスクリュー立ち上がりで転倒、リタイアに終わった。ジェームス・エリソン(ART)は21周目に転倒リタイア。ダニロ・ペトルッチ(イオダ)、マティア・パシーニ(ART)はピットに戻ってリタイアに終わり、トニ・エリアス(ドゥカティ)は2周目に転倒リタイア、ミケーレ・ピロ(FTR)スタート直後の1コーナーで転倒しリタイアに終わった。スティーブ・ラップ(APR)は予選を通過できず、決勝に出場できなかった。

news source RIDINGSPORT.com


1. Casey Stoner AUS Repsol Honda (RC213V) 43m 45.961s
2. Jorge Lorenzo ESP Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 43m 49.390s
3. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda (RC213V) 43m 53.594s
4. Andrea Dovizioso ITA Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 44m 4.563s
5. Cal Crutchlow GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 44m 4.740s
6. Nicky Hayden USA Ducati Team (GP12) 44m 12.863s
7. Stefan Bradl GER LCR Honda MotoGP (RC213V) 44m 14.354s
8. Alvaro Bautista ESP San Carlo Honda Gresini (RC213V) 44m 36.207s
9. Aleix Espargaro ESP Power Electronics Aspar (ART CRT) 45m 4.954s
10. Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (GP12) 45m 8.037s
11. Randy De Puniet FRA Power Electronics Aspar (ART CRT) +1 lap
12. Yonny Hernandez COL Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) +1 lap
13. Colin Edwards USA NGM Forward Racing (Suter-BMW CRT) +1 lap
14. Ivan Silva ESP Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) +1 lap

DNF:
Valentino Rossi ITA Ducati Team (GP12)
Ben Spies USA Yamaha Factory Racing (YZR-M1)
James Ellison GBR Paul Bird Motorsport (ART CRT)
1 Danilo Petrucci ITA Came IodaRacing (Ioda-Aprilia CRT)
Mattia Pasini ITA Speed Master (ART CRT)
Toni Elias ESP Pramac Racing (GP12)
Michele Pirro ITA San Carlo Honda Gresini (FTR-Honda CRT)

Posted at 2012/07/30 19:29:41 | コメント(4) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ
2012年07月29日 イイね!

MotoGP アメリカGP 予選結果



MotoGP第10戦アメリカGP、MotoGPクラスは、アメリカのラグナセカで2日目の予選を行ない、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)が1分20秒554でポールポジションを獲得した。

MotoGPクラスの予選は気温18度、路面温度19度のドライコンディションで争われた。午前中に行われたフリー走行3回目でトップタイムを記録していたロレンソは、予選でも開始直後からファステストラップを記録。5周目には1分20秒899を記録して、リーダーボードのトップに立つ。セッション中盤を過ぎてもロレンソのタイムを上回る者は現れなかった。セッション終盤の残り10分を切ったところで、ロレンソ自身が2周連続で自己ベストを更新、1分20秒693を記録する。

しかし、残り2分でケーシー・ストーナー(ホンダ)が1分20秒628を記録し、リーダーボードのトップの座を奪取する。ところが、最終アタックに出ていたロレンソはセッション終了間際に1分20秒554をたたき出し、第2戦スペイン以来となる今シーズン3回目のポールポジションを獲得した。

ストーナーが1分20秒628で2番手、ダニ・ペドロサ(ホンダ)が1分20秒906で3番手で続き、ベン・スピース(ヤマハ)は3番手に浮上した直後の開始43分過ぎに激しく転倒、その後、タイムを更新することができず、1分21秒094で4番手となった。

5番手に1分21秒268でカル・クロッチロウ(ヤマハ)、6番手に1分21秒539でアンドレア・ドビジオーゾ(ヤマハ)、7番手に1分21秒732でアルバロ・バウティスタ(ホンダ)、8番手に1分21秒734でニッキー・ヘイデン(ドゥカティ)、9番手に1分21秒753でステファン・ブラドル(ホンダ)が続き、バレンティーノ・ロッシ(ドゥカティ)は1分22秒544で10番手。

ランディ・ド・ピュニエ(ART)が1分22秒886でCRT勢トップの11番手を獲得。アレックス・エスパルガロ(ART)が1分23秒075で12番手、コーリン・エドワーズ(スーター)が1分23秒699で13番手で続き、ケガから復帰したカレル・アブラハム(ドゥカティ)は1分23秒704で14番手となった。

15番手に1分23秒769でヨニー・エルナンデス(FTR)16番手に1分23秒877でミケーレ・ピロ(FTR)17番手に1分23秒898でトニ・エリアス(ドゥカティ)が続き、セッション終盤に転倒を喫したマティア・パシーニ(ART)は1分24秒017で18番手。

ダニロ・ペトルッチ(イオダ)が1分24秒227で19番手、イバン・シルバ(BQR)が1分24秒560で20番手、ジェームス・エリソン(ART)が1分24秒715で21番手、スティーブ・ラップ(APR)は1分26秒887でトップタイムの107%をクリアできなかった。

news source RIDINGSPORT.com


1. Jorge Lorenzo ESP Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 20.554s
2. Casey Stoner AUS Repsol Honda (RC213V) 1m 20.628s
3. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda (RC213V) 1m 20.906s
4. Ben Spies USA Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 21.094s
5. Cal Crutchlow GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 1m 21.268s
6. Andrea Dovizioso ITA Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 1m 21.539s
7. Alvaro Bautista ESP San Carlo Honda Gresini (RC213V) 1m 21.732s
8. Nicky Hayden USA Ducati Team (GP12) 1m 21.734s
9. Stefan Bradl GER LCR Honda MotoGP (RC213V) 1m 21.753s
10. Valentino Rossi ITA Ducati Team (GP12) 1m 22.544s
11. Randy De Puniet FRA Power Electronics Aspar (ART CRT) 1m 22.886s
12. Aleix Espargaro ESP Power Electronics Aspar (ART CRT) 1m 23.075s
13. Colin Edwards USA NGM Forward Racing (Suter-BMW CRT) 1m 23.699s
14. Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (GP12) 1m 23.704s
15. Yonny Hernandez COL Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) 1m 23.769s
16. Michele Pirro ITA San Carlo Honda Gresini (FTR-Honda CRT) 1m 23.877s
17. Toni Elias ESP Pramac Racing (GP12) 1m 23.898s
18. Mattia Pasini ITA Speed Master (ART CRT) 1m 24.017s
19. Danilo Petrucci ITA Came IodaRacing (Ioda-Aprilia CRT) 1m 24.227s
20. Ivan Silva ESP Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) 1m 24.560s
21. James Ellison GBR Paul Bird Motorsport (ART CRT) 1m 24.715s
22. Steve Rapp USA Attack Performance (APR-Kawasaki CRT) 1m 26.887s*

* Outside 107% time (1m 26.192s).

Fastest practice time:
Dani Pedrosa ESP Honda 1m 21.088s (FP2)

Official Laguna Seca MotoGP records:
Best lap:
Casey Stoner AUS Ducati 1m 20.700s (2008)
Fastest race lap:
Casey Stoner AUS Ducati 1m 21.376s (2010)

Posted at 2012/07/29 07:48:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ
2012年07月29日 イイね!

MotoGP アメリカGP ラグナ・セカ FP3



1. Jorge Lorenzo ESP Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 21.445s
2. Ben Spies USA Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 22.268s
3. Nicky Hayden USA Ducati Team (GP12) 1m 22.688s
4. Cal Crutchlow GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 1m 23.021s
5. Valentino Rossi ITA Ducati Team (GP12) 1m 23.294s
6. Stefan Bradl GER LCR Honda MotoGP (RC213V) 1m 23.832s
7. Alvaro Bautista ESP San Carlo Honda Gresini (RC213V) 1m 24.189s
8. Randy De Puniet FRA Power Electronics Aspar (ART CRT) 1m 24.398s
9. Aleix Espargaro ESP Power Electronics Aspar (ART CRT) 1m 24.506s
10. Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (GP12) 1m 24.572s
11. Yonny Hernandez COL Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) 1m 24.749s
12. Mattia Pasini ITA Speed Master (ART CRT) 1m 25.244s
13. Toni Elias ESP Pramac Racing (GP12) 1m 25.438s
14. Danilo Petrucci ITA Came IodaRacing (Ioda-Aprilia CRT) 1m 26.283s
15. Colin Edwards USA NGM Forward Racing (Suter-BMW CRT) 1m 26.315s
16. James Ellison GBR Paul Bird Motorsport (ART CRT) 1m 26.488s
17. Ivan Silva ESP Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) 1m 27.067s
18. Steve Rapp USA Attack Performance (APR-Kawasaki CRT) 1m 27.486s
19. Michele Pirro ITA San Carlo Honda Gresini (FTR-Honda CRT) 1m 27.778s
20. Andrea Dovizioso ITA Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 1m 33.726s
Casey Stoner AUS Repsol Honda (RC213V) No Time
Dani Pedrosa ESP Repsol Honda (RC213V) No Time


Fastest Friday time:
Dani Pedrosa ESP Honda 1m 21.088s (FP2)

Official Laguna Seca MotoGP records:
Best lap:
Casey Stoner AUS Ducati 1m 20.700s (2008)
Fastest race lap:
Casey Stoner AUS Ducati 1m 21.376s (2010)

Posted at 2012/07/29 03:14:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | MotoGP | ペット
2012年07月28日 イイね!

MotoGP アメリカGP ラグナ・セカ FP2



MotoGP第10戦アメリカGP、MotoGPクラスは、アメリカのラグナセカで1日目の2回のフリー走行を行ない、ダニ・ペドロサ(ホンダ)が1分21秒088で初日総合トップに立った。
 
MotoGPクラスのフリー走行1日目はフリー走行1回目、2回目共にドライコンディションで行われた。2回目のフリー走行では、残り10分でバレンティーノ・ロッシ(ドゥカティ)が転倒した際にコースサイドのエアフェンスが破損。安全性確保のため、赤旗中断となり、エアフェンス交換後にセッション再開となった。
 
ペドロサは1回目、2回目共にトップタイムを記録。2回目で2010年に記録されたサーキットレコードを更新した。
 
1回目、2回目共に2番手だったホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)が1分21秒422で総合2番手、1回目、2回目共に3番手だったケーシー・ストーナー(ホンダ)が1分21秒457で総合3番手で続いた。
 
ホームレースのベン・スピース(ヤマハ)が1分21秒708で総合4番手で続き、総合5番手に1分22秒021でアンドレア・ドビジオーゾ(ヤマハ)、フリー走行2回目で転倒を喫したカル・クロッチロウ(ヤマハ)は1分22秒258で総合6番手となった。
 
来季に向けて、ドゥカティとの契約更改(契約期間は2013年の1年)を発表したニッキー・ヘイデン(ドゥカティ)は1分22秒434で総合7番手。総合8番手に1分22秒568でステファン・ブラドル(ホンダ)が続き、フリー走行2回目で転倒を喫したロッシは1分22秒772で総合9番手となった。アルバロ・バウティスタ(ホンダ)も開始20分すぎに3コーナーで転倒、1分22秒853で総合10番手。
 
CRT勢トップの総合11番手に1分23秒835でアレックス・エスパルガロ(ART)が続き、チームメイトのランディ・ド・ピュニエ(ART)が1分23秒870で総合12番手。フリー走行1回目ではCRT勢トップにつけていたコーリン・エドワーズ(スーター)は1分24秒732で総合13番手。
 
イタリアGP後、トレーニング中にケガを負い、今レースを欠場したエクトル・バルベラ(ドゥカティ)の代役として参戦するトニ・エリアス(ドゥカティ)は1分24秒739で総合14番手。
 
総合15番手に1分24秒774でヨニー・エルナンデス(FTR)、総合16番手に1分24秒849でケガから復帰したカレル・アブラハム(ドゥカティ)が続き、総合17番手に1分25秒000でマティア・パシーニ(ART)、総合18番手に1分25秒065でミケーレ・ピロ(FTR)の順で続いた。
 
ジェームス・エリソン(ART)は1分25秒166で総合19番手イバン・シルバ(BQR)は1分25秒405で総合20番手ダニロ・ペトルッチ(イオダ)は1分25秒422で総合21番手、CRTでワイルドカード参戦するスティーブ・ラップ(APR)は1分28秒016でトップタイムの107%をクリアできなかった。

news source RIDINGSPORT.com


1. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda (RC213V) 1m 21.088s
2. Jorge Lorenzo ESP Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 21.422s
3. Casey Stoner AUS Repsol Honda (RC213V) 1m 21.457s
4. Ben Spies USA Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 21.708s
5. Andrea Dovizioso ITA Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 1m 22.021s
6. Cal Crutchlow GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 1m 22.258s
7. Nicky Hayden USA Ducati Team (GP12) 1m 22.434s
8. Stefan Bradl GER LCR Honda MotoGP (RC213V) 1m 22.568s
9. Valentino Rossi ITA Ducati Team (GP12) 1m 22.772s
10. Alvaro Bautista ESP San Carlo Honda Gresini (RC213V) 1m 22.853s
11. Aleix Espargaro ESP Power Electronics Aspar (ART CRT) 1m 23.835s
12. Randy De Puniet FRA Power Electronics Aspar (ART CRT) 1m 23.870s
13. Colin Edwards USA NGM Forward Racing (Suter-BMW CRT) 1m 24.732s
14. Toni Elias ESP Pramac Racing (GP12) 1m 24.739s
15. Yonny Hernandez COL Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) 1m 24.774s
16. Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (GP12) 1m 24.849s
17. Mattia Pasini ITA Speed Master (ART CRT) 1m 25.000s
18. Michele Pirro ITA San Carlo Honda Gresini (FTR-Honda CRT) 1m 25.065s
19. James Ellison GBR Paul Bird Motorsport (ART CRT) 1m 25.166s
20. Ivan Silva ESP Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) 1m 25.405s
21. Danilo Petrucci ITA Came IodaRacing (Ioda-Aprilia CRT) 1m 25.422s
22. Steve Rapp USA Attack Performance (APR-Kawasaki CRT) 1m 28.016s


Fastest FP1 time:
Dani Pedrosa ESP Honda 1m 21.424s

Official Laguna Seca MotoGP records:
Best lap:
Casey Stoner AUS Ducati 1m 20.700s (2008)
Fastest race lap:
Casey Stoner AUS Ducati 1m 21.376s (2010)
Posted at 2012/07/28 07:28:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ
2012年07月28日 イイね!

MotoGP アメリカGP ラグナ・セカ FP1



1. Dani Pedrosa ESP Repsol Honda (RC213V) 1m 21.424s
2. Jorge Lorenzo ESP Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 21.498s
3. Casey Stoner AUS Repsol Honda (RC213V) 1m 21.829s
4. Ben Spies USA Yamaha Factory Racing (YZR-M1) 1m 21.939s
5. Andrea Dovizioso ITA Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 1m 22.609s
6. Cal Crutchlow GBR Monster Yamaha Tech 3 (YZR-M1) 1m 22.672s
7. Valentino Rossi ITA Ducati Team (GP12) 1m 23.216s
8. Stefan Bradl GER LCR Honda MotoGP (RC213V) 1m 23.249s
9. Nicky Hayden USA Ducati Team (GP12) 1m 23.310s
10. Alvaro Bautista ESP San Carlo Honda Gresini (RC213V) 1m 23.537s
11. Colin Edwards USA NGM Forward Racing (Suter-BMW CRT) 1m 24.905s
12. Aleix Espargaro ESP Power Electronics Aspar (ART CRT) 1m 25.169s
13. Karel Abraham CZE Cardion AB Motoracing (GP12) 1m 25.215s
14. Mattia Pasini ITA Speed Master (ART CRT) 1m 25.488s
15. Toni Elias ESP Pramac Racing (GP12) 1m 25.816s
16. Yonny Hernandez COL Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) 1m 25.904s
17. James Ellison GBR Paul Bird Motorsport (ART CRT) 1m 25.931s
18. Danilo Petrucci ITA Came IodaRacing (Ioda-Aprilia CRT) 1m 26.125s
19. Michele Pirro ITA San Carlo Honda Gresini (FTR-Honda CRT) 1m 26.421s
20. Randy De Puniet FRA Power Electronics Aspar (ART CRT) 1m 26.703s
21. Ivan Silva ESP Avintia Blusens (FTR-Kawasaki CRT) 1m 27.102s
22. Steve Rapp USA Attack Performance (APR-Kawasaki CRT) 1m 29.814s


Official Laguna Seca MotoGP records:
Best lap:
Casey Stoner AUS Ducati 1m 20.700s (2008)
Fastest race lap:
Casey Stoner AUS Ducati 1m 21.376s (2010)

Posted at 2012/07/28 03:14:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | MotoGP | スポーツ

プロフィール

「ドラレコ、車内で冠水『これ、死ぬわ』。個人的には奥さんに同情するなぁ。切迫した状況ではあるんだけど、頼りにしたい旦那から後ろ向き発言。どう考えても状況が好転しそうな雰囲気しないもんなぁ・・・。それを公開しちゃうんだから(汗)」
何シテル?   10/17 11:30
Use your head and gas it.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

GP TARO 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/30 19:46:24
 
CBR600RR サーキット ライフ John日記 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/10/14 18:05:21
 

愛車一覧

ヤマハ TMAX ヤマハ TMAX
XP500 TMAX 型式SJ04Jの中期型  ボディカラーはディープレッドメタリックK ...
スズキ GSX-S1000 ABS スズキ GSX-S1000 ABS
色はグラススパークルブラック / トリトンブルーメタリック(KEL) オプションで シ ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
レガシィ B4 2.0GT Spec-B アプライドEのAT 色はリーガルブルー・パール ...
ヤマハ シグナスX ヤマハ シグナスX
2005年5月に新車で購入。フロントフォークのインナーチューブがSE12J型で33φのい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.