• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SQUAREのブログ一覧

2018年01月31日 イイね!

たねあかし - SQUARE は秘密兵器でズルをする (^^;)

たねあかし - SQUARE は秘密兵器でズルをする (^^;)こんばんは

突然ですが、皆さん!

SQUARE が、なぜこんなにオーリスのことに詳しいのか?疑問に思ったこと、ありませんか?

ちょっと上から目線の偉そうな話の始まり方になってしましましたが…。すみません。

ちなみに、私は中の人(トヨタ関係) ではありませんし、中の人の友達もいません。

これは、ひとえに車のカタログ、Web・雑誌の情報、ディーラーの営業さん、サービスマンとの話、実車の観察、ネット徘徊 (^^;) などを続けてきた結果、蓄積された情報を元に活動をしています。

じゃあ、『配線はどうやって調べているの?』と思われた方もいらっしゃると思います。

(実際、メッセージのやりとりの過程で何名かお問い合わせを受けたことがあります。)

実は世の中にはこういう便利な“モノ”があるのです。

その名も、
alt
電子技術マニュアル! (脳内で ドラ○もんの声、SE よろしく♪)



CHA○E & A○KA は、この瞳で嘘をつかれますが、「僕はこの盤 (DVD) でズルをするぅ~♫♪」 (笑)


実は、オーリスを購入が決まった一昨年の10月に、某ネットオークションで最初に探し始めたのが、この電子技術マニュアルです。

他の車だと結構手に入るのですが、オーリスはご存じのとおりなかなか世の中に出ていない車のため、このような電子技術マニュアルもなかなか出回りません。

alt
ただ、たまたま運が良かったのか、1ヶ月ほどでゲットできました。(ちなみに 前車 WISH 用も持っています。)

やった~!これでオーリスいじりまくり♪
(どのような内容が載っているのかは後述します。)

しかし、この電子技術マニュアルには、オーリスの HYBRID 車の情報は載っていませんでした。私のオーリスはガソリン車なので、無くても問題無いのですが、オーリスのことなら、HYBRID に乗らなくても知っておきたい…。

そう考えていました。

それからずーっと探していたところ…

alt
実はつい先日、ずっと探し求めていた、オーリス HYBRID 車の電子技術マニュアルを発見! しかも即決!ええ。もちろんすぐに落札しましたよ。 (高かったけど。これでしばらくパーツは買えないな…。お小遣いも… orz )

---
さて、皆さん。ここまで来たらやっぱり中身が気になりますよね?

ねっ?

では、早速みんなで見てみましょう。


表の写真は先ほど載せましたので裏を見ます。

alt
うらはこんな感じ。

alt
ガソリン車はこちら。初版は2012年8月で2代目オーリスが発表された時です。

改訂の2015年4月は後期になったとき。具体的には120T が増えてグレードが整理、TOYOTA Safety Sense C 搭載などがありました。

再改訂の2016年4月はトヨペット店での販売と、120T “RS パッケージ”と (このディスクではなく次に示す別ディスクに収録されている) HYBRID 車が追加になりました。

alt
こちらはハイブリッド版。初版です。

どちらも私の PC 環境… Windows 10 Pro + Windows Internet Explorer 11 (以下 IE) で動作しています。

PC の IE の機能に特化した html 版なので Google chrome や Firefox などでは動作できません (スマートホンもダメ) が、IE ならば指定のバージョンよりも新しいならば動くと思われます。 (新しすぎると動かない場合もありますので動作の保証はしません…って、今後 Windows のブラウザは Edge になり、 IE はバージョンアップしない予定なので、その点は今後も大丈夫でしょう。こういった過去のシステムとの互換を取る目的でも IE は残されています。)

alt
冊子の表と…

alt
裏。割とシンプルです。(HYBRID 車用も中身はほぼ同じなので割愛します。)

alt
こちらが DVD。ちなみに容量は CD でもいけそう。 800MB より少ないぐらい。

こちらは古いバージョン (古い版) のメンテナンス版ということが記載されています。差分かと思いきや、古い版 (前期など) の情報も入っている全部入りのようです。

とはいえ、購入自体は古い初版を買う → 更新版を安く買う → また更新版を安く買う…という感じで内容を更新できるのでは?と考えています。

alt
ちなみにHYBRID 車用は初版なのでこの記載がありません。こちらはCD で、容量は 400MB をちょっと超えるぐらい。

---
いよいよ画面の説明。

使用方法は DVD からの起動が正しい起動方法ですが、それでは遅いので…まるまるパソコンの中にコピーしても動作できます。ブラウザ (IE) で html を読ませているだけなので…。

alt
最初に起動するとこのような画面が出てきます。

ここで年式を選んで…

alt
見たい情報を探していく…という感じです。

【新型解説書】
alt
(ガソリン車)

alt
(HYBRID車)

新型解説書は、ざっくりというと開発の目標や、車両の長さなどの数値、記号やラベルの読み方など車の情報が記載されています。開初の意図などもあったりしますので、技術的な読み物としても (好きなひとは) 楽しめると思います。

先ほどのガソリン車の写真のように、一昨年ブログに掲載した車両型式記号の説明もありますよ。(先のブログの情報には、これには掲載されていない私の考察もあるのでご注意を。)


【修理書】
alt
(ガソリン車)

alt
(HYBRID車)
修理書の項目を開くと部品の脱着の方法を見ることができます。実はこれがあったので昨年のカスタマイズはバリバリだったわけですね~。

余談ですが、私はこれがあっても「バンパー壊したら¥高い」というイメージが強くて、バンパー外しはやりたくないですね。バンパーは大きいので、傷防止に乗せておくためのいらない毛布とかの準備も必要ですし…。


【配線図】
alt
(艤装図)

配線図は、車のどの位置に装置 (スイッチ) や配線 / コネクターがあるか見ることができる艤装図や、

alt
装置 (スイッチ) の配線、つなぎがわかる車両の配線図もみることができます。これで、コネクターの名前 (E6 コネクター、E29 コネクターなど)、コネクターのピン番号、配線の色などがわかります。

alt
また、装置装置 (スイッチ) を選んで、詳細ボタンを押すとコネクターの情報も調べることができます。

ピン番号をクリックして、左の選択端子ラジオボタンに黒丸を付けて、表示切り替えをクリックすれば、そのピンに関連した、配線図のみを呼び出すこともできます。(ピンからの逆引き)

コネクターは一覧から探すこともできますし、探したコネクターから配線図に移ることもできます。(コネクターからの逆引き)

配線図は、PDF ファイルに保存することもできますので、スマホで仕事の昼休みに見ておく…という使い方をしたこともあります。もちろん、印刷もできます。

配線図はディーラーによってはお願いすると、コピーしてくれたりするディーラーもあるようですね。(柿落花生さんの情報)

---
…と、SQUARE の秘密兵器を公開しちゃいました。

実は、私はそんなにすごくないんですよ。ただ、手元に資料があるから、いろんなことができる。ただそれだけのことです。ずるいですよね?運が良かっただけです。

もし手に入れるとすれば、某オークションなどで、『電子技術マニュアル』 で検索したりするとうまくいけば遭遇できますので、普段からチェックしておかれると良いかもしれません。

ただ、オークションなので、金額は出品者や車種により異なったりしますし、他の入札者と争うこともあるでしょう。そして新品とは限りません。(わたしはたまたま新品でした。)

では、新品をどうすれば購入できるのか…。

これってトヨタ部品共販やディーラーから買うことができるか?…は、実はこれまでにそのような情報を見たことがありません。

もしかしたら共販でも購入できる可能性があるかもしれません。(ただし金額はかなり高いかも。)

知り合いの街の整備工場などに相談してもいいかも?ですね。もしかしたらそういうお店が情報をお持ちかも知れません。

(補足事項)
・この電子技術マニュアルには部品の品番は一切記載されていません。(コネクターとリペアターミナルを除く)
・コネクターとリペアターミナルは品番が掲載されていないこともあります。
・コネクターとリペアターミナルは品番がわかっても、共販側のマスターに登録が無くて購入ができないことがあります。
・コネクターとリペアターミナルは既に廃盤になっている場合があります。(共販によっては後継品番を教えてくれる場合もありますが…。)
・年式によっては、電子技術マニュアルとは別に本になった技術マニュアルもあります。もしかするとそちらが使いやすいと言われる方もおられるかも。ただし比較的に新しい車両はオンライン化の波に乗ってディーラーでは店舗のPCからサーバーの情報を見ることが多いようです。なので CD / DVD 版も将来は無くなる可能性があります。

(この電子技術マニュアル関連のお問い合わせについて)
・「ここの配線図が欲しい。」、「ここのばらし方を教えて欲しい」といったご依頼、お願いを SQUARE はお受けすることはできません。(ただし、(私がブログや整備手帳を見て) 「なんか悩まれているようだな~。」とこちらが思った時や、「これは新ネタ!、ぜひ私もお手伝いをしてでもやってみたい!」と心が震えた時に、一緒に考えたり、サポートすることはあるかかも知れませんが…期待しないでください。)

本当は1つ1つお答えしたいのですが、さすがに大量…少量でもすべての問い合わせにはお答えできかねます。

極力、ディーラーなどへ紙のコピーがもらえるか、お問い合わせください。※ディーラーもこの手の問い合わせは嫌うので、丁寧な対応で聞いてみてください。

また既に私のブログの中に、できるだけ楽しんでいただけるよう、パーツレビュー整備手帳フォトアルバム掲示板などにたくさんの情報を掲載していますので、まずそちらからご確認ください。(ユーザー内検索を使用する手もあります。) もしかしたら、欲しい情報が既に掲載されているかも知れません。

おそらくですが、既存の情報の中に、やってみたい!と思われる情報もかなりあるともいます。(無い場合はご期待、ご希望に添うことができず、すみません。)


(オマケ)
実は、海外ではパーツ屋さんが Web サイトで部品を売るためにパーツカタログを掲載していることがあります。

その中には…たとえば海外の方が日本から輸入した車の修理をするために、日本車のパーツの品番を見ることができる場合があります。

もちろん、海外の部品の品番がわかる場合もあります。

私は、こういったサイトで調べるほかに、手持ちの資料や、ネットで調べた品番などの情報を元に、共販に行って、(共販の方が部品の特定をしやすいように、また調べやすいように極力持っている情報をまとめて)、調べてもらったりしています。

簡単に品番を調べているようですが、結構手間がかかっているんですよ。


もしかしたら自分で調べたい!といった方もいらっしゃるかもしれませんので、ここにURLを掲載しておきます。(掲載したURLは一例です。他に見つかった場合、ここに追記したいと思います。)

partsfan

Welcome to Toyota Parts Online.
Scion (COROLLA) iM Parts & Accessories

partsouq.com
AURIS

7zap
Modifications TOYOTA COROLLA/AURIS (JPP)[NRE180,ZRE18#,ZWE186]

http://auto-kat.com
ОN-LINE PARTS CATALOG TOYOTA

http://toylexparts.com

※ページ中の “VIN” とは VIN コード(シリアルナンバー) といい、17桁の個体識別番号です。

考え方はこのあと説明する車体番号 (例:NRE185-6XXXXXX みたいな番号) に近いですね。

VIN について、詳しくはこちらの業者さんの説明をごらんください。

VINコード(シリアルナンバー)とは何か - フレックスドリーム

まずは先ほどのURL のページを利用して自分で調べてみるのもありですよ。いろいろと楽しいことがわかったりします。

【関連パーツレビュー】
・トヨタ 電子技術マニュアル - オーリス NRE185H系、NZE18#H系、ZRE186H系 改訂2版 (SC3014J)
https://minkara.carview.co.jp/userid/381088/car/2292029/8982555/parts.aspx

・トヨタ 電子技術マニュアル - オーリス (HYBRID) ZWE186H系 初版 (SC3480J)
https://minkara.carview.co.jp/userid/381088/car/2292029/8982566/parts.aspx


---
ブログの写真 (画像) には一部スクリーンショットが含まれています。画像は一部説明のために加工を行っています。出展は電子技術マニュアルからの出展です。

電子技術マニュアルの著作権等表記: (C) 2012 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.
2018年01月31日 イイね!

たねあかし - OBD-II 分岐が失敗するわけ

たねあかし - OBD-II 分岐が失敗するわけこんばんは。

何シテル? でもつぶやきましたが、最近 OBD-II 分岐ケーブルを物色しているのですが、これだ!と思えるものに出会えてません。そもそも考えている2つのものが同居できるのか…。賭けにでないといけないので、なかなか手が出ません。

そもそも、何を同居させたいのかといいますと、

COMTEC ZEROシリーズ ZERO 702Vと、


Pivot OB MONITOR (OBM)

です。

理由としては、レーダー探知機を取り付けたので、OB MONITOR を取り外したのですが、余らせておくのがもったいないので、使えるならば使いたいな~。それだけです。


この2つは表示できる内容がかぶっていますが、2つをうまく使えば同時に見ることができる項目が増えるので、より便利になりそうだ。

ということで、OBD-II を物色しているのですが。

しかし、そもそも、OBD-II というのは、コンピューター…というか、コネクターと対象機器は 1対1 であることを前提に設計されています。 分岐というのはイレギュラーなのです。

とはいえ、OBD-II の電源の分岐は、ヒューズの容量内であれば問題無いのです。

こういった機器の同居は問題無いはずです。

問題なのは通信線。

端子が、1、2、3 とあったとします。

たとえば、Aと言う機器は、電源と1。Bと言う機器は電源と2。

これなら動作する見込みがあります。

しかし、機器Aも機器Bのどちらも3を使用するとすれば…これはうまく動かない可能性が高いです。

そもそも通信というのは、ざっくりというと、あるタイミング、間隔で電気信号のオン、オフを繰り返しています。これを相手側の機器が受け取って、そのオン、オフの信号を命令として処理します。

その時、機器Aが命令を出し、処理した結果を車側が機器Aに向けて返事をした時に初めて情報が表示されたりするわけです。

もしこれが、機器Aと機器Bと分岐でつながっていて、機器Aが信号を出し、機器Aの向けの返事が機器Bに届いて、代わりに機器Bが答えたとしたら、もしくは機器Bが無視したら、…機器Aには情報が届かず、機器Bは無視、これでは情報の更新ができません。とまって見えたり、タイミング次第ではたまに動いたり…誤動作をします。


つまり、今回の分岐は同種の機器の分岐なので、実際はやってみるまでわからないのです。

おそらく失敗する確率が高いですね。

そこでみんカラ内を見てみたところ、成功しているのは、機能が異なる機器の分岐が多いようです。

たとえば、レーダー探知機に車速感応ドアロックなど。

その場合でも、ケーブルは全結線されているケーブルが必要だというのがわかりました。全結線とは、すべての端子に配線がつながっていることです。OBDーIIの仕様で使わない端子とか、製品で使わない端子だから…などいろいろな理由で結線されていない場合があります。

やるならケーブルの選定でここは外せません。


失敗の例もありました。

あずみの妖精さんの整備手帳「OBD2分岐、pivotデジタル水温とレー探の併用は?」です。

これは、水温が同時に表示できないいう記録ですが、おそらくこれと同じようになるのでは?とにらんでいます。

失敗も成功の元なので試してみる価値はありますが、動かなければタダのゴミになりかねないので、難しいところです。

勉強代と考えることができたら、安いかも。

ただ、最悪は車両のコンピューターを壊しかねないので、やたら変なメーカーの製品は買いたくないですね。

急ぎの案件ではありませんので、もうしばらく、悩んでみたいと思います。
2018年01月14日 イイね!

新発見!?…いや知らなかっただけ (^^ゞ

新発見!?…いや知らなかっただけ (^^ゞこんばんは。

いや、あの~、ちょっとうれしい発見だったので思わずブログにしてしまいました。 (*^_^*)



私は 前車 WISH の時に TRD のタワーバーを付けました。(写真は前車 WISH にタワーバー装着の写真)

タワーバーというのは、かなりざっくりというとサスペンション (ダンパー) の頂点を左右で結び、強度をあげたり、突っ張ったりすることによりサスペンションの動きをしっかり動かせる…というパーツです。

強度を上げるだけでは無く、反対側のサスでゆがんだ分を押し返す…そういう意味もあります。

装着後、その変化量に驚き、それからというもの、タワーバーの虜でして、オーリスでもずっと付けたいな~と思っていました。

なんっていうんですかね~。その、ロールが少なくなって、車のフロントがすいっと進行方向に道路に向く、回頭性が上がる…と表現したらいいのでしょうか? フラットなまま曲がって地べたをはう感じ?


しかし、購入したグレード 120T “RS パッケージ”※ では、(以前から話題にしていましたが) どうもタワーバーが装着できないようなのです。

※ 120T を含む




2代目オーリス用は、先代オーリス、ブレイド、カローラルミオン、プリウス / αなどの流用を除けば、タナベから発売さていますが、装着するとエンジン右側のゴムパイプ…吸気部分に干渉してしまうようなのです。また、写真右側 (助手席側) にヒューズかリレー?があるのですがおそらくそれとも干渉します。

元々タナベの製品も 180G (前期) / 180S (後期) 向けなので、諦めてました。

今回の話題はタワーバーを諦めたことに変わりは無いのですが… … …

諦める理由が (笑)

(゚o゚;

まさか、左右が最初からつないである…ほ、補強がされているなんて!!


---
新たな発見までのいきさつは…

実は、お友達登録をしていたいているでらリスさん。タワーバー付けたいなーってことだったんです。

いや、150X も問題無く取り付けられると思いますよ~。って話をしておきながら、心配だったのでみんカラを見て回りました。

150X のエンジンルームをしっかり見たことはないのですが、おそらく、180G、Sよりもスペースは空いている…はずという思い込みがあり、一応見ておこうと。

(実はまだそれは途中段階。すみません。)

で、カウルの取り外し方を、これまた先日こちらからお友達申請した、tikky さんのカウルトップカバーの外し方で予習をしてみて…なるほど~。

それで、いろいろと見ていたところ、ふとある情報に目が行く…。


カル☆ミさんのフォトギャラリー『タワーバー的なものがあるようで(゚ω゚)』を読ませていただいたところ、私が今までカウルとおもっていたところ…つまり、タダのプラスチックと思っていた部分が実はスチールで、しかもそれがボディーとサスペンションの部分にあるブラケットにネジ止めされている…とのこと。

マジですか!

ええ、もちろん深夜にもかかわらず、すぐに実車を見に行きましたよ!


写真は以前撮影していた写真ですが、赤で示したところがそのスチールでできた部品。

おそらくですが、ものは、55700-12B90 カウルパネルSUB-ASSY (税別)\13,300円。(全車通期部品)

… … …!

全車通期部品!?

そうです、前期、後期、グレード関係なく2代目オーリスには全車標準装備!

さあ、皆様も見てみましょう。そして手で、ドライバーみたいなモノでたたいてみるとわかると思います。プラスチック樹脂の音じゃないことが。


右の助手席側も同じようにボルトでとまっています。(赤矢印がそれで,黄色はサス側のブラケット)

先ほどの、tikky さんのカウルトップカバーの外し方の写真にももちろん写り込んでいます。(写真7、8がそうです。特に写真8はまさにその鉄板を外す手順です (^_^) )

サスの頭のブラケットからたどっていくとすぐにわかりますし、ワイパーロット?のボルトと共締めなので、すぐにわかります。…ていうか、プラスチックのカウルを外したら手順的に最後にはそれがのこりますのですぐにわかると思います。雨どいみたいな大きい金物です。色は黒です。

(2018/01/14 8:53 追記)
重力子さんの、こちらの整備手帳にもあります。

https://minkara.carview.co.jp/userid/583104/car/1993278/3308218/note.aspx


写真4 をよく見ると、平べったい四角の穴…プラスチックのカウル止める穴が開いている鉄板が左右にまたがって取り付けられているのが見えると思います。その鉄板とサスの上にある金具がボルト止めしてあります。
---

なんで、こんな有用な情報を見つけられなかったのだろう…と考えたら、「ああっ」って。

情報がフォトギャラリーに掲載されていました。私は検索時パーツレビューと整備手帳に絞ってましたので…そりゃそうだ。

鉄板としては薄いですが、あちこち曲がっている (曲げてある) ので、そこそこの強度はあるはず。

これが、オーリスの高剛性を担っているんだな~と思いました。

そして、カッパ号さんのタワーバーのパーツレビューには…

足回りは純正のためなのか、しなやかのまま変化や実感がほとんどありません。ステアリングをきった時に、応答が良くなった気もします。気持ちの問題なのかも知れません。

これが真実なのでは?…なんて。

確かに、装着していないのと比べたら強度は上がると思います。なんせ、付いているのは鉄板なので、ねじれたりするでしょう。バーでつっぱった方が良いに決まっています。

しかし、何も無い車種から見たら明らかに対策が取られている…そんな気がします。

しかも、この鉄板はボディー側にもボルト止め (ブラケットも含めると全部で11か所の固定。)

サスの頭のゆがみを押さえるのには十分意味があると思います。

カル☆ミさん、貴重な情報ありがとうございました。

(2018/03/10 9:49 追記)
トヨタの技術マニュアルの新型車解説書部分には、以下のように掲載されていました。

ボデー骨格部材の最適配置、接合方法の最適化および補強材の設定により、軽量かつ高剛性なボデー構造とし、操縦安定性の確保をはかりました。

1.フロントアッパーボデー

1.カウルトップパネルSUB-ASSY OUTの形状を最適化することで、フロントサスペンション取り付け部およびカウルトップまわりのボデー剛性の向上をはかりました。左右のフロントサスペンション取り付け部を連結することで、剛性を向上しています。また、フロントサスペンション取り付け部にガゼットを設定することで、サスペンションからの入力に対して剛性を向上しています。


当然でしょうけれども、設計の中でちゃんと強度計算がされているってことですね。

---

ついでですが、150X に付いていないパーツも見つけました。


このエンジンルームにある防音材。これが150X には付いていません。私は150Xにはボンネットの防音材だけがずっと付いていないと思っていました。

55224-12060 ダッシュパネル インシュレーター OUT No.2 税別 1,890円
※取付には、90467-06188 税別 140円が4つ必要。

そのためグレード別に違いをまとめているブログに追記しておきました。

知らないことって、まだまだいっぱいありますね。

そして、こうやって皆様の情報を寄せ集めて、総合的に1つの答えが出る…。本当に感謝しないといけないです。ありがとうございます。

(2018/01/14 7:34追記)
一部内容を追記しました。
2018年01月11日 イイね!

次は何をしようか…。 - その 11 オーリス編4

次は何をしようか…。 - その 11 オーリス編4こんばんは。

いきなりですが…


きょうも寒い!



きょうは、今年最初の平地での雪の日でした。

朝起きた時はそこまで雪は無かったのですが、気がつけばだいぶ積もってきて職場に到着した時は…

こんな感じに仕上がっていました。

ただ、昼休みにクルマまでで行った時はそこまで積もっていなくて、TRD のリアルーフスポイラーとその周辺に積もっていただけで、あとはぬれてるって感じでした。

昼には雪はやむって予報だったのに雪はずーっと降ってましたね。15時台ぐらいになってようやくやみました。

---
さて…と。

今年最初の『次は何をしようか…。 』シリーズブログが、回を重ねてオーリスでは4回目になりました。ほぼ3ヶ月おきになりますね。(実際は異なりますが…。)

マイ オーリスは納車が2017年1月最初の週の日曜だったので、私のオーリスは無事に1年を迎えることができました。

ちなみにコレまでにおこなってきたカスタマイズの軌跡…2017年版はこちらのブログにまとめています。

(2017年版) カスタマイズの軌跡 - 外装 / メーカーオプション編
(2017年版) カスタマイズの軌跡 - 内装編
(2017年版) カスタマイズの軌跡 - メンテナンス編

まあ、ようやったよ。ホントに。

そして、ここ最近 オーリス1周年記念として、前車 WISH からオーリスに乗り換えるまでのブログのまとめも作りました。

そして、クルマレビューも書きました


そこで、思い出したのですが、そういえば WISH の時のホイールがまだ手元にあります。

RAYS Gram Lights 57G っていうホイールなのですが、これをオーリスにつけたらだいぶ雰囲気、変わるでしょうね~。ただ WISH は PCD が 100 で、オーリスは 114.3。そのままでは装着できないです。

ふと思ったのですが、普通に考えると、PCDチェンジャーなるパーツを普通なら使うのでしょうが、ハブを交換するっていうのはありなんでしょうか?

これって構造変更にあたりますよね?たぶん陸運局行きですか?

いやいや、そもそも、そんなことできるかいな? CT200h がPCD 100 なのでどうなのかな~とか。

そんなことを考えていた日もあります。

でも、オーリスでは、ホイールは変えない (買えない…が適切かも。) ことにしていますし、カスタマイズの基本として、グレード間も含めて他車の換装部品取り付けを極力やらない※ことを決めていますので、現時点ではこのまま路線です。

※修理以外の換装はダメですが、付け足しは OK。既にあるものを別のものに置き換えることは極力避けて、見た目のノーマルをできるだけ維持する。総合的な重複出費を極力避ける。

標準装備部品は、車体購入時に価格に含まれているのは当然ですが、例えば仮に色変更だけでパーツを買ってしまうと、その部品を2回買ったことになるからですね~。

でも、こんなこと言ってますが、コンソールボックスのフタリアのモール。すでにいくつか変えてます。(^^ゞ


---
それで、前回から完了したモノは…

【予定していて取り付けが完了した作業・パーツ】
リアのパフォーマンスダンパー装着前回の①
リアバンパーモールディングの装着……前回の②
TRD リアスポイラーの取り付け前回の③’
OBD-II に対応したレーダー前回の⑤
スマートフォンホルダーの取り付け前回の④の一部

【予定していたけどリストに挙げていなかった分で取り付けが完了した作業・パーツ】
エアコンフィルターの交換

【予定外で取り付けが完了した作業・パーツ】
CT200h / HS250h 用アンダーフロアスポイラーの取り付け (予定) ※購入済み。取り付けはまだ。

…などを行いました。前回は約11月中旬でしたので、それからおこなったカスタマイズはこれだけですが、こうやって見ると、結構大物が含まれていますね。あらまあ。


ということで…

今考えている次のカスタマイズは!!
①購入したアンダーフロアスポイラーの装着
詳細はパーツレビューに譲りますが、これが高速域の安定走行に寄与してくれて、もっと安心できる走行性能へ昇華できたら…と思います。

②アクセサリー類の充実
前回は、④でしたが、前後のモノが完了してしまったのでこの優先順位です。とはいえ、

(写真はC-HR の用品カタログから、シートエプロン (グレー) 品番は 08226-00041。 ブルー (08226-00042?) もあるみたいですが未調査)

先ほどの何シテル?でもお伝えしましたが、シートエプロンが2つ、同じ方から出品されていました。
それがなんと2つとも新品で、値段は約1/3 の 3,000円でどちらも即決!

ええ、迷うことはありませんでした。ポチッ、ポチッ…と2回 ☆彡

元々はYahoo! ショッピング側で物色していたところにバナーにこれが現れて…仮に中古だとしても見ておこうって思って見てみたら新品だったという。
そして、手持ちのTポイントを使用したため、実質的な出費は1600円前後とさらにお得!?

普通に新品を買おうとしていたので、超ラッキーでした。


ぱっとみダサイ純正のシートエプロン。特に社外品だと2,000円前後であるのにどうして購入しようと考えていたのか?

これまでに理由を書いてませんでしたので、ここに記すと…

そもそもは、前車 WISH までさかのぼります。

夏場 Tシャツなど薄着の時、汗をかいたままでうっかり車に乗ったとしたら、シートに汗がしみこみますよね?シートは基本的に洗濯できません。

カビは生えないとしても不衛生かな?と。そこで、これまでは夏場だけシートの背もたれ部分にタオルを掛けていました。

でもすぐに取れるし、そもそもタオルってダサくないですか?

このアイテムはプリウスα が2011年5月に発表され、このカタログには掲載されていることから、時期的にはこのぐらいが最初だと思います。以後 WISH の後期などにも見かけ、現在は C-HR にも掲載されているアイテムです。 (最初に掲載されたクルマがどれかまではわかりません。ちなみに2代目オーリスには前後期あわせて設定がありません。)

それでも、毎年、夏はタオルを敷いていました。オーリスでも昨年の夏はタオルを敷いてました。

この状況をもうちょっとスマートにしたい。

そこで、 WISH 時代から買おうと思っていたのですが、何しろ金額が高い。そのためシーズンが来るたびタオル。そして来年こそは買おう!と思うがその翌年もタオル (笑)

気がつけば、4年過ぎてました。

さすがにもうそろそろ買うかと。取り合えず1席分買ってて、助手席側は考えてみようと思っていました。

機能的な視点で見ると、

・純正部品・用品で極力後付け感を避けるのが好きなので、その流れで純正用品。品質も高い。
・社外品だと、(洗濯はできるかもしれないが) 撥水、吸水機能がない、または弱い。
ぬれたままでも座れる吸水性があり速乾性にも優れたカバーです。がうたい文句。
・ヘッドレストの後ろに設置できる布ケース付きで使わない時は片付けられる。

といったところです。ホントに良かった。 (^_^)v

スマートフォンホルダーも取り付けて、標準装備のドリンクホルダーも使えるようになりました。

残りの車内環境整備としては、TRD の ショルダーパッド (黒ステッチ:MS010-00012 / 赤ステッチ:MS010-00013) ランバーサポート、座席のクッション類などを考えています。


…と、ここまでは、早い段階で終わらせたいな~と思っています。





---
③カーナビ
カーナビが変わると、一気に車内環境が変わるんですよね~。AV関係としては、スマホや、デジカメをつないだり、DVD-VRフォーマット対応で録画したTV番組が DVD-RW とかで見られたり…。

安全面では、Bluetooth 通信の通話とか、Wi-Fi 対応で地図更新とか。スマホの曲も聴けますよね~。

ナビゲーション自体は見た目の古さも感じず、目的地まで連れて行ってくれるので現状でも全然困っていないんですけど。


クルマがバックする時にラインはハンドルに連動する為のキット『工場装着バックカメラ用ガイドキット (08695-00K60) 』を既に取り付けているので、買うとしたら純正しかないです。 (他メーカー品を買うとこれをつけた意味がなくなるので。)

カーナビの案件は、初回車検までにはどうにかしたいですね。その頃だと現行のナビが新古品や中古品で出回り始めそうなのでそれを狙おうかと思います。そうすれば、ちょうど良い時期ではないかと思います。


④ブレーキライン (ブレーキホース) の交換
WISH の時には取り付けていましたが、さすがにオーリス用はないようだ…と思っていました。

ところが、ブレイド用があるみたいで、さらにそれが2代目オーリスでも取り付けられるみたいなのです。(レビューありがとうございます。)

次回ブレーキフルードの交換と同時に…2万~3万kmを目安に検討したいと思っています。ただ、早くしないと無くなりそうなので…モノはできるだけ早く確保しておこうと考えています。


⑤TRD クォーターパネルフィンの検討

(写真は TRD Web サイトより)
リアスポイラーを取り付けたので、これも検討のまな板に載せないと…。


ただし、私の場合は、こちらよりも、


(写真は トヨタ Web サイトより)
ボディーカラー同色のエアロスタビライジングフィンがいいかな~と思っているところです。価格もこちらだと塗装済みで安くて効果が大きい気がしています。


⑥リア用ドライブレコーダーの検討
昨今、さらにいろいろと物騒な世の中になったので…。そうでなくてもいろいろと旅の記録が残ることは楽しそうだな~と考えているところです。


⑦車内イルミの追加とバックドアのランプ追加

最近、ふと思ったのがサイドブレーキ横のドリンクホルダーの位置が夜間見にくいな~と考えるようになりました。

前期用のドリンクホルダーのイルミがあるのですが、これは少し加工がいるとのこと。

私の場合はそこまで明るくしなくてもいいかな~と考えています。

そこで、アームレストの下…ボックスの前方にインテリアイルミネーション (2モードタイプ) の灯体だけ買って、穴を開けて取り付けてはどうか?と考えています。

また、このアームレストの後ろ、後席から見たら中央の前方に当たるわけですが、ここにも増やしたらどうかと思っています。

また、オーリスってバックドアを閉めるとラゲッジランプって消灯するんですね。最近知りました。

ただ、左に1灯だけだと思いのほか暗い…。



写真はモデリスタの ヴィッツ用など (D2678-54010 税別 \13,000円 )


写真はモデリスタの アクア用など (D2815-54720 税別 \16,000円)


写真はハリアー用など (D2678-56910 税別 \23,000円)


トヨタ のWebサイト (ハリアー) より (0852C-48010 税別 \12,000円)

そこで、アクアやヴィッツなどでバックドア側に LED を取り付けるキットがモデリスタから発売されていますが、純正部品流用かエーモン工業の LED を使って同じようなことができないか検討し始めています。

ただ、そこまで夜間にバックドアを開けて使う?といわれると…。

⑧海外パーツの装着


北米 COROLLA iM 用オプションのリアスポイラー (リアウインドウディフレクター) は、ずーっと悩んだ末、金額的な面と私にはちょっとにあわないかなって思い始めて


冒頭の写真、これまでの完了に記載の通り TRD 側にしました。

しかし、

マッドガード (泥よけ) は今でも検討中です。他の部品も迷っていますが、優先順位は低いです。


(夢) リジカラ
つけるとかなりクルマがしゃんと動くようになるんだろうな~。ただこれも海外パーツを取り付けるぐらい予算がいるので、コレを付けるのは夢…ですね。すべてやったらやる…ぐらいです。


---
その他としては、ブレーキディスクローター、ブレーキパッド、足回りのショック、スプリング等をメンテナンスの一部として時期が来たら交換したいな~と考えています。


オーリスライフは、まだまだこれから。カーナビ以降のアイデアは、してもしなくても…という感じのものなので、気が向いたらってことで。

それに、

これまでのブログでもお伝えしていますが、今年はいろいろと忙しくなりそうなので、去年と打って変わって、ほとんどカスタマイズはできないのではないかと見込んでいます。

一気に装着したら楽しみがなくなる!?とは思いますが、去年だけで、もうバリバリ完了してますからね。早くもマイ オーリス完成形にかなり近づいてきたと思います。

そして、長く、便利に、楽しく乗りたいと言う気持ちもあります。

とりあえず去年の年末で、ある程度カスタマイズが終わり、マイ仕様 (^^;) が固まってきたところですので、これを第1次完成形…として、今年は乗ることをメインに楽しみたいと思います。

いじるのも楽しいですが、乗るのも楽しいですから♪
2018年01月09日 イイね!

(長文) プライドとポリシー with PV レポート (後編・プライドとポリシー編)

(長文) プライドとポリシー with PV レポート (後編・プライドとポリシー編) (長文) プライドとポリシー with PV レポート (前編・PV レポート編) からのつづきです。

---
前編で PV の話題をしたので、もしかしたらこう思われている方もいらっしゃるのかもしれないと思い、引き続きブログをアップします。

内容に気分を害される方もおそらくいらっしゃると思います。そういった方はスルーしてください。

また、コメントで誹謗中傷があった場合、容赦なく削除します。あまりにも酷い場合は運営側にも連絡します。


もしかすると コイツは PV 目当てでたくさんのパーツをアップしたり、整備手帳アップしたり…つまり、みんカラで目立ちたいから、1位になりたいからいろんなことやっているんじゃないの!

って思われた方、思っている方…。


違います!


------------------

最近、親しくなったみんカラのお友達の方とメッセージでやりとりをしています。その方と話していて私が一方的に熱く語ってしまった内容…。


いや、以前から親しくしていただいている方数名にも同じような話をしたことがあります。


私は初心者でした。いや、今も初心者だと思っています。



前車 WISH の更に前車、人生初のマイカー、トヨタ スプリンタートレノ (以下トレノ) のプロフィールに書いていますが、もともと私はIT バカだったのでこの時期はパソコン関係にお金をつぎ込んでいました。

そして車いじりのことはよくわかりませんでした。

親からも「最初買った車はどこそこ (ぶつけて) 壊したりするだろうから、次の車でクルマいじりをすればいいい。」的なことをいわれたのを覚えています。


そんな私が、ある日 トヨタ WISH を買いました。

車に詳しくなかったため、いい加減な選び方、気持ちでトレノを選んだ後悔の気持ちと今度は自分の好きなようにカスタマイズする!、かっこいい車に乗りたいという気持ちで、 WISH には、納車時点でそこそこオプションを付けました。

そして、ネット時代の世の中、手持ちのトヨタのカタログ以外にもどんなパーツが取り付けられるのかな~♪と物色して、物色中にみんカラに当たる。

ここって毒なサイトだ♪

あれこれカスタマイズの品が載っているのでやっぱりいろいろ付けたくなってきて…この有様です。
(^^;)

そんなときに、どうしても付けたい部品が現れる…。



それは、ステアリングスイッチ


当時ステアリングスイッチは、今でこそ軽自動車にもありますが、時代的にはまだ付いていない車の方が多く、WISH はメーカーオプションナビとセットのみの設定だったので、普通は後付けができないですけど、それを部品を取り寄せて付け始めた方がいて、


メーカーオプションでしか設定がないのにすごい!これがあったらすごく便利そう。自慢できそう。ぜひ付けたい!


親切な方が多く、整備手帳をアップされていたりしますが、初心者で詳しくないだけにどうしても詳細がわからないことが多い。

でも、初対面の方にいろいろと聞くのは勇気が必要ですし、迷惑もかかります。

しかし聞いてみないことには先に進まない。

勇気を出して、メッセージで聞いてみると…

その時は、いろいろと教えていただける方だったので、その結果取り付けることができました。


そのカスタマイズは、初心者である私にとって、初めての本格的な車いじりで、それがうまくいった時は、それはもううれしくて仕方が無かったです。

お世話になった方には、なんどもお礼を言いました。


その方の整備手帳は違いましたが、みんカラって、自分もマネしたいが一番大事な配線とかが書いてない!…そんな整備手帳って、多いと思いませんか?

例えば、品番がわからないとか、取り付け方、ばらし方、配線方法がわからない。どのようなパーツ、道具をかったらいいのかわからない…。


他の方のパーツレビューは単純に自慢だけだったりして、一番大事なレビューが載っていないことが多いです。


「光った。良くなった。」とか、「動いた、よかった。」とか、「かっこよくなった。」…など。

その商品、パーツがどんなパーツなのかさっぱりなことも多いです。

“パーツレビュー” なのに、“パーツ” の “レビュー” になっていなくて、ただのパーツカタログになってしまっている。

確かに「おっ、こんな部品があるんだ!」とはわかります。

それを参考にして、マネさせてもらうことも多いですし、そういった情報が役に立たないとは思っていません。


もちろんうらやましい~と思うことももちろんあります。


しかし、それをどうやって買うか、どうやって付けるかまでは踏み込んでいないモノばかり。

そうなると、メッセージで聞くわけですけど、根掘り葉掘り聞いたらお互い疲れますし、ほとんどの方は、めんどくさいので答えてくれない※と思うのです。それに、初対面の人にあれこれ聞くのって難しいですよね? 勇気が必要ですよね。

※私は極力お答えするスタンスでいます。ただ、できるだけ事前にわかることは調べていただけると助かります。


いや、いいんですよ。教えてもらえなくても。慈善活動ではありませんからね。


そもそも、ブログって Web Log の略。つまり ウェブ上に記録を残すことが趣旨なので。ただ、自分の記録が他の方の情報にもなって役に立つことがある。それが、ブログの良いところ。


でも、私はそういう苦労を他の人にしてもらいたくない…。


そこで、WISHの時、初心者だった (今でも初心者と思っていますが) 私のスタンスとして、


とにかくわかる範囲でありとあらゆる情報を掲載!
整備手帳はわかりやすい整備手帳にする!



ことにしました。


メッセージで追加の質問をしなくてもわかるようなパーツレビュー、整備手帳を書くことによって、私のような初心者の人でも同じようなカスタマイズができる…


みんカラのプロフィールに書いている、

『ブログ編集の心得として、自分も車いじりの初心者なので、私みたいなわからない人でもチャレンジできるよう、写真と文章でわかりやすくすることを念頭に作成しています。』

ということなのです。


私の場合、品名、品番、型式は基本絶対載せます。どこで買った、どのくらいの価格なのかも極力載せます。メーカーのウェブサイト、問い合わせ先の Web サイトがあれば載せます。

ネジなどは仕様がわかればもちろん仕様も載せます。じゃないと代替のネジが購入できなかったりするので…。例えばトヨタの品番のネジが廃止になっていたら代替ネジを探さないと行けない…とかそういうシーンがありそうです。

そんなときのために、ネジ1個から情報を載せています。

例えばネジやコネクターとかは同等品を載せておくことで、それが無い時に別のもので代替可能になりますから。

たぶん、他の人からみたら、ネジまで個別にアップしてうざいと思われていると思いますけど。個別にあげる理由があるんです。


私も人なので多少、自慢をしたい気持ちがないわけではありませんが、 自慢なんかよりも人に役に立つ情報にしたい!と思ってやってます。

なので、失敗した情報が役に立ちそうならば、失敗の情報もあえて載せてます。ここが折れやすいとか、ここをこうするとこうなってしまう…とかです。


---
このたび、私のオーリスのカスタマイズがある程度落ち着き、そして、今年は私事で忙しくなりそうです。しばらく、長くて1年ぐらいは、今までのように書き込みができそうにありません。

実際、昨年12月始めに忙しくなりますブログをアップして以降は、ほとんどブログをアップしていません。 (その期間も時間が取れる時は既存の情報のブラッシュアップはおこなってました。わかりやすい文章にしたり、誤字脱字を直したり、メッセージの回答をしたりです。)

昨年は、自分のオーリスのいじりが忙しくて、とてもイイね!押してまわるとか、お友達申請をすることができませんでした。

なので、今年になって、たくさんの方にお友達申請をしました。あと数名お願いしたいと思っています。(お友達申請について直近のブログ)

話が遠回りしましたが、今回お友達申請で OK をいただいた方の返信メッセージには、『とても詳しく丁寧に書かれているので、良く参考にしています。』というご意見を多く頂戴しました。

ありがとうございます。

そして、自分が思っていること、ポリシーがうまく機能して、伝わっていると思うととてもうれしいです。


私の自己満…

それは、皆様にとってわかりやすいとか、ためになるブログ、パーツレビュー、整備手帳を提供できたと勝手に思うことで、満足を得る…。

これが私の自己満です。

前編の PV 数はその頑張ってきた結果であると理解しています。


これが、冒頭にお話した、SQUARE は PV を重視していませんってことです。


あれだけたくさんのパーツレビュー、整備手帳をアップしているのは、単純な理由。

私がそれを付けたいから。ただそれだけです。

ネタにしたいから買ったものは基本ありません。 ※ゼロとは言いませんが。


ランキングも別に100位だろうが、1,000位だろうがいいですよ。それで幸せになる方がいるのであれば。

目立ちたいなら、もっと売れてる車、買います。アクアとか。その方がよっぽど目立つ。


別に目立ちたいから、お山の大将になりたいから、登録数…分母の少ないオーリス買ったわけではありません。まとめで購入のいきさつをまとめたように、そのクルマ…オーリスががいいと思ったからです。

それはクルマレビューを見ていただくとわかると思います。

そして、私も皆様の情報があるからこそ、ここまでこれました。マネもいっぱいしました。たまたま時期が重なって同じカスタマイズにかぶったこともありました。

でも、私。

どんなカスタマイズをするか、その都度シリーズ化してブログで宣言してます。だからかぶりそうとかわかってもらえると思いますし、何をするということさえ情報としています。
宣言しているモノ以外をおこなってかぶったこともそりゃ、ありますけど…。


情報をいただいたお礼に、私もお礼にやれることはやりたい!




今後は、あんまりブログを書けませんが、SQUARE は頑張ります。

こんな SQUARE おじさんでいいですか?
Posted at 2018/01/10 01:38:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | みんカラについて | 日記

プロフィール

「ついでのスタビライジングフィンは届いて装着しましたが、メインのアイテム2点と、思いつきカスタマイズに必要なパーツがなかなか届きません。とりあえず届いた分でできることしてます。メイン2点以外は実店舗に行けばほとんどそろうのですが…。こういう不便さがネット通販なんでしょう。待ってます」
何シテル?   07/22 00:56
ようこそいらっしゃいました。 初めての方は、はじめまして。 --- 【簡単な自己紹介】~ SQUARE・人生の歩み ~ 熊本県で生まれ、熊本に住...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

トヨタ純正 シートヒータコーションプレート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/21 03:30:18
電線ストア.com 
カテゴリ:ショップ情報
2018/07/12 19:24:15
 
トヨタ(純正) ロックボルト(ナンバープレート用) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/08 07:13:58

お友達

みんカラのお友達・募集中です。特にオーリス、ブレイド、CT200h 乗りの方お気軽に。(ただし、ただ単にお友達を増やしたいというのが見え見えのような方は承諾しない、または後日削除する場合があります。) 最大150名、活動中は30名ぐらいになったらレベルを落とします。(返事が書ききれない 涙 )
103 人のお友達がいます
カメックスカメックス * しろめし。しろめし。 *
ポールリードスミスポールリードスミス * BLACK THUNDERBLACK THUNDER *
こがねむしこがねむし * CACAO72%CACAO72% *

ファン

101 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ オーリス トヨタ オーリス
このブログでメインに語られる車。グレード (仕様) は 120T “RS Package ...
トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
このブログで最初にメインで語られていた最初の車です。グレード (仕様) は X “Aer ...
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
人生初のマイカーにして贅沢にも新車でした。 当時は専門学校を出たてのころで、在学中はバ ...
トヨタ ラウム トヨタ ラウム
実家の両親の、つまり家族としての車の変遷はいろいろあるのですが、この車に限ると…、 - ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.